« 「マーキュリー通信」no.2109【人生100年時代を勝ち抜く為の最強戦略-41「神様から頂いた贈り物を再発見する」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.2111【ワンポイントアップの営業力-30「プレゼンが下手だとお客様に不信を抱かせる」】 »

2013年2月17日 (日)

「マーキュリー通信」no.2110【Bob Sugayaのワンポイントアップの英語術-21「英会話力を一気にアップさせる秘訣」】

私が一気に英会話ができるようになったのは、三井物産の石炭部北米研修員としてカナダに3ヶ月間滞在していた頃でした。丁度30歳の時でした。

特に、1ヶ月ほど炭鉱の現場でカナダ人から直接OJTで仕事をしていたときでした。英語しか通用しないので、とにかく英語を通じさせることに四六時中集中していました。

すると自然と英語が話せるようになり、英語でコミュニケーションがとれるようになりました。

日本に住む日本人がなかなかこういう環境に身を置くことは難しいと思いますが、自分自身をそういう環境に追い込み、集中して英会話力を身につけようと努力すれば、必然的に英会話力がアップすると思います。

たとえば、native speakerの友人を持ち、英語で考え、話すようになれば、いずれ話せるよ

うになります。

私の場合、あれから30年以上が経過し、日常で英語を話す環境にはありませんが、いったん英会話力が身につくと、今でも英語を話すことはできます。

その前に、英会話の基礎があることがその後の上達度や持続性に大きく影響を与えるので、常日頃の努力は肝要です。

|

« 「マーキュリー通信」no.2109【人生100年時代を勝ち抜く為の最強戦略-41「神様から頂いた贈り物を再発見する」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.2111【ワンポイントアップの営業力-30「プレゼンが下手だとお客様に不信を抱かせる」】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181862/56782867

この記事へのトラックバック一覧です: 「マーキュリー通信」no.2110【Bob Sugayaのワンポイントアップの英語術-21「英会話力を一気にアップさせる秘訣」】:

« 「マーキュリー通信」no.2109【人生100年時代を勝ち抜く為の最強戦略-41「神様から頂いた贈り物を再発見する」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.2111【ワンポイントアップの営業力-30「プレゼンが下手だとお客様に不信を抱かせる」】 »