« 「マーキュリー通信」no.2099【ワンポイントアップの仕事術-108「脳は読書内容の5%しか理解していない」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.2110【ワンポイントアップの人間力-28「異文化に触れ、吸収融合していく」】 »

2013年2月 4日 (月)

「マーキュリー通信」no.2100【誰でもできる超簡単健康法-112「30回噛むことが肥満防止と虫歯予防の一挙両得」】

肥満の大敵は早食いです。食事をしたことを脳の満腹中枢神経が認識するのは、食後20分後だそうです。従って、20分以内の早食いの場合、いくらでも食べることができるわけです。これが肥満の最大原因の1つとなっています。

早食い防止のためには、よく噛むことです。最低30回噛むと食事時間は20分以上になります。その時のこつとして、1回に食べる量を少なくすることです。この2つを実行すると、20分以上かかります。

私の場合、家で食事をするときは、録画したテレビ番組を見ながら食べます。テレビを楽しみながら食べるので、概ね30分以上はかかります。

それからよく噛むということはそれだけ唾液が出ます。唾液が出るということは、虫歯予防にも良いそうです。

|

« 「マーキュリー通信」no.2099【ワンポイントアップの仕事術-108「脳は読書内容の5%しか理解していない」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.2110【ワンポイントアップの人間力-28「異文化に触れ、吸収融合していく」】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181862/56696986

この記事へのトラックバック一覧です: 「マーキュリー通信」no.2100【誰でもできる超簡単健康法-112「30回噛むことが肥満防止と虫歯予防の一挙両得」】:

« 「マーキュリー通信」no.2099【ワンポイントアップの仕事術-108「脳は読書内容の5%しか理解していない」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.2110【ワンポイントアップの人間力-28「異文化に触れ、吸収融合していく」】 »