« 「マーキュリー通信」no.2005【日カツ!-2「失われた20年で日本の国力が低下し、気づいたことは?」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.2007【奇人変人の異見-191「民主主義の原点は繁栄主義」】 »

2012年10月 9日 (火)

「マーキュリー通信」no.2006【日カツ!-3「地球の未来に向けて」】

10月6日(土)全国日活系映画館で封切りとなった近未来予言映画アニメ「神秘の法」から学ぶところが多々あります。

本シリーズでは、アニメ映画「神秘の法」で学んだことを書いていますが、単なる絵空事ではなく、読者の皆様と一緒になって考えていきたいと思います。

日本国の劣化が民主党政権になってから急速に進んでいます。そんな日本にしてしまった日本に喝!
同時に、活力ある日本再生を期待して「活」、そして、最後は「勝」の期待を込めて「日カツ」という造語を創りました。「日カツ」の言葉は、日活系映画館で思い浮かんだ言葉です。

アニメ映画「神秘の法」は、近未来を予想したスピリチュアルな世界像をモチーフとして作り上げられた作品です。

東アジアの軍事独裁帝国ゴドムに占領される日本を舞台に、予知能力を持つ主人公が謎の仏教僧らに助けられながら、未来のために行動を起こす姿を追ったファンタジー・アニメです。

アニメ映画「神秘の法」は、10月6日よりアメリカ4都市・イギリス・台湾・韓国・香港などで世界同時期上映が行われ、世界的に大きな広がりを見せています。

封切り当日、日本最大級の映画館新宿ミラノ座で私は観劇しましたが、劇場は満席となり、立ち見客も出るほどの盛況ぶりでした。

午前中の上映後に、本作の映画監督今掛監督は、観客に向かい感激のメッセージを贈りました。

今掛監督は、アニメーターとして「新世紀エヴァンゲリオン」などで有名な監督です。

アニメ映画「神秘の法」は、沈みゆく日本に対し、勇気と感動を与えてくれる映画です。
地球の未来に向けて重要なメッセージが随所に込められています。

 この日は合わせて、テーマ曲を担当した日比野景さんと主題歌を担当したHORUSPICEが特別ゲストとしてその歌声を披露してくれました。

日比野景さんが歌う「木花開耶姫(このはなのさくやびめ)のテーマ」は、その透き通った美声に観客は聞き惚れていました。

又、男性コーラスCHORUSPICEによる「It's a miracle world」も、ソフトボイスが劇場中に響き渡り、観客を魅了しました。

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

「神秘の法」は、数回見ることでストーリーの凄さが分かってきます。又、毎回多くの学びを得ます。

「マーキュリー通信」の読者の中から「神秘の法」の映画チケットをご希望の方は、若干枚ありますので、先着順で受け付けます。

尚、ペアチケットをご希望の方はその旨ご連絡ください。

映画は11月2日(金)まで全国日活系映画館で上映予定です。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

|

« 「マーキュリー通信」no.2005【日カツ!-2「失われた20年で日本の国力が低下し、気づいたことは?」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.2007【奇人変人の異見-191「民主主義の原点は繁栄主義」】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181862/55851763

この記事へのトラックバック一覧です: 「マーキュリー通信」no.2006【日カツ!-3「地球の未来に向けて」】:

« 「マーキュリー通信」no.2005【日カツ!-2「失われた20年で日本の国力が低下し、気づいたことは?」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.2007【奇人変人の異見-191「民主主義の原点は繁栄主義」】 »