« 「マーキュリー通信」no.2072【人生に勝利する方程式-76「マシュマロ効果が人生を変える」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.2074【「夢に日付を!夢をカタチに」】 »

2012年12月30日 (日)

「マーキュリー通信」no.2073【Bob Sugayaのワンポイントアップの英語術-18「原書を読む」】

英語力をつける1つの手法として英語の原書を読むことです。

日本語訳の場合、訳者の力量に左右されますが、原書を読むと、著者の言いたい微妙

なニュアンスも理解できることがあります。

今年はピーター・ドラッカーの名著"Management"(Collins Business $29.99)を読みました。

570ページに及ぶ大著ですが、この大著を読み通したという充実感が湧いてきます。

この中で一番印象に残った箇所は、BUILDING TOP MANAGEMENT TEAM(p370)です。

The new venture has successfully established itself in the right market and has then successfully found the financial structure and the financial system it needs. Nonetheless, a few years later it is still prone to run into a serious crisis. Just when it appears to be on the threshhold of becoming an "adult", a successful, established, going concern, it gets into trouble nobody seems to understand. The products are first-rate, the prospects are excellent, and yet the business simply cannot grow. Neither profitability nor quality, nor any of the other majore areas, performs.

The reason is always the same: a lack of qualified top management. The business has outgrown being managed by one person, or even two people, and it now needs a management team at the top.

これを一言で言うなら、ベンチャー企業はたとえ良い商品のお陰で成長できたとして

も、1人、又は2人の創業者だけで経営をしていると、いずれ限界点に達し、企業の成

長は止まり、収益は上がらず下り坂に入っていく。

ある程度の水準になったらトップマネジメントチームを形成して、会社を再び成長軌

道に乗せることが重要だとピーター・ドラッカーは力説しています。

私も多数の中小・ベンチャー企業の経営者に接してきましたが、この金言はまさにそ

の通りだと思います。

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

今年も1年間「マーキュリー通信」のご愛読ありがとうございました。

読者の皆様のご支援に支えられ今年一年も「マーキュリー通信」を快調に書き続ける

ことができました。

それでは皆様のご健康を祈念して良い年をお迎えください。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

|

« 「マーキュリー通信」no.2072【人生に勝利する方程式-76「マシュマロ効果が人生を変える」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.2074【「夢に日付を!夢をカタチに」】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181862/56424174

この記事へのトラックバック一覧です: 「マーキュリー通信」no.2073【Bob Sugayaのワンポイントアップの英語術-18「原書を読む」】:

« 「マーキュリー通信」no.2072【人生に勝利する方程式-76「マシュマロ効果が人生を変える」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.2074【「夢に日付を!夢をカタチに」】 »