« 「マーキュリー通信」no.1750【奇人変人の異見-160「国も企業もトップの思いと行いの方向に進んでいく」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.1752【20世紀最大の科学的スキャンダル】 »

2011年9月23日 (金)

「マーキュリー通信」no.1751【私のコミュニケーション論-103「酒癖が悪いのも程度もの」】

酒の席になると普段本音を言えない人でも、酒の力を借りて本音を言う人が時々います。それが愚痴になったりします。たいていは酒の席ということで大目に見ます。

先日A氏と酒を飲んだ時のことです。

A氏は同席したS氏にさんざん日頃の欲求不満をぶつけたあげく、「Sよ!」とS氏の名前を呼び捨てにして、「俺のタバコを買ってこい」と怒鳴りながら指示しました。
A氏は、S氏とは初対面で、S氏の方が年上です。しかも、S氏はお客様でもあります。

その場はいっぺんに白け、S氏のA氏に対する印象は当然悪くなり、それ以来コミュニケーションは途絶えています。

A氏と酒を飲むのは初めてですが、もちろん2度と飲みたいと思いません。

| |

« 「マーキュリー通信」no.1750【奇人変人の異見-160「国も企業もトップの思いと行いの方向に進んでいく」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.1752【20世紀最大の科学的スキャンダル】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「マーキュリー通信」no.1751【私のコミュニケーション論-103「酒癖が悪いのも程度もの」】:

« 「マーキュリー通信」no.1750【奇人変人の異見-160「国も企業もトップの思いと行いの方向に進んでいく」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.1752【20世紀最大の科学的スキャンダル】 »