« 「マーキュリー通信」no.1433【会津若松昭和30年村を訪ねて】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.1435【頑張れニッポン!被災地を訪ねて-「絆」】 »

2011年8月17日 (水)

「マーキュリー通信」no.1434【会津若松 大内宿(オオウチジュク)を訪ねて】

会津若松昭和30年代村の川又社長に会津若松市の名物、大内宿に連れて行って戴きました。Dsc01361

会津若松の大内宿は昔は宿場町だったそうです。民家は茅葺き屋根でした。

住民の1人が、茅葺き屋根の貴重性に気付き、町興しを始めました。とたん屋根に変えた民家も茅葺きに戻しました。

又、会津若松市の補助金も得て、コンクリートの道路を土の道に戻し、昔ながらの宿場町に復元したそうです。
ここで民家もお土産物屋に改装し、町ぐるみで町興しを始めました。

Dsc01368


その結果、昨年1年間で何と250万人の観光客が大内宿を訪れたそうです。

しかし、震災以降客足はぱたっと止まったそうです。

最大の原因は、政府やマスコミが垂れ流す風評被害です。フクシマと聞いただけで放射能汚染をイメージするため、県外の人が避けるようになりました。

もちろんこの辺りの放射能汚染はありません。寧ろ喫煙の害の方がずっと大きいのに、地元の住民は風評被害に苦しんでいます。

どうかこの「マーキュリー通信」をご覧になった方は、大内宿に応援に駆けつけませんか。

|

« 「マーキュリー通信」no.1433【会津若松昭和30年村を訪ねて】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.1435【頑張れニッポン!被災地を訪ねて-「絆」】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181862/52507857

この記事へのトラックバック一覧です: 「マーキュリー通信」no.1434【会津若松 大内宿(オオウチジュク)を訪ねて】:

« 「マーキュリー通信」no.1433【会津若松昭和30年村を訪ねて】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.1435【頑張れニッポン!被災地を訪ねて-「絆」】 »