« 「マーキュリー通信」no.2176【ベストセラー書「JAL再生」に学ぶ】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.2178【相田みつを美術館を訪ねて「受け身の人生から学ぶ」】 »

2013年6月13日 (木)

「マーキュリー通信」no.2177【ワンポイントアップのコミュニケーション力-114「ほめ言葉を活用する」】

最近異業種交流会で知り合った祐川京子さんのベストセラー書「ほめ言葉」(PHP研究所 750円)にはほめ言葉で日常のコミュニケーションの円滑化のノウハウが満載されています。

日本人、特に家族、夫婦となるとあまり褒めない傾向にあるようです。
それは日本人独特のテレがあるからのようです。

しかし、それは自分中心の考え方で、相手中心の考え方に立てば、ひと言褒めてもらうだけで、嬉しくなります。自分がもし褒められたらきっとそう思うはずです。

家庭でも、職場でも、ほめ言葉1つで人間関係が円滑になります。しかも無料です。

ただで人間関係が円滑になるのですから、積極的に使わなければ損ですね(*^^*)

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

私は結婚して34年になりますが、妻が作ってくれた食事を毎回必ず褒めます。まずいとかけなしたことは一度もありません。

妻は私の褒める度合いに応じ、雰囲気によってどの程度の評価を判別しているようです。

最大の褒め言葉は、"This is the best xxx I've ever had in my life!"と英語で絶賛します

♪d(⌒〇⌒)b♪

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

|

« 「マーキュリー通信」no.2176【ベストセラー書「JAL再生」に学ぶ】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.2178【相田みつを美術館を訪ねて「受け身の人生から学ぶ」】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「マーキュリー通信」no.2177【ワンポイントアップのコミュニケーション力-114「ほめ言葉を活用する」】:

« 「マーキュリー通信」no.2176【ベストセラー書「JAL再生」に学ぶ】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.2178【相田みつを美術館を訪ねて「受け身の人生から学ぶ」】 »