« 「マーキュリー通信」no.2134【人生100年時代をぴんぴんころりで楽しく生きる法-43「神仏に従順に生きていく」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.2140【人生に勝利する方程式-83「大激動の時代、変化を脅威でなく、チャンスとして捉えることでイノベーションは始まる」】 »

2013年3月25日 (月)

「マーキュリー通信」no.2135【豊島区で全国初のマンション管理推進条例導入でマンションライフが変わる!】

豊島区では本年7月1日から全国初の分譲マンションを対象としたマンション管理推進条例を導入することになっています。

本日豊島区主催のシンポジウムに参加して、この条例が導入されると、マンションライフが大きく変わりそうです。

今後、防災、防犯の観点から、条例では下記項目の実施を強く求めています。もし、規程を遵守しないマンションの場合、最悪マンション名を公表する等の罰則規定があります。

1.マンション居住者は、居住者間及び地域とのコミュニティ形成を求められる。
 これまで自治会、町内会への参加義務はありませんでしたが、条例施行後、話し合うことが求められます。
大規模災害発生時に、地元との連携が必要となってきます。

2.居住者名簿の作成の義務づけ 
 これも特に大規模災害発生時に名簿の重要性がクローズアップされています。

3.長期修繕計画の作成義務化
 現在半数のマンションで長期修繕計画がないそうです。マンションの老朽化に伴い、マンションのスラム化問題が出てくるので、法律で網をかけようということです。

これまで都会のマンションでは、「隣の人何する人ぞ」という居住者が多数いましたが、特に東日本大震災以降、マンションと地域との関わりが重視され、条例施行後はマンション住民も、地域との関わりを求められることになります。

この条例をプラスと捉えれば、より快適なマンションライフを送れることになります。その意

味では、豊島区の行政サイドのサポートは評価されると思います。

私が住むライオンズシティ池袋では、私が初代理事長の時より、居住者同士のコミュニケーションを重視してきました。

そのことが防犯にもなるからです。その一環として、居住者同士建物の中で会うと、居住者が挨拶することを奨励しています。

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

本日のシンポジウムは、豊島区の主催と言うことで、それほど期待していませんでしたが、千葉大学の小林秀樹教授が絶妙のコーディネーターとして、パネリストの発言をうまく引き出していました。
参加者は、豊島区マンション課課長、弁護士、マンション管理士、マンション管理問題評論家の4名でしたが、それぞれの立場で傾聴に値する発言が飛び交い、充実した2時間半でした。

おそらくこれまで参加したシンポジウムと比べ、一番良かったと思います。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

|

« 「マーキュリー通信」no.2134【人生100年時代をぴんぴんころりで楽しく生きる法-43「神仏に従順に生きていく」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.2140【人生に勝利する方程式-83「大激動の時代、変化を脅威でなく、チャンスとして捉えることでイノベーションは始まる」】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「マーキュリー通信」no.2135【豊島区で全国初のマンション管理推進条例導入でマンションライフが変わる!】:

« 「マーキュリー通信」no.2134【人生100年時代をぴんぴんころりで楽しく生きる法-43「神仏に従順に生きていく」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.2140【人生に勝利する方程式-83「大激動の時代、変化を脅威でなく、チャンスとして捉えることでイノベーションは始まる」】 »