« 「マーキュリー通信」no.2131【奇人変人の異見-204「年金改革は官主導を止め、民間の英知を結集することの方が重要」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.2133【ワンポイントアップの人間力-29「悪霊は自らの魂を鍛える砥石」】 »

2013年3月21日 (木)

「マーキュリー通信」no.2132【ワンポイントアップのコミュニケーション術-112「相手が聴く耳を持たない場合、引くことも肝要」】

私は自分の意見ははっきりと言うタイプです。しかし、それを押し通すことはしません。

特に相手の企業がこのままだと危ない場合には、より強く意見を言うことがあります。

しかし、相手が聴く耳を持たない場合、無理して押し通しても人間関係を悪化させるだけなので、引っ込めます。

但し、自分が経営参謀役としてその企業の経営状態を見ている場合には、辛口のアドバイスをします。それでも聴こうとしない場合には、経営参謀役を降りることもあります。

過去に私のアドバイスを聴かずに、最悪倒産や経営破綻した企業を多数見てきましたので、経営参謀役を引き受けた場合には、そのくらいの覚悟で経営者に耳障りなことも敢えてアドバイスすることにしています。

| |

« 「マーキュリー通信」no.2131【奇人変人の異見-204「年金改革は官主導を止め、民間の英知を結集することの方が重要」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.2133【ワンポイントアップの人間力-29「悪霊は自らの魂を鍛える砥石」】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「マーキュリー通信」no.2132【ワンポイントアップのコミュニケーション術-112「相手が聴く耳を持たない場合、引くことも肝要」】:

« 「マーキュリー通信」no.2131【奇人変人の異見-204「年金改革は官主導を止め、民間の英知を結集することの方が重要」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.2133【ワンポイントアップの人間力-29「悪霊は自らの魂を鍛える砥石」】 »