« 「マーキュリー通信」no.1918【奇人変人の異見-181「産業界も国防の重要性を認識しないと、大きなしっぺ返しがきます」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.1920【「自分年金セミナー」を受けて、政府、官僚の思惑を知りました。】 »

2012年6月11日 (月)

「マーキュリー通信」no.1919【Bob Sugayaのワンポイントアップの英語術-3"Please call me Bob!"】

私は外人と会った時は、微笑みながら握手をして、"Nice to meet you!"そして、その後に"Please call me Bob!"と言います。

このsmileと2sentencesで相手の心は開き、直ぐに親しくなります。

日本人の名前は外人には覚えづらいです。しかし、誰もが知っているBobなら直ぐに覚えてくれます。

その後久しぶりに会っても、"Hi,Bob!"と親しみを持って会ってくれます。

英語の原点もコミュニケーションです。相手が心を開いてくれると、次の会話がしやすくなります。

私のニックネームBobは、信雄からきています。Nob→Bobです。Nobだとdoor knobとなるので、Bobにしました。もうかれこれ40年使っています。
Bob Sugayaも本名と同じ程度自分の体に染みついてます。

自分のニックネームをつける際、似たような語呂を探せば良いのですが、それが苦手な人には、私がニックネームをつけたりしました。

修→Sam, 滋→Gary, かおり→Carry, 笑子→Emily, 操→Maryといった感じです。

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

街の看板を見ると間違い英語をよく見かけます。

東芝のDynabookの大きな看板に、
Impossible, I'm possibleと掛けています。

多分、不可能だったものが、Dynabookを使うと、「できるようになる」という意味だと思います。

これなどは、中学生の時に、I'm possibleはNGと習ったので、直ぐに間違いと気づきます。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

|

« 「マーキュリー通信」no.1918【奇人変人の異見-181「産業界も国防の重要性を認識しないと、大きなしっぺ返しがきます」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.1920【「自分年金セミナー」を受けて、政府、官僚の思惑を知りました。】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181862/54926325

この記事へのトラックバック一覧です: 「マーキュリー通信」no.1919【Bob Sugayaのワンポイントアップの英語術-3"Please call me Bob!"】:

« 「マーキュリー通信」no.1918【奇人変人の異見-181「産業界も国防の重要性を認識しないと、大きなしっぺ返しがきます」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.1920【「自分年金セミナー」を受けて、政府、官僚の思惑を知りました。】 »