« 「マーキュリー通信」no.2102【私のヒューマンネットワーキング-22「異業種交流会のスクラップ&ビルド」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.2104【奇人変人の異見-202「『大幅電力料金の負担をずしりと感じて気がつく脱原発政策のおかしさ」】 »

2013年2月 9日 (土)

「マーキュリー通信」no.2103【Bob Sugayaのワンポイントアップの英語術-20「耳から入ってきた英語と目から入ってきた英語」】

日本にはたくさんの英語が入ってきていますが、日本語表記するときに、耳から入ってきた

英語と目から入ってきた英語があります。これをそのまま発音するとnative speakerに通じ

ないこともよくあります。

耳から入ってきた英語の典型例は、Hong Kong(香港)やping pong(ピンポン)です。

一方、目から入ってきた英語の典型例はKing Kong(キングコング)です。

又、同じ単語なのに、違った発音の単語もあります。

女優の故オードリ・ヘップバーンと英語のローマ字表記のヘボン式のヘボンは同じ Hepburnです。Hepburnを耳で聞くと、ヘボンに近く聞こえます。決して、ヘップバーンとは聞こえません。

warというスペルはウォーの方が近い発音ですが、どういう訳かワーと発音させることが圧倒的に多いです。ワーナー、アワード、ワードローブ等。
但し、戦争(war)はウォーと発音し、walkmanはウォークマンと発音しています。これは商品

名ですが、もしワークマンだと労働者みたいですね。

一方、workのようなworもワーと表記します。Word(ワード)、world(ワールド)、worst(ワ

ースト)等も同様です。こちらはワーの方が原音に近いです。

マスコミ等が外来語を日本語表記するときに、できるだけ近い発音で表記しないと混乱を来すので、できるだけ統一ルールを作って欲しいですね。

先日、未来世紀ジパングで、ファースト・フードを取り上げていましたが、敢えて「ファスト・フード」と表記し、出演者も「ファスト・フード」と表現していたのが耳障りでした。

fastはどう発音しても、ファーストです。マスコミの誤った表記は謹んでほしいものです。

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

中国と韓国でトップが交代しました。

中国の習近平(シー・ジンピン)は漢字をそのままシュウキンペイと発音しますが、韓国の

新大統領朴槿恵氏は(パク・クネ)と表記しています。
シュウキンペイと発音しても、中国人には通じません。日本が国際化を進めるなら、漢字を

持つ外国人名も現地読みすべきと考えます。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

|

« 「マーキュリー通信」no.2102【私のヒューマンネットワーキング-22「異業種交流会のスクラップ&ビルド」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.2104【奇人変人の異見-202「『大幅電力料金の負担をずしりと感じて気がつく脱原発政策のおかしさ」】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181862/56728034

この記事へのトラックバック一覧です: 「マーキュリー通信」no.2103【Bob Sugayaのワンポイントアップの英語術-20「耳から入ってきた英語と目から入ってきた英語」】:

« 「マーキュリー通信」no.2102【私のヒューマンネットワーキング-22「異業種交流会のスクラップ&ビルド」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.2104【奇人変人の異見-202「『大幅電力料金の負担をずしりと感じて気がつく脱原発政策のおかしさ」】 »