« 「マーキュリー通信」no.1990【奇人変人の異見-187「反原発運動は、形を変えた反安保勢力の復活」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.1992【奇人変人の異見-188「安倍晋三氏の復活は沈みゆく日本の救世主となるか?」】 »

2012年9月26日 (水)

「マーキュリー通信」no.1991【ワンポイントアップの経営術-60会社の成長の原動力は従業員を大切にする経営です」】

会社の成長力の原動力は従業員をいかに大切にする経営を実践しているかです。

従業員を大切にしない経営者は余りいないと思います。

しかし、本当にそう思い、実践しているかどうかは別です。

離職率の高い会社は、従業員を大切にしていないいえます。

以前ある先物取引をしているテレアポの会社の管理職と話をしたことがありますが、その会社は新卒の半数は入社後半年で辞めていくそうです。会社もそれを見越して大幅採用するそうです。テレアポの厳しい競争を勝ち抜き、ふるいに落とされ、その会社のカラーに染まっていった社員だけが生き残るそうです。

こういう会社方針では、企業の成長は余り望めません。仮に一時期業績が伸びたとしても、真の成長は期待できません。

従業員を大切にしているかどうかは、従業員が退職するときに分かります。

その従業員が感謝の気持ちで会社を辞めるかどうかです。

この場合には、辞めた従業員はその会社のファン層になって、退職後も会社の応援に回ります。

逆に会社に対し恨み辛みを持って辞めた写真の場合には、その悪い噂が会社の周りを駆け巡ります。

辞めた社員は同業他社に行くことも多いでしょうから、結果的に会社の評判や業界での評価を落とすことになります。

従業員を大切にしているかどうかのチェックポイントは、時々従業員と直接話してみることです。

但し、従業員は本音を語らないことも往々にしてあると思いますので、その点は従業員の言動から従業員の気持ちをくみ取ることです。

そして、改善点を即実行していく事です。

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

私の場合、15年前に三井物産を退職しましたが、今でも三井物産に大変感謝しております。

巨大な会社ですが、従業員を大切にしていることが企業年金制度を始めとする様々な諸制度に接するときに分かります。

私は三井物産では鉄鋼部門と情報産業部門の2つに所属していましたが、毎年1回OBと現役役員との交流会があります。

現役役員からは、三井物産の現状の発表があります。その際、現在の三井物産のあるのはOBの長年のご努力のお陰と感謝の辞が述べられます。

OBを大切にする会社は、OBからも感謝され、それが回り回って会社に還元されます。

現役時代、私には5桁の社員番号がありましたが、この社員番号は現在は三井物産社友として管理され、死ぬまで登録されています。

社友には、MBK Lifeという社内報が隔月手元に贈られてきます。又、社友名簿が毎年1回更新され、こちらも毎年社友に贈られてきます。

三井物産本社13階には社友専用の談話スペース物産会が確保されており、社友の歓談や商談の場に使われています。

物産会に行くと、お茶のサービスまであります。

こういう諸施策に接することで、三井物産に対する誇りと感謝の気持ちでいつも満たされています。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

|

« 「マーキュリー通信」no.1990【奇人変人の異見-187「反原発運動は、形を変えた反安保勢力の復活」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.1992【奇人変人の異見-188「安倍晋三氏の復活は沈みゆく日本の救世主となるか?」】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181862/55749823

この記事へのトラックバック一覧です: 「マーキュリー通信」no.1991【ワンポイントアップの経営術-60会社の成長の原動力は従業員を大切にする経営です」】:

« 「マーキュリー通信」no.1990【奇人変人の異見-187「反原発運動は、形を変えた反安保勢力の復活」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.1992【奇人変人の異見-188「安倍晋三氏の復活は沈みゆく日本の救世主となるか?」】 »