« 「マーキュリー通信」no.1633【クリエイティブに生きる-6「仕事でも、家庭でも創造性発揮の余地は充分にある」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.1635【第99回「新しい時代を創る経営者の会 創業10年、特許技術手の甲の静脈認証で上場段階に入ったSYNCHRO社室木勝行社長に血と汗と涙のベンチャー起業家魂」】 »

2011年3月 8日 (火)

「マーキュリー通信」no.1634【私のコミュニケーション論-94「こちらの静かな波動が相手のいらいら波動を変える」】

ブラザーのプリンタが故障したので、カスタマーセンターに電話をしました。

応対に当たった男性の担当者は、前のお客様からかなり強烈なクレームを受けたのでしょうか。電話口に出た時、ものすごくいらいらした感じでした。

しかし、私の方は、終始落ち着いた波動で、対応しました。私の態度が落ち着いた対応だったので、彼のいらいら波動がその内収まってきました。

最後、私の方から、「長時間対応ありがとうございました。」と伝えたら、彼は嬉しそうに電話を切りました。

もし、この時私もこのいらいら波動に乗せられ、プリンタ故障のいらいらを彼にぶつけていたら、お互いのコミュニケーションがよく取れていなかったかもしれません。

そして、最後電話を切った時に、むしゃくしゃした結果に終わったかもしれません。

コミュニケーションは、お互いの感情がいらいらしている状態では、スムーズに行われません。

そのことを本日実感しました。

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

本日、当社のITコンサルタントに来て頂き、インターネットが復旧し、6日ぶりにインターネットを使えるようになりました。

原因は、NIFTYの一部サーバを攻撃したサイバーテロのようでした。

サイバーテロは最近大きな社会、経済問題となっていますが、法的罰則が余りにも甘すぎて、後を絶ちません。

今回のような犯罪に関しては、少なくとも3年程度の懲役刑を科すべきです。

2~3日程度の刑務所暮らしの後、解放され、その後は、そのIT能力を買われ、大手企業等に就職できるそうです。

これも日本企業のモラールの低さを物語っています。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| |

« 「マーキュリー通信」no.1633【クリエイティブに生きる-6「仕事でも、家庭でも創造性発揮の余地は充分にある」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.1635【第99回「新しい時代を創る経営者の会 創業10年、特許技術手の甲の静脈認証で上場段階に入ったSYNCHRO社室木勝行社長に血と汗と涙のベンチャー起業家魂」】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「マーキュリー通信」no.1634【私のコミュニケーション論-94「こちらの静かな波動が相手のいらいら波動を変える」】:

« 「マーキュリー通信」no.1633【クリエイティブに生きる-6「仕事でも、家庭でも創造性発揮の余地は充分にある」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.1635【第99回「新しい時代を創る経営者の会 創業10年、特許技術手の甲の静脈認証で上場段階に入ったSYNCHRO社室木勝行社長に血と汗と涙のベンチャー起業家魂」】 »