« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月

2011年11月29日 (火)

「マーキュリー通信」no.1792【同じ商品でも店員によって説明が違う!】

私は不慣れな商品や高額の商品を買う場合、必ず複数の異見を聞くことにしています。

本日は、空気清浄機の購入でした。先日、ヤマダ電機池袋店で店員に説明を聞き、パナソニックのナノイー発生機を気に入り、購入することを決めました。
本日、ビックカメラ池袋店でパナソニックのナノイー発生機の説明を受けました。

するとパナソニックのナノイー発生機は、アレルギー体質用の商品で、空気清浄は補完的だとの説明を受けました。

そこで、私はパナソニックのナノイー発生機12800円の購入を止め、結局象印の空気清浄機を購入しました。価格は8畳までで6980円でした。

空気清浄機1つとっても店員の説明の仕方が違うことに気付き、私にとっては良い勉強となりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月28日 (月)

「マーキュリー通信」no.1791【ワンポイントアップの営業力-23「在庫がない商品を販売するちょんぼ」】

この度ソフトバンク以外のキャリアは月間500回、1回10分までは無料サービスのウィルコムに申込をビックカメラ池袋店でしました。

ウィルコムに申込むことを決めていたので、機種の選択から始めました。機種も既に決めていたので、後は店員に具体的な質問をしていきました。

その後、店員は在庫確認に行きました。

しかし、私の希望する機種の色(ブラックをベースに青いストライプ)はありませんでした。店員はピンク色を奨めます。「ピンク色もお客様に似合います」と盛んに奨めます。

私が断ると今度は違う機種を奨めます。しかし、他の機種は私にとって不必要な機能がついており、その分割高となります。

結局ビックカメラでの申込は諦め、隣のヤマダ電機に行きました。ヤマダ電機には在庫がありました。

その日、私はウィルコム以外にiPhone、iPad、WiFiの申込もしました。ビックカメラ側で言えば、ウィルコムの機種の在庫がなかったために、その他3製品も隣の競合店ヤマダ電機にとられた形になります。

それにしても在庫のない商品を店頭に置き、販売するなど商売の基本から外れています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月27日 (日)

「マーキュリー通信」no.1790【創レポート11月号「売上よりも資金繰りに目を向ける」】

毎月好評の公認会計士・税理士 伊藤 隆先生による創レポートです。
今月は中小企業にとって重要な資金繰りです。

中小企業にとっては売上より資金繰りの方が重要なのです。今月の創レポート

は、その重要性を具体例を基に詳しく解説しています。

詳しくは創レポート11月号をご覧下さい。「sr1111.pdf」をダウンロード

***********************************
   公認会計士・税理士  伊藤 隆
   【本   部】03-3556-3317
   【会計工場】059-352-0855
        http://www.cpa-itoh.com
   中小零細企業の存続と
             その未来のために・・・
***********************************

◆◆◆◆◆◆最近のboblog「マーキュリー通信」◆◆◆◆◆◆◆

11月25日「マーキュリー通信」no.1789【私の健康法-92「過保護は体を退化さ

せる」腹巻き】

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月25日 (金)

「マーキュリー通信」no.1789【私の健康法-92「過保護は体を退化させる」

最近男女とも腹巻きファッションが人気だそうです。
寒い時には腹巻きは確かに温かそうですね。

私は子供の頃から腸が弱く、若い頃は腹巻きのお世話になっていました。

しかし、ある時から腹巻き止めました。腹巻きに依存するのではなく、自らの力で健康を維持していく方法に切り替えました。

もちろん冬もしていません。その代わり、冬はレッグウォーマーや、ネックウォーマーをして防寒します。

これで風邪の予防となります。

何かに頼るのでなく、自己免疫力をつけた方が健康には良いと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月23日 (水)

「マーキュリー通信」no.1787【ワンポイントアップの営業力-23「プレゼンテーション力をアップさせる」】

最近感じるのはプレゼンテーションの巧拙によりビジネスの進展度合いに大きな影響を与えることに気付きました。

しかし、そのことに気付いていない人が意外に多いように見受けられます。

そこで、昨日私が主催する第12回ビジネス情報交換会で「プレゼンテーション力をアップさせる」というテーマでセミナーを行いました。

私自身過去に長短合わせ1万回以上のプレゼンテーションを行ってきました。

プレゼンテーション力をアップさせるには、それなりのコツとノウハウを掴むことが大事です。私は、本を読んだり、他人の長所を学んで自分流を確立してきました。但し、私のプレゼンテーションは、オーソドックスです。

これまで10倍アップの極意シリーズを発売し、「あなたのコミュニケーション力10倍アップの極意」が最後としましたが、今回皆様のリクエストにお応えして、新たに電子出版「あなたのプレゼンテーション力10倍アップの極意」を定価3千円)を発売することにしました。

※レジュメは下記を参照

プレゼンテーション力をつけたい方にはお薦めです。

発売時期は来年初めを予定していますが、先行予約をお受け致します。
先行予約の特典:3千円を2千円(送料込み)
教材テキスト+DVD(録音時間2~3時間)
※教材テキストの内容は、添付レジュメを基に再編致します。

ご希望の方は、メールで送付先住所、氏名をご連絡いただけますか。
その後、下記口座に2千円をお振り込み頂けますか。
三井住友銀行池袋東口支店普通8116787
ジャパンネット銀行本店営業部 普通7482176
口座名義 (有)マーキュリー物産

教材テキストの内容は、昨日のセミナーの下記レジュメを基にパワーポイントに書き直し、DVDに吹き込みます。

=================
プレゼンテーション力アップの極意
=================

1. アポ取り
(1) キーワードを伝える。
(2) 説明をしない。
(3) 場合によってはメールを活用する
(4) 必要に応じ資料を添付する

2. 目的を明確にする
(1) セミナーとプレゼンテーションは異なる

(2) AIDMAを意識する
Attention:注意喚起
Interest:興味付け
Desire:欲しいと思わせる。欲しいと言うことと購入とは別問題
Memory:欲しいと思い、購入しようと検討する
Action:購入

(3) 時間の長短に合わせて目的を定める
① 1分:1テーマに絞る→目的はAttention
② 3分:2テーマもOK→Attention。1テーマならInterestまで持ち込む
③ 5分:1テーマの方がベター。Desireまで持ち込む。
④ 10分:1テーマの方がベター。Memoryまで持ち込む。
⑤ 30分:Memory ~Actionまで持ち込む。
⑥ 1時間:Action(購入)まで持ち込む。
⑦異業種交流会の活用

(4) 個人、法人に拘わらず同じ

(5) 資料
➀プレゼンテーション・ペーパーは多すぎないこと
②紙の資料の方がベター:「人は忘れる動物である」という認識を持つ
③資料は必要最低限に絞る

3. 導入部
(1) 名刺の交換からプレゼンテーションはスタートしているものと心得る
あいさつ、身だしなみ、清潔感、TPOにあった服装
(2) プレゼンテーションする相手を意識する
(3) 場の空気を作る。笑顔の重要性
(4) 相手の心を開かせる
(5) 相手に合わせた分かりやすい言葉、用語

4. 3Cの重要性
(1) コミュニケーション
➀会話のキャッチボールを心がける
②相手に語らせるようにする。
③本音を引き出す
④役割分担を考える
⑤ホットボタンに耳を傾ける:購入のサインは何かを把握する

(2) コントロール
➀時間を意識して話を進める
②相手に語らせながらも、自分の土俵に持ち込む

(3) クロージング
➀クロージングのないプレゼンテーションは失敗と心得よ
②AIDMAを意識したクロージング
③クロージングは必ずしも最後とは限らない

(4)反論処理
➀相手の意見を否定しない
②yes,but・・・
③yes,if・・・
④議論しない

5. フォローアップの重要性
(1) 面談の御礼メール
(2) 見込客から電話やメールが来ることはまずないと思え
(3) フォローアップする内容を考えてから電話をする
(4) 再訪問のアポ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月21日 (月)

「マーキュリー通信」no.1786【私の健康法-91「予防医学としての医者の活用法」】

本日は近くのクリニックでインフルエンザの予防接種を受けてきました。これで今年のインフルエンザ対策をしてひとまず安心です。安心料として接種費用3150円はリーズナブルと思います。

私の場合、健康管理を日常の生活の中で取り入れているので、病気になったり薬を飲んだりすることは滅多にありません。

それでも過信は禁物です。その為に予防医学を取り入れています。

年2回歯医者で歯周病のチェックと歯垢の除去、年1回眼科医で緑内障のチェック、年1回人間ドック、2年に1回大腸がん検査を行っています。

もし、体調に異変が起きた時には、無理せず通院します。その時、医者と親しくなっておけば、私のカルテがあるので、医師の対応も的確にできます。

医療費が毎年増加していますが、私達も自分のための防御として予防医学を取り入れながら健康管理をしていけば、結果として医療費の増加に歯止めをかけることができます。

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

本日で、7年連続「マーキュリー通信」を200号発行です。イチローの200本安打に刺激され、数年前から毎年200号以上発行することを意識しながら、書いています。

イチローの200本安打記録はとうとう今年でストップしてしまいました。

私の当面の目標は2000号発行です。これは1年後の目標です。その次は10年連続200号発行です。

読者の皆様のご支援に感謝しております。紙上を借りてお礼申し上げます。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月19日 (土)

「マーキュリー通信」no.1785【アンカーハウジング吉山社長「ドラッカーとの奇跡の出会いが人生を変える」第9回商売繁盛クラブ】

吉山社長は、21歳の時に渡米し、ハリウッドの豪邸に魅せられました。その豪邸の値段は2000万円、吉山社長は、その時、「よし、こんな素晴らしい家を日本でも造るぞ!」と心に誓いました。

そして、米国の建築会社に勤めました。建築会社の作業員は、皆死にものぐるいで働いていました。
それは現場監督も務めるその会社の社長が豪邸に住み、1000室のホテルのオーナーだったからです。

従業員は、皆自分たちも同じように頑張れば、社長同様夢が叶うと思っていたからです。

吉山さんも一緒になって死にものぐるいで働き、2つのマイホームを手に入れました。その間結婚もしました。

その後、奥様から起業を奨められ、住宅建築の国家試験にチャレンジしました。その間、奥様が働き、家計を支えました。死にものぐるいで勉強した結果、国家試験に合格し、晴れて独立開業することができました。

94年1月17日のことでした。当時ロスに住んでいた吉山さんはロサンゼルス大地震に遭遇します。

その丁度1年後の95年1月17日に阪神大震災が発生します。その直後淡路島町から視察団が訪れ、吉山さんに耐震に強い住宅30戸の注文が来ます。ここで人生の一大転機が訪れます。

さて、吉山さんはドラッカーとロスで運命的な出会いをします。ドラッカーとワインを酌み交わしながら、吉山さんは夢を語ります。するとドラッカーから「世界に通用しないものは売れない」とのアドバイスを頂きます。

日本の住宅は、高級住宅で会っても数十年後にはスラム化していきます。そこで、吉山さんはスラム化しない住宅建設に取り組みます。世界標準となる住環境づくりを目指します。

ここから現在のアンカーハウジングが生まれます。私も吉山社長が設計した住宅を訪ねましたが、50坪の建坪の住宅で、年間光熱費が僅か7万円というエコ住宅です。

室内の居住空間は、吉山さんが若い頃ハリウッドで見た豪邸が再現されています。

夢は叶う!それは思いからです。
思いの力、心の力、そして抜群の行動力、これがこれが吉山さんの成功哲学です。

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

18日から22日の間に私が主催する異業種交流会が4つもあります。
18日がウィンキューブ倶楽部と「新しい時代を創る経営者の会」、19日が商売繁盛クラブ、そして22日がビジネス情報交換会です。

その内、2つは若手が会の運営をやってくれるので楽ができます。

異業種交流会を主催することで、自分自身新たな学びと経験をすることとなり、これが又自分の自己成長に繋がる喜びを感じます。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

「マーキュリー通信」no.1784【新たなビジネス・モデル「顧問ビジネス」で

頑張る女性起業家 第104回「新しい時代を創る経営者の会」】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月18日 (金)

「マーキュリー通信」no.1784【新たなビジネス・モデル「顧問ビジネス」で頑張る女性起業家 第104回「新しい時代を創る経営者の会」】

「新しい時代を創る経営者の会」は、101回目以降は、更にベンチャー起業家支援を目的に行っています。

今月は顧問ビジネスという新しいビジネス・モデルで頑張る日本経営コンサルティング白塚真希子社長の登場です。

私自身も過去10数社の顧問をしてきました。
しかし、自分から進んで顧問先を開拓したことはありません。

顧問ビジネスは、そんな顧問心理を代弁して、顧問に成り代わって、顧問先とのマッチングを行うビジネスです。

顧問料は明確です。月2回で15万円です。その内5万円は日本経営コンサルティングの紹介フィーとなり、残り10万円が顧問に支払われます。

業務委託内容は、企業のニーズに合わせ、金融財務、販路開拓等選べます。

顧問契約は1年間ですが、中途解約も可能です。
通常契約締結後の中途解約はなかなか断りづらいものです。しかし、仲介者がいると、顧問の何が問題なのかを仲介者に伝えることができます。そして、中途解約を仲介者経由で断ることができます。これも顧問ビジネスのメリットです。

顧問ビジネスの成否は、いかに各企業のニーズに合う顧問を確保するかです。

その意味では、日本経営コンサルティングの白塚サン自身かなりきめ細かい対応をしており、まずまずの好スタートを切っているようです。

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

日本経営コンサルティング白塚サンとは、今年8月の銀座アントレ交流会で出会いました。

彼女の熱意と行動力に惹かれ、「新しい時代を創る経営者の会」のプレゼンターを担当することになりました。

白塚サン自身かなり良い経験となったようで、こういう若くてやる気のあるベンチャー起業家を育成していくのが、私の喜びでもあります。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月12日 (土)

「マーキュリー通信」no.1781【名古屋市河村たかし市長の減税論「増税やむなし」のでたらめ」】

先日河村市長と会った際に、彼の最新作「減税論」(幻冬舎新書720円)を勧められたので、早速読みました。

財務省に乗せられている野田首相の口からは、1000兆円の国の借金と盛んに喧伝しているが、これは大ウソ。

1000兆円の95%は国民の預金が流れている。国民は国債を買ったつもりではないが、貸し手のない銀行預金の大半は国債に流れている。

従って、国債=財産であり、他国から多額の借金をしているギリシャとは事情が全く異なる。

その証拠に、ギリシャの国債金利は7%台と非常に高いが、日本の国債は1.2%と極めて低い。破綻が危惧されている国の国債ならこんな低い金利にはならないし、護送船団の金融機関も怖くて手を出さないが、現実にはせっせと購入している。

※実際の国債残高は、財投債、政府短期証券等を差し引いた665兆円です。財務省は危機感を煽るために、意図的に数字を膨らませている。

次に、ギリシャの破綻要因は、膨れあがった公務員の多さが原因です。ギリシャの公務員は、20%以上で、歳出の40%を占めている異常さです。非生産的な役人がこれだけ占めれば、国が破綻するのは当然です。

日本も役人天国なので、他山の石とすべきですが、ギリシャほどひどくはありません。

さて、河村市長の持論は減税です。

名古屋市でも10%の減税を実施しました。市民サービスを落とすどころか、通学定期券の範囲拡大、子供のワクチン接種補助の拡大等かなり市民サービスを充実させました。

なぜ、減税でこのようなサービスの充実が可能なのでしょうか?

それは減税すると、歳入が減るから、公務員は必死になって、無駄を省こうとします。その効果が出るからです。

税金の本質は、大目にとって、余ったら年度末に調整する。予算が余ったので、年度末で調整する行為は役所の至る所で発生することを国民はよく知っています。

実は国会法第35条というとんでもない法律が存在します。
「国会議員は、高級官僚より高い報酬を得なければならない」という信じられない法律が存在します。
例えば財務省の事務次官の年収は2000万円なので、国会議員報酬は2200万円となっています。
更に議員年金も一般国民と比べると倍以上の恵まれた制度もあります。

だから議員の職業化、世襲化が進んでいます。こんなおいしい職業だから、一旦議員になったらいつまでも椅子に座り続けようとするし、当然息子にも後を継がせたいわけです。

百歩譲って、消費税を上げるなら、自分たちの報酬を下げ、役人の大リストラをする必要があります。
しかし、これを実施すれば、消費税アップは不要となり、逆に減税が可能となります。

因みに、河村市長は、市長報酬を2700万円から800万円に減額し、退職金も返上しました。それに呼応して、名古屋市職員も給与カットに応じました。

一方で、河村市長は、政治家のボランティア化を提唱しています。
名古屋市の議員は、年間僅か80日しか働かないのに、2000万円の報酬を得ています。これなら誰しも議員を続けたくなります。

確かに市役所の仕事ならボランティアでもできるはずです。

因みに私の場合、ライオンズシティ池袋の理事長2期と大規模修繕委員会のリーダーを勤めました。もちろん無報酬のボランティアです。大小合わせて20以上の改善、改革を行いました。その結果、築16年のライオンズシティ池袋の管理状態は良く、資産効果は高いです。

私のように社会人経験が長く、リーダーの仕事を公私ともに多数経験がある者には理事長の仕事でも、大規模修繕委員会のリーダーでも、自然とできます。

国会議員も同様です。今のような民主党の素人政治家が政権運営をして、国を破滅に導いているのなら、政治に素人の私の方がよほどましです。何の利害関係もなく、自由に発想でき、ただひたすら国民の為、国益に適った政治ができます。

専門的なことは専門家から聞き、自分も勉強すれば良いわけです。

机上の空論でなく、実際に行動を起こし、成果を上げている河村市長の話だけに説得力があります。

とにかく、消費税増税で喜ぶのは財務省を始めとした役人と一部の特権階級の人間だけです。

その事実に早く国民は気付くべきです。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

リスク・マネジメントの大家 白木大五郎先生がいつも川柳の代わりに、今回

は新唱歌を作りました(*^^*)

新『ドングリコロコロ』の歌を作ってみました。お楽しみ下さい(笑)。

『ドンブリ勘定、TPP、普天間問題 さぁ大変 ドジョウが出てきて こんに

ちは ジコ(自公)ちゃん 一緒に 遊びましょう』

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月11日 (金)

「マーキュリー通信」no.1780【JRの塚口駅前と阪急電車と塚口駅前のこの違いは何だ!】

JRの塚口駅は、兵庫県ですが、大阪駅から乗車時間が僅か12分と交通至極の便の場所です。

ところが駅を降りてびっくり、駅前に商店街も食堂が一件もありません!あるのはセブンイレブンだけ。
昼食はしかたなくコンビニで弁当を買い、コンビニ前の縁石に腰掛けて食べました。

一方、近くにある阪急塚口駅前は、商店街があり、駅前は賑わっています。

この違いは国鉄時代からの名残なのでしょうか。

あまりにモノ違いにびっくりしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「マーキュリー通信」no.1779【大阪の地下鉄はめちゃ高い!】

8~10日まで関西に出張しました。

大阪に出張してびっくりすることは、地下鉄の高いことです。
初乗りが200円ですが、少し乗っただけで料金がどんどんアップしていきます。東京で190円区間が390円もします。
この裏には何か隠された癒着構造があるかもしれませんね。
こんなベラボーな料金に大阪人はよく黙っていますね。

それから大阪ではスイカやPASMOが使えず、不便です。これは民営化のデメリットです。
又、券売機が非常に分かりづらく、慣れない人間にとって切符を買うのが大変です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月 8日 (火)

「マーキュリー通信」no.1778【人生に勝利する方程式-57「stay hungry, stay foolish」】

Steve Jobsの本が書店でベストセラー中のようです。

Steve Jobsが残した言葉の中で、"stay hungry, stay foolish"という言葉が好きです。

私自身現在62歳ですが、ハングリー精神はまだ失っていません。

自民党政権では失われた20年と言われていましたが、民主党政権の4年間は後生国家を破滅に導いた4年間と言われることでしょう。

野田内閣が増税路線をひた走っていますが、増税の先には大不況が待っています。

だから今こそ"stay hungry, stay foolish"の精神が重要です。どんな国難がこようがこの精神を貫けば、人生に勝利すること間違いなしです。

同年代の仲間はそろそろ年金受給額を計算しています。

しかし今は自分自身バカになって、しゃにむにこの未曾有の危機と対処していくことが肝要です。

例え周りから「あほ呼ばわり」されても、「艱難汝を玉にする」ということわざがあります。

この危機を乗り切ることで、力が湧いてきます。次の激流を乗り切ることができます。

増税路線を突き進んだ時に、民主党タイタニック号は、一気に沈没していきます。

その時のために、"stay hungry, stay foolish"の精神で未曾有の危機を乗り切っていきましょう。

その時人生に勝利する方程式が何だったのかの解答を手にすることができます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月 7日 (月)

「マーキュリー通信」no.1777【元中国人が語る迫り来る中国の脅威】

元中国人の中国問題評論家石平氏は、日本に帰化し、中国問題を鋭く深層まで突っ込んで分析することで定評のある文化人です。

最新刊「中国版プライムローンの恐怖」(幻冬舎新書777円)では、そのリスクを鋭く分析します。

鄧小平以来経済至上主義路線を走る中国は、輸出と固定資産投資が成長経済の2つの牽引となっています。

輸出に頼るのは、国内市場が小さいためです。GDPで日本を抜き世界第2位になったとはいえ、1人当たりに国民所得はまだまだ圧倒的に少ないです。最近になり労働者の賃金上昇はしてきていますが、それでもまだまだ市場規模は小さいと言えます。

土地の私有財産を認めない中国では、国民にマンションを購入させ、マイホーム取得の夢を実現させてきました。

実体経済以上に紙幣を刷りまくってきたために、毎年インフレが続いています。マンション価格は、ひどい時には年率60%も上昇しました。まさに日本のバブルと似ています。

米国のサブプライムローンによるバブル崩壊は、本来マイホームを取得できない低所得者層に持たせたことが原因でした。

中国の場合は、マイホーム取得の夢を実現した国民が、2軒目の家に投資し始めています。貯金をするとインフレによる目減りがするので、毎年値上がりする不動産投資に魅力を感じています。しかし、国内市場が小さいため、借り手は少なく、数千万戸の家が空室になっているそうです。
北京市だけでも、売れ残った不動産は12兆円にも上るそうです。

それでも国民は借金をしてまでもマンション投資を続けます。それは、政府が何とかしてくれると思っているからです。
マイホームをもった国民はインフレを期待します。それは借金の負担が相対的に軽減され、所得も上昇していくからです。

中国政府は、金融引き締めをすると、バブル崩壊の引き金を引くこととなり、日本の二の舞になる事を恐れています。

中国政府が不動産を止められない理由に、賄賂があります。高官から下級官吏まで賄賂を業者に公然と要求し、その額が何と不動産原価の2割にも達しているそうです。
ひどい高級官僚になると、妾の数でその権力を誇示することが半ば公然とおこなわれており、妾のためにマンションを業者に買わせます。当然、不動産コストに含まれます。

一方で、このままいくと益々実態のない不動産投資が続き、花見酒経済はいつか終演するとの不安を持っています。

インフレは庶民の生活を直撃します。食料品価格の高騰により各地で暴動が多発しています。

又、ツイッターやFacebookのようなSNSも中国で普及しだし、中国政府もその統制に躍起になっています。

一方で、中国軍部は治外法権となっています。中国には軍を統制する憲法や法律がないそうです。胡錦濤主席も軍部をコントロールできていません。

本年1月11日に、米国ゲーツ国防長官が訪中し、胡錦濤主席と会談しました。

その最中に、中国軍が、次世代ステルス戦闘機を打ち上げ、ゲーツ国防長官を挑発した形となり、会談は険悪な雰囲気になり、米中関係がぎくしゃくしてきました。

軍人の待遇は破格です。当然エリートとしての軍人志望者には志願が殺到します。

最近「国防動員法」が成立し、いつでも中国政府が発動した戦争には、無条件で全国民が戦争にかり出される仕組みができあがりました。

もし、バブルが崩壊したら、中国民は暴徒と化する可能性は大です。

その際、ガス抜きとして日本人悪玉説により国民の不満の矛先を日本人に向けることは容易に想像できます。尖閣諸島侵略を日本に仕掛けてくる可能性は充分に可能性はあります。

中国政府は、いずれ15億人になろうとする国民を10億人が適正レベルと考えています。

過剰となった5億人の国民を減らすのに有効な手段が戦争です。唯物論国家中国は、国民をモノとしか考えていません。動物と同様、増えすぎた国民を殺戮することなど何とも思っていません。
事実毛沢東は、数千万人の国民を殺戮しました。天安門事件でも多数の国民を鄧小平は殺しました。

人命は尊いと考える日本人とは価値観が全く異なることを理解して中国と対処することが肝要です。

バブルが弾けると日本企業にも大きな影響を与えます。
同時に、政治的にも大きな影響が出てきます。

そのことを予想しながら、今後の政治経済の対応をしていくことが日本のリーダーに求められます。

本書の一読をお勧めします。

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

made in Japanとmade in Chinaの違い

中国人の給与が上昇するに従い、市場としての中国は魅力に移ります。しかし、工場としての魅力は薄れていきます。

私が若い頃、made in Japanは安かろう、悪かろうでした。それが今では中国に取って代わられました。

しかし、中国製品が現代の日本製品に取って代わられることはないでしょう。

なぜなら、コピー大国、品質軽視等高品質を中国製品には期待できないからです。

中国人の給与が高くなるにつれ、ベトナム、タイ、ミャンマー、バングラデシュ等他の東南アジアにシフトしています。

その結果、巨大市場としての中国はそれほど期待できるとは思えないと私は予想しています。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月 6日 (日)

「マーキュリー通信」no.1776【「日中文化交流 歌と音楽の夕」を楽しんで】

Dsc01599


歌手二條容子さんからのお誘いで、本日は上野奏楽堂で開催された日中文化交流コンサート歌と音楽の夕を楽しんできました。Dsc01593

日中歌手5名がそれぞれの得意分野を歌いました。二條容子さんは童謡唱歌赤とんぼ、里の秋他を澄み切った声でその美声を披露しました。

今回、中国の弦楽器で二胡というものを初めて知りました。形は三味線に似ていて、二本の弦をバイオリンの弦のようなもので弾きます。音階は指で弦を上下させながら出します。哀愁を帯びた音色に聴き入りました。

Dsc01597


音楽に国境はない。遠目で見ると、日本人も中国人も区別がつきません。音楽を通じ、日中友好関係が続けば良いと思いました。

※ この上野奏楽堂は明治23年に創建された日本最古の木造の洋式音楽ホールで移築後、昭和63年1月に国の重要文化財に指定されました。Dsc01596

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月 5日 (土)

「マーキュリー通信」no.1775【「増税が国を滅ぼす!国民集会&デモ」に参加して】

昨日のG20サミットで野田首相は、国民の合意も得ないまま、消費税10%を含む増税案を国際公約してしまいました。Dsc01584

本日は、日比谷公園野外音楽堂で「増税が国を滅ぼす!国民集会」に参加しました。会場は増税反対の2千名以上の人たちで埋め尽くされました。

壇上には幸福実現党、減税ニッポン、日本創新党の政治家が増税=税収増にはならないことを訴えます。

鹿児島や長崎の元市長も駆けつけました。

震災直後、増税やむなしのムードが漂ってきました。増税やむなしのアンケートに答えた人に、「それでは増税に賛成した人だけ、増税するとしたら受け入れますか」と質問したとDsc01586


ころ、全員「ノー」と答えたそうです。これが本音といえます。

公務員の給与は年間28兆円もの巨額に上り、その2割をカットしただけでも5.8兆円となり、消費税2.5%に相当します。
更に公務員の無駄を省けば、消費税5%分など直ぐに捻出できます。

麻生内閣の時、野田氏は、「天下りで消費税5%に相当する10兆円以上の税金が無駄遣いされ、まさにシロアリの如く国家財政を食いつぶす!」と、当時の麻生首相に噛みつきました。

今度は野田首相がシロアリになって国家財政を食いつぶそうとしています。野田首相は、2年前に一般会計と比べ、特別会計はノーパンしゃぶしゃぶの世界だと痛烈に批判していました。
立場が変わると、平気で嘘をつく人間を詐欺師と言います。

壇上には、東京茶会を始めとする各種茶会(ティーパーティ)も増税反対を訴えました。
財務省の傀儡政権、財務省に汚染されたドジョウ首相を、まさにドジョウ汚染と痛烈に皮肉りました。

被災地からやってきた有志も、「被災地をだしにした復興増税は許されない!」と訴えます。Dsc01589

復興に名を借りた増税は、まさに「無ノーだ」としか言いようがありません。

消費税を増税すれば消費が落ち込むことは小学生でも分かります。仮に小遣いを3千円として、消費税を5%から10%に引き上げたら、それにつれてお小遣いも5%アップの3150円には増えません。消費を控えるしかないことを小学生は学びます。

Dsc01591


集会の後は、デモ行進です。日比谷公園から財務省のある霞ヶ関官庁街を通り、新橋、銀座を通り、最後は京橋交差点で終了です。

「増税はノーだ」とシュプレヒコールします。

増税反対のデモだけあって道行く人たちの反応は非常に良いです。皆さん好意的です。写真を撮ったり、手を振ったり、中には握手を求めに来る人もいました。

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

民主党が2年前に政権を取った時、私は「日本国民はタイタニック号に乗せられてしまった」と異見しました。

鳩山首相の時に、できもしない普天間基地の県外移転を約束して、日米関係に亀裂を入れ、国家の安全保障に大きな影響を与えました。

菅首相の時には、尖閣諸島事件で中国の傀儡政権となりました。
更に、東日本大震災ではその無能ぶりと醜態を臆面もなく国民の前にさらし、史上最低最悪の首相と揶揄されても、首相の座に居座り続け、国家を破滅の道へと突き進めました。

そして、野田首相の増税路線でとどめです。これを実行することで、民主党タイタニック号は床上浸水から、一気に沈没し始めます。

やはり、沈没しないと日本国民は気がつかないのでしょうか。その為にも、1人でも多く、増税反対の意見を表明して欲しいと思います。

3人の首相のイニシャルをとるとHKNですが、これは破滅国家ニッポンの略なのでしょうか?

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月 1日 (火)

「マーキュリー通信」no.1774【今年の巨人軍の敗北に学ぶ】

クライマックス・シリーズでヤクルトに敗れ、結局巨人は第3位に終わりました。
巨人ファンの私としては悔しいのですがこの日が来ることを予想していました。
優勝する戦力を持ちながらなぜ優勝を逃がしたのでしょうか。

最大の理由は原監督の采配ぶりです。投手陣の継投ミスが余りにも多かったです。

例えば、ロッテの元四番打者サブローがシーズン途中に移籍し、初打席がホームランで逆転しました。
しかし、抑えにロメロを使い逆転負けを喫しました。もし、この時継投策を間違えていなければ、このまま勢いづき、サブローももっと活躍をしていたと思います。しかし、この継投ミスが致命傷で、これで今年の巨人軍は終わったと思いました。

采配ぶりのまずさは選手起用にも現れています。今年の巨人軍は打線が低迷していました。それなら巨人軍の強みである足を徹底的に活かすべきでした。巨人には足の速い選手が10人以上います。だから走って走って走りまくり相手を攪乱する野球をやるべきでした。

又、相変わらずダメ外人をとり続け、これが選手の志気にも影響しています。

極めつきはシーズン途中で外人をとったことです。シーズン途中でトレードされる外人に良い選手などいるわけありません。

更に、元四番打者サブローや高橋信二選手もシーズン途中で移籍してきましたが、使えないから移籍させたことを肝に銘じるべきです。その分、若手の成長を止めてしまいます。

巨人には粋の良い若手が多数いるので、同じ打てなくても、生え抜きの若手選手が出る方をファンは望みます。

打てない外国人や他球団の移籍選手では途中で巨人戦を見る気がしなくなりました。

さて、原監督の迷采配ぶりや球団のちぐはぐな方針は、会社の経営にも当てはまります。

つまり、自社の強みは何かにフォーカスした経営の重要性です。打てない外人選手は他社の商品を物まねして売れないのと同様です。他球団の元四番打者の起用は、賞味期限切れの商品を売っているようなもので、顧客離れを引き起こします。

優勝する戦力=経営資源を持ちながら、優勝できないということは、優秀な社員を抱えながら、業績低迷の会社と言えます。
勝ち越しをしたので、黒字経営ですが、本来の利益を出しておらず、経営者としては落第です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »