« 「マーキュリー通信」no.2241【幸福になれない症候群-5「思い込みが強い人」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.2243【1点の重みを重視しない者は、一気に坂道を転がり落ちるリスクを知れ!】 »

2013年9月21日 (土)

「マーキュリー通信」no.2242【"人生に勝利する方程式-91「成功者はゴーサインの決断が早い」

長い人生を生きていく中で、多くの決断が必要となります。

人生とは決断→選択の連続であり、この決断→選択の連続が各個人の現在の自分を作り上げています。

この決断が早い人ほど成功者となる確率が高いと言えます。

ナポレオン・ヒルは、25歳の時に鉄鋼王アンドリュ・カーネギーと出会います。アンドリュ・

カーネギーは、ナポレオン・ヒルを試します。「私は、君が向こう20年間に亘って成功哲学

を研究し、その答えを出すことを期待しているが、君はそれに挑戦する気があるかね?」。

ナポレオン・ヒルは、その回答するまでに29秒を要しました。言い換えるなら、人生の決断をするのに僅か29秒しかかかりませんでした。

アンドリュ・カーネギーは、ナポレオン・ヒルがもし決断を下すまでに1分以上かかるならこの話はなかったことにするつもりでいました。

ナポレオン・ヒルは、その後20年間に亘り、自動車王フォード、石油王ロックフェラー、エジ

ソン等500名の成功者を紹介されました。

晩年のアンドリュ・カーネギーは、自らの成功哲学をナポレオン・ヒルを通じて、伝えて欲し

かったのです。そして、ナポレオン・ヒルは、見事その期待に応えました。

それでは決断するポイントとは何でしょうか。

それはやはり相手の実力を見抜く眼力と思います。

「類は友を呼ぶ」と言いますが、成功者の所には良い商材、案件が訪れます。

仮にその商材、案件で成功しなくても、なぜ成功しなかったのかを反省することで次の飛躍につながります。

成功者は、このようにして数多くの成功や失敗を通じ、いろいろな出来事に対する決断が早くなっていきます。

そして、決断の早い人の所には、益々いろいろな話が持ち込まれるようになります。

|

« 「マーキュリー通信」no.2241【幸福になれない症候群-5「思い込みが強い人」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.2243【1点の重みを重視しない者は、一気に坂道を転がり落ちるリスクを知れ!】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181862/58236919

この記事へのトラックバック一覧です: 「マーキュリー通信」no.2242【"人生に勝利する方程式-91「成功者はゴーサインの決断が早い」:

« 「マーキュリー通信」no.2241【幸福になれない症候群-5「思い込みが強い人」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.2243【1点の重みを重視しない者は、一気に坂道を転がり落ちるリスクを知れ!】 »