« 「マーキュリー通信」365日no.1839【目から鱗の千葉商大吉田寛教授の「合法的略奪、これを税という」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.1841【創レポート1月号「いまこそリーダーに関する誤解を解く学習によってリーダーは形成できる」】 »

2012年1月30日 (月)

「マーキュリー通信」365日no.1840【「賢者は歴史に学び、愚者は周りの利害で動く:最優秀エコノミスト リチャード・クーのバランスシート不況の経済学に学ぶ」】

最優秀エコノミスト リチャード・クーの集大成とも言える500ページの大書「デフレとバランスシート不況の経済学」(徳間書店刊 1890円)からは大きな学びがあります。

バランスシート不況とは、デフレ時は企業は借入金の返済を積極的に実行していくので、ゼロ金利政策や金融緩和は効果が無い。

重要なのは政府による財政出動である。

橋本内閣の時に、消費税を3%から5%に増税し、均衡財政を組んだ為に、大不況を招いてしまった。この誤った経済政策をやると、後でこの過ちに気付いても、取り返すのに時間がかかる。
橋本内閣の過ちに気付き修正をかけるが、景気浮揚に5年間も費やしてしまった。

「不況時に財政を切れば更に財政は悪化する」とリチャード・クーは主張する。

そして、政治の失敗を誰も責任をとろうとしない日本のシステムが問題と指摘する。

小泉内閣の時も同じ過ちを繰り返した。ルーズベルト大統領も同じ過ちを繰り返した。

ケインズの公共投資による積極財政は、好況時にはインフレを招くが、バランスシート不況時には効果がある。

さて、野田首相はこのリチャード・クーの名著を読んだのでしょうか。経済評論家と称する人でこの名著を読んでいなかったら、恥と言えます。当然経済音痴の野田首相に進言すべきです。

残念ながら、今再び野田内閣がこの過ちを繰り返そうとしている。

「賢者は歴史に学ぶが、愚者は周りの利害で動く」、まさに有名な格言通りです。

野田首相が財務省の操り人形であることは周知の事実ですが、なぜもっと声高にマスコミは訴えないのでしょうか。それより提灯持ちの評論家が多いのに驚かされます。

更に、驚くことに消費税を3%から5%に上げた時に、それまで2万人台だった自殺者が一気に3万人を突破し、ずっと3万人以上を維持しています。

不況で中小企業が倒産し、経済的理由を苦に自殺をする人が多いことを事実が証明しています。

消費税の増税は、政府による合法的殺人とも言えます。もし、増税後に自殺者が前回の消費税アップ時同様一気に上昇したら、政府はどのように責任をとるのでしょうか。

多分誰も責任をとらないでしょう。だから我々国民はおとなしい子羊を止め、勇気を持って、政府の愚策を止めさせなければなりません。

その一環として、私も「消費税増税に反対する請願」運動を始めました。一人の力は小さくても、国民の怒りを政府にぶつけることで、悪政を止めることができます。

下記URLから請願書をコピーし、私宛に郵送していただければ、政府に届けます。http://www.hr-party.jp/new/2012/18470.html
〒170-0004東京都豊島区北大塚3-8-3-306
菅谷信雄

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

野田首相の前回衆議院選挙の時の演説を見ました。
当時の野田候補は以下のようなメッセージを声高に有権者に訴えていました。

「官僚の天下りや渡りで12兆6千億円もの税金が無駄に使われています。これは消費税5%分に相当します。まさに税金がシロアリに食われっぱなしの状態です。自民党麻生政権の政治はシロアリ政治です。我々は天下りを廃止すれば、消費税増税など不要と考えます。
私は、マニフェストに書いてあるものだけを政治生命をかけて果敢に実行します。マニフェストに書かれていないことは絶対にやってはいけません」

今の野田首相の「政治生命をかけて消費税も含めた増税路線」という言葉がいかに薄っぺらな発言であることが分かります。というよりは、マニフェストに書いてあることは殆ど実行せず、マニフェストに書いていないことを実行しようとする野田首相を詐欺師と呼ばずになんて言うんでしょうね。

因みに、民主党政権になって、天下りの役人の数は倍以上となり、役人の給与はどんどん上がり、デフレで賃下げとなった民間との格差は2倍に膨れあがっているそうです。

格差社会の是正とは、こういうことを言うのではないでしょうか。

国民は民主党政権にもっと怒りをぶつけるべきと思います。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

|

« 「マーキュリー通信」365日no.1839【目から鱗の千葉商大吉田寛教授の「合法的略奪、これを税という」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.1841【創レポート1月号「いまこそリーダーに関する誤解を解く学習によってリーダーは形成できる」】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181862/53853674

この記事へのトラックバック一覧です: 「マーキュリー通信」365日no.1840【「賢者は歴史に学び、愚者は周りの利害で動く:最優秀エコノミスト リチャード・クーのバランスシート不況の経済学に学ぶ」】:

« 「マーキュリー通信」365日no.1839【目から鱗の千葉商大吉田寛教授の「合法的略奪、これを税という」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.1841【創レポート1月号「いまこそリーダーに関する誤解を解く学習によってリーダーは形成できる」】 »