« 「マーキュリー通信」no.1769【私のコミュニケーション論-105「セミナーの巧拙はアレンジ力で決まる」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.1771【舛田光洋先生のそうじ力を実践して心身共にパワーアップしてきました】 »

2011年10月21日 (金)

「マーキュリー通信」no.1770【奇人変人の異見-162「現在のEUの危機も、基本を押さえれば、簡単に予測できました」】

ギリシャ危機を発端にEUの危機が叫ばれています。

しかし、このことを私はEU発足時からいずれそうなると予測し、それを周りの人にも話していました。

なぜならドイツのような経済強国とその他の経済的に弱い欧州各国が同じ通貨を使い、経済統合したら、弱いところに足を引っ張られることは明白だからです。

同じ国の中なら、貧しい地域へ所得の移転をして、富の再分配をすることが可能です。しかし、国が違えば、それは困難です。

このようなことは様々な分野で予想が可能です。素人の勘は意外と当たるものです。なぜならそこには利害は絡んでおらず、傍目八目的に冷静に見ることができるからです。

一番古くは、私が20歳の時に米国に行った時のことでした。1ドル360円の時代でした。1ドル360円で換算すると、米国の物価はものすごく高く感じました。感覚的には180円程度でした。その感覚が当たり、プラザ合意で180円の円高へと進みました。

カナダ駐在の時にバブル崩壊を経験していた私は、日本のバブルもいずれ崩壊すると皆に言い回っていましたが、誰も相手にしてくれませんでした。

最近では金の高騰です。資源としての金は有限です。長期低落傾向の続くドルの次に続く通貨がない以上、金は高騰するのは必然と思っていました。

更に、資源高騰です。
私がカナダ三井物産で石炭の輸出をしていた頃、FOB価格がトン当たり20ドル台でしたが、それが20年以上続いていました。これも異常なことです。いずれ石炭価格を始め、資源価格は高騰するだろうと予測していましたが、その通りになりました。

2年前の政権交代の時、右から左翼までの寄合所帯の民主党による政治は混迷すると予測し、その通りになっています。

地震に関しても、「マーキュリー通信」でいずれ大地震が来るから、その時に備え、必要な耐震補強をすべきことを何度も訴えてきました。

私はこれらのことのプロではありません。しかし、世の中の動きをみれば、おおよその予測ができます。

今、簡単に予測できることは、消費税を増税したら、不況が深刻化し、税収は更に落ち込みます。

その他中国の軍事的脅威等簡単に予測できることはたくさんありますが、この国の為政者は殆ど手を打たず、小手先の対応で終始してきました。

国や企業のトップなら、このような長期的視野に立って、経営をしていくことも必要と思います。

今、日本の最大の不幸は、長期視野に立った戦略思考ができるトップ(首相)がいないことです。

|

« 「マーキュリー通信」no.1769【私のコミュニケーション論-105「セミナーの巧拙はアレンジ力で決まる」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.1771【舛田光洋先生のそうじ力を実践して心身共にパワーアップしてきました】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181862/53045787

この記事へのトラックバック一覧です: 「マーキュリー通信」no.1770【奇人変人の異見-162「現在のEUの危機も、基本を押さえれば、簡単に予測できました」】:

« 「マーキュリー通信」no.1769【私のコミュニケーション論-105「セミナーの巧拙はアレンジ力で決まる」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.1771【舛田光洋先生のそうじ力を実践して心身共にパワーアップしてきました】 »