« 「マーキュリー通信」no.1935【第110回「新しい時代を創る経営者の会」鉄の全盛時代に新日鉄をスピンアウトした水谷時雄社長のベンチャー企業人生】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.1937【ワンポイントアップの仕事術-96「先入観は仕事力アップの阻害となります」】 »

2012年7月14日 (土)

「マーキュリー通信」no.1936【Bob Sugayaのワンポイントアップの英語術-6 「英語しか使えない状況に追い込むと上達が速いです」】

三井物産の石炭部では、研修員制度があり、半年間現地に駐在し、仕事を通じ英語を体得します。

私は北米研修員制度に受かり、30歳の時に3ヶ月間カナダに滞在しました。その内、半分はカナダ炭鉱に山ごもりです。

炭鉱では、地質学、鉱山工学等多岐にわたりカナダ人から直接学びました。

当然英語しか話しません。英語しか使えない環境にいたために、その時期に私の英語力は一気に上達しました。

但し、中学生の頃から英語が得意科目でしたし、ずっと英語の勉強をしてきたので、一気に上達する基礎ができていたといえます。

通常はなかなかそのようなチャンスに恵まれないでしょうから、外国人の友人を持つと上達は速いと思います。

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

その後、米国に行く予定でしたが、10年ぶりに大口契約が2つも受注できたために、そのままカナダの駐在に切り替わることになりました。

そして、英語力を更にアップさせることができました。

一方、英語が好きなり、得意科目になったのも、中学の恩師鳥居士郎先生との出会いが影響しています。

鳥居先生の独特の英語の授業のおかげで、私は英語が得意科目となりました。その意味では鳥居先生に今でも感謝しています。

鳥居先生との出会いは丁度50年前ですが、「マーキュリー通信」の愛読者として縁が繋がっているのもIT時代のなせる技です。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

|

« 「マーキュリー通信」no.1935【第110回「新しい時代を創る経営者の会」鉄の全盛時代に新日鉄をスピンアウトした水谷時雄社長のベンチャー企業人生】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.1937【ワンポイントアップの仕事術-96「先入観は仕事力アップの阻害となります」】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181862/55194099

この記事へのトラックバック一覧です: 「マーキュリー通信」no.1936【Bob Sugayaのワンポイントアップの英語術-6 「英語しか使えない状況に追い込むと上達が速いです」】:

« 「マーキュリー通信」no.1935【第110回「新しい時代を創る経営者の会」鉄の全盛時代に新日鉄をスピンアウトした水谷時雄社長のベンチャー企業人生】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.1937【ワンポイントアップの仕事術-96「先入観は仕事力アップの阻害となります」】 »