« 「マーキュリー通信」no.1801【破邪顕正(はじゃ-けんしょう)の勇気を持つ-3「自虐史観の亡霊との決別」】 | トップページ | »

2011年12月19日 (月)

「マーキュリー通信」no.1802【一橋大学の大先輩、 エコラ㈱土師野社長のお孫さん、隆之介君が「水戸黄門」の最終回スペシャルで名子役を演じました。】

エコラ㈱土師野社長は、70代のベンチャー起業家で、私の尊敬する大先輩です。

お孫さんの土師野隆之介君は今年三宅島の大噴火の実話を題材にした「わんこの島ロック」で見事主役を演じました。
ひいき目でなく、見事な名子役で、天皇陛下ご夫妻もご覧になられ、一躍有名になりました。

今度は、本人も経験していない時代劇という難しい役柄でした。

行方不明になった鉄砲の名手の父親を探しに水戸黄門にお供して、探しに行きます。父親は悪党に利用され、水戸黄門を鉄砲で射ようとしますが、隆之介君が危険を顧みず身を挺して水戸黄門を守ります。
父親も息子の存在に気付き、隆之介君の活躍で、悪党は滅びます。
今回も準主役を見事演じました。

将来は大物の俳優になると私も期待しています。妻も隆之介君のファンになりました。

録画をしましたので、ご希望の方は、ご連絡ください。

|

« 「マーキュリー通信」no.1801【破邪顕正(はじゃ-けんしょう)の勇気を持つ-3「自虐史観の亡霊との決別」】 | トップページ | »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181862/53523661

この記事へのトラックバック一覧です: 「マーキュリー通信」no.1802【一橋大学の大先輩、 エコラ㈱土師野社長のお孫さん、隆之介君が「水戸黄門」の最終回スペシャルで名子役を演じました。】:

« 「マーキュリー通信」no.1801【破邪顕正(はじゃ-けんしょう)の勇気を持つ-3「自虐史観の亡霊との決別」】 | トップページ | »