« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月

2013年5月30日 (木)

「マーキュリー通信」no.2171【創レポート5月号プランAを進化させたプランBが不可欠!】

毎月好評の公認会計士伊藤隆先生の創レポートを今月もお届けします。

激動の時代、事業戦略の転換を余儀なくされることも多々あります。

今月の創レポートは、「計画通り、想定通りには進まないのが経営…だから、プランAを進化させたプランBが不可欠!」であることをA社長の例を基にわかりやすく解説しています。

詳細は、「sr1305.pdf」をダウンロード

をご覧下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月28日 (火)

「マーキュリー通信」no.2170【今こそ「世界は国益で動いている」ことを真剣に考える時期です】


アベノミクスで日本全体が明るく元気になっていますが、安倍首相の当面の最大関心事は、参議院選挙に勝利することです。

その為に、安倍首相が信念を曲げてまで村山談話を踏襲してしまいました。又、憲法改正もトーンダウンし始めています。

さて、国益というのは当然国の利益です。

日本は戦後一貫して米国の国益の下に統治されてきました。

米国は、日本国憲法で、日本が米国に永久に刃向かわないために軍隊を禁じました。

しかし、ソ連の共産主義の台頭の脅威、そして1950年の朝鮮戦争の勃発により、米国は日本を共産主義勢力から守る防波堤と位置づけ、安保条約を締結し、自衛隊という軍隊の復活を果たしました。

一方で、ソ連を始めとする共産主義、社会主義勢力は、憲法第9条を盾に平和憲法という美名の下に憲法死守を掲げています。日本に軍隊を持たせないことが彼らの国益だからです。

そして、現在北朝鮮のミサイルや中国の核兵器が日本の主要都市に向け、いつ発射されても良い状態でスタンバイしています。

北朝鮮や中国は独裁国家であり、いつミサイルや核兵器が撃ち込まれる危険性があります。

そんな脅威の中で、依然と憲法死守を唱えている護憲派の理屈がよく理解できません。護憲=我が国の平和への脅威となぜとらえられないのでしょうか?

最大の国益は、国を守ることです。国民の財産を守り、平和を守り、治安を維持することです。その次に経済成長となります。

しかし、日本の為政者が自虐史観に洗脳され、国益を害するようなことを平気で発言します。

その最たるものの1つが村山談話です。

又、従軍慰安婦問題や南京大虐殺など存在しない事件を喧伝する日本人が未だに存在しますが、これなども国益を大きく害している事に気がつく必要があります。

最近「あなたのすぐ隣にいる中国のスパイ」(鳴霞著 飛鳥新社1100円)を読みました。

日本には帰化した中国人が12万人いるそうです。彼らの帰化目的は、日本のパスポートを持っていると、世界中を自由に渡航できることです。

彼らの大半は中国人の意識です。日本は、帰化条件が非常に緩く、日本の国益を害するような外国人でも一定の要件を満たせば、帰化できます。米国などは、いざ母国との戦争が始まった場合、米国の為に戦うことが帰化条件となっています。国益の立場から考えれば当然です。

更に驚いたことに、日本にはスパイ防止法案がないため、スパイ天国となっています。従って、自衛隊を始めとする国家の機密文書や機密事項が頻繁に国外に流出しています。

日本には国益を損ねることを平気で言う左翼勢力を中心とした反日日本人が多数いますが、彼の中には、当然スパイがいることに気をつけなければなりません。

沖縄県仲井真知事は、未だに沖縄から米軍追放を主張しています。沖縄から米国を追放することは、中国の最大の国益です。
沖縄を支配するということは、中東原油の輸送を始め、様々な物資の輸送を中国がコントロールできることを意味します。その結果、日本は中国の事実上の属国となります。

仲井真知事の祖先は福建省の出身ですから、米国を追放し、中国の支配下に置くのはある意味で当然の行動と言えます。

国防に関しては超腋甘政権だった民主党政権時代には、普天間基地の県外移転を始め、中国のスパイ行為と思われることを平気でやっていました。

尖閣諸島問題、北朝鮮のミサイルの脅威等今こそ真剣に国益を考える時期が来ているのではないかと思います。

安倍首相には、参議院選挙勝利後には、国防面でもきちんと筋を通すことを期待しています。

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

自虐史観の発端を作った朝日新聞の元スター記者本多勝一は、「本多勝一の守護霊インタビュー」(幸福の科学出版 1470円)の中で、南京大虐殺事件は虚構であると明言しました。

彼の南京大虐殺事件の嘘の報道により、日本の国益が多き損なわれていることに全くの反省がありません。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月26日 (日)

「マーキュリー通信」no.2169【64歳の誕生日にビートルズの名曲"When I am 64"でタイムスリップ】

僕はビートルズ旋風が起きた64年以来のビートルズファンです。当時中学3年生、毎日ビートルズを聴いていたせいで高校受験に失敗したほどです(#^.^#)

ビートルズの最高傑作の1つと言われているアルバム"Sgt.Peppers Lonely Club Band"の中にポール・マッカートニーの"When I am 64"という曲があります。メロディアスな曲で、ほのぼのとした曲です。

1967年、ポールが25歳の時に作った曲です。
歌詞は、シンプルで他愛ない内容です。

「64歳はまだずっと先の話だけれど、その頃髪の毛を失っているかもしれないけれど、64歳の誕生日の時にもまだValentineワインを送り続けてくれるかい?共に歳をとっているけれど、君のそばにずっといるよ。もし、電球が切れたら、取り替えるよ。君は暖炉のそばでセーターを編んでいるよね。

日曜の朝には、車に乗り、庭の手入れをして、雑草を取り除く、・・・

64歳の時も、君はずっと僕を必要としているかい?ずっと食事を作ってくれているかい?」

25歳の頃のポールは、ビートルズのメンバーの一人として、睡眠時間もろくにとれないほどの超多忙の時期だったので、64歳になったときには、妻とのんびりと過ごしたいという願望があったのかもしれません。

あれから50年近くが経ち、今年71歳のポールは引き続き現役で頑張っています。昨年のロンドン・オリンピックの開幕式ではポールの名曲"Hey Jude"を歌いました。

1967年、私は高校3年生、高校受験に失敗した私は、大好きなビートルズのレコードを全て処分して、大学受験に集中していました。

当時、資源小国日本は貿易で生きていくしかない、だから「世界を股にかけるビジネスマンとして日本の国に貢献していくのだ」という夢を抱きながら、一橋大学商学部の合格を目指して、全力投球中でした。

翌年一橋大学の合格してからビートルズのレコードを全て買い換えました。従って、"When I am 64"は1968年に聞いたことになります。

18~19歳の頃、45年後の64歳の自分など到底想像できませんでした。当時の64歳は定年退職したお年寄りというイメージで、まさに"When I am 64"の世界でした。
しかし、今はまだそんな感じはしません。

それは超高齢者社会の到来で、私よりずっと上の高齢者が周りに多数おり、比較すると64歳の私などまだ若手に見えてしまうこともあると思います。

こういう現実を認識すると、64歳で老け込んではいられない。生涯現役人生を意識した人生設計が必要なことを再認識しました。

さて、"When I am 64"でなく、"When I am 84"をイメージしてみました。

私が84歳になったとき、現在企画中の「年金程度で暮らせる心身共に元気な高齢者向けシェアハウスユートピア建設事業」が軌道に乗り、全国1万棟をイメージしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「マーキュリー通信」no.2168【経験から学ぶマンション管理の重要性-22「マンションのチラシのポスティング問題を解決」】

本日、私の住むマンションライオンズシティ池袋でチラシのポスティングをしている男性がいたので、「ご苦労さん!」という声をかけたら、感激の面持ちでした。
「ポスティングは8~9割のマンションで断られます」とのこと。
「内のマンションは、僕が初代理事長の時に、管理会社(大京管理)が『ちらしお断り』の立て看を掲げていたので、担当者にクレームをつけました。チラシはマンション居住者にとっては地元の貴重な情報源だから、それを断つのはおかしい。いやな人はその旨、ポストにお断りの表記をすればよい。」と言って、立て看を撤去しました。
その代わり、「青少年に有害なチラシ、お断り!」のステッカーを希望者に配布しました。7割の居住者がステッカーを貼りました。「有害なチラシ」を希望する居住者も中にはいるわけです。こういうものは居住者の自由選択にすれば良いわけであり、『ちらしお断り』の立て看は、管理会社の越権行為の筈なのに、世間一般平然として行われており、おかしな話です。

尚、チラシの散乱を避けるために、ポストの前にチラシ専用のゴミ箱を設けました。これでポスト周りがすっきりしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月21日 (火)

「マーキュリー通信」no.2166【ワンポイントアップの営業力-33「お客様のニーズを把握することが営業員の最重要事項です」】

リゾート会員権の下取り営業の電話があり、こちらも現状把握のため、営業マンの話を聞いてみました。

当の営業マンは、名刺交換すると直ぐに「自分はリゾート会員権の営業を30年以上にわたりやってきた」ことを説明し始めました。

私は営業マンの経歴を聞きたいわけではなく、この会社(シニアメンバーズライフ株式会社)の会社概要を知りたいわけです。

同社は、他社のリゾート会員権の下取りを行い、自社のリゾート会員権に切り替える営業をやり、それが大ヒットしているとのことです。

私は27年前に400万円で購入したジャパントータル倶楽部のリゾート会員権を所有しています。

但し、現在はライフスタイルが変わり、ここ10年ほどはまったく使っていないので、売却した

いと思っています。

しかし、私が購入したときの名義書換料20万円が50万円にも上がっていることが敬遠され、なかなか買い手がつきません。

現在、ジャパントータル倶楽部のリゾート会員権取得には、代理店手数料も含め、僅か88万円で手に入ります。もし、私のライフスタイルが変わっていなければ、88万円なら喜んで買います。

私はジャパントータル倶楽部の下田を始めとしたホテルの食事とサービス、そして料金にはメンバーとして満足しています。

しかし、この営業マンはあくまでも下取りを強く勧めてきます。因みに、同社のリゾートは、

別荘中心です。関東は僅か3箇所です。私が別荘には関心がない旨説明しても、別荘の良さを強調します。

面談開始後1時間が経ったので、私は次の約束があるといって席を立ちました。

この営業マンは、リゾート会員権のプロを自負しているようですが、見込客の話も聞かず、時間配分も下手で、私から見ればNGです。

私も長年営業をやってきましたが、本日の営業マンの対応の仕方を見て、他山の石として学ぶところが大でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月19日 (日)

「マーキュリー通信」no.2165【Bob Sugayaのワンポイントアップの英語術-23「外人と話す時は、言語チャネルを英語チャネルに切り替える」】

英語の話すスピードを上げるには、英語を話すときに英語で考え、英語で話す習慣をつけることです。

私は外人と話すときには、自然と言語チャネルを英語のチャネルに切り替えています。丁度、テレビの音声を外国語のチャネルに切り替えるようにです。

日常会話程度の簡単な英会話なら、多分自然と英語が口をついて出ると思います。

もし、難しい英語なら自分一人の時に、和文から英訳し、自分の英語脳に切り替えておくと良いと思います。

ビジネス英語では、自分の業界の用語をそうすると良いと思います。そうしておけばいざ外人と話すときに、スムーズに英語が出てくると思います。

大事なことは、完璧な英語を話そうとしないことです。あちらはいかにあなたとコミュニケー

ションをとろうと考えているから、ブロークンイングリッシュでも大丈夫です。

そう思うときっと気が楽になり、英語がスムーズに出てくるはずです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月17日 (金)

「マーキュリー通信」no.2164【経験から学ぶマンション管理の重要性-21「長期修繕積立会計で一番負担となる給排水管工事代金を9割削減する秘策とは」】

私が住むライオンズシティ池袋は今年で築18年となり、そろそろ給排水管工事を検討する時期となっています。

給排水管工事は、まずは更正といって、現状の給排水管を補修するやり方です。築20年前後で必要となります。

ライオンズシティ池袋は60世帯のマンションですが、この両方で5000万円近くかかります。更に、その15年後には更新といって全面交換工事が必要となり、この時も5000万円近くかかります。

合わせて1億円近い出費となりますが、管理会社からは事前の説明もなく、ライオンズシティ池袋では築35年となる2030年頃には修繕積立金が1億円の不足が見込まれます。

もし1億円を60世帯で割ると200万円近い臨時出費となります。もし毎月の積立金を増額するなら1万円増となり、当マンションでも年々高齢化が進み、各世帯の負担能力が低下しつつあります。

そこで、私は理事長としてこの問題に真剣に取り組み、給排水管対策として磁気活水器の導入を検討しています。磁気活水器の原理は、磁気により給水管のサビを還元し、時間をかけて赤錆を除去していきます。耐用年数は60年なので、孫の代までOKです。

磁気活水器導入により500万円程度で済みます。給水管工事が不要となり、これだけで10分の1の負担減となります。

一方排水管には磁気活水器は取り付けませんが、給水管から出る還元水により排水管にも好影響となり、排水管の寿命が延びます。

業者の説明では、磁気活水器導入のマンションで、築40年でも排水管の交換は不要とのことです。こちらは半永久的とは言えませんが、少なくとも毎年の排水管の検査により、劣化の度合いをチェックすることができます。

管理会社からすれば、1億円の収入が9割以上激減するので、磁気活水器の導入を渋ることになります。

さて、ここで重要なことは、管理組合が「自分の財産は自分で守る」という意識を強く持つこ

とです。

尚、磁気活水器に関しては、信頼できる磁気活水器メーカーを選定することです。ライオンズシティ池袋では、4社のプレゼンを受け、現在どの磁気活水器メーカーにするかを鋭意選定中です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月16日 (木)

「マーキュリー通信」no.2163【人生100年時代をぴんぴんころりで楽しく生きる法-45「老人のぼける時期を1年遅らせると1500億円の国家予算が浮く!?」】

我々団塊の世代の親は90前後の人が多いと思います。

しかし、ぴんぴん元気なら良いのですが、寝たきり、認知症老人となり、大きな負担となっている団塊の世代の仲間も多いことと思います。

老人のぼける時期を1年遅らせると1500億円の国家予算が浮くというシミュレーションもあるそうです。

現在私が進めているプロジェクトとして「年金程度で暮らせる心身共に元気な「高齢者(幸齢者)」向けシェアハウス「ユートピア・ハウス」を企画中です。

日本の介護保険制度は、要介護度が上がるにつれ業者の収入が増える仕組みです。このような仕組みでは、業者側に要介護度を下げようとするインセンティブが働きません。

私が企画中のユートピア・ハウスでは、いかに寝たきり、認知超老人を出さない仕組みです。

その為に、NPO生涯現役推進協会を創り、心身共に元気な高齢者を増やしていこうという構想です。

生涯現役といっても、死ぬまで働けといっているのではなく、死ぬまで社会と接点を持ち、それまでの経験を活かし、世の中の役に立ち、喜ばれるような高齢者を目指していこうと言うことです。

その為の受け皿として、ユートピア建設という会社を創り、仕事の提供やボランティア、趣味の斡旋等もしていく計画です。

生涯現役のコンセプトが社会に普及していけば、寝たきり、認知症老人の数が減り、国家財政の負担が減っていくこととなります。

私は、これこそ社会保障と税の一体改革であり、我々民間人が国や地方自治体に貢献できることと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月13日 (月)

「マーキュリー通信」no.2162【経験から学ぶマンション管理の重要性-20「理事長の仕事は利自即利他業」】

現在私が住むライオンズシティ池袋の理事長を拝命しています。

初代理事長、第6期、そして今回第18期と3度目の理事長職です。

今期の課題は設備の老朽化対策と資金確保です。

先日、長期大規模修繕計画セミナーに参加し、マンションは管理さえしっかりすれば、100年間住むことができることを知りました。

そこで、私はライオンズシティ池袋を終の棲家と決めました。

第1期、第6期理事長の時に、20の改革、改善を実施してきました。

前回の理事長職から12年が経過したのですが、大半の問題は先送りされ、今度も問題山積で私に引き継がれました。
かなりの改革、改善が必要で、全部で15くらいの改革、改善案となりそうです。このため、毎月理事会を開き、毎回2~3時間くらいかけています。

私自身問題が大きければ大きいほどファイトが湧いてくるタイプです。なぜならその問題を解決すれば私のメリットだけでなく、組合員全員のメリットにつながるからです。これを仏教用語で表現するなら利自即利他です。

この利自即利他の思いでライオンズシティ池袋の改善、改革を実行してきたお陰で、築18年のマンションとしては、管理がかなり行き届いています。

昨日、マンションの居住者である年配の女性が挨拶にやってきました。娘と一緒に暮らすので、今月末に引っ越すそうです。

彼女は私に、「18年間気持ちよく暮らすことができたのは、菅谷さんのお陰と感謝しています」とお礼を言われました。

私の利自即利他の気持ちが伝わっているようで、これこそ理事長冥利につきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月11日 (土)

「マーキュリー通信」no.2161【ワンポイントアップの営業力-32「儲けることは大事です。ただその中身が大切です。」】

ネットビジネスやネットワークビジネスで、「自分は億単位の収入を得た」と自己PRする人が多数います。

しかし、問題はその中身です。その商品を買った人が良かったと思っているかどうかです。

その為に必要なことはリサーチです。もし、満足がいかないのなら何が不満足なのかを素直に耳を傾け、商品、サービスの改良に繋げていくことが重要です。

これをやらずして収入の多さだけを自己PRする人は、商品購入者、即ちお客様の反発を買います。

毎月一定の権利収入を得ている場合には、中途解約者の数でその商品、サービスに対する支持率が分かります。

CS(顧客満足)を100%満たす事は不可能に近いですが、少なくともCS追求のために努力することは重要です。これを行っていくことで、顧客の不満は減少していきます。

私のところには多数の商材が持ち込まれます。

その時の基準として、「その商品、サービスをお客様に提供したときに、喜ばれるか、お役に立つか」が基準です。

儲け優先のビジネスや、お題目程度に顧客メリットをうたっているビジネスには心が動きません。

なぜなら、もしその商品、サービスを見込客に紹介し、迷惑をかけたら、それが紹介者である私の所に返り、私に対する信頼を崩すことになるからです。

尚、ネットビジネスやネットワークビジネスは似たような言葉ですが、ネットビジネスはオン

ラインビジネスであり、ネットワークビジネスはオフライン(リアル)です。ビジネス・モデ

ルも全く異なりますが、「億単位の収入を得た、だから一緒にやりませんか?」と誘う口実にしていますが、現実にはそう甘くありません。

億単位の収入を得た人がいるのは事実でしょうが、その比率は宝くじの1等を当てる確率程度と理解しておいた方が良いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月 8日 (水)

「マーキュリー通信」no.2160【人生に勝利する方程式-85「成功は、プロセスを大事にすると肩の力が抜けて、大きく飛躍できる」】

10年以上前から年金程度で暮らせる心身共に元気な「高齢者(幸齢者)」向けシェアハウス「ユートピア館」の構想がありました。

生涯を通じ1万棟を建設するという壮大な構想だったため、なかなか先に進みませんでした。

しかし、今年に入ってから、構想段階から企画段階に入るとかなり具体的な計画へと変わってきつつあります。

私自身成功ばかり追い求めていたためにちょっと肩に力が入りすぎ、なかなか先に進みませんでした。

しかし、今年に入ってからはプロセスを大事にするようにしました。するとふっと肩の力が抜け、プロセスをエンジョイできるようになりました。

これに従い、計画自体がより現実的なモノ、地に足のついたモノとなってきました。

当初の構想では、20世帯程度の新築の集合住宅を考えていました。これだと1億円はかかりそうなので、かなりハードルは高かったと言えます。

しかし、今はもっと小さなスモールスタートを考えています。中古の4LDKの戸建てを購入し、リフォームをして、2015年12月オープンを目指し、まずは4人程度のシェアハウスを作ろうと計画しています。

以前は高齢者向けコミュニティ・ハウスというネーミングを使用していましたが、最近シェア

ハウスという言葉がポピュラーとなり、高齢者向けシェアハウスというネーミングに切り替え

ました。

インターネットで探すと、高齢者向けシェアハウスはあるにはありますが、生涯現役の自立型シェアハウスはありません。

国の考え方も、高齢者は介護を受けるモノという先入観でいます。

私のミッションは、生涯現役社会こそがこれからの日本の生きる道であり、心身共に元気な高齢者の社会を創っていきたいと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月 7日 (火)

「マーキュリー通信」no.2159【ワンポイントアップの人間力-31「悲劇の主人公を乗り越えることで人間的成長が得られる」】

長い人生の中には、過去に挫折や失敗をしたことも多々あると思います。

この挫折や失敗をどのように捉えるかによって人間としての成長に影響していきます。

挫折や失敗を恐怖と捉えていると、いつまでもその挫折や失敗から抜け出すことはできません。挫折や失敗に執着していると、いかに自分が不幸であるかを他人に訴えたくなります。愚痴不平不満がどんどん湧きだしてきます。極端な場合、悲劇の主人公を演じる人もいます。

しかし、挫折や失敗を乗り越えることで、人間的成長をしていきます。悲劇の主人公を乗り越えることで人間力がアップしていきます。

「積極的思考法」の最高指導者である米国のノーマン・ヴィンセント・ピール牧師は挫折や失敗を、恐怖として捉えるのではなく、神から与えられた試練であり、自分の魂を磨く手段であると思うことにより、成長できると説いています。

神を信じることで、信仰心が深まるにつれ、恐怖が消えていくと説いています。

十字架のクロスは垂直方向と水平方向の両方が交わっています。垂直方向は神への信仰心を表し、水平方向は「汝の隣人を愛せよ」ということだそうです。「信仰と愛」、この2つを深めることで、人間力がどんどんアップしていきます。

恐怖を試練と捉えることで、過去も違ったモノに見えてきます。その時に、悲劇の過去も、神から祝福されている栄光の過去へと変わっていきます。

詳しくは、ノーマン・ヴィンセント・ピール牧師の「人生が驚くほど逆転する思考法」(三笠

書房刊 1100円)をご参照下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月 6日 (月)

「マーキュリー通信」no.2158【誰でもできる超簡単健康法-115「週末の寝だめは却って睡眠のリズムを壊す」】

平日の睡眠不足を補うために、週末は寝だめをしている人も多いと思います。

しかし、週末に寝坊すると、却って睡眠のリズムを崩し、不眠症に陥るそうです。

睡眠ホルモンであるメラトニンは、起床後17時間後に出てくるそうです。朝6時に起床の人は、23時頃にメラトニンが出てきて、眠くなってきます。

ところが、10時まで寝坊した場合には、その17時間後は27時、つまり深夜の3時となり、いざ眠ろうとしてもなかなか寝付けないわけです。月曜日の朝はなんとなくぼけっとしていることが多いのもこのためのようです。

従って、週末も平日と同じ時間帯に起床することが重要となります。

尚、カーテンは閉め切らずに、朝日が入るように採光面でも工夫が大切です。日光が入ることで、目覚めが良くなります。カーテンを閉めて、部屋を暗くし、朝寝坊するのが最悪のパターンといえます。

それでは平日の睡眠不足はどのように解消すれば良いのでしょうか。

昼間に15分程度の仮眠をとることも大切です。昼食後に横になることも一案です。
又、睡眠不足の日は、早めに寝ることです。体が睡眠を欲しているので、ぐっすりと眠ることができます。夜寝る時間は一定でなくても良いのですが、起床時刻を一定にする。これが快眠の原則と言えます。

一方、睡眠時間は人によって異なります。3時間短眠法を推奨する人もいます。しかし、これは個人差があるので、無理して3時間睡眠法を取り入れると、健康を害することになります。

一般論としては7~8時間の睡眠がベストといわれています。これ以上極端に短くても、長くても寿命が縮まると統計的にも出ています。

尚、私の場合、夜12時に寝て、朝5時50分起床です。

12時前に寝ることが健康にも良いといわれているので、できるだけ12時に寝るようにしています。

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

ゴールデンウィークはいかがお過ごしですか。

3~5日、日光の研修施設で瞑想研修を受け、心のチリやアカを落としてきました。

瞑想研修の後は、日頃貯まっていた心のチリやアカが消え、今は湯上がりのようなさっぱりした気分です。

毎年、このようなゴールデンウィークの過ごし方をしていますが、私にとってはこれが最高の贅沢と言えます。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

電子出版「誰でもできる超簡単健康法」好評発売中!
下記URLから内容をご覧頂けます。

http://www.mercury-b.com/kenkou/index.html

==========================

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月 2日 (木)

「マーキュリー通信」no.2157【立体的読書法でキーワードの理解を深める】

大ベストセラーとなったジェームズ・コリンズの「ビジョナリーカンパニー②、飛躍の法則」の中の第5水準のリーダーシップとハリネズミの概念が有名です。

第5水準のリーダーシップとは、どれほど困難であっても、長期にわたって最高の実績を生み出すために、必要なことは全て行う固い意思ををもっているリーダーのことをいいます。結果が悪くても、決して他人や外部要因のせいにせず、責任は自分にあると考える。そして何よりも謙虚です。

一方、ハリネズミの概念では、ニューコアという概念も持ちだしています。
1つ目が、世界一になれるとの認識
2つ目が、情熱
3つ目が、財務指標

最近、このハリネズミの概念を活用している著書をよく目にします。

元スタバ社長の岩田松雄氏は「ミッション」の中で、ハリネズミの概念を応用しています。
こちらはもっとわかりやすい表現を使っています。
即ち、1,好きなこと 2,得意なこと 3,利益が上がること
こちらの方がわかりやすいです。

一方で、銀座セカンドライフ株式会社片桐実央社長の最新刊「シニア起業で成功する人、しない人」でもハリネズミの概念を使っています。片桐実央社長も岩田松雄氏の表現を借りています。

私も現在企画中の、年金程度で暮らせる心身共に元気な「高齢者(幸齢者)」向けシェアハウス「ユートピア館」にこの概念を取り入れています。

私の場合は、
1.ミッションとして、寝たきり認知症老人ゼロの社会を目指す
2.元気な高齢者であふれる活力ある高齢者社会をイメージし、私がそのお役に立てることの喜び
3.そしてこの事業から収益を上げることで、チェーン店化し、将来は1万棟も視野に入れた大きな夢を構想しています。

私は、この過程を、事業を深化させ、事業を進化させる、そして真価を発揮していくと位置づけています。

3冊の本を読むことで、キーワードを立体的に読み解くことが可能となってきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月 1日 (水)

「マーキュリー通信」no.2156【マスコミ、行政から注目を浴びる片桐実央社長が起業5年の思いを募った新刊「シニア起業で成功する人、しない人」を読んで】

片桐実央社長は女性起業家ですが、シニア起業家をサポートするために、銀座セカンドライフ株式会社を創業、起業僅か5年でレンタルオフィス3店舗を銀座に開き、まもなく4店舗目を東京駅前にオープン予定です。
又、毎月異業種交流会銀座アントレ交流会も開催しており、多角的経営をしています。

その片桐実央社長がこの度「シニア起業で成功する人、しない人」(講談社+α新書 880円)を発刊しました。50代以上のシニア起業家は年々増加しており、2007年の統計で42%だそうです。

片桐さんは、シニア起業家には「ゆる起業」を勧めています。「ゆる起業」とは、これまでの経験を活かした無理のない起業です。

仕事内容は、「自分の好きなこと」、そしてこれが講じて得意な分野、その結果お金に結びつくものです。このお金の部分は、各自の経験、業界によって異なりますが、これがゆる起業で失敗しないコツだといえます。

起業で成功する秘訣は、在職中の準備が重要です。離陸前の助走期間を長くとれれば、離陸に成功できる確率が高くなります。

片桐さんは、行政書士であり、起業して5年間の経験が本書に盛り込まれており、起業家にとってはマニュアル代わりに使えます。

私自身も現在第2の創業年金程度で暮らせる心身共に元気な「高齢者(幸齢者)」向けシェアハウス「ユートピア館」の企画中ですが、最終ページの事業計画書が役に立っています。

これまで行政に頼らず自力でやってきましたが、本書では助成金の活用方法も出ており、私の第2の創業に活用できそうです。

私と親子の差ほど年の違う女性起業家の片桐さんを私も陰ながら応援しています。5年で4店舗と、テンポが速いの気になったので、彼女に「キャッシュ・フローは大丈夫なのかと」聞いたところ「大丈夫です」との返事でした。

笑顔のさわやかなチャーミングな女性起業家です。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »