« 「マーキュリー通信」no.2131【こうして仕事の生産性を10倍以上引き上げることができました-109「同時に2つの事を進める」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.2143【菊地克仁氏の処女作「3週間で自分が変わる文字の書き方」の出版記念パーティに参加して】 »

2013年4月 6日 (土)

「マーキュリー通信」no.2142【ゴジラ松井秀喜との思い出】

長嶋茂雄と松井秀喜の国民栄誉賞ダブル受賞を祝って、昨夜、松井秀喜特集が放映されました。
私はONに次いでプロ野球では松井秀喜選手のファンです。

私が「声のブロマイド」を企画、制作した時に、当時新人だった松井秀喜選手と会いました。
「声のブロマイド」には、松井秀喜選手の新人第1号ホームランの写真と、10秒間の肉声が録音されています。

松井選手に10秒間のメッセージを吹き込んでもらうために、松井選手と会いました。当時、松井選手は一軍と二軍を行ったり来たりしていました。

その時も、松井選手は多摩川グランドから元木大介選手のスポーツカーに乗って、東京ドームにやってきました。初めて会う松井選手は、ものすごくビッグでした。

録音は車の中で行われました。最初、松井選手に好きなメッセージをお願いしたのですが、なかなか出てこなかったので、私が用意していたメッセージを渡し、それを読んでもらいました。メッセージの内容は、「ジャイアンツの松井秀喜です。将来のホームラン王を目指して頑張ります。応援よろしくお願いします。」でしたが、松井選手の声が元気がありませんでした。
そこで、私が「もっと大きな声で」というと、「はい」と素直に頷き、元気のある声で吹き込んでくれました。

私の唯一の悔いは、その時松井選手とツーショットの写真を撮らなかったことです。

「声のブロマイド」の売れ行きは松井選手が活躍するとぐっと上がり、成績が落ちるととたんに売上が落ちます。

私にとっては、今ではこの「声のブロマイド」が宝となっています。

|

« 「マーキュリー通信」no.2131【こうして仕事の生産性を10倍以上引き上げることができました-109「同時に2つの事を進める」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.2143【菊地克仁氏の処女作「3週間で自分が変わる文字の書き方」の出版記念パーティに参加して】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181862/57115705

この記事へのトラックバック一覧です: 「マーキュリー通信」no.2142【ゴジラ松井秀喜との思い出】:

« 「マーキュリー通信」no.2131【こうして仕事の生産性を10倍以上引き上げることができました-109「同時に2つの事を進める」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.2143【菊地克仁氏の処女作「3週間で自分が変わる文字の書き方」の出版記念パーティに参加して】 »