« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月

2011年7月30日 (土)

「マーキュリー通信」no.1424【私の健康法-89「日光浴は健康の源」】

私の子供の頃は、日の光は健康に良いので、太陽光を思いっきり浴びたものでした。

しかし、最近は太陽光の害、皮膚ガンになるとか、特に紫外線は健康に良くないイメージが定着して、UVカットする傾向にあります。

しかし、紫外線を浴びると、様々な健康効果が確認できています。
キーワードは、ビタミンDです。ビタミンDは、食物から摂取することが難しく、不足すると健康に影響を与えます。

ビタミンDは、日光浴により、得られます。その結果、様々な健康効果がもたらされます。

まずはビタミンDにより骨が丈夫になります。

ビタミンD不足は大腸ガンの誘発要因となります。従って、日光浴は大腸ガン予防の天然の抗がん剤といえます。

又、ビタミンDはインスリンの分泌を促進するので、血糖値を下げ、糖尿病の予防にもなります。

更にビタミンDは脂質を分解し、コレステロールや中性脂肪を低下させる作用があり、動脈硬化の予防になります。そして、ダイエット効果にもなります。

利尿作用や血圧低下にも効果があります。

自律神経をコントロールするので、更年期障害にも役立ちます。太陽光線には、人間の喜怒哀楽を調整する神経伝達物質セロトニンの分泌を促します。

このように太陽光を浴びることでビタミンDを自然に摂取することが可能となり、様々な健康効果がもたらされます。

但し、健康に良いからといって、真夏に何時間も外に出ていたら、日射病になりかねません。

各自の体調、年齢に合わせ、日光を浴びれば良いのです。難しいことを考えず、買い物や散歩に行くだけで日光を浴びます。
その時は、帽子をかぶり、サングラスをすれば夏ばて防止にもなります。手のひらを始め、体の一部を日光に触れさせるだけで良いわけです。

冬は逆に日光浴を積極的に心がければ良いと思います。

私の年代は日光をたくさん浴びた世代ですが、紫外線性悪説に育った世代の方は、健康効果があることをイメージしながら、徐々に日光を浴びていったらいかがでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月27日 (水)

「マーキュリー通信」no.1423【創レポート7月号「何のための効率化なのか?」】

毎月大好評の公認会計士伊藤隆先生の創レポートです。「sr1107.pdf」をダウンロード

今月のテーマは・・・

   それは何のための効率化なのか?
   目的のない効率化こそが非効率

です。

私も多くの企業と接し、外部から見ていて実に多くの非効率、ムダを見かけています。

その最たるものは、お役所です。
消費税アップの前に、まずお役所の非効率性とムダを徹底的に排除してほしいものです。
民間の私から見たら、ずぶ濡れの雑巾みたいなものです。

又、東日本大震災の復旧、復興の政府の対応策など、非効率とムダの極致といえます。

そして、それを巡る政争など時間の無駄遣いです。

さて、首題に関し、今月の創レポートも大変参考になります。

詳しくはこちらからご覧下さい。「sr1107.pdf」をダウンロード

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月24日 (日)

「マーキュリー通信」no.1422【感激の「ロック わんこの島」を見て】

一橋大学の大先輩 土師野良明さん(エコラ株式会社社長)のお孫さん、 土師野隆之介君が、「ロック わんこの島」に主役として出演すると言うことで早速観賞してきました。http://www.rock-wanko.com/

三宅島の大噴火の実話を基にこの映画は作成されました。

三宅村で小学校2年生の芯君( 土師野隆之介君)は、愛犬ロックと共に平穏な生活をしています。

そんな中、2000年8月に三宅島の大噴火が発生。島民は全員島を離れることを余儀なくされます。

ペットも動物愛護センターで保護預かりされます。
しかし、ロックは島に残りたい気持ちが強く、芯君一家と離ればなれになってしまいます。
その後、衰弱したロックが発見され、芯君の愛情で何とか息を吹き返します。
しかし、芯君一家はアパートの仮住まいの為、ロックとは同居できません。

ロックは衰弱が激しく、神経症となっており、このままでは死んでしまう恐れがあります。そこで、ロックの新たな飼い主を見つけ、そちらになくなく預けることにしました。

ロックを新しい飼い主に渡す日、芯君のお父さんは、島に帰る時になったら、ロックを帰して欲しい旨新しい飼い主に土下座してお願いします。

それから4年5ヶ月の歳月が経ちます。いよいよ島へ帰ることができるようになりました。芯君は中学2年生になりました。

芯君一家は、新しい飼い主と会います。ロックも連れてきています。両家の距離は30メートル位あったでしょうか。

ロックは芯君に気づき、駆け出します。二人は抱き合い、再会を喜び合います。

非常に感動的な映画でした。

三宅島の大噴火と大地震は、東日本大震災とかぶって見えます。自然災害の脅威を見直すのに良い映画でもあります。

主役 土師野隆之介君の演技は実に素晴らしかったです。それもそのはずで200名以上の候補から選ばれた実力者です。

既に子役としてかなりの実績を積んでいます。将来名優として大活躍する予感がします。http://www.google.co.jp/search?

source=ig&hl=ja&rlz=1W1FRSJ_ja&q=%E3%80%8C%E3%83%AD%E3%83%83%E3%82%

AF%E3%80%80%E3%82%8F%E3%82%93%E3%81%93%E3%81%AE%E5%B3%B6%E3%80%

8D&btnG=Google+%E6%A4%9C%E7%B4%

A2&aq=f&aqi=&aql=&oq=#hl=ja&rlz=1W1FRSJ_ja&sa=X&ei=XcwrTqv6J62OmQWt7Pi

5Dw&ved=0CBcQBSgA&q=%E5%9C%9F%E5%B8%AB%E9%87%8E%E9%9A%86%E4%B9%8B%E4%

BB%

8B&spell=1&bav=on.2,or.r_gc.r_pw.&fp=e33cb890d676f9c2&biw=784&bih=441

土師野隆之介君は、お祖父さんの 土師野良明さんに目元が非常に似ていました。こんか可愛いお孫さんをもって、きっと目に入れても痛くないでしょうね。

とにかく感動的で「素晴らしい!」の一語です。私の横で妻も感動で涙を流していました。夏休みに親子で観賞することをお薦めします。

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

「ロック わんこの島」上映の前に、次週以降の予告編が流れてきました。全てが殺人を主体とする地獄的な映画ばかりで気分が悪くなってきました。

現代の日本では、こんな地獄的な映画が流行っているのでしょうか?

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月23日 (土)

「マーキュリー通信」no.1421【これぞ理想の教育現場、幸福の科学学園那須本校を訪ねて感動の1日でした】

那須にある全寮制の中高一貫教育幸福の科学学園那須本校を授業参観も兼ねて訪ねました。

幸福の科学学園は、いじめや不登校等で病める現代の教育界を改革しようとの目的で昨年開校しました。

教育方針は、
1.いじめ撲滅、そしてバランスの取れた人格形成の為、宗教教育は不可欠
2.学校の教育だけで、塾に頼らない偏差値も重視した教育
3.創造性豊かな教育
を柱としています。

開校後1年4ヶ月が経ち、新1年生も入ってきました。

成績に関しては、進学校を対象にしたベネッセの学力試験にいきなり上位1割に顔を出す実力に教育界をあっと言わせたようです。

授業参観をしましたが、生徒の表情は真剣そのものです。詰め込み教育でなく、教師は考える力にも重点を置いているようです。

宗教教育にも力を置いている為、生徒は徹底的に深掘りして考える習慣を見につける訓練をしています。

又、スポーツにも熱を入れ、栃木県の県大会では数々の実績を上げ始めています。県北部のテニストーナメントでは、男女6冠(男女各シングルス、ダブルス、チーム)という快挙をいきなり達成し、話題を呼んでいます。

チアガールのダンスを見ましたが、皆明るく伸び伸びとやっており感激しました。

直接生徒と会話する機会にも恵まれました。
廊下や庭ですれ違うと元気よく挨拶してきます。

幸福の科学学園に入学する前までは、いじめで不登校を余儀なくされた子供は多数いるようでした。
しかし、幸福の科学学園ではいじめとは無縁だそうです。
良い友達、先生に恵まれ生徒たちは充実感でいっぱいのようです。そして何よりも笑顔がステキでした。

幸福の科学学園では、信仰心をベースに、将来、それぞれの個性を発揮しながら世の中の役に立つ人材になる夢を持ちながら、勉強に、スポーツに一生懸命打ち込んでいる姿は美しいです。
テレビを殆ど見ない子もいますし、携帯メールをする相手は遠く離れた両親とのやりとりが中心だそうです。

教育の力が、ここまで人間を変えてしまうのかその凄さを身をもって実感しました。
明るく伸び伸びとし、思いやりがあり、創造性豊か、文武両道に優れ、チャレンジングスピリット旺盛、国際性豊かな人材を多数輩出するのが目的です。
こういう若者が日本人の多数派を占めるようになれば、将来の日本も安泰です。Dsc01167

大川隆法総裁の夢が早くも実現しつつあります。

戦後、マッカーサー率いるGHQは、宗教を徹底的に形骸化し、それに成功しました。
その結果、日教組中心の左翼思想を取り入れた教育により、教育は荒廃しています。

しかし、後5年もすれば、幸福の科学学園出身の生徒たちが世の中で活躍する時代となります。

成績優秀で、人格的にも素晴らしい人間が、各職場で評判を呼ぶことになるでしょう。

その時にやっと、幸福の科学の教えの素晴らしさを世間は遅まきながら認めることになるでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【ご協力のお願い】「被災失業者支援プロジェクト」

「新しい時代を創る経営者の会」メンバーのガイアシステム松村副社長より、下記ご案内が届いております。

被災地の方々の支援にお役に立てればと思います。詳細は、下記クリック願います。「KIZUNAproject.pdf」をダウンロード

「rinji_koyou.pdf」をダウンロード

弊社では、東日本大震災以降、私どもが運営しているNPOを通じ、宮城県南三陸町を長期的に支援させていただいております。
※これまでの支援活動に関しましては、添付の「支援活動報告」をご覧ください。

震災発生から約4ヶ月、今では地元経営者を中心に対話を重ね、被災地の産業の復興、雇用の創出を柱に支援活動を展開しております。
中でも被災地では、今もなお、4万人以上もの方々が失業状態にあり、復興計画において大きな課題となっています。
しかし、未曾有の震災により目に見えるものを全て失い、働く場所がないことも実情です。

そこで当社の人材ビジネス事業のノウハウと経験を活かし、東北の産業を活性化するチカラに寄与したいという想いで「被災失業者支援プロジェクト」を立ち上げることとなりました。

今回、皆様にご協力いただきたい内容は、被災地で仕事を探されている方々を対象に、

1)半年~1年程度、派遣社員としての雇用
2)期間契約社員としての直接雇用
3)紹介予定派遣として雇用

になります。

本件に関するレターを「東日本大震災 被災者臨時雇用へのご協力のお願い」として添付させていただきました。

ご協力をご検討いただける場合は、
具体的な内容を直接ご説明させていただきますのでまで、ご連絡をいただきたく、何卒、よろしくお願い申し上げます。

お電話:078-360-3307
メール:info@gaiasystem.co.jp
弊社担当:山名(やまな)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月16日 (土)

「マーキュリー通信」no.1720【売上限界突破セミナーを受講して】

人間は、心理的に自分に限界を課していることが多いです。
経営コンサルタント株式会社アデイナス砂田淳社長は、著書「10メートル先の100万円」でそう語ります。

もうだめだと走ることを止めた人間に、もし10メートル先に100万円の札束が置いてあり、後10メートル走ればその100万円を上げるというと、必死に走り出します。

会社の売上もそうです。今期の売上達成はもうだめだと諦めた瞬間から達成は不可能となります。

一方、人は甘やかすとどんどんダメになっていきます。ゆとり教育などその典型です。
企業でいうなら、売上目標を甘めに設定すればするほど、その引き下げた目標に収斂していく。

砂田淳社長の特長は、この限界突破理論に、現代の四正道理論を加え、数々の実績を上げてきたことです。http://www.genkaitoppa.com

現代の四正道理論とは、
愛:Win-Win
知:創意工夫、顧客のことをよく知る
反省:限界突破

本日は、大阪吹田市で経営不振に陥っていた歯科医を見事に立ち直らせた事例でした。

全国の歯科医の数は67千件もあり、コンビニの4万件より多く、過当競争の業界で、歯科医の2割は月収25万円以下だそうです。

砂田淳社長は、コンサルティングを始めるに当り、個別に面接を始めました。

すると当時同歯科医の人間関係は崩壊寸前でした。

砂田淳社長は、「人間関係の良い職場は、売上が確実に上がる」との信念の基に、この部分を徹底的に改善していきました。

一方で、ターゲットの絞り込みとそれに合わせた販売促進も実施していきました。

その結果、診断当初5千万円だった売上は数年で1億円を突破し、今年も1億3千万円のペースで順調に伸びているそうです。

儲けることに罪悪感を覚える医者も多いようですが、売上は顧客の評価の結果なのだと意識変化をさせました。

1億円達成の時の充実感と喜びは大きかったようです。この喜びを歯科スタッフ全員で共有できたそうです。

私自身も本日のセミナーから多くの気づきを頂き、早速実践しました。砂田社長に感謝です(*^^*)

◆◆◆◆リスク・マネジメント白木大五郎先生のユーモア川柳◆◆◆◆◆◆

白木大五郎先生のユーモア川柳が届きましたのでご披露致します。

史上最悪、最低の内閣に国民も嘆く言葉すら思いつきませんね。怒りを通り越

しての政治時事川柳10選です。
白木大五郎

『ブランコで ないのに菅さん よく揺れる!』

『菅さんの 行きたい札所は 延命寺?』

『予想外? 何時止まるやら 放射能!』

『税金をカン蹴り遊びで浪費する!』

『内輪揉め 被災地復興 カヤの外?』

『衣から 見え見え延命  下心?』

『執念は 有るけど信念 ない男!』

『四面楚歌 なおと(直人)どまりたい 総理の座!』
『軽さゆえ 正論言っても 総スカン(菅)!』

『譲るとは 言ったが何時とは 言ってない!』

『新旧で ぺてん師お前と  言う総理!』

『脱原発 それより前に 脱直人!』

『マニフェスト いつまでやるとは 書いてない!』
『君子でも ないのに豹変  する総理!』

『やるやるの 詐欺がはびこる 民主党!』

『文字通り 厚菅(顔)無恥(知)の 総理かな!』

『国守る 仙菅(船艦)ヤマトの 頼りなさ!』

『場当たりで 脱原発とは  よく言うよ!』

『放射能 より迷惑な 軽さかな!』

『方針は 朝令暮改の 原子力!』

『内紛で 被災地救済 カヤの外!』

『予算規模 にっちもさっち 誤算規模!』

『認めない もう限界(玄海)だ 民主党!』

『肝(菅)心の 後継候補が  見当たらず!』

『廃棄物 同じく総理も 廃棄物!』

『文字通り 最小(宰相)不幸の 日本国!』

『カンさんの 次の札所は  延命寺!』

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月13日 (水)

「マーキュリー通信」no.1719【第101回「新しい時代を創る経営者の会」アスカT3小林社長のベンチャースピリット】

当会は先月で100回を迎え、今月から101回目となります。

そこでこれまでのやり方を全面的に改め、新しい運営方式で実施することにしました。

主な変更点は、「ベンチャー起業家の事務所等を活用しながら、ベンチャー起業家の活動状況を座学だけでなく、肌で感じられるような工夫を凝らしていく」ことを基本としました。

その運営方式を下記致します。
◆年間の大枠のスケジュール:私を含めた世話役人会では抑えます

◆それ以外は我こそはと思われるベンチャー起業家の経営者にその枠を提供させていただきます。
曜日、日時はこれまで毎月第2水曜日、場所は新宿野村コンファレンスプラザ48階でしたが、この原則を外し、各経営者の都合の良い日でセッティングしていただきます。もちろんこれまで通り、アレンジに関しては、私もお手伝いします。又、参加者募集も各経営者がどんどん行って下さい。

◆会場:原則そのベンチャー起業家の事務所とさせていただきます。

◆懇親会場:当日の会合場所の近くを、担当プレゼンターにて確保願います。

懇親会費は一応3千円程度でお願いします。

さて、その第1回として、タッチパネル式セルフオーダー端末のトップメーカーで躍進中のアスカティースリー株式会社小林俊雄社長がプレゼンテーションを行いました。

小林社長は、ダイエーのカリスマ創業者中内功氏の懐刀として、ダイエーの高度成長に貢献された方です。

中内功氏が第一線から引退された後、ダイエーを退職し、タッチパネル式セルフオーダー端末の将来を予測し、起業しました。

しかし、ベンチャー起業家の道は険しく、既に個人で1億円以上会社につぎ込み、アスカティースリーを軌道に乗せる為に、全身全霊を捧げてきました。

その努力の甲斐あって、同社は2年連続黒字となり、上場も視野に入ってきました。

今回は、小林社長のベンチャー起業家人生の血と汗の結晶を語っていただきたました。内容はオフレコの部分があるので、ここでは省略させて頂きます。

タッチパネル式セルフオーダー端末は最近かなり頻繁に見かけるようになって来ましたが、今後大半の店で導入されることが予測されます。

第2部は、同社のタッチパネル式セルフオーダー端末を導入している、つぼ八 銀座5丁目店の個室で、参加者がセルフオーダー端末を使いながら直接注文していただき、ゲーム感覚で楽しんでいただきました。

普段使い慣れていない年配の方でも、意外と簡単だったので、親近感を持って戴けたことと思います。

◆次回以降の「新しい時代を創る経営者の会」の予定

11月が未定ですので、我こそはと思う経営者の方のオファーをお待ちしています。

8月 夏休み
9月 赤外線診断コンソーシアム
10月 会津若松昭和30年代村落慶祈念紅葉狩りツアー(1泊2日)
11月 未定
12月 望年会

◆◆◆◆リスク・マネジメント白木大五郎先生のユーモア川柳◆◆◆◆◆◆

白木大五郎先生のユーモア川柳が届きましたのでご披露致します。

史上最悪、最低の内閣に国民も嘆く言葉すら思いつきませんね。怒りを通り越

しての政治時事川柳10選です。
白木大五郎

『ブランコで ないのに菅さん よく揺れる!』

『菅さんの 行きたい札所は 延命寺?』

『予想外? 何時止まるやら 放射能!』

『税金をカン蹴り遊びで浪費する!』

『内輪揉め 被災地復興 カヤの外?』

『衣から 見え見え延命  下心?』

『執念は 有るけど信念 ない男!』

『四面楚歌 なおと(直人)どまりたい 総理の座!』
『軽さゆえ 正論言っても 総スカン(菅)!』

『譲るとは 言ったが何時とは 言ってない!』

『新旧で ぺてん師お前と  言う総理!』

『脱原発 それより前に 脱直人!』

『マニフェスト いつまでやるとは 書いてない!』
『君子でも ないのに豹変  する総理!』

『やるやるの 詐欺がはびこる 民主党!』

『文字通り 厚菅(顔)無恥(知)の 総理かな!』

『国守る 仙菅(船艦)ヤマトの 頼りなさ!』

『場当たりで 脱原発とは  よく言うよ!』

『放射能 より迷惑な 軽さかな!』

『方針は 朝令暮改の 原子力!』

『内紛で 被災地救済 カヤの外!』

『予算規模 にっちもさっち 誤算規模!』

『認めない もう限界(玄海)だ 民主党!』

『肝(菅)心の 後継候補が  見当たらず!』

『廃棄物 同じく総理も 廃棄物!』

『文字通り 最小(宰相)不幸の 日本国!』

『カンさんの 次の札所は  延命寺!』

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月 7日 (木)

「マーキュリー通信」no.1718【キヤノン電子酒巻社長が語る「論語とそろばん」と現代経営】

今年は渋沢栄一没後80年ということで各種行事が行われています。渋沢栄一記念財団では4回に亘って「論語とそろばん」セミナーを行い、本日が最終回でした。

本日は、一橋大学田中一弘教授がキヤノン電子酒巻久社長に問いかけるという対談形式で進められました。

さすが現役社長を10年以上続けられているとあって、本日は多くの学びを得ました。

20世紀最高の経営学者ドラッカーは渋沢栄一から多くのことを学びました。

それもそのはずドラッカーは、儒教は"universal ethics"だと捉えていました。だから、ドラッカーが渋沢栄一の著書に接した時、ぴんと来るものがあったわけです。両者の思想には共通点がかなりあります。

酒巻社長は、ドラッカーのマネジメント理論「自分の強みを活かせ」に勇気づけられました。

酒巻社長は、技術畑出身ですが、他の技術者と比べ、自分に抜きんでたところがないことを悩んでいました。
しかし、技術に関するジェネラリストの酒巻社長は全ての分野に平均点以上の力を持っていました。

基礎技術力では適わなくても、応用技術で酒巻社長は力を発揮することができました。自分の強みを活かすことで、キャノン本体で出世し、子会社のキヤノン電子の社長の座を射止めることになりました。

さて、論語とドラッカーの共通点は「忠恕(チュウジョ)」だと酒巻社長は語る。恕とは、「自分がやられて嫌なことは他人にしない」ことです。

一般的な倫理観は組織に向かないというのがドイツ哲学の大御所カントの考え方ですが、ドラッカーはこれに反論する。ドラッカーの思想の根本は儒教に根ざしている。

この考え方は、酒巻社長の経営哲学に見事に反映されている。
キヤノン電子では、従業員を大切にしている。会社が儲かればその分従業員にきちんと分配することを明確にしている。

従業員がムダを節約し、利益を上げれば自分たちの給料が上がることを知っている。
だから個々の従業員が何をすべきかをいつも考えている。これが従業員に浸透している。

同社の成長、成功の原因は、いつも相手の立場に立って考えていることだ。これが個々の従業員まで徹底している。

同社では税前利益20%を目標にしているが、従業員にこの考え方が徹底しているので、この目標を達成することができた。

例えば、東日本大震災以降電力に対する考え方が180度変わった。これまで電力にふんだんに使えるものと考えていた。それが日本企業の成長の原動力だった。

しかし、震災以降、電力は貴重な資源となった。その為にどうしたら良いのか、従業員一人1人が真剣に考え、その結果25%の電力削減に成功した。

ピンチをチャンスと捉え、前向きにチャレンジしていけば企業の飛躍に繋がる。

渋沢栄一は、道徳経済合一説を提唱した。

日本の教育では、ルールを守ることをきちんと教育してこなかった。従って、新入社員教育ではルールを守ることを徹底させている。

一例として、コンプライアンスに関しては、ルールを守ることをキヤノン電子では徹底している。新入社員に「会社のルールを守ること。もし、ルールを破ったら退職させる」旨、誓約書を提出させている。

例えば、会社は全面禁煙。ルールを破って喫煙した社員をクビにしたこともある。製造会社なので、ルールを破ると大きな事故や、会社に大損害を与えるリスクが発生する。

最後に従業員教育の基本は、夢と目標を与えること。しかし、トップにその夢や目標がなければ、従業員には伝わらない。

ハーバード大学の学生200人に卒業30~40年後にどうなったのかを追跡調査した結果がある。

200人の内、半分は卒業時に夢を持っていた。彼らの成功率は99%だった。残りの半分は成り行きで卒業した。彼らの成功率は僅か2%だった。

このデータからも、いかに夢を持つことが大事であることを物語っている。

最後に、経営者の教育は、30代の頃から徹底的に経験を積ませることが重要。50代になってからいきなり幹部に登用しても、経験がないとなかなか社長の座は務まらない。

酒巻社長のお話を聞いていて、現代の日本の混迷は、総理になる為の教育と経験を全くしてこなかった1市民運動家が偶々総理になってしまったことに起因することがよく理解できました。

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

本日の酒巻社長の話を聴いていて、ジェネラリストの私は勇気づけられました。スペシャリストと比べ、ジェネラリストの私は物事を多角度から見ることができ、いろいろな出来事をコーディネイトし、応用動作を考えることもできます。

そして、酒巻社長が、成功の要素として「素直さとやさしさ」が重要と語られていましたが、これも私の強みなので、今後はこの部分を経営にも活かしていきたいと思います。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「マーキュリー通信」no.1717【私の健康法-88「夏ばてに強力な助っ人」】

今年は知らないうちに梅雨に入り、知らないうちに梅雨が終わろうとしているおかしな夏です。梅雨が終わったのかどうか分かりませんが、暑い夏は既に始まっています。

私の真夏対策は「クールビズ、帽子、サングラス」の3点セットですが、このお陰で夏ばて知らずです。

夏ばて対策には、快眠、熟睡が大事ですが、先日妻が東急ハンズで高反発枕を買ってきてくれました。

一頃低反発枕が流行したそうですが、最近は高反発枕が人気を集めているようです。

高反発枕の特長は、頭を乗せた時に、頭が枕に沈み込まずに、一定の高さを保つことができるので、その結果安眠、快眠に繋がるとのことです。
私も試してみましたが、確かに高反発枕に替えてから、更に深い睡眠となっているようです。

妻が購入したのは、東急ハンズで一押しのイタリアのMagniflex(マニフレックス)の高反発枕です。12,600円と多少高いのですが、耐用年数4年として、1日の費用が9円弱です。これで安眠できるなら安いものと言えます。

一方、真夏の暑さ対策に友人が「パッとCOOL(パッとクール)」という商品を販売しており、私も試しています。http://www.itmo.co.jp/cct/

「パッとCOOL(パッとクール)」は、タオルの形をしており、水に濡らし、絞り5回ほど振ると、冷たくなります。
これを首に当てると気持ちよいです。

今も首に巻きながら「マーキュリー通信」を書いています。

東急ハンズでも買えます。

2つの強力な助っ人が加わったので、今年も夏ばてせずに元気に過ごせそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月 3日 (日)

「マーキュリー通信」no.1716【ありの世界を見て童心に帰る】

201107031218ari0000 2011070312010ari000 本日は池袋サンシャイン前の公園で昼食をとりました。
妻が作ってくれたおにぎりを食べていたら、具のサケのかけらが地面に落ちました。するとアリが群がってきて、そのサケの小片を担いで、近くの巣穴に運んでいます。
アリにすれば大御馳走です。

子供の頃、アリに夢中になって、アリの生態を観察しました。

本日は、束の間、童心に帰りました。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2011年7月 2日 (土)

「マーキュリー通信」no.1715【日蓮宗は、未だに他宗排撃をやっているのですね】

本日は義兄の新盆で、二俣川の妙蓮寺で供養をしました。

過去1年間に26名の方が同寺の墓に埋葬されたので、本日は合同供養でした。

合同供養で、1時間のご法話を話されました。40歳くらいの若いお坊さんです。

話の内容自体、まだ若いせいなのでしょうか、1時間の割には修行が足りない印象を受けました。

特に気になったのが、日蓮宗が未だに他宗排撃をしていることです。
鎌倉時代、日蓮は大地震等の天変地異が発生したのは、邪教のせいだと主張し、唯一日蓮宗に帰依することで救われると説きました。
一方で、「南無阿弥陀仏」の浄土宗を排撃しました。「南無妙法蓮華経」と唱えることが、唯一極楽に行く道だと衆生を諭しました。

日蓮は他宗との差別化の為に、他宗排撃をしたのであって、これは方便なわけです。当時の民衆に浄土宗と日蓮宗との違いを説いても理解できなかったことでしょう。だから日蓮宗以外を信じると地獄に堕ちるぞと分かりやすく諭したわけです。

本日のご法話の中でも、「南無阿弥陀仏」と唱えても地獄に堕ちる旨説法していました。

本日の参列者の中には、浄土宗系の人も多かったと思いますが、却って反発を招くと思います。

「南無阿弥陀仏」と唱えても地獄に堕ちることは絶対にありません。逆に「南無妙法蓮華経」と唱えれば死後の世界は極楽に行くかというと必ずしもそうではありません。
要は、生前の思いと行いによって、極楽に行くのか、地獄に行くのかが決まるわけです。

又、布施の精神も説きました。布施は金額の多寡ではなく、仏への感謝の気持ちが大事だと説きました。貧しい人からはお布施は頂きませんと説く一方で、戒名に関しては、より高額の戒名をつけた檀家の方が子々孫々繁栄していると矛盾することを説いています。

事実、義兄の戒名をつける際に、このお寺(妙蓮寺)の住職は、最初100万円をふっかけてきました。
義母が年金の身で払えない、最低の戒名で結構ですと答えたら、戒名代は30万円となりました。30万円も法外の値段です。年金暮らしのお年寄りなら、気持ちで良いわけです。

これも言っていることと、腹の中で思っている事が大分違う例です。

こういう腹黒い坊さんは、死後地獄に堕ちることを理解していないようです。

悟りの低さが、全身から伝わってきます。

このお坊さんのイメージは、そこら辺の営業マンが法衣をまとっている人にしか見えませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »