« 「マーキュリー通信」no.1641【私のコミュニケーション論-96「相手をほめる」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.1643【ワンポイントアップの人間力-6「こんな時期だから祈りを大切にしています」】 »

2011年3月17日 (木)

「マーキュリー通信」no.1642【もしドラッカーが日本の総理ならどうするか?】

石原都知事が「大震災は天罰だ」と述べ、非難を浴びていますが、必ずしも的外れともいえません。

阪神大震災の時は社会党の村山首相、そして今回は民主党の末期政権です。神仏の存在を信じない左翼政権の場合、神仏の怒りを買い、天罰が当たるというのは日本の長い歴史を見ると頷けます。

過去1年半に亘りダッチロールを続けてきた民主党政権ですが、今回の東北関東大震災は、最後のとどめといえます。
強力なリーダーシップを発揮できないまま、国民の不安心理を煽っています。

さて、「もしドラッカーが日本の総理ならどうするか?」(大川隆法総裁著幸福の科学出版1365円)という面白い本が出版されました。

これは幸福の科学グループ大川隆法総裁が、公開霊言という形をとり、ピーター・ドラッカー霊と交霊した内容をまとめたという極めて異色の出版形態をとっています。

早速読んでみましたが、マネジメントの父、ピーター・ドラッカーの国家再生プランを実施すれば、東北関東大震災の被災地の復旧、復興をてことした日本再生計画の青写真がイメージできます。

1.首相の器
平均的な人で良い。マネジメントの能力を努力して身につけることが重要。

2.当たり前のことを当たり前にやる小さな政府づくりが重要
大企業が「高貴なる義務」を果たせば、政府の役割、負担は減少してくる。
その為に、企業が富を産み出すところに、税金を投入していくことが重要。今の民主党政権のばらまき政策は真逆の政策。
政府は国民を富ませる政策をとることが本来の仕事。

3.日本の良さの再発見
日本人は、罪悪史観、贖罪史観が強すぎる。自国をこれほどまで悪くいう国は珍しい。日本の良さを見直し、もっと強みを発揮すべし。
その意味で、マスコミの使命は、「巨大な権力と戦う」という過去の使命から、「どうしたら日本をより良くしていけるか」という使命に方向転換すべし。

4.教育改革
国際社会で通用する人材の養成

5.年金問題
定年後20年も年金受給できる仕組みが通用しないのは明白。従って、平均寿命マイナス5年まで働く社会の仕組みを再構築すること。
高齢者を隔離するのではなく、都心に高齢者も子供も一緒に暮らせる超高層ビル村を建設する。その中には生活に必要な全てものがそろっている。

6.経済政策
 一千兆円規模の予算を組んで未来産業を興す。その候補として、宇宙産業、リニアモーターカー、航空産業等が挙げられる。

7.国防
米軍はいずれ10年以内に日本から撤退していく。その時に、「自分の国は自分で守る」という姿勢が必要。
その為に、核武装が必要。戦う為の核武装ではなく、外国からの侵略を防ぐ為の、抑止力としての核武装が必要。
日本は唯一の被爆国なのだから、核武装する権利を有する唯一の国であることを国際社会で主張すべき。発想の転換が必要。
今のままなら、中国に乗っ取られるか、北朝鮮が暴発して、日本に核ミサイルを撃ち込むリスクが続く。

8.中国対策
中国を抱き込んでしまう。つまり、日本の国債を大量に買わせたり、日本の企業に積極的に投資してもらい、運命共同体にしてしまう。
こうなると中国が日本侵略を果たし、日本に不利益な政策をすると、国債は暴落し、企業の株価も暴落する。
よって、中国は自国の経済的に不利なことは避けようとする。

その他、もっともっとドラッカーならではのユニークな発想、意見のオンパレードです。カラー図解入りの150ページの本なのであっという間に読めてしまいます。

この本こそ菅首相に読んで欲しいです。もしこの政策の一部でも実行すれば、菅人気が出て、民主党は復活できます。

菅首相のような史上最低最悪の無能な首相でも、マネジメントスキルをしっかり学び、実行すれば歴史に名を残す名将になることをドラッカーは述べています。菅さんに勇気を与える1冊と思います。

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

福島原発事故で、菅首相のイラ菅ぶりがいかんなく発揮され、東電の業務妨害となっているようです。首相のパフォーマンスより、避難民の早期救出が最優先ですよ。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

|

« 「マーキュリー通信」no.1641【私のコミュニケーション論-96「相手をほめる」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.1643【ワンポイントアップの人間力-6「こんな時期だから祈りを大切にしています」】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181862/51145111

この記事へのトラックバック一覧です: 「マーキュリー通信」no.1642【もしドラッカーが日本の総理ならどうするか?】:

« 「マーキュリー通信」no.1641【私のコミュニケーション論-96「相手をほめる」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.1643【ワンポイントアップの人間力-6「こんな時期だから祈りを大切にしています」】 »