« 「マーキュリー通信」no.2202【車で栄華を極めたデトロイト市の財政破綻は決して他人事ではない!】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.2204【ワンポイントアップのプレゼン力-5「良いプレゼンとは」 »

2013年7月22日 (月)

「マーキュリー通信」no.2203【奇人変人の異見-212「そして誰もいなくなった社民党」】


自民党の一人勝ちに終わった参院選でしたが、自民党の体質も民主党の体質もあまり変わっていないのに、日本の政治は空気に支配され、どうしてこんなに大きくオセロゲームのように白黒のコマが動くのでしょうか。

アベノミクス頼みの衆院選、参院選でしたが、アベノミクスが期待通り経済的成果を上げなかったら、アベノミクスは一気にはじけます。

安倍首相は、経済政策はそれほど得意ではありませんが、さしあたっては、消費税増税を決めたら、景気は腰折れし、不況の中の物価高というスタグフレーションとなり、安倍内閣は退陣となることでしょう。

安倍首相の有力の後継者がいない現状、日本は再びダッチロール現象となるでしょう。

さて、今回の参院選で社民党は僅か1議席しかとれませんでした。

私は70年安保の世代ですが、当時は自民党の強力な野党として権勢を誇っていました。

我々の世代は安保反対、日米軍事同盟反対で闘い、中にはゲバ棒を振るう全学連も多数いまし

た。

しかし、社会人になると、この政策は完全に間違いであり、非武装中立は幻想に過ぎないこと

を身をもって知りました。

我々団塊の世代は自らの過ちを反省し、日米軍事同盟の重要性、そして、日米同盟があるから

こそ日本は経済発展できたのだと認識を変えました。

しかし、社会党(現在の社民党)は、自らの過ちを全く反省することなく、「固定客」であっ

た我々団塊の世代、70年安保の世代の支持を完全に失いました。
だから今回1議席しかとれないのも頷けます。

一方で、社民党を研究してみると、社民党は共産党と共に中国から資金援助を受け、中国の手

先として日本国解体が彼らの真の目的であることが分かりました。

その為に、悪法3法と言われる「永住外国人参政権」「人権擁護法案」「夫婦別姓」を民主党

政権の時にごり押しして法案を通過させようとしました。この悪法3法が法案通過したら、日

本国解体は一気に進みます。

又、原発反対の真の意図は、日本の完全非武装化と中国による核支配です。中国からの核兵器

の威嚇で日本政府は白旗を揚げます。そして、日本の植民地化は成功します。

原発反対の人の中には、純粋に原発は悪と思い込んでいる人も多数いると思いますが、70年代

に我々団塊の世代がだまされたように、純粋な気持ちを悪用されていることに早く気づいて欲

しいと思います。

政党としての社民党の政治生命は既に終わっていますが、中国の手先として、中国の傀儡政権

が樹立されたときに、共産党と共に日本解体に向け、一気に進むことが一番危惧されているこ

とです。

マーキュリー通信読者の中には、「何を菅谷さん、そんな絵空事を言っているの?」と言う人

もいるかもしれませんが、少しでも社民党の研究をすれば、共産党と共にこの政党の恐ろしさ

を理解できるはずです。

日本のマスコミは、中国から報道管制を受けているため、このような報道は御法度です。

|

« 「マーキュリー通信」no.2202【車で栄華を極めたデトロイト市の財政破綻は決して他人事ではない!】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.2204【ワンポイントアップのプレゼン力-5「良いプレゼンとは」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181862/57841863

この記事へのトラックバック一覧です: 「マーキュリー通信」no.2203【奇人変人の異見-212「そして誰もいなくなった社民党」】:

« 「マーキュリー通信」no.2202【車で栄華を極めたデトロイト市の財政破綻は決して他人事ではない!】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.2204【ワンポイントアップのプレゼン力-5「良いプレゼンとは」 »