« 「マーキュリー通信」no.1429【ワンポイントアップの営業力-22「ビジネスで活かす電通鬼十則に学ぶ」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.1431【被災地を訪ねて(気仙沼、石巻)】 »

2011年8月13日 (土)

「マーキュリー通信」no.1430【被災地を訪ねて(松島)】

現在の日本は、政府やマスコミ情報に振り回されて過ぎています。官僚も含め政府のスタンスは野菜の放射能汚染問題も含め事なかれ主義です。そしてそれに乗っかるマスコミ。マスコミの本質は、マッチポンプです。つまり、視聴率アップ、売上部数を伸ばす為に、センセーショナルな情報を流すことです。

私自身、政府やマスコミ情報この目で被災地を見て、そして何かお役に立てればという思いで、久しぶりに東北を訪れました。

今回は、交通費や宿泊費に余り金を掛けず、その分被災地でモノを買って、被災地の売上に貢献するスタンスで出かけました。

JR東日本が、北海道、東北7日間1万円乗り放題キャンペーンを9月末まで実施しているので、それを利用しました。但し、特急利用の場合、特急券と乗車券が別途必要となります。

池袋発午前6時58分の電車に乗り、仙台に着いたのが13時26分でした。その間、何と6回も乗り継ぎました。但し、乗り継ぎ時間が5~10分程度だったので、特に不便は感じませんでした。

仙台からそのまま仙石線に乗車して松島に行きました。
松島では、多数の島が存在する為、それが自然の防潮堤となり、津波の被害は比較的軽微だったそうです。

ただ、震災以降客足は戻らず地元商店街は四苦八苦しているそうです。
5時半頃地元の寿司屋に入りましたが、客は私だけでした。
この店も床上浸水となり、店内は全面改装したそうですが、客が入らなくては、経営が厳しいようでした。

気になるのは、伊達政宗記念館やお寺の閉館時間が5時と早いことです。又、遊覧船の最終便は4時でした。
せっかく観光客が来ているのだから、もっと時間延長して、収入を上げれば良いと思いました。

これは作並の温泉街も同様でした。顧客送迎という基本的なサービスができていないので、せっかくの客を逃がしていると言えます。

そういう意味では、ちょっと元気がない感じがしました。

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

松島訪問後、作並温泉を訪ねた為、この日は、何と10回もJRを乗り継ぎました。私にとっては、1日の乗り継ぎ回数としては、最高記録で、永久不滅の記録でしょう。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

|

« 「マーキュリー通信」no.1429【ワンポイントアップの営業力-22「ビジネスで活かす電通鬼十則に学ぶ」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.1431【被災地を訪ねて(気仙沼、石巻)】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181862/52506590

この記事へのトラックバック一覧です: 「マーキュリー通信」no.1430【被災地を訪ねて(松島)】:

« 「マーキュリー通信」no.1429【ワンポイントアップの営業力-22「ビジネスで活かす電通鬼十則に学ぶ」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.1431【被災地を訪ねて(気仙沼、石巻)】 »