« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2013年8月

2013年8月31日 (土)

「マーキュリー通信」no.2229【「日本を殺す消費増税」】

本日、幸福実現党主催で産経新聞社特別記者田村秀男氏をお招きし、「日本を殺す消費増税」と題する講演会に参加しました。

田村秀男氏は、日本経済新聞の経済記者として長年活動してきました。しかし、日経が今や政府の御用新聞になりはてたのを嫌気して、現在は産経新聞の特別記者として特定の利害者集団に結びつかず正論を主張する数少ないエコノミストです。

日経の最近の提灯記事として8月26日(日)朝刊で、「内閣支持上昇68%、消費増税7割超が容認」の見出しを書きました。

しかし、記事をよく見ると消費増税賛成は僅か17%、反対は22%であり、55%が「引き上げるべきだが時期や引き上げ幅は柔軟に考えるべきだ」となっており、来年の4月からの引き上げ反対は国民の77%が反対しています。
このような世論を無視した形で、強引に世論を消費増税誘導しようとしています。そういえば日経がスポンサーのワールドビジネスサテライトでも消費増税に賛成の論調が目立ちます。

消費増税に賛成しているのは米国政府です。なぜなら日本政府が大量の米国債を買ってくれ、米国の財政に貢献しているからです。米国としては当然アベノミクスの円安は米国の国益を損ねています。

財務省はその意向を受け、消費増税を推進しています。財務官僚は東大閥が多数占めているので、東大を中心とする御用学者は消費増税に賛成の立場です。

今や戦時中の翼賛会メディアに成り下がってしまったマスコミも政府に頭が上がらない為、消費増税賛成です。特に日経と朝日がひどいです。
尚、マスコミは消費増税の際には、新聞購読料は消費増税の対象外にするよう政府と密約ができています。

最近になり、やっと読売が消費増税時期尚早論を唱え始め、マスコミの良識がでてきました。

後、消費増税に賛成するのは中韓です。中韓はアベノミクスの円安で経済的に打撃を受け、安倍首相憎しの立場です。

消費増税は、97年の3%→5%に引き上げてから15年間デフレが続きました。その間、消費増税による税収増は約60兆円、一方で税収減は132兆円、差引72兆円の税収減となっています。

従って、現在のデフレ経済下で消費増税を実行すれば、前回の消費増税同様せっかくアベノミクスで回復しようとしている日本経済を殺してしまう可能性が大だからです。

消費増税以降の15年間で物価は5%下落しました。しかし、個人所得は15%下がりました。デフレ経済は、年金生活者には良いかもしれませんが、現役の勤労者の生活を直撃してきたわけです。

自分たちの将来の生活設計の見通しが立たなければ無理して広いマイホームを購入する意欲も衰えてきます。狭い借家では少子化に拍車をかけます。

さて、御用学者やマスコミは消費増税をしない場合のデメリットを3点上げています。

1.消費増税10%でも財政再建できない
2.消費増税してもデフレにならない
3.日本国債の価値暴落

上記3点も、田村秀男氏は論理的根拠が希薄と一蹴しています。

期待を持って船出した第1次安倍政権が頓挫してから、日本の総理は毎年のようになんちゃって総理が誕生し、その度毎に日本経済は地盤沈下していきました。そして民主党政権で最悪の事態を招いたことは記憶に新しいところです。

田村氏は、消費増税でアベノミクスが頓挫すれば安倍首相は再度マスコミ(特に朝日が反安倍の急先鋒)から引きずり下ろされることになるだろう。その場合、第1次安倍政権頓挫後にまともな総理が出なかったように、第2次安倍政権挫折後も、安倍首相に代わる首相がいない現状、日本経済は再度不況のどん底へと沈み込んでいくことを危惧しています。

今回の講演の内容は「アベノミクス殺す消費増税」(飛鳥新社1400円)に詳しく記載されています。本書は、安倍内閣の経済政策の顧問で消費増税に反対の立場をとるイエール大学浜田名誉教授の推薦本です。

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

★私自身、大学生の頃から40年近く日経を購読していましたが、最近日経の提灯が目立ち、記事自体信用できないので日経の購読を中止しました。最近は、フジサンケイビジネスアイ(電子出版 購読料毎月900円)でビジネスニュースを毎朝読んでいます。

★幸福実現党が中心となり消費増税反対ストを実行します。9月7日10時半に代々木公園に集結し、都内をデモ行進します。消費増税反対の方は一緒に参加しませんか。
又、参加できない方は消費増税反対の署名を集めています。ご希望の方はその用紙をファックス又はPDFでお送りします。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年8月30日 (金)

「マーキュリー通信」no.2228【創レポート8月号 技術がなくても新商品は開発できる?】

毎月大好評のCPA伊藤隆先生の創レポートです。

今月のテーマは・・・

技術がなくても新商品は開発できる?

問題を「発明」して新たなニーズを生む!

いつの時代も、企業は生き残り、成長を続けるために売上・シェア拡大を目指しています。

その方策として、「新製品・新サービス・新事業開発」が挙げられます。

多くの企業が新商品の開発を目指しますが、その方向性が偏狭になっているように感じます。

そこで今月は新商品開発に必要な問題を違う視点で考えます。

詳細は、下記URLをクリックして下さい。

「sr1308.pdf」をダウンロード

*************************************************
  公認会計士・税理士 伊藤 隆
  【本 部】03-3556-3317
  【会計工場】059-352-0855
      http://www.cpa-itoh.com
  中小零細企業の存続と
     その未来のために・・・
*************************************************

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月27日 (火)

「マーキュリー通信」no.2227【人生に勝利する方程式-90「成功理論のうわべだけ捉えても人生に勝利することはできない」】

現在ナポレオン・ヒルの成功理論を学んでいます。
「思考は現実化する」(きこ書房 2310円)は600ページに及ぶ大著ですが、世界的なベストセラー書ですので、私自身も多くの学びを得ました。一読をお勧めします。
もし、この大著を読むのが厳しい人には「図解 思考は現実化する」(きこ書房 1050円)をお勧めします。

本書のタイトルの通り、ナポレオン・ヒルは「思考は現実化する」ことを力説しています。

ナポレオン・ヒルの成功理論を実践して大成功した人は多数います。
エジソン、ヘンリー・フォード、セオドア・ルーズベルト大統領、ライト兄弟の兄、ジョン・

ロックフェラー、グラハム・ベルを始めとして世界的に超有名な人物がきら星の如くナポレオン・ヒルの成功理論を学んで成功しています。

成功理論のベースはシンプルです。

世の中の役に立つことを世に普及させようと思うことです。

思ったらその目標をいつ実現するかの期限です。

そして、その事業を成功させるための協力者です。

以上のことを紙に書いて貼りだし、朝晩読み上げることです。これをすることで自分の思いが潜在意識にまで叩き込まれ、その思いが実現に向かい具体的に動き出します。

ナポレオン・ヒルの成功理論の実戦編は、今後マーキュリー通信でご紹介したいと思いますので楽しみにして下さい。

さて、ナポレオン・ヒルの勉強をしていたら、偶々、N氏の動画講義を拝聴することとなりま

した。

N氏もナポレオン・ヒルの成功理論に基づき解説しています。

講義内容は、ナポレオン・ヒルの成功理論をしっかりと伝えており、立派なモノでした。その

中で、N氏は、「人格こそ一番大事だ」ということを語っていました。

ところが当の本人はどうかというと、言っていることは立派なのですが、いつも儲けから入り、儲けてしまうと、後はさっと手を引いてしまいます。周りから強烈な苦情が来ても本人はお構いなしのようです。

だから周りの人はN氏から遠ざかりつつあります。その辺の空気をN氏は察していないようです。

私も何度かアドバイスしたのですが、本人が一向に聴く耳を持たないので、本人が失敗して、何がまずいのかを気づくまでそれ以上アドバイスしないことにしました。

ナポレオン・ヒルの成功理論では、途中で失敗しても、くじけず忍耐強く続けることが大事であることも力説しています。

そして何よりも事業は一人では成功しない。成功のために協力者を一人でも多く募っていくことが重要と説いています。

ナポレオン・ヒルの成功理論を、学校の試験のように勉強して、満点を取っても、実業界での成功は別と心がけることが肝要と思います。

もし、ナポレオン・ヒルの成功理論を忠実に実践して、うまくいかないようなら、それは何な

のかを絶えずチェックすることも成功途上では大事と言えます。

尚、「思考は現実化する」の原著は、「Think and grow rich」ですが、原書を読むと、更に理

解が深まります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月26日 (月)

「マーキュリー通信」no.2226【私のヒューマンネットワーキング-23「小さな縁が大きな仕事につながっていく」】

三井物産㈱をリタイアして16年が経ちますが、その間人脈作りを強化してきました。

人脈作りの主体は異業種交流会です。

異業種交流会には多くの方から誘われるので、自分の目的に合った異業種交流会には積極的に参加しています。

一方で、人脈強化の意味で私自身も異業種交流会を主催しています。それぞれ目的に合わせ、5つの異業種交流会を主催しています。

異業種交流会では多くの方と名刺を交換します。しかし、一度会っただけでは時間の経過と共に名前も顔も忘れていきます。

その為、私はメルマガを9年前から発行しています。逆に多くの方からもメルマガを頂きます。

他人のメルマガは、その時の自分自身の状況によって、読んだり読まなかったりします。しかし、原則私からそのメルマガを解除することはありません。

それは人との縁は、どこで再復活するか分からないからです。

現在仕事でおつきあいしている人の大半は極めて薄い縁、宝くじに当たるくらいの確率の縁の方が大半です。

現在7社の顧問をしていますが、その内の1社、速読法の元祖新日本速読研究会の速読法を普及活動をしているワールドジーニアスセンターの経営参謀役に本年4月から就任しました。

こちらは5年前にJIS(Japan Internet Summit)というネットビジネスの研修で出会った人から

速読法を紹介されたのがきっかけです。

JISとの出会いは、10年ほど前に異業種交流会で出会ったS氏からのメルマガの案内がきっかけです。そのメルマガもほとんど読んでいなかったのですが、偶々私の地元池袋でセミナーをやるので、私もネットビジネスの流れを知っておきたいという気持ちで参加しました。

一方、ワールドジーニアスセンター代表川村純也氏からFXの会社株式会社インフィニティを立ち上げた弟の秀也氏を紹介されました。

FXに関してはハイリスクハイリターンというイメージがあり、当初はあまり乗り気ではありま

せんでした。

しかし、このFX売買IFシステムは、速読法の元祖川村明宏先生が10年掛けて開発したシステムで、FX売買IFシステムに全てお任せで、素人でも安心して参加できるシステムと分かりました。

今年の1月からの半年間の実績で、元本が3.6倍に増加したそうです。

これなら個人も企業にとっても、年金破綻の国家財政の救世主になるかもしれないと思い、9月1日から経営参謀役として就任することとなりました。

このように自分に訪れたどんな小さな縁でも大切にしていると道が開けてくることになります。

私の人脈はこんな形で広がっています。

一方、様々な人との出会いにより私自身日々多くの学びとなり、自己成長につながり、これも喜びの1つなっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月25日 (日)

「マーキュリー通信」no.2225【幸福になれない症候群-3「不幸だと思い込んでいる人へ」】

世の中には自分のことを不幸だと思い込んでいる人が時々います。

自分が不幸かどうかは自分の思いで決まってきます。

私の場合、5歳で母親が病死し、翌年小学校1年生の時に父親が家出しました。

その10年後に父親が戻ってきて、再び一緒に暮らすことになりました。再会したときの父は、日当の肉体労働者で、その日暮らしの生活をしていました。

それまでは実家に預けられていたので、そこそこの生活をしていたのですが、父と暮らすことで、また貧乏生活に逆戻りです。

私の子供時代は波瀾万丈のスタートでしたが、私は父を恨んだことを一度もないし、自分が不幸だと思ったことも一度もありません。

ただ、父親は反面教師で、「父親のような人間にはなりたくない」とずっと思っていました。

それには一生懸命勉強して、将来は「世界を股にかけるビジネスマンとして活躍するのだ」と心に誓っていました。
又、父には頼れないと常々思っていたので、自立心旺盛な人間に育っていきたました。

又、貧乏を経験しているので、質素倹約の生活が身につき、これが蓄財の大きな要因となりました。

もし、私が子供時代を不幸だ嘆き、周りの人に当たり散らしたり、愚痴を言っていたら、今の私はなかったと思います。

子供時代から明るく天真爛漫な性格だったので、不幸を不幸と感じませんでした。

要は、不幸かどうかは自分の思いが決めるのであって、不幸を嘆いても、事態が好転するわけではありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月23日 (金)

「マーキュリー通信」no.2224【年金程度で暮らせる心身共に元気な高齢者向けシェアハウス-3「高齢者向けシェアハウス発想の原点」】

子供の頃、伯父夫婦に大変お世話になりました。

伯父さんが15年ほど前、76歳で他界したのですが、その時とても元気だった伯母さんがショックを受け、突然寝たきり認知症老人となってしまいました。

その後、2年間寝たきり認知症老人としてベッドで過ごし、76歳で他界しました。

私はこの悲惨な状況を見て、「ユートピア館」構想を思いつきました。

伯父さん夫婦は経済的には恵まれていました。伯父さん夫婦の個室もありましたが、病気で入院のため、ほとんど使われませんでした。

私はその時、経済的幸福も大事だけれど、それよりももっと心の幸福の方が大事と実感しました。

我々団塊の世代は、同様の問題を抱えていると思います。私の友人知人でも、寝たきり痴呆老人の世話で大変な思いをしている人が多数います。

「ユートピア館」の施設では、心の幸福、通い合い等を大切にします。

それが認知症、寝たきり老人防止の最善策と思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月21日 (水)

「マーキュリー通信」no.2223【 速読法があなたの人生を変える!-3 「速読法を実践していくと目が良くなります」】

速読法の基本は、眼筋力の強化、脳処理速度のアップ、そして視読への切換です。

その中で、眼筋力の強化をすることは視力のアップにつながります。

事実私も裸眼視力が左右共に0.02から右0.04、左0.05にアップしました。数字の上では倍以上の視力アップとなったので、生活の上でも実感できています。裸眼でもTVを見ることができる

ようになりました。

裸眼視力が0.07以上になると、本全体の文字を捉える速読眼が強化され、更に読書スピードがアップするそうです。これを007のルールといいます。当面の目標を裸眼視力0.07に置いています。

★川村明宏先生の正統派、元祖速読法を学びたい方は、下記URLから見ることができます。

1ヶ月間の無料体験もできますので、ご自分でその凄さを試してみて下さい。

http://bit.ly/13qacQz

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月20日 (火)

「マーキュリー通信」no.2222【人生に勝利する方程式-89「プロセスを重視しない成功はいずれ破綻していく」】

成功を結果だけで見る人が世の中には多いようです。

しかし、成功哲学の祖、ナポレオン・ヒルは、プロセスの方を重視しています。プロセスが正しければ、その結果、成功していきます。

成功しないのはプロセスが間違っていることが往々にしてあります。

成功するプロセス、即ち方程式を導ければ自ずと成功へとつながります。

そう思うと気が楽になります。

結局は「人生に勝利する方程式」とは、正しいプロセスの連続と言えます。プロセスを間違え

失敗したら、反省し、次の飛躍、成功に向けて軌道修正し、進んでいけば良いのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「マーキュリー通信」no.2221【ワンポイントアップの人間力-36「精神的財産を築く」】

「重光葵 連合軍に最も恐れられた男」(福富健一著 講談社 1785円)を読み、8月7日付マーキュリー通信no.2214では、重光葵元外相を私自身「戦前、戦後を通じナンバー1の政治家と認識するに至りました。

重光葵元外相は、2600年も続く世界で唯一の天皇の国、万世一系の天皇の下、アジア人が欧米列強からの植民地支配からの解放を目指し、大東亜共栄圏を構築することにより、アジア同胞の発展繁栄を提案し、実践していったことです。

重光葵元外相の思いが実現し、日本は大東亜戦争では敗れたモノの、アジア各国の植民地支配から解放されました。

各国首脳からは、日本に対し、感謝のメッセージが多数寄せられているのは何よりモノ証左です。

「精神的財産を築く」過程で最重要事項は、私心がないことです。

重光葵元外相には私心がないから心を打たれます。

私心のない政治家がいれば、日本は本当に良い国に変わっていくと思いますが、残念ながら私心だらけの今の政治家に期待するのは難しいと言えます。

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

大東亜共栄圏の実際の実践者は、東條英機首相でした。日本人の東條英機に対するイメージは良くありません。
そのイメージは、東京裁判で米国が植え付けたイメージに過ぎません。

今年は、東條英機関連の書籍を6冊読みました。

実際の東條英機は、武士道精神そのものの人です。天皇をこよなく尊敬し、大東亜共栄圏を目指し、身命をなげうった人です。

戦前の日本が戦争に突き進むことになった15年間は、頻繁に首相が替わりました。そして、開戦の時の首相が東條英機でした。

しかし、東條英機は、戦争責任は自分自身が全て負いました。

そして、東京裁判の時には、堂々と日本の立場を主張しました。この時の主張は連合国側に一切無視されましたが、マッカーサーが東條英機の人物を認め、後に東京裁判の無光を認めるきっかけとなりました。

「東條英機 歴史の証言」(渡部昇一著 祥伝社 2200円)
「大東亜会議の真実 アジアの解放と独立を目指して」(深田祐介 PHP 467円)
「東條英機の中の仏教と神道」(福富健一、東條由布子著 講談社 838円)
「祖父東條英機「一切語るなかれ」 東條由布子著 文春文庫 552円)
「東條英機 天皇を守り通した男」(福富健一著 講談社 1680円)
「東條英機 大東亜戦争の真実を語る」(大川隆法著 幸福の科学出版 1470円)

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年8月15日 (木)

「マーキュリー通信」no.2220【終戦記念日に靖国神社で参拝してみて】

本日は68回目の終戦の日です。

約300万人の英霊に対し、心よりご冥福と尊崇の念を表したいと思います。

本日初めて終戦の日に靖国神社を参拝しました。

靖国神社は朝から長蛇の列で、初詣並みの混雑でした。恐らく10万人以上の人が参拝したのではないかと思われます。

改めて日本人が先の大東亜戦争で命を捧げて戦った英霊たちを称える姿勢に頭が下がりました。マスコミはこのような事実をきちんと報道すべきです。

マスコミはA級戦犯を取り上げてきましたが、我々日本人にとってはA級もB級も戦犯は存在しません。A級戦犯の汚名をかぶせたのは、東京裁判による戦勝国側の一方的な押しつけに過ぎません。
もし、戦犯を上げるなら広島、長崎に原爆投下をした米国、日本人捕虜を抑留、虐殺した旧ソ連、そしてヒットラーとなります。

国際法上に基づき、正規の国際裁判が行われたら、日本人は一切戦犯とは関係ありません。敗戦国として、戦勝国に対し、損害賠償の責めに応じるだけです。そして賠償問題はとっくに片付いています。

尚、入り口では、「河野談話」「村山談話」廃止の署名運動があり、私も署名しました。

一方、安倍首相は、中韓、そして何よりも米国に気兼ねして、事を荒立てることを避けるために、ご自身の靖国神社参拝を見送りました。せめてもの救いは、補佐官を通じ、私事として玉串料を奉納したことです。

事を荒立てずに何事も穏便に済ませるのが日本民族の美徳とも言えます。

しかし、歴史的な流れを読み誤ると、今後の我が国の存亡に関わる大きな問題がいつ吹き出すか分からない状況であることを深く認識すべきと思います。

富士山の大爆発や首都圏直下型地震がいつ襲うかと懸念されているのと同じ状況です。

米国の国力の長期衰退、これとは逆に軍事国家中国の脅威が年々増しています。

中国の国家戦略は、太平洋進出の海洋戦略です。その為に、尖閣諸島、沖縄、台湾の略奪によりインド洋から太平洋に至る海域を中国の支配下に抑えていきます。

これが完成したときに、日本は中国の属国、又は自治区、最悪は植民地となります。

戦前、米国が台頭するアジアの新興国家日本を脅威に感じ、日本を徹底的に叩き、最後は英国、中国、オランダと組み、資源の輸出を禁止し、「窮鼠猫を噛む」の如く、日本が戦争突入をせざるを得ない状況に追い込んだことは歴史上の事実です。

当時の日本は軍事大国でしたが、現在は米国から押しつけられた平和憲法、外国から最も侵略をされやすい憲法の下で、戦う気概が総理を始めとして、日本国民全体にありません。

従って、中国に占領されたらただおとなしく隷従するしかありません。そして、天皇は処刑さ

れます。

米国が助けてくれるかどうかは、米国の国益に叶うかどうかです。即ち、米国も多数の米兵と国費を犠牲にして、日本を助ける価値があるかどうかです。

中国は共産党主導の国家ですが、経済体制は資本主義であり、米国も市場として重要視しています。

その巨大市場を犠牲にしてまで、日本を助けるべきかどうかが米国議会の最大の争点となるでしょう。

「河野談話」「村山談話」といった日本を侮辱する虚構を米国内でも利用され、アンチ日本の風が吹いています。

これは戦前の日本人たたきと一種似ているところがあります。

両院で過半数を制した安倍首相は、今こそ勇気を振り絞って自立国家日本を目指すべきです。

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

幸福実現党大川隆法総裁が、本日「大川談話(私案)安倍総理参考」を発表しました。

日本人に勇気と希望を与える内容となっています。もし、大川談話の通り、安倍首相が蛮勇をふるい、中韓に対峙していったときに、安倍首相は戦後最高首相として評価されることになることでしょう。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 わが国はかつて「河野談話」(1993年)、「村山談話」(1995年)を日本国政府の見解とし

て発表したが、これは歴史的事実として証拠のない風評を公式見解としたものである。その結果、先の大東亜戦争で亡くなられた約300万人の英霊とその遺族に対し、ゆゆしき罪悪感と戦後に生きた我が国、国民に対して、いわれなき自虐史観を押しつけ、この国の歴史認識を大きく誤らせたことを、政府としてここに公式に反省する。

 先の大東亜戦争は、欧米列強から、アジアの植民地を解放し、白人優位の人種差別政策を打ち砕くと共に、我が国の正当な自衛権の行使としてなされたものである。政府として今一歩力及ばず、原爆を使用したアメリカ合衆国に破れはしたものの、アジアの同胞を解放する為の聖戦として、日本の神々の熱き思いの一部を実現せしものと考える。

 日本が今後、いかなる国であれ、不当な侵略主義により、他国を侵略、植民地化させないための平和と正義の守護神となる事をここに誓う。国防軍を創設して、ひとり自国の平和のみならず、世界の恒久平和の為に尽くすことを希望する。

なお、本談話により、先の「河野談話」「村山談話」は、遡って無効であることを宣言する。
                                 平成25年8月15日
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月12日 (月)

「マーキュリー通信」no.2219【"人生に勝利する方程式-88「何をしたいかではなく、何をすべきか」を考える"】

「何をしたいか」で人生を生きていくと、途中で飽きたり、挫折したりするとめげやすくなる

ものです。

しかし、「何をすべきか」を考えながら生きていくと、人生の途中で困難、挫折にぶつかって

もくじけることも最小限度に抑えることができます。

「何をすべきか」を言い換えると、ミッションのことです。

高校2年生の時に、「日本は資源が少ない国、だから貿易立国で生きていくことが国是、その為に世界を股にかけるビジネスマンになろう」と決意しました。

その間、いろいろと挫折、困難にぶつかりましたが、特にくじけることなく、一橋大学商学部

に合格、そして三井物産㈱に入社し、「世界を股にかけるビジネスマンになる」夢は実現しました。

ミッションを掲げ、その道に向かって突き進み、それを達成したときの充実感、達成感は格別のものがあります。

一方で、人生を振り返ってみると、ミッションを達成したときだけの達成感だけでなく、その

過程でも自分の力がアップし、精神的にもたくましく成長している自分を見つけることができます。それが喜びとなります。
そして、人生に勝利する方程式を学び取ります。

ミッションは、大きなミッションもあれば小さなミッションもあります。又、ミッションは人

生を歩んでいく過程で変化、成長もしていきます。

現在、ライオンズシティ池袋の3期目の理事長職を仰せつかっています。

私はライオンズシティ池袋の初代理事長にも就任しましたが、その時に、「自分の財産は自分で守る」というスローガンを掲げました。
私の思いが伝わり、築18年のマンションですが、管理状況が非常に行き届き、とても住み心地の良いマンションとなっています。

最近銀輪公害が当マンションでも目立っているので、銀輪公害をなくすために、レンタサイクル制度の改革を始め、様々な手を打ちました。その結果、銀輪公害は解消し、すっきりとしました。

これなども小さな事ですが、「何をすべきか」を考え、実行していった好例と思います。

銀輪公害対策にかなりのた時間を費やしましたが、理事の意見も聞きながら、アンケートで住民の意見も聞きました。

私にとっては、このプロセスと皆をまとめて引っ張っていくリーダーシップ等貴重な経験をし

ました。

そして、多くの居住者から、「菅谷さんのお陰で、すっきりしました」と喜びの声を掛けられ

ました。

自分の思いが居住者に伝わると嬉しいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月11日 (日)

「マーキュリー通信」no.2218【未来ビジョン・目指せ!新しい国づくり!-42「正しい歴史認識を持って我が国の発展を目指せ!」】

毎年終戦記念日を迎えるこの頃になると、先の戦争関連の資料を読むことにしています。

勉強すればするほど、現在マスコミを中心に流布されている常識がいかに歪曲されていることが分かります。

終戦直後、GHQマッカーサーに5年8ヶ月占領され、その時の思想のままほとんど修正されずに現代に至っています。

本来ならマスコミがこれらの歪んだ常識を修正していくべきなのですが、あるべき姿からほど遠いマスコミに疑問を持つのは私だけでしょうか。

それでは歪んだ常識とは何でしょうか。

いわゆる「村山談話」で表明された「日本はアジア各国を侵略し、迷惑をかけた悪い軍事国家だった。その罪は償っても償いきれない。だから永久に謝罪していくべきだ」という間違った歴史認識です。

マッカーサーは東京裁判でこの虚構を作りました。

東京裁判は、戦勝国の論理で敗戦国を裁いた裁判で、国際法上も認められていません。マッカーサー自身も、後日東京裁判は間違っていたことを認めています。

米国は、国際法上大きな戦争犯罪を犯しました。

戦争犯罪の1つは民間人の殺戮です。

東京大空襲で10万人もの東京市民を無差別殺傷しました。
更には広島長崎に原爆投下をしました。

この大きな戦争犯罪をカモフラージュするために、日本を徹底的に悪者にしました。
従軍慰安婦問題や南京大虐殺事件のでっち上げもその一環です。

日本は国際法に従い、米国に開戦通告をし、武士道精神に則り戦争犯罪と言われるようなことはしていない世界でも珍しいくらい軍紀、軍律が厳しい国でした。

従って、従軍慰安婦問題や南京大虐殺事件などありえるはずがありません。

次に、マッカーサーは徹底的な検閲を行いました。

東京大空襲と原爆投下をした憎き米国ですが、反米感情を抱いている日本人は少ないと思います。それは米国のことを悪く言えば、検閲に引っかかるからです。

一方、日本国憲法は、僅か1~2週間で急ごしらえした暫定憲法でした。
その精神は、日本が二度と米国に刃向かえないように、軍隊を認めないこと。

2番目は、武士道精神の基となった宗教の徹底的骨抜きにより、日本人を精神的なクラゲ国家にすることが目的です。

3番目は、財閥解体です。軍事力の基は経済力ですから、財閥解体により、米国に刃向かえないような軍事力をつけさせないことです。

さて、正しい歴史認識とは、
大東亜戦争突入の原因は、資源の供給を断たれたための自衛戦争であったこと。
そして、15世紀以降続いている白人優先主義の植民地支配からアジアの同胞を解放することでした。

反日国家、中国、南北朝鮮も日本のお陰で経済発展ができており、日本はこれらの3国始め東南アジア諸国の欧米植民地からの解放及び経済発展に大きな貢献をしていること。

戦前の日本は天皇を中心に武士道精神に則ったすばらしい国家だったこと。こういう歴史的事実を今の子供に教えることで、子供たちは日本に対する誇りを持つことができます。そしてそれがベースとなって日本は発展していきます。

戦前までの日本は、天皇を中心とした宗教国家だったことを今一度認識すべきです。単なる金儲けだけのエコノミックアニマルでは行き詰まります。

その行き詰まりが現在の日本に現れています。米国の悪い面、マッカーサーの否定した通りの日本となっています。

もう1度戦前の日本を研究し、良いところを吸収していくところに、次の日本の飛躍、発展があると思います。

今年は下記17冊を参考文献として読みました。

大東亜戦争とアジアの独立  明成社 630
大東亜戦争の正体 清水馨八郎 祥伝社 630
アジアの独立と大東亜戦争 西岡香織 芙蓉書房 2500
東京裁判フランス人判事の無罪論 大岡優一郞 文藝春秋 850
だから日本人は戦争を選んだ 岩田温 オークラNext新書 900
自ら歴史を貶める日本人 西尾幹二 徳間書店 1000
太平洋戦争とは何だったのか クリストファー・ソーン 草思社 2600
重光葵 連合軍に最も恐れられた男 福富健一 講談社 1785
大東亜戦争の真実 東條由布子 WAC 1470
東條英機 歴史の証言 渡部昇一 祥伝社 2200
大東亜会議の真実 アジアの解放と独立を目指して 深田祐介 PHP 467
東條英機の中の仏教と神道 福富健一東條由布子 講談社 838
祖父東條英機「一切語るなかれ」 東條由布子 文春文庫 552
日中戦争は侵略ではなかった 黃文雄 WAC 933
共産主義批判の常識 大川隆法 幸福の科学出版
「河野談話」「村山談話」を斬る 大川隆法 幸福の科学出版
神に誓って従軍慰安婦は存在したか 大川隆法 幸福の科学出版

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

「河野談話」「村山談話」は、事実に基づかない風評を基に、自らの得点稼ぎのために言ってしまった「談話」です。
こういう無責任な売国奴のような政治屋がいるおかげで、日本は政治的に中韓から攻め込まれる口実を与えています。

まもなく8月15日の終戦記念日となりますが、この日に向けて放った「大川談話」(私案)-安倍総理参考-
は、論理明快ですかっとします。下記URLからご覧になってください。
http://www.youtube.com/watch?v=UWIc-v5GXtA&feature=youtu.be

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2013年8月10日 (土)

「マーキュリー通信」no.2217【経験から学ぶマンション管理の重要性-23「やればできる!銀輪公害の解消」】

私の住むライオンズシティ池袋で、最近屋外駐輪場の駐輪台数が増加してきました。

居住者より、理事長の私に「美観上の問題だけでなく、強風が吹くと自転車が転倒し、通行に危険、特に高齢者や子供に危ない」との意見が寄せられました。又、災害時には、避難路確保にも問題を来しています。

そこで、下記のような対策をとりました。

1.レンタサイクル制度の強化
女性にとっては乗りづらい中古の自転車を廃棄処分。その代わり、女性に乗りやすい3段変速機付新車を2台購入。
これまで中古自転車だったため、利便性を重視してきたため、管理状態がずさんだった。

その為、新車導入を機に、レンタサイクル制度を策定し、レンタサイクル制度に同意した希望者のみの貸出制度に変更。
新たな貸出ノートを作り、いつ誰が借り、返却したのかをわかりやすくし、責任の所在を明確にする。
キーボックスを設置し、鍵の管理をきちんとするようにした。

その結果、レンタサイクルの利用率が大幅にアップしました。

※電動アシスト自転車の導入も検討しましたが、バッテリー交換を1~2年で行い、バッテリー費用が3万円もすることが分かり、当面見送ることにしました。

2.あまり使っていない自転車の供出
レンタサイクル用に自転車の供出する世帯には1台に付き1万円を謝礼として渡す。但し、レンタサイクルに供さず廃棄処分する自転車は5千円。子供車はその半額。

7世帯から供出があり、内3台をレンタサイクルとして利用。

※この3台は、従来通りの利便性を重視したレンタサイクル制度とした。

3.駐輪料金の改定
2台目以降年間2千円の駐輪料金を3千円に値上げ。
但し、人気のない上段は無料にする。

4.屋内に駐輪していたバイクを遊休地プレイロットに移動
どうしても屋内駐輪希望するバイクは駐輪料金を年間5千円→1万円に値上げ。

以上のアメとムチ政策の導入により、屋外駐輪台数25台が9台に激減しました。9台なら美観上もすっきりし、安全面でも大丈夫な状況となりました。

上記にかかる費用は全て駐輪会計内で対処できました。
私が18年前の第1期理事長の時に、2台目以上の駐輪料金の有料化を打ち出し、その残高がかなり貯まり、余裕を持って対処できました。

早速、住民の方から「すっきりしました」と感謝の気持ちが寄せられました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月 9日 (金)

「マーキュリー通信」no.2216【速読法があなたの人生を変える!-2「こうして私は本1冊を20分で読めるようになりました」】

速読法の元祖、川村明宏先生の速読法は、理論が明快で、そのオンラインによるトレーニング方法も非常にわかりやすいので、長続きしている理由だと思います。
今朝もトレーニングをしましたが、毎朝決まった時間(私の場合7時半)にオンライントレーニングを実施してきたことが、飽きずに長続きできる秘訣だと思います。

そしてその理論は明快です。

1.眼筋力をつける
スポーツをするときには、筋力強化が必要です。速読法も同様です。眼筋力には目の上下、左右、そして斜めの全部で6つの眼筋力があり、それをトレーニングしていきます。

2.脳力アップ:脳の処理スピードを上げる
読書とは、文字を認識して、理解する過程を辿りますが、その為の脳力アップのトレーニングをします。

3.視読の習慣をつける
私たちの読書習慣は、音読→黙読の習慣がついており、これが読書スピードを遅くしている原因です。従って、文字を読まないで理解するトレーニングを積んで生きます。

この3つのトレーニングを毎日続けていくだけで、読書スピードはアップしていく。極めて単

純な理論です。

私はこれまでいくつかの速読法にチャレンジしてきましたが、挫折してきました。その最大の理由はトレーニング方法にあると思います。

例えば一番最近挫折した速読法で、フォトリーディングがありますが、トレーニングとして、

マインドマップを作成して、脳力アップを図ります。

しかし、このマインドマップ作成のところで、壁にぶつかり、あえなく挫折してしまいました

尚、川村明宏先生の正統派、元祖速読法を学びたい方は、下記URLから見ることができます。

1ヶ月間の無料体験もできますので、ご自分でその凄さを試してみて下さい。

http://bit.ly/13qacQz

新日本速読研究会認定講師 菅谷信雄

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月 8日 (木)

「マーキュリー通信」no.2215【ワンポイントアップのコミュニケーション力-115「劣等感につながるプライドは要注意」】

良い意味でのプライドを持つことは良いことです。

しかし、劣等感につながるプライドは要注意です。

学歴も特になく、一時代を築いてきた人にこの傾向が時々見受けられます。又、技術者にもこの性癖があります。

「自分は高学歴の人間より偉いんだとか、大企業勤務者より偉いんだとか、彼らの前で卑屈になる必要などない」とうそぶいたりします。

しかし、これは高学歴の人や大企業の人に対する劣等感の裏返しと言えます。

相手を学歴に関係なく、又、企業の規模に関係なく、お客様ならそのような態度で接すれば良いし、取引先なら取引先として相手を尊重しながらつきあえば良いわけです。

潜在能力で有名な、ジグラーが著書「潜在能力超活性化ブック」(p61)の中で、prideを下記のように定義しています。

PRIDE=Personal Resposibility In Daily Endeavors

つまり、日々の努力の中の個人的責任。英語では責任のことをResposibilityと言いますが、「反応する力」のことです。

日々いろいろな出来事が起こりますが、それに対し、個人的に努力し、責任を持って対応しているかどうか。これが本来のプライドです。

英英辞典で調べると、
1.sense of one's personal worth or dignity, self-respect
個人の価値又は威厳の意味、自己尊敬

ただ、英語でも悪い意味でのプライドもあるのですね。

2.exaggerated or unreasonable  sense of one's worth or importance.
人の価値や重要さの過大又は不当な意味

間違ったプライドはコミュニケーション上も要注意です。その気持ちが相手に伝わり、相手との溝を創ったりすることになります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月 7日 (水)

「マーキュリー通信」no.2214【戦前、戦後を通じナンバー1の政治家「重光葵」元外相】

福富健一著「重光葵(まもる) 連合軍に最も恐れられた男」(講談社1785円)を読みました

。重光葵といえば、東京裁判でA級戦犯にされ、戦後名誉を回復し、再び外相になって程度の知識しかありませんでした。尚、重光葵氏は、旧ソ連の政治的思惑でA級戦犯に祭り上げられたそうです。

さて、重光葵の最大の功績は、大東亜共栄圏を発案し、大東亜戦争開始2年後の1943年11月に現在の国会議事堂で、アジアサミットというべき大東亜会議を開いたことです。

そこには、中華民国、満州、インド、フィリピン、タイ、ビルマの総理大臣クラスが参加しま

した。

大東亜会議の目的は、欧米列強によるアジア侵略から独立し、アジア民族が共存共栄の秩序を建設することでした。

欧米による植民地支配は全世界に及び、20世紀はその仕上げの世紀でした。植民地支配により資源の収奪と奴隷貿易でした。

欧米人は、白人至上主義の下、それ以外の人種は劣等民族と見下し、支配と隷従を進めていきました。それに逆らう国は、容赦ない殺戮の嵐が吹いていました。

そのような世界史的流れの中で、侵略されていない日本が唯一希望の光でした。日本が大国ロシアに勝利したことは、アジア民族に勇気と希望を与えました。

一方で、日露戦争の日本の勝利は欧米に警戒心を与え、中国侵略を企む欧米列強は日本がだんだん目の上のたんこぶとなってきました。

そのような歴史的流れの中で、ABCD包囲網を敷き、日本への資源供給の道を断ちました。日本は自主防衛の為に、米国との戦争をせざるを得ない状況に追い込まれました。それがハワイの真珠湾攻撃でした。

※ABCD包囲網(A:アメリカ、B:ブリティッシュ、C:China,D:Dutchオランダ)の略で、この4

国が共謀して、日本への資源供給を断ち、それが日米開戦へとつながっています。

※大東亜戦争:大東亜共栄圏を創る目的で始めた戦争なので、時の日本政府は大東亜戦争と命名しました。しかし、戦後、GHQにより大東亜戦争という名称は禁止され、米国による東京裁判史観、自虐史観を日本に押しつける為に「太平洋戦争」という名称を強制使用させました。従って、日本の歴史を正しく伝える為には、「大東亜戦争」という呼称を使用すべきです。

さて、重光葵が発案し、それを当時の首相東條英機が賛同し、大西洋憲章に対抗する形で大東亜憲章を掲げました。

大西洋憲章は、建前上は耳障りが良いのですが、前述の通り、欧米列強による植民地支配に過ぎません。

その意味で、大東亜憲章は、アジア諸民族の独立解放をうたったモノで、画期的なものです。

残念ながら日本は大東亜戦争で負けましたが、この大東亜憲章の精神は生き、大東亜戦争終了後、アジア各国の独立へとつながっていきました。

従って、大東亜戦争は決して日本の侵略戦争ではありません。その証拠にアジア各国は、今でも日本に感謝しています。

中国と南北朝鮮も、日本のお陰で、今日があるわけで、この3国から日本は感謝をされるべきであり、決してこの3国を侵略したと言われる筋合いではありません。

この3国が反日カードを使っているのは、国民の不満を日本に向かわせるためです。

重光葵は、総理大臣になるべく器でしたが、戦後吉田内閣の時にも外相を務めています。重光葵は、国防が国家発展の為に重要と考え、日米安保条約の時に、国防軍の復活を主張しましたが、吉田茂の安保ただ乗り論に押され、実現しませんでした。

この吉田ドクトリンが現在まで続き、国防上重要な問題となっています。

尚、吉田茂は、共産党を合法化したために、現在の共産党があります。共産党は、ソ連全盛時は、コミンテルンの手先として日本を解体し、共産主義国家へ変えようとする危険な政党です。現在では中国の手先として、共産主義国家樹立を企んでいます。その時は、天皇制廃止、天皇は死刑、そして自衛隊を共産党軍に衣替えし、共産主義に反対する輩は弾圧又は死刑にします。共産党は、表向きは平和主義を謳っていますが、一皮むけば極めて危険な団体です。それを見抜けなかった吉田茂の政治家としての甘さがありました。重光葵は、当然共産党の合法化に反対しました。

このように重光葵程スケールが大きく、アジア民族に対する愛の思いが強く、それを実践しようとする強烈なリーダーシップの強い政治家は見当たりません。皆妥協や私心の中で世の中を泳ぎ回っています。

尚、東條英機は、日本人から評判が悪いですが、これもGHQにより悪役に仕立てられたに過ぎません。真実の東條英機は、重光葵同様天皇陛下を敬い、日本をこよなく愛し、大東亜共栄圏を築こうとした偉大な人物と言えます。

本書を読むことで、重光葵の偉大さを十分理解できました。そして、内憂外患の課題山積の現代の厳しい難局を乗り切るには、重光葵のような強力なリーダーシップをもった政治家の出現が望まれます。

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

参院選に大勝利した安倍首相は、その圧倒的多数で強い日本を築いていくことが期待されていたのですが、第一次安倍政権のトラウマのせいでしょうか、ちょっと腰が引けているようです。

経済面では、岩盤のように熱い既得権益の打破が叫ばれていますが、自民党内の族議員の反対で、岩盤を打ち砕かんとする意欲がトーンダウンしています。

一方、中国の尖閣諸島侵略への対抗措置や、憲法改正は喫緊の課題ですが、左翼マスコミのバッシングを恐れ、改憲に反対の公明党への気兼ねからこちらもかなりトーンダウンしているようです。

このような状況では、一度経済的、政治的の大問題の発生や、大地震、富士山大爆発のような天変地異が起きたら、安倍内閣はひとたまりもなく一発で吹っ飛んでしまうもろさを含んでいるような気がするのは私だけでしょうか。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月 5日 (月)

「マーキュリー通信」no.2212【「誰でもできる超簡単健康法」-116「夏ばて解消の秘訣」】

夏ばての大きな原因として、エアコンの使いすぎが上げられます。

エアコンを睡眠中に夜通し掛けて、体調を崩したり、夏風邪を引いたりする人も結構います。

エアコンの効いた室内は快適です。しかし、この快「適」さが、しばし快「敵」になることも

あります。

私は夜寝るときは、扇風機を1~2時間のタイマー付で掛けて寝ます。熟睡したときは、タイマーが切れるようにしています。

こうすると朝起きたときもエアコン病にかかることもありません。

一方、エアコンの室内の温度は27~28度に設定しています。室内外の温度差が5度以上あると、健康に良くないと聞きます。

これも慣れの問題です。27~28度では熱く不快に感じるときは、26度程度に設定し、涼しく感じ始めたら、室温を上げていきます。

さて、外出時は、4点セットが効果を発揮します。

首にはぱっとクールという商品を巻きます。外出前にぱっとクールを水道水でぬらして振ります。すると冷やっとしてきて、これを首に巻きます。

そして、サングラス、帽子の着用です。サングラスと帽子を格好を気にして嫌う男性も多いのですが、これだけでも夏ばて防止効果があります。

以前はクールビズを3点セットに入れていたのですが、最近はクールビズの人がほとんどですので、敢えて入れていません。

最後の4点目はおしぼりです。冷凍庫で凍らせて、外出時に取り出します。外出先で汗をかいたときに、このおしぼりを使うと、爽快です。使う頃には解凍していて、このひんやり感で暑さが吹き飛びます。

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

クールビズが普及して夏はノーネクタイが一般的になってきたので、最近は襟にボタンのついているワイシャツを買っておしゃれを楽しんでいます。ネクタイ着用時には、面倒なので、嫌っていたのですが、ノータイには良いですね(*^^*)

今年は例年より2週間早い梅雨明け、猛暑到来でした。そこで、私の書斎に壁用エアコンを取り付けました。

これまではやすらぎウィンドという冷暖両用のエアコンを使用していたのですが、猛暑用に購入しました。

しかし、その後は冷夏が続き、今のところはお役御免といったところです。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月 4日 (日)

「マーキュリー通信」no.2213【Bob Sugayaのワンポイントアップの英語術-24「英英辞典、和英辞典の立体的活用で語彙力を増やす」】

今朝、録画したNHKの英会話番組「リトル・チャロの冒険物語」を視聴していて、1つだけ分からない単語"ヒプノウティズム"が出てきました。

ストーリー展開から"ヒプノウティズム"は多分催眠術だろうと思い、英英辞典で調べようとしたのですが、見つかりませんでした。

仕方ないので、和英辞典で「催眠術」を調べると、やはり"ヒプノウティズム"は「催眠術」で

した。スペルは"ヒプノウティズム→hypnotism"でした。

和英辞典には、"hypnosis"は催眠としか書いてありません。

そこで、この"hypnotism"を英英辞典で調べると、下記のように出てきました。まずは名刺

の"hypnosis"です。
induced state resembling deep sleep, characterized by extreme suggestibility and loss

of will power.

この中で、"extreme suggestibility"という表現「極端な誘導」がまさに催眠にぴったしの表

現と分かります。

もう1つは"loss of will power"「意思の力を喪失」ですが、こういう表現は普段使い慣れていないので頂きです。

更に、"hypnosis"は、modern Latinで、ギリシャ語のhypnos sleep + osisから由来しているそうです。

又、催眠術を掛けるは、hypnotizeです。

和英、英英辞典の活用により、語彙力を増強することができます。

尚、私はノートに書き留めて覚えています。

更に、メルマガを書くことで、記憶に留めることができます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「マーキュリー通信」no.2211【幸福になれない症候群-2「取り越し苦労をする人」】

世の中にはまだ起きていない不確かな事を不安に思っている人が結構います。

大地震が来るとか、原発事故が再び起こるとか、ハイパーインフレが起こるとか、まだ起こるかどうか分からないことに対し、不安を持つ人がいます。これを取り越し苦労といいます。

「取り越し苦労」の人の心は不幸感覚です。

世の中の出来事で自分にはコントロールできるものとそうでないものがあります。

コントロールできるものは自分で対応策を打っていけば良いのです。例えば消費税が来年の4月から上がることが予想されています。

その場合には、高額の商品は今のうちに買うべきかどうかを検討しておきます。まだ十分使える電機製品ならそのまま使えば良いし、そろそろ買い換えようと思えば、今のうちに買っておけば良いのです。

一方で、コントロールできない事象に対しては、それなりの対策をしておけば良いのです。

大地震なら、家具の転倒対策や食料、水の備蓄等です。

ハイパーインフレ対策ならローンを組んでマイホーム購入です。ハイパーインフレが起これば借金の負担がぐんと減ります。

マイホームをもっている人で、預貯金をもっている人なら、外貨建て預金とかを検討して、資産のリスク分散を図れば良いです。

そして何ももっていない人は、「失うモノがないので気楽だ」と思えば良いのです。人生は有限、いずれはあの世に召されていくわけです。あの世には財産は持って行くことはできないと考えれば気楽です。

最後に、「もし天変地異が来て死んだらどうなのか?」と不安に思っている人へ。

あの世は100%あります。だから天変地異で不幸にして早めに死ぬ場合は、この世を卒業して、あの世に早く還るのだと思えば気が楽です。

あの世は、食事、睡眠は不要で、仕事がなくても快適に暮らせるところです。但し、悪いことをした人は、地獄に堕ちて反省を強いられます。地獄でも食事、睡眠は不要ですが、快適さとはほど遠い暮らしとなります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月 1日 (木)

「マーキュリー通信」no.2210【年金程度で暮らせる心身共に元気な高齢者向けシェアハウス-2「自立型の生涯現役社会を目指す」】

私が代表世話人を務める「近未来ビジネス研究会」で、「年金程度で暮らせる心身共に元気な高齢者向けシェアハウス 「ユートピア館」」のプレゼンを行いました。

メンバーの皆さんから様々なアイデアやアドバイスを頂き、大変感謝しております。

1.入居後、認知症や寝たきりになった場合の対応策は?

「ユートピア館」では、第3期の構想として自立型シェアハウス「ユートピア館」の補完機能と

して、サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)を計画しています。

サ高住とは、軽度の要介護度を必要とする高齢者用の老人ホームで、国交省の補助対象となり、税制上も優遇されます。

サ高住は、今後の有望産業として注目されていますが、私自身の考え方は儲かるからやるという発想はありません。

私のミッションは「自立型の生涯現役社会を目指す」です。自立型高齢者が増加し、寝たきり認知症高齢者が減ることになります。
その結果、社会保障費の削減につながります。

年金を始め医療費、介護費用等社会保障費の最大の支出源となっている高齢者は、自らが自立することでこれらの社会保障費の削減につながることを認識することが重要です。

サ高住型「ユートピア館」は2020年以降に完全自立型「ユートピア館」の補完機能として手がけていく計画ですが、もし、サ高住実施時期に間に合わない場合、デイサービスとの提携等を考えています。
又、今後、介護施設等の提携も考えていきます。

2.シェアハウスに管理人をシングルマザー等の管理者を入れたらどうか。
これはグッドアイデアですね。

「ユートピア館」の高齢者が子供の世話を見る。その間、シングルマザーは、働きに出かけ、保育料の節約もできます。
「ユートピア館」のコンセプトは、自立型高齢者ですが、シングルマザーの自立にもお役に立てれば嬉しいです。

3.「ユートピア館」は、女性だけにしたらいかが?
私の構想は、男女同居がお互いに意識し合って、ぼけ防止につながると思っています。これは今後リサーチして、女性専用の方がベターならそうしていきます。

決して男女同居にこだわるわけではありません。あくまでも入居者のニーズが最優先です。

4.入居者ターゲット
中の中程度の所得層がターゲット。現在の自立型老人ホームは、入居時の一時金が1000万円、毎月の費用は食事費込みで20万円程度が相場となっている。

国民年金加入者の年金は月額7万円弱であり、既存の老人ホームは入居困難。

「ユートピア館」でも、月額費用は家賃、食費込みで10万円程度なので、国民年金加入者には厳しい条件となっている。

1部屋4.5畳を2段ベッドにして、家賃を2万円程度に引き下げることで経済的には対応可能となる。

更には、自立支援策として、NPO生涯現役推進協会では、仕事の斡旋をして収入増加の道を考えている。

高齢者は、富裕層からホームレスに至るまで多種多様であり、いきなり全高齢者をターゲットにするのではなく、リサーチをしっかりとやり、「ユートピア館」の条件に合う高齢者を探していく。

その際、若い人との同居も考えられます。若い人もいずれは高齢者の仲間入りすることになり、高齢者となったときに、孤独感を味わうことになります。

自立型人生を若いときから確立しておくことも重要と考えます。

要は、日本国民自身が政府依存の発想から、自立型人生を歩む発想に切り替えることが、社会保障費の削減の最重要事項と考えます。

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

この度、NPO生涯現役推進協会を設立し、理事長となりました。ミッションは、組織名の通

り、生涯現役社会を目指すことで、税と社会保障費の軽減を図ることです。

尚、NPOは法人化しなければ、自分が創りたいと思ったときに、いつでも可能です。役所への登記も不要で、気軽にできます。

但し、あくまでも責任者の信頼だけが存在意義となります。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »