« 「マーキュリー通信」no.1939【人生に勝利する方程式-70「Think Big!」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.1941【奇人変人の異見-184「政府に税金を使わせない仕組みを作ることがベストの社会保障と税の一体改革です」】 »

2012年7月21日 (土)

「マーキュリー通信」no.1940【Bob Sugayaのワンポイントアップの英語術-7「LとRの発音間違えないこつ」】

外国人には、日本人のLとRの発音を区別していないように聞こえます。事実、多くの日本人がLとRの発音を混同しています。

"Give me a cup of rice"というところを、"Give me a cup of lice"と外人に聞こえたら、「シラミをお茶碗一杯ください」となり、びっくりされることになるでしょう。

先日も、異業種交流会で名刺交換した際に、名刺に「cray & frower」という社名が書いてありました。

正しくは、「clay & flower」ですが、LとRの発音を間違えないこつは、英語の発音をするときに、この2つを意識して発音することです。

Lの発音は、舌の先を上歯の奥に当てます。Rの発音は巻き舌です。感覚的にも全然異なります。

普段この習慣を付けていると、間違えることはまずありません。

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

カナダに駐在の頃、取引先の炭鉱会社Gregg Rvier社から炭鉱のオープン記念にTシャツを頂きました。
そこには、" I rike Canada 80% " と書いてあります。

Gregg Rvier炭鉱は、日加共同事業で、日本側の出資比率は40%でしたが、その倍の80%もGregg Rvier炭鉱を愛してくれたという感謝の気持ちが入っています。しかし、カナダ人には日本人のLの発音はRに聞こえていたようです。

そのTシャツは今でも大切に使っていますが、本日はそのTシャツを着ているので、このメルマガを書きました。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

|

« 「マーキュリー通信」no.1939【人生に勝利する方程式-70「Think Big!」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.1941【奇人変人の異見-184「政府に税金を使わせない仕組みを作ることがベストの社会保障と税の一体改革です」】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181862/55246231

この記事へのトラックバック一覧です: 「マーキュリー通信」no.1940【Bob Sugayaのワンポイントアップの英語術-7「LとRの発音間違えないこつ」】:

« 「マーキュリー通信」no.1939【人生に勝利する方程式-70「Think Big!」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.1941【奇人変人の異見-184「政府に税金を使わせない仕組みを作ることがベストの社会保障と税の一体改革です」】 »