« 「マーキュリー通信」365日no.1835【人生に勝利する方程式-54「明るく元気で生きる行動指針ハッピーサンクス」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」365日no.1836【ワンポイントアップの仕事術-85「継続学習の鍵とは」】 »

2012年1月23日 (月)

「マーキュリー通信」365日no.1836【人生100年時代を勝ち抜く為の最強戦略-31「高齢者はPKO人生で生きると幸せな最期を送れる」】

私達の親の世代は90代に入りつつあります。人生100年時代も現実のものとなりつつあります。
しかし、寝たきり、認知症で大変な思いをしている同年代の仲間の声を良く聞きます。

もし、あなたがあなたの両親と同じ生活をしていれば、同様に寝たきり、認知症になる確率は高いと言わざるを得ません。

そこで、私はこれからの高齢者はPKO人生で生きることを提唱しています。PKOとは「ぴんぴんころりで往生」の略です。

その為には100年時代を生き抜く為に心身共に常日頃鍛えておくことです。

特に体を常日頃鍛えておくことは重要です。

そして、キーワードは、「自立」と「生涯現役」です。

「自立」とは、精神的にも経済的にも自立していると言うことです。

「生涯現役」とは、一生涯働くということです。

私の言う「働く」とは「はたを楽にする」という意味です。つまり、自分のこれまでの経験を他人や社会のお役に立てることです。
経済的な蓄えがある人は、ボランティア活動や社会貢献活動をすれば良いわけです。

他人のために働くという気持ちで人生生きていると、気持ちがいつも豊かでいられ、幸福Photo


感で満ちてきます。
そういうつもりで生きていると、自然と自立し、認知症にもならなくなります。

もし、高齢者となっても経済的に厳しい人は、経済的に自立できるまで働く必要があります。健康で体が動くなら、そのことに感謝し、働くことです。そのことで社会との接点ができ、認知症にも罹らなくなります。

さて、歳をとるにつれ、だんだんと病気にかかりやすくなります。

もし、ガンや心筋梗塞等重病に罹ったら、基本的には手術を受けないことです。そして、自分のこの世での役割は終え、そろそろお迎えが来たことを意識し、あの世への旅立ちの準備をします。

死後の世界は100%あります。これを理解しただけでも、あの世へとスムーズに旅立てることになります。

これが私が提唱するPKO人生です。

|

« 「マーキュリー通信」365日no.1835【人生に勝利する方程式-54「明るく元気で生きる行動指針ハッピーサンクス」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」365日no.1836【ワンポイントアップの仕事術-85「継続学習の鍵とは」】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181862/53806277

この記事へのトラックバック一覧です: 「マーキュリー通信」365日no.1836【人生100年時代を勝ち抜く為の最強戦略-31「高齢者はPKO人生で生きると幸せな最期を送れる」】:

« 「マーキュリー通信」365日no.1835【人生に勝利する方程式-54「明るく元気で生きる行動指針ハッピーサンクス」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」365日no.1836【ワンポイントアップの仕事術-85「継続学習の鍵とは」】 »