« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月

2012年11月29日 (木)

「マーキュリー通信」no.2046【奇人変人の異見-195「マスコミの偏った報道は一種の言論による暴力です」】

世の中は総選挙モードに突入しているようです。

つり革広告を見ると、相変わらずマスコミの偏った報道が眉をひそめます。
ほとんど中身のない記事を、いかにもセンセーショナルに煽り、売上げ部数を増やそうと躍起になっていることが見え見えです。

左翼系の週刊誌「週刊朝日」や「アエラ」は今回も自民党安倍総裁をバッシングし、自民党議席の単独過半数阻止を狙っているようです。

安倍総裁の政策をチェックすると一番まともです。しかし、左翼主義者から見ると、けしからん事になるわけです。

マスコミのあるべき報道姿勢としては、選挙期間中は特定候補の足を引っ張る言論活動は止めるべきです。

各候補者に中立の姿勢をとるべきです。それよりも今回票田確保のために、各候補者が主張している反消費税増税、反原発、反TPPをきちんと勉強し、その是非を報道すべきです。そして、国民に正しい判断材料を提供すべきです。

本日の週刊文春記事に、「仰天スクープ!石原慎太郎の三男が幸福の科学に入信!」という見出しが躍っていました。

これなど幸福の科学を色眼鏡で見て、さも悪い宗教のようなイメージを見た人に植え付けています。

そして、石原慎太郎候補を引きずり下ろそうとする反対陣営の意図が見え見えです。

週刊文春は、幸福の科学が今や日本で1,2を争う大教団に成長しているだけでなく、全世界100カ国に布教所を持つ国際宗教という事実を知っているのでしょうか。

更に教祖大川隆法総裁の海外講演が各国の国営放送で同時中継され、翌日の現地一流紙に大きく報道されている事実も把握しているのでしょうか。

こういう事実を報道機関としてきちんと報道することが本来のマスコミのあるべき姿と言えます。

今のマスコミの報道姿勢や報道を見ていると、その辺の無責任なごろつきの発言と余り変わらない感じがします。

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

幸福実現党の政策や活動を、マスコミは無視し続けています。

幸福実現党の広報局長あえば直道候補は、米国共和党の初代アジア顧問に就任しました。

あえば氏は、共和党と何のコネもありませんでした。

きっかけは、共和党のスローガンが「幸福の追求」であり、幸福実現党の英文名が"Happy Realization Party"と一致していることでした。

そして、共和党の政策「小さな政府」と幸福実現党の政策も「小さな政府」であり、政策にかなりの共通項があったことでした。

これは日本にとっても名誉なことであり、極めてニュース性が高いのですが、日本のマスコミは一切報道しません。

こういう事実を正確に伝えることがマスコミのあるべき姿であり、責務と考えます。
http://www.hr-party.jp/

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「マーキュリー通信」no.2045【「創レポート」11月号 ロールアップ方式のM&A】

毎月好評連載中の公認会計士の伊藤隆先生の「創レポート」を今月もお届けします。

今月はM&Aの話です。

M&Aの中のロールアップ方式です。

規模の拡大を狙い、同じ業界で連合していくやり方です。勢いのある1社がチャンピオンになり、業界をまとめていきます。

しかし、各社の個別事情、カルチャー等をしっかりと把握しないと、机上のプランが先行し、思わぬところに落とし穴が待ち構えています。

詳しくは「創レポート」をご覧ください。「sr1211.pdf」をダウンロード

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月28日 (水)

「マーキュリー通信」no.2044【渡邊美樹会長の講演「夢に日付を!夢をカタチに」は感動的でした!】

昨夜東京ビッグサイトで、渡邊美樹会長の講演「夢に日付を!夢をカタチに」が行われました。

ワタミグループは、ご存じの居酒屋和民の他、全部で6事業(外食、介護、弁当の宅配、手作り弁当工場、有機野菜農業、環境事業としての風力発電)、3つのNPO法人(発展途上国の学校支援、みんなで夢を叶える会、森を作る)、2つの公益法人(学校、病院)を経営しているそうです。

渡邊美樹会長は、自分への戒めとして、10の項目を自分への質問形式で投げかけているそうです。

この10の項目に合っていれば、損得を考えずに実行しているそうです。

チャレンジング精神旺盛な渡邊美樹会長は、失敗や挫折も多く経験しました。居酒屋チェーン和民は、3店舗まで順調だったのですが、4店目が赤字で資金ショートしました。

そこで取引先の銀行支店長に2000万円の追加融資を申し込みました。この2000万円は融資枠として確保していたので、当然OKと思っていました。しかし、融資課長からは、「あなた実力は3店舗しかないので、これ以上の融資は不可」との回答でした。

渡邊美樹会長は、この屈辱を今でも飛躍のバネにしています。

さて、10の項目の一番目に、「どうしても叶えたい夢がありますか?
2番目に、「その夢が叶うことで、あなたが幸せになり、周りも幸せになり、社会も良くなりますか?」があります。

お役所主導の現在の介護事業に疑問を持っている渡邊美樹会長は、介護事業にも進出しました。

現在の老人ホームは、入居時の一時金が3000万円、毎月の費用が30万円と一般庶民にとっては高嶺の花です。

そこで、入居時の一時金を600万円、毎月の費用を18万円に下げ、一般庶民も入居できるようにしました。

介護事業のサービスの対象者は介護老人です。しかし、お金が入るのは役所からです。

この為、コスト削減の為の徹底的な合理化が図られます。

現場では、介護老人には、おむつ、車いす、点滴による栄養摂取が行われて

います。

又、入浴は週2~3回、しかもベルトコンベヤー方式のように3分ごとに介護老

人を洗っていきます。

渡邊美樹会長は、「自分の親がそういう目に遭って幸せですか?」と問いか

けます。

渡邊美樹会長は、これらの悪しき慣習を全廃する決意をしました。当然手間

暇がかかり、コストアップになります。

しかし、介護老人の喜ぶ顔が見たいとの一心で介護サービスを向上させまし

た。介護老人は喜び、要介護度は下がってきます。

ところが、役所からの介護報酬は、要介護が上がるほど収入が上がります。

要介護度が下がると役所からの収入が減るという矛盾が起きます。

渡邊美樹会長は、こういうお役所的な発想に疑問を呈しています。

渡邊美樹会長の講演で私が一番印象が残ったのは、今回のテーマである「夢

に日付を!」でした。

自分の夢を実現する時期を明確にすることの大切さを学ばせていただきまし

た。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月27日 (火)

「マーキュリー通信」no.2043【誰でもできる超簡単健康法-107「究極のウォームビズ」】

今年は例年より寒い感じがします。

一部に地球寒冷化説が出始めていますが、そろそろ地球寒冷化が始まったのかもしれませんね。

今月ぎっくり腰を患い、ぎっくり腰対策にアーユルチェアを購入しました。

アーユルチェアは、従来のイスと比べ小さいのが特徴です。その為、膝掛けを使いづらいのですが、妻が、膝掛けの代わりに、ジーンズ製のロングスカートを提供してくれました。

これが全く違和感なく、重宝しています。お陰で膝掛けなしで快適に過ごしています。

又、フレアスカートなので、動きが楽です。膝掛けの場合、いすから立つのが億劫ですが、フレアスカートはその点快適です。

スコットランドでは、男性もスカートをはいているわけで、ユニクロが男性用のスカートを発売したら、結構ヒットするかもしれませんね(^ω^)

それからウォームビズ対策として、ネックウォーマー、レッグウォーマーは欠かせません。

尚、外出するときは、人混みのウィルス予防にマスクを着用します。そして、防寒帽も着用します。

これで防寒対策は万全です。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年11月26日 (月)

「マーキュリー通信」no.2043【Bob Sugayaのワンポイントアップの英語術-16「What is pride?」】

英語のprideという単語にも日本語のプライドと同様に両方の意味があるようです。

即ち、
1.sense of one's personal worth or dignity. self respect.
2.exaggerated or unreasonable sense of one's worth or importance.
3.pleasure or satisfaction resulting  as from an achievement or possession.

15年ほど前に、米国のコンベンションで、全盲のマルチタレントTom Sullivanが語ったprideに鮮烈なイメージを持ちました。私のプライドは、

Tom Sullivanが語ったprideであり、今でも大事にしています。

"Pride is a personal responsibility for each individual daily efforts"(プライドとは、努力目標を設定して、それに対し日々自分がどの

程度責任を持って反応しているかということ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月23日 (金)

「マーキュリー通信」no.2041【Bob Sugayaのワンポイントアップの英語術-15外人にクリスマスカードを書く】

クリスマスのシーズンです。

外人にクリスマスカードを書く人も多いと思います。

私の場合、毎年文型を決めておいて、それに今年の日本の世相と自分の仕事のことを書く事にしています。

こうしておくと、クリスマスカードを書くのが楽になります。

英文は、和文英訳でなく、思いついた英語の文章をまずざっと書いていきます。

その次に校正です。校正には英英辞典を使い、単語の使い方が正しいかチェックします。

尚、Wordでは、スペリングミスを自動的にチェックしてくれるので助かります。

今年は次のような文章を書きました。

尚、文頭には手書きで相手のファースト・ネームを手書きし、最後には自分のサインを入れます。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

Merry Christmas!

Because of the worst and the poorest governance of DPJ(Democratic Party of Japan) for the past 3 years since it took over LDP's position, Japanese fundamentals have been aggravating to the bottom.
Prime minister Noda of DPJ was compelled to dissolve the lower house on 16th of Nov. and the general election is scheduled to be held on 16th of Dec. LDP(Liberal Democratic Party) is expected to win the coming election and to revive the governance by a new prime minister Abe of LDP.
The stock market has hit the bottom and the Japanese yen has started towards the downvaluation.
The year of 2013 will be expected to be much better than 2012.

Talking about my business, the year of 2012 has been much better than 2011 than expected.
The presidents of small and venture companies have been requesting to sell their products and services such as office rent optimization services, high performance operating system by enhancing a company organization power and so on .
They are relying on my strength to find new customers based on my experience and human networking using marketing skills
My another role and function is a management advice to top executives of small and venture companies .

I guess the year of 2013 will be further challenging and innovating for me than the year of 2012.
I hope you are having wonderful Christmas time as usual.

I wish you a merry Christmas and a happy new year.Dsc01911

                                 
Sincerely yours,
Bob & Yoko Sugaya
Room #306, 3-8-3 kita-otsuka, Toshima-ku,
Tokyo, Japan, Post code 170-0004

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

カナダから帰国して28年以上経ちますが、こうして毎年クリスマスカードで

繋がっていることは嬉しいことです。

カナダ人とは夫婦単位でつきあっていますので、クリスマスカードは、夫婦

宛に出します。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「マーキュリー通信」no.2040【ワンポイントアップの経営術-62「契約書の作成はトラブったときに効果を発揮する」】

契約書の作成が苦手な中小・ベンチャー企業の経営者が多いようです。

その場合、私が契約書を作成します。しかし、その後、契約書に捺印することが面倒で、そのまま放置しておく社長も多いようです。

何度督促しても、捺印しない社長もいます。

「契約書なんてあっても実際には意味ない」と思っている社長も多いようです。

それも事実です。トラブったとき、お互いに誠意をもって解決すれば良いわけですが、現実にはそうもいかないケースもあります。

信頼関係が崩れれば、契約書などあってなきがごとしのケースも多々あります。

しかし、万一訴訟に発展した場合、契約書があってよかったというケースもあります。

契約書軽視の考え方の経営者はいつまで経っても中小企業の経営者の考え方から抜けきれません。

コンプライアンスが厳しく求められる時代に、このような考え方では会社を大きくすることは難しいです。

仮に会社が大きくなったときに、契約書がなかったために、痛い思いをするのは社長自身です。

将来自分に跳ね返ってくることを肝に銘じるべきと考えます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「マーキュリー通信」no.2039【ワンポイントアップの経営術-61「顧客の苦情を無視する会社は市場から淘汰される」】

購入して僅か7ヶ月でHPのパソコンのDVDドライブが調子悪くなりました。HPのカスタマーセンターに電話したところ、無償交換するとの回答でした。但し、佐川急便で配達したときに、同時交換だと言ってきました。

専門家に聞くと、ドライブを外すと、他のシステムに影響を与えるので、同時交換は無理とのことでした。

HPにその旨伝えても、回答はNGでした。私が、「今後HPの製品は絶対買わないよ!」と伝えても、窓口の女性は平然と受け流していました。

顧客の苦情は、自社製品、サービスを改善する情報の宝庫です。これを活かさず、無視する会社は、いずれ市場から淘汰されていきます。

これは大企業でも中小企業でも変わりはありません。その時間が長いか短いかの違いだけです。

一方で、HDDのバッファローの対応はお見事でした。

最近HDDが故障し、メール関連のe-メールアドレス、受発信メール等一切見ることができなくなりました。

こちらのカスタマーセンターでは、その日のうちに修理し、送り返してくれました。費用は75千円でした。

バッファローに感謝し、私は今後もバッファロー製品を購入し続けることになると思います。

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

HPの前は、DELLのパソコンを買っていましたが、中国製のため、頻繁に故障するために、HPに切り替えました。

しかし、DELLが中国から撤退し、品質面で安定してきたそうなので、次回からは又DELLに戻そうと思っています。

とにかくパソコンのような精密製品は、made in Chinaは避けた方が良いようです。

現在のHPもmade in Chinaだそうです。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年11月20日 (火)

「マーキュリー通信」no.2038【未来ビジョン・目指せ!新しい国づくり!-35「発想の転換をすれば日本の経済成長のポテンシャリティは高い」】

先日都市計画コンサルタント株式会社ELCジャパンの細川勝由社長の武蔵小山駅商店街の再開発の話を伺いました。

商店街の道路幅6メートルを20メートルに拡幅する計画ですが、従来20メートル幅道路の構成は、6メートル幅の車道両車線と4メートル幅の歩道をそれぞれの車道側につけることでやってきました。

役所は、明治以来「欧米に追いつけ追い越せ」というスローガンの下、このコンセプトを頑迷に守ってきました。

一方、商店街側は、20メートル道路を作ると、車が道路を素通りするだけで、メリットがないので猛烈に反対してきました。

役所の道路行政は、短期間で道路を取得しようとすると、ごね得で用地代が上がることを恐れ、30年のスパンで考えるそうです。
つまりこの期間に地権者は亡くなり、相続税対策で土地を物納することも多いので、そのようなやり方で道路用地を取得しているそうです。

さて、今回の武蔵小山駅商店街の再開発の道路も20メートルに拡幅するのですが、その構成が従来と全く異なります。

車道は6メートルのままで、両脇に7メートル幅の歩道を作るのです。

再開発の目玉は大規模な高層マンション建設です。武蔵小山駅商店街は、東急目黒線沿線でマンション用地には好立地です。

大規模マンションを1棟建てると人口が1000人は増えます。これを何棟も建てます。

人口増は商店街にとっては一番のメリットです。

又、7メートル幅の歩道を作ることで、歩行者が増えます。

更にはこれまで交通渋滞の最大の原因となっている東急線の踏切を高架にすることで渋滞を解消します。

このように地元にメリットがあるような再開発には地元商店街は賛成するし、人口増で商店街や地域の活性化に繋がります。

このような発想の転換で、日本経済活性化のヒントはいくらでもあります。

次の最大の目玉は、都内に限り日照権を認めないことです。日本人の太陽信仰のお陰で、これが地価に影響しています。

日照権を認めないことで、容積率を撤廃でき、住宅価格は大場に下落します。安価で良質な住宅を大量に供給できます。

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

総選挙の争点は、反消費税、反原発、反TPPですが、反消費税以外は、反原発や反TPPのデメリットを国民はきちんと理解していません。特に反TPPを理解するのは難しいと言えます。
ただ何となく、この3つを唱えると票に繋がることしか立候補者は考えていません。

その点、私が支持する幸福実現党の場合、票を取ることより、国民の生活が第一を考えています。
従って、経済成長優先の政策を掲げ、反消費税、原発推進、TPP推進と主張が明確です。

経済成長しない限り、国民生活は豊かになりません。特に原発がゼロ稼働になったら、産業界は疲弊し、国力は益々衰退し、国民経済に大きな影響を与えていきます。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月18日 (日)

「マーキュリー通信」no.2037【奇人変人の異見-194「消費税増税は格差を増長し、自殺者を更に増やす」】

消費税を増税すれば前回の消費税の3→5%への増税時に税収は落ち込み、それ以来伸び悩んでいます。

今度も税収が落ち込むことが見込まれています。

さて、消費税増税になれば一番打撃を受けるのは弱者です。中小企業では価格転嫁が難しい為、泣き寝入りのケースが増加し、倒産企業も多数予想されます。

年金生活者や低所得者も打撃を受けます。増税分生活が苦しくなります。

増税の結果、デフレスパイラルが更に加速化し、不況が深刻となります。不況により失業者が増大し、自殺者が増加します。

実は失われた20年に自殺者は3万人を突破し、デフレが続き、自殺者は3万人を突破したまま、高位安定で推移しています。

このように消費税増税により弱者には厳しい社会となり、格差が拡大し、社会不安が増大していきます。

「社会保障と税の一体化」という甘い言葉に惑わされてはいけません。これは役人の利権を維持するための増税と読み替えた方が良さそうです。

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

消費税反対は、共産党、社民党、国民の生活が第一等が今度の総選挙で訴えています。

しかし、彼らには経済成長という具体的政策手段がありません。

消費税増税に反対し、経済成長の具体的政策を訴えているのは、唯一幸福実現党だけです。http://www.hr-party.jp/

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「マーキュリー通信」no.2036【Bob Sugayaのワンポイントアップの英語術-14「Good chemistry」】

native speakerと話していると、時々思いもよらない発想の英単語を教わります。

ワシントン出張時に、先方の調査会社の社長とミーティングの際に、「Good chemistry!」と言われました。

これは「お互いに波長が合うね」というような意味です。

chemistryを英英辞典で調べると、chemical composition, properties, or processes: the chemistry of carbon, body chemistry.

即ち「化学的な複合物」ですが、お互いにビジネスをやるパートナーとして、良い組合せであり、相乗効果が期待できるといった程度の意味と理解しています。

この言葉は20年前の会話ですが、今でも印象に残っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月16日 (金)

「マーキュリー通信」no.2035【奇人変人の異見-193「脱原発政策は格差を増長し、自殺者を更に増やす」】

いよいよ総選挙突入となりました。

各政党、候補者の抱負を聞くと、決まって「国民の為」と異口同音に訴えます。
その中身は、「消費税増税反対」「脱原発」「反TTP」です。

これを聞くと各政党、候補者の腹の中が見え見えです。

放映中のNHKの朝の連続ドラマ「純と愛」では、男女の主人公、男性の愛(いとし)は、相手の本音がその場で分かってしまいます。

愛に各候補者の腹の中を見てもらいたいものです。きっと、「国民なんて、「消費税増税反対」「脱原発」「反TTP」と唱えておけば、票に繋がる、この3つだけ唱えればよい。」としか思っていないでしょう。

脱原発を実施したら日本経済にどんな影響を与えるなんて深く勉強もしていないと思います。

もししていたら脱原発なんて無責任な発言はできないはずです。

原発をなくし、石油、石炭火力に全面的に切り替えたら、電気代が2倍になります。

そうなると電気を大量消費する中小メーカーの多数は倒産していきます。大企業も、脱日本です。

そうなると大量の失業者がでます。ホームレスが大量発生し、年間3万人以上の自殺者が更に急増していきます。

その結果、格差が更に拡大していきます。

又、代替エネルギーに太陽光発電、風力発電の導入を主張している政治家もいます。

しかし、太陽光発電は、太陽が照っている時間帯しか発電しません。風力発電は風頼みです。従って、発電の主力には永久になれないのです。

それ以外の代替エネルギーもまだまだ早くて数十年先で、原子力発電の代替エネルギーとして期待することは困難です。

更に、石油への過度の依存は、中東で戦争が勃発したら、一気に石油価格が上昇し、供給不安の問題が生じます。

これなど過去の歴史で充分学んだはずです。その結果、長期間かけて原子力発電を基幹エネルギーとして、電力の安定供給を実現したのです。

こういう歴史的背景を政治家は勉強しているのでしょうか。

こういう重要な国家のエネルギー戦略を素人の国民の判断に委ねるなど無責任きわまりないと言えます。

私なら、脱原発を訴えている政治家は絶対に投票しません。

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

私が支持している幸福実現党は、誠実かつ責任を持って国益、国民の為を考え、政策を提言している唯一の政党です。

票に繋がる政策でなく、正論を正々堂々と訴えています。

消費税増税反対、原発維持、TPP促進、国防強化、憲法改正、教育改革です。

幸福実現党は3年半前の立党時に掲げた政策を、当時誰も相手にしませんでした。しかし、幸福実現党の主張がほとんど当たり、現在では民主党も自民党も、そして維新の会も票になりそうなところだけつまみ食いして政策に取り入れています。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「マーキュリー通信」no.2034【奇人変人の異見-192「民主党の3年間の政策を評価すると「か、き、く、け、こ」】

本日衆議院は解散となります。

この3年間マニフェストをことごとく破り、公約していない消費税増税を決める等国民の期待を裏切り続けてきた民主党ですが、3年間の民主党政権の政策を評価すると「か、き、く、け、こ」になります。

か:環境音痴
 地球温暖化の犯人はCO2という仮説を信じ込み、無謀なCO2削減政策を演出してきたこと。

き:教育音痴
 自虐史観をベースとしたいじめを始め教育荒廃は目を覆うモノがあります。日教組の親玉輿石を幹事長に据えること自体が国民を侮辱している。

く:食う(食糧危機音痴)

け:経済音痴
 3代続けて経済音痴の政治家が首相となった為、いかに日本経済をだめにするかという政策を中心に実行してきた。その結果、デフレの深刻化、円高、株安等目に余るモノがある。

こ:国防音痴
 尖閣諸島、竹島、北方領土問題等民主党の弱腰外交が周辺の中国、韓国、ロシアからなめられ、国防危機におとしめている。

3首相を評価すると、最後の野田首相が辛うじて10点満点で3点です。

鳩山首相、菅首相は採点不能ですが、どうしても採点するなら、各-10点、-20点でしょう。

おそらく日本の憲政史上、最悪最低の宰相として、ワースト3入りすることは確実と言えます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月15日 (木)

「マーキュリー通信」no.2033【人生に勝利する方程式-75「心の王国を支配する」】

世の中で「勝ち組」「負け組」なる表現がよく使われています。

しかし、私が「人生に勝利する方程式」で言いたいことは、心の世界のことを言っています。

いくら大富豪になっても、自分の財産を守ることに汲々として心の中がいつも穏やかでない人を、私の「人生に勝利する方程式」から見ると勝ち組とは言えません。

なぜなら自らの心の王国を支配せず、逆に支配されているからです。

地位や名誉も同様です。

富や地位、名誉は、世の中の役に立って初めて価値が生まれてきます。私の「人生に勝利する方程式」で言えば、その時に人生の勝ち組となります。

一方、この世的に必ずしも成功しなくても、自らの心の王国を支配することができた人は、人生に勝利したと言えます。

つまり、人生に勝利するとは、自分の魂を磨き、成長できたかです。当然それは他人との関わりの中から生じてきます。

もし、自分の人生を負け組と思っている人は、今一度自分の人生を振り返ってみてください。

失敗、挫折等多数経験していることと思います。その時、失敗、挫折から学ぶことは多いはずです。

そう思うと、その失敗、挫折が自分の魂を磨いてくれた砥石となっていることに気づきます。あなたを厳しくもかつ優しく見守ってくれてきた観世音菩薩かもしれません。

その時に自分の人生の見方が変わるかもしれません。そして、そこから自分の心の王国を支配するよう自分の意識や心構えを変えてみると、自分も勝ち組に入っているかもしれません。

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

昨日の「マーキュリー通信」【人生に勝利する方程式-73「心の豊かさを求める」】に対し、読者から次の様な投稿がありました。

マーキュリー通信No.2032のご意見に同感です。しかし、「人生に勝利する」という表現に、しっくりしないものを感じます。理想は追いながらも実現できない無力、同じような環境にある人々への慈愛、こうした勝ち負けを超えた達観に到るのが、人生ではないでしょうか。

私が「人生に勝利する方程式」で言いたかったのはまさにこの点です。そこで本日の「マーキュリー通信」「人生に勝利する方程式」は「心の王国を支配する」に急遽変えてみました。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月14日 (水)

「マーキュリー通信」no.2032【人生に勝利する方程式-73「心の豊かさを求める」】

人は歳をとるにつれ、心がおおらかになって来ます。

これは長い人生の間にいろいろと挫折や失敗をすることで、人の心の傷み、心のひだが分かってくるからだと思います。

歳をとると、ある時、いつの間にか心が豊かになっている自分に気づくときがあります。

若い頃には些細なことで怒りをあらわにしていた自分だったけれど、そんな自分を振り返り、若かった自分を恥ずかしく思うことがあります。いわゆる若気の至りというものです。

「心の豊かさ」を求めて人生を生きていったときに、そこには勝利しかありません。

人生に勝利するとは、財産の多寡や、出世の有無ではなく、最期棺桶に入るときに、自分の人生を振り返り、「いかに良い人生だったか」と心の底から思えるかどうかだと思います。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年11月13日 (火)

「マーキュリー通信」no.2031【私のヒューマンネットワーキング-19「一縁を大事にする人が人脈リッチになる」】

「1円を大切にする人は金持ちになる」という格言がありますが、私は「一縁を大事にする人が人脈リッチになる」と思っています。

私の現在の仕事関係を見ると、その出会いは宝くじに当たるような確率です。そしてその出会いを大切にしています。

現在の顧問先との出会いなどまさに宝くじに当たるような確率です。

野球でいうなら打席にできるだけ立つことです。打席に立つ回数が多ければ多いほどヒットになる数は増えます。

但し、思い切りストライクゾーンから外れている球は打てないので、面談を求める人にはその趣旨を聴きます。その上で、お役に立てそうなら会うというスタンスです。

私がメルマガ「マーキュリー通信」を発行する一方で、私のところにも多数のメルマガが届きます。読まないメルマガも多数ありますが、基本的には読者登録の解除をしません。それはいつ何時自分の関心や守備範囲が変わり、そのメルマガに関心を持つことがあるからです。

そして、ヒューマンネットワーキングの基本的な精神は、「来る者は拒まず、去る者は追わず」です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月12日 (月)

「マーキュリー通信」no.2030【日カツ!-16「又、時代を超えて、いつかどこかで必ず会える!」】

人生の途上で様々な人と会います。なかなか親しくなれない人がいる一方、昨日の友人であるかのように初めて会って直ぐに親しくなれる人もいます。

じつはこのような人は過去世で配偶者、親、兄弟、親友、職場の仲間等いろいろと縁のあった人と言えます。

仏教では転生輪廻の思想としてわかりやすく解説しています。

アニメ映画「神秘の法」でも、主人公の獅子丸翔とパートナーのベガ星人の女王シータ姫とのラブロマンがありますが、お互いに過去世で縁があったことを認識します。

そして、アニメ映画「神秘の法」の最後のシーンで、救世主獅子丸翔がシータ姫に「又、時代を超えて、いつかどこかで必ず会える!」という台詞を残し、2人は初めて恋に陥ります。

よく夫婦や恋人の関係は、赤い糸で結ばれていると言われますが、この赤い糸とは過去世で縁があり、お互いに今世で夫婦の縁を誓い合った中といえます。

そう思うと自分のパートナーを見る目が変わってくると思います。

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

数万匹のサメがうようよしている尖閣諸島に泳いで上陸し、話題となっているロック歌手トクマ氏が、都知事選に幸福実現党より立候補することとなりました。

トクマ氏の勇気は、国防無策の民主党政権に一石を投じています。都知事選には是非トクマ氏をよろしくお願いします。

「マーキュリー通信」の読者には、先着5名の方に「ジョーズに勝った尖閣男」(幸福の科学出版1470円)をプレゼント致します。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月11日 (日)

「マーキュリー通信」no.2029【日カツ!-15「幸福の正体」】

誰でも幸福になりたいと思っています。

幸福には相対的なモノと絶対的なモノとがあります。

アニメ映画「神秘の法」を観ると、「幸福の正体」が分ってきます。

帝国ゴドムの植民地となり自由を奪われた日本国民でしたが、救世主獅子丸翔の獅子奮迅の活躍で再び自由の身となります。

日頃自由とか平和は当たり前と思ってきた日本人ですが、平和も自由も失われ、それを取り戻したときに、そのありがたさを実感します。
そして、平和と自由であることの幸福感をかみしめます。これが相対的幸福です。

一方、絶対的な幸福とは神に対する信仰がベースとなっています。神の理想実現のために、民主主義や資本主義はあります。

民主主義や資本主義の原点は発展繁栄です。

神の理想とは、争い事がなく、地球人同士が平和に暮らしていくことです。

それをアニメ映画「神秘の法」では、地球の救世主獅子丸翔が最後のシーンで説きます。

これに対し、全体主義や共産主義は悪魔の思想です。そこには発展繁栄という概念はなく、一部特権階級や独裁者達の利益追求しかありません。これは歴史が証明しています。

但し、民主主義や資本主義は神の理想を実現するための完璧な制度ではありません。

その為に、地球神はイエス、仏陀等救世主をその時代、地域の特性に応じて降臨させてきました。

アニメ映画「神秘の法」では、今地球規模での危機が訪れていることに警鐘を鳴らしています。

絶対的な幸福とは神の御心に従い生きていくことです。これが幸福の正体といえます。

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

アニメ映画「神秘の法」は、11月2日まで全国上映されていましたが,大ヒットに付き、9日まで上映が延期されました。
更に、アニメ映画「神秘の法」がアカデミー賞候補にノミネートされたのが評価対象となったのか、16日までサードランが決定されました。
まだご覧になっていない方は、是非インターネットで最寄りの上映館を検索の上、お出かけください。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月10日 (土)

「マーキュリー通信」no.2028【ぎっくり腰を患い身の回りのイノベーションをかけました】

11月1日にぎっくり腰を患いました。本日で10日目ですが8割ほど回復しました。
ぎっくり腰を患った当初は靴下を履くことも叶いませんでした。

その時、一人暮らしの老人はどうしているのだろうかと頭をよぎりました。

高齢者社会が進展していく中で、高齢者を心身共にケアするシステムが今後ますます求められることを痛感しました。

さて、ぎっくり腰になって妻のありがたみを実感しました。

今使っているイスは、肘掛け付きのイスで普段は気持ちよいのですが、ぎっくり腰になってみると、5分も座っていると腰に来ます。いかに今のイスが腰に良くないかを体感しました。

そこで、妻がインターネットで腰痛に良いイス、アーユルチェアを検索し、購入しました。

アーユルチェアは、もともとイスの文化は欧米から輸入されたモノであり、日本人の体系には合っていないことに注目しました。

おしりは利き足の方が発達していて左右アンバランスだそうです。そこで、アーユルチェアは腰掛け部分を左右に分け、力を分散することで、座っているときの姿勢を正すことに成功しました。

又、背もたれ部分は腰のあたりしかありませんが、これが却って気持ちよいです。

アーユルチェアはスペースをとらず、私の仕事部屋が急に広くなった感じです。

又、妻は立ったままで履ける靴べらを通販で買ってくれました。そして、杖も買いました。杖を使うのは生まれて初めての経験です。

リハビリの中心はもっぱら歩くことです。治療院まで徒歩30分ですが、ほぼ毎日歩いて通いました。

それプラススクワットを1度に10回、それを10セット、一日3度行っています。

お陰様で10日ぶりに体重測定しましたが、体重が1kg減、体脂肪率が2%減の12.5%、内臓脂肪が2ポイント減の7.5となりました。基礎代謝も若干上がり1366でした。因みに基礎代謝1366は30台半ばの数値です。

ぎっくり腰のリハビリには普段いかに体を鍛えているかがポイントです。私の場合、毎日筋トレとストレッチを欠かさず実施しています。最後は9階まで階段を1段おきに駆け上がっています。

治療院の先生も私の体を触り、びっくりしていました。特に脚の部分の筋肉の発達がすごいそうです。現在63歳の私ですが、「年齢をひっくり返し、36歳ですね」と言われました(^ω^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月 6日 (火)

「マーキュリー通信」no.2027【日カツ!-14「目に見えないものを信じる心を養う」】

人類は昔から目に見えるモノしか信じない傾向にありました。

ガリレオの時代に、地球が太陽の周りを回っていると唱えたら異端として死刑を覚悟する時代でした。

最近神の粒子、ヒッグス粒子の発見により目に見えない世界を科学者も関心を持つようになりました。

本来、科学とは神の創った世界を探求することからスタートしています。つまり目に見えないものを信じる心を養うことで、科学も大いなる発展を遂げていきます。

宇宙飛行士の大半は神の存在を感じたそうです。

目に見えないものを信じる心を養うことが、科学者でない普通の人でも、心の成長を遂げることができます。

アニメ映画「神秘の法」ではそのことを強く訴えています。

アニメ映画「神秘の法」は、アカデミー賞長編アニメ賞にノミネートされた、世界的に評価の高い作品です。

読者の皆様もアニメ映画「神秘の法」で神秘の世界を堪能してみてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月 5日 (月)

「マーキュリー通信」no.2026【目から鱗の書「インフルエンザワクチンは打たないで!」を読んで】

友人から奨められ「インフルエンザワクチンは打たないで!」(母里啓子著双葉社刊 1050円)を読みました。

私自身もインフルエンザ予防のために毎年11月中下旬頃に必ずインフルエンザワクチンを接種していました。

しかし、本書の記載事項が事実なら、インフルエンザワクチンの接種は国と製薬会社と医療機関がぐるになった詐欺行為と言わざるを得ません。

前橋市で、インフルエンザワクチンの副作用の方がリスクが高いので、厚労省に訴えたところ無視されました。

そこで前橋市はインフルエンザワクチンの接種を止めたそうです。その年、インフルエンザが大流行したそうですが、インフルエンザワクチンの接種、未接種にかかわらず、インフルエンザに罹った確率は特に変わらなかったそうです。

インフルエンザワクチンが効かない最大の理由は、インフルエンザウィルスを特定することは極めて難しい事によります。
又、インフルエンザワクチンを接種しても、鼻や喉には効果がありません。

インフルエンザワクチンの感染経路は、鼻や喉からなので、インフルエンザワクチンを打っても効果がありません。

人間の1年は、インフルエンザウィルスにとっては100万年に当たるそうです。つまり、その期間にインフルエンザウィルスはかなり進化しているので、現代の医学でその進化のスピードについて行くことは極めて困難だそうです。

それよりもインフルエンザワクチンの副作用の方が怖いそうです。まだ副作用の問題自体解明されておらず、見切り発車の感があります。

それではインフルエンザワクチンに代わるモノはあるのでしょうか?

インフルエンザに一度罹ると抗体ができ、インフルエンザに罹りにくい体質になるそうです。

又、インフルエンザを極度に恐れる必要はありません。インフルエンザも風邪の一種です。

インフルエンザに罹ったら、数日間医者に行かずに、自宅療養することが一番です。医者に行けば、周りの患者に移す恐れがあるし、自分自身も他の病気をうつされる恐れがあるからです。

インフルエンザに罹ると通常高熱が出ますが、この高熱がインフルエンザウィルスを退治しているので、解熱剤は御法度です。

インフルエンザに罹らないようにするには、高齢者、乳幼児、抵抗力の弱い人は、人混みにでないことです。

最大のインフルエンザ対策は、免疫力を付けることです。

その為に、規則正しい生活習慣、偏らない栄養摂取、十分な睡眠と休養が重要となります。

私自身は、免疫力を付けるために、毎日ショウガをハーブティーに入れて飲んでいます。

更に、冬場は免疫力を付けるために、エキナセアというサプリメントを摂取しています。

それでもインフルエンザに罹る確率はゼロではありません。

大事なことは、もしインフルエンザに罹ったら、自宅で数日間休養することです。

そして、インフルエンザに罹ったら、これが最大のワクチン接種効果となることを肝に銘じておくことです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年11月 4日 (日)

「マーキュリー通信」no.2025【日カツ!-13「神秘の世界とは」】

アニメ映画「神秘の法」では、これまでの日本人の常識を打ち破るような世界観が展開されています。

「霊界の存在」「奇跡の発生メカニズム」「宇宙人の存在」を、アニメの手法を使いながら、非常にわかりやすくファンタジックな世界をリアルに表現しています。

この3つは、既に多くの人によって証明されているのですが、現代科学の信奉者にはなかなか受け入れられないようです。

しかし、地球人の科学が宇宙人の科学と比べ、千年も遅れているという事実に気づくと、自らの傲慢さに気づかされます。

どうみても遙か数億光年の彼方からUFOで飛来する宇宙人の科学技術と比べれば、その差が歴然することに気づかされます。

最近ヒッグス粒子の存在が話題になっていますが、現代科学も時間を超越した4次元の世界を解明できるようなると、宇宙人の科学に少しは近づくようになることでしょう。

アニメ映画「神秘の法」では、その辺の神秘の世界をアニメ技術を思う存分駆使しながら、観客を楽しませてくれます。

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

このたび、映画『神秘の法』が第85回アカデミー賞長編アニメ賞の審査対象作品にエントリーされました。

本年度の同部門に出品された作品は、全世界で計21本で、日本からはジブリ作品の『コクリコ坂から』とアニメ『神秘の法』の2作品のみがエントリーされています。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月 3日 (土)

「マーキュリー通信」no.2024【日カツ!-12「何のために生まれ、生きていくのか?」】

忙しい現代人は、多忙な生活に追われていく内に、自分の人生を振り返る暇もなく、いつの間にか歳をとり、気がついたときには、「自分の人生は一体何だったんだろう?」と晩年気づく人も多いようです。

アニメ映画「神秘の法」から、「一体自分は何のために生まれ、生きていくのか?」という自分の人生に対する根本的問題に気づかされます。

主人公獅子丸翔は、八正道という仏教の8つの正しい道を学ぶことで、本当の自分に出会い、「救世主」という自分の使命感に気づきます。

そこから彼は強く逞しく生まれ変わります。獅子丸翔、再誕の瞬間です。救世主の誕生です。そこから世界平和の為に、獅子奮迅の活躍をしていきます。

八正道とは正しい人生観の基に、中道の精神で生きていく思想です。正しい人生観とは、仏の願うことです。仏の理想です。

中道とは、モノの考え方や行動が極端にぶれないことです。

私も八正道を通じ、私自身の本当の自分を発見することができました。

本当の自分に出会い、中道の精神で生きていくと、人生の最期に、「良い人生を送ることができた」と満足しながら、あの世へと旅立つことができます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月 1日 (木)

「マーキュリー通信」no.2023【人生100年時代を勝ち抜く為の最強戦略-34「高齢者の一人暮らしはリスクがいっぱい」】

今朝はくしゃみをした弾みにぎっくり腰となりました。

ぎっくり腰になると、衣服を着ることから大変です。顔を洗うのも一苦労です。健康なときには何でもなかったことが、全てが大変になって来ます。
そして考え方も消極的になって来ます。

もしもの時にヘルパーを呼び出す仕組みを作る等行政と一体となった制度構築の必要性をぎっくり腰を通じ感じました。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »