« 「マーキュリー通信」no.1658【奇人変人の異見-149「少子高齢社会では、生涯現役の時代になることは必然です」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.1659【クリエイティブに生きる-8「企画力と判断力は両立しない」】 »

2011年4月12日 (火)

「マーキュリー通信」no.1659【クリエイティブに生きる-8「企画力と判断力は両立しない」】

日々の業務の中で、様々な判断を求められます。その時は、左脳が働いています。

一方、企画力の場合、創造性が求められます。この場合、主として右脳の方が働きます。

従って、企画力と判断力は両立させることは難しいと言えます。日々忙しく各種判断をしている最中には、あまりアイデアは湧いてきません。

入浴中に、何かインスピレーションが湧く時、判断業務をしていないはずです。歩行中に何かアイデアが湧く時、判断業務をしていないと思います。

企画力と判断力を別々に鍛えることで、あなたの右脳と左脳は強化されます。Dsc00950_2

日頃忙しくしていて、なかなかアイデアが湧いてこない人は、多忙な業務からいったん解放され、ゆっくりと落ち着く場所や時間を設けることをお薦めします。

それが人によっては、入浴中であったり、トイレの中だったりします。私の場合、月1回池袋サンシャインの前にあるタイムズスパでリラックスすることで、様々なインスピレーションを戴けます。

本シリーズは、「創造の法」(大川隆法総裁著、幸福の科学出版)のp39~45を参考に書いています。

|

« 「マーキュリー通信」no.1658【奇人変人の異見-149「少子高齢社会では、生涯現役の時代になることは必然です」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.1659【クリエイティブに生きる-8「企画力と判断力は両立しない」】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181862/51369753

この記事へのトラックバック一覧です: 「マーキュリー通信」no.1659【クリエイティブに生きる-8「企画力と判断力は両立しない」】:

« 「マーキュリー通信」no.1658【奇人変人の異見-149「少子高齢社会では、生涯現役の時代になることは必然です」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.1659【クリエイティブに生きる-8「企画力と判断力は両立しない」】 »