« 「マーキュリー通信」no.1645【奇人変人の異見-147「国民の不安を一刻も早く取り除き、勇気と希望を与えるのが為政者の最優先の仕事」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.1647【日本はかつてない危機にある。しかしその危機を乗り越えるベストの方法とは】 »

2011年3月22日 (火)

「マーキュリー通信」no.1646【ワンポイントアップの人間力-8「人類の偉大なる出発点を知る」】

人類の偉大なる出発点を知ると、他人に対する見方も変わってきます。人類の祖先は決して猿から進化したものではありません。

4億年前に地球神主エル・カンターレが人類を創造しました。そして、偉大なる神仏の魂が分かれ、地球環境に適した形で進歩発展してきました。1人1人の人間は、姿形は異なるけれど、その根源において、創造において、1つものでした。

その後、何万回、何十万回、いやそれ以上、時代と地域、環境、そして時には性別も変えて、魂の進化の為、修行の為にこの地上に生まれ変わってきました。過去、キリスト教徒だった人が、次に生まれ変わった時にイスラム教徒ということもあります。

その結果、現在多様な個性をもった人間が存在しています。したがって、他人と思えし者も、実は魂の兄弟なのです。

リンゴの木にたとえるなら、同じリンゴの木に実ったリンゴは、色、味、熟成度合いが異なります。
しかし、同じリンゴの木、つまり神仏から分かれた魂の兄弟なのです。

この真実を知ると、他人に優しくなれます。紛争もなくなります。同じ魂の修行をしている仲間なのだと理解できるようになります。そしてこれが人間力アップの源泉となります。

※参考文献:「悟りの極致とは何か」(大川隆法総裁著 幸福の科学出版 

1050円)p44-49

|

« 「マーキュリー通信」no.1645【奇人変人の異見-147「国民の不安を一刻も早く取り除き、勇気と希望を与えるのが為政者の最優先の仕事」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.1647【日本はかつてない危機にある。しかしその危機を乗り越えるベストの方法とは】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「マーキュリー通信」no.1646【ワンポイントアップの人間力-8「人類の偉大なる出発点を知る」】:

« 「マーキュリー通信」no.1645【奇人変人の異見-147「国民の不安を一刻も早く取り除き、勇気と希望を与えるのが為政者の最優先の仕事」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.1647【日本はかつてない危機にある。しかしその危機を乗り越えるベストの方法とは】 »