« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年10月

2013年10月31日 (木)

「マーキュリー通信」no.2269【ワンポイントアップの人間力-38「1日15分、感謝の時間を作る」】

人間は一人で生きることはできません。

若いときに成功すると、それは全て自分の力と思いがちですが、実はそうではありません。自分の成功の陰には、多数の人の協力、支援等が働いています。

日本語に「お陰様で」という言葉がありますが、この漠然とした言葉はそのことを指していると思います。

私は自分に対する「戒」として、「感謝行」と筆で書き、壁に貼っています。それを見て、感

謝行を毎日実践しています。

この感謝行は、入浴時間に今日1日を振り返り、今日会った一人一人思い浮かべながら、感謝の気持ちを捧げます。

結婚している人なら配偶者に対してまず浮かんでくると思います。

男性なら、妻に対し、「本日1日無事終えることができるのも、妻の裏方としての支えがあっ

たから」と感謝できます。

女性なら、夫に対し、本日1日無事暮らせることができるのも、夫の収入のお陰です」と感謝できます。

独身者なら、職場、友人等に感謝できると思います。

仕事面でも、いろいろな人の協力のお陰でうまくいっているわけで、周りの人に感謝の思いを持つことで、人間関係も好転していきます。

それでも思いつかない人は、3.11を思い出してください。

今日1日無事に終えることができるのも、神仏のお陰と感謝できます。

人は、感謝するとき謙虚になります。

感謝と謙虚さは、神仏から人間だけに与えられた特権です。

感謝と謙虚さを持ち合わせた野生動物がいたら生きていけませんよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月29日 (火)

「マーキュリー通信」no.2268【経験から学ぶマンション管理の重要性-25「宅配ボックスにものすごいニーズがあった!」】

先週土曜日から宅配ボックスを私の住むライオンズシティ池袋でも導入しました。ライオンズシティ池袋は60世帯の小さなマンションですが、設置後3日で4個収納可能の宅配ボックスが既にフル活用状態です。

宅配ボックスの大人気の理由は、宅配業者側にあったようです。ライオンズシティ池袋でも在宅率が低く、それが宅配業者の悩みのようです。

今回設置した宅配ボックスは、ポピュラーなタイプなので、宅配業者側から見ると、非常に使い勝手が良いようです。

日頃宅配ボックスを使い慣れている宅配業者がまず留守宅に使うので、それが活発な活用につながっています。

これが逆で、住民からの使用となると、これほどまでに普及が早くなかったと思います。

住民からの評判も良く、理事長の私としては、住民の喜ぶ声に接すると、自分まで嬉しくなってきます。

尚、4個収納可能の宅配ボックス代金は108,800円です。

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

当初フルタイムの宅配ボックス(3個収納、ダイヤル式109,800円)を購入する予定でした。

しかし、電話での注文受付は不可、更に現金全額前払いを要求してきたので、発注を止めました。

インターネットで別の宅配ボックス業者を探し、京都のムラカミビジネスの宅配ボックス(4

個収納、テンキー式109,800円)が見つかりました。

テンキー式の場合、電池が消耗すると交換の手間がかかるので、当初それを嫌ったのですが、他に選択肢がないので、仕方なくテンキー式にしました。

しかし、実際に設置してみると、テンキー式の方が便利なことが分かりました。

尚、ムラカミビジネスも全額前金を要求してきましたが、社長と交渉し、前金3分の1でOKをとりました。

フルタイム社が殿様商売をやっていなければ、そのままフルタイム社に注文したのですが、結果的には、4個収納の宅配ボックスを購入できて結果オーライでした。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月28日 (月)

「マーキュリー通信」no.2267【未来ビジョン・目指せ!新しい国づくり!-46「脳業革命で日本を造りかえる」】

先週末に、私が主催する中小・ベンチャー企業の異業種交流会「近未来ビジネス研究会」の特別版として、会津若松市にある会津昭和30年代村をメンバーと一緒に訪問しました。

http://aizu30.com/

会津昭和30年代村は、ツカサのウィークリーマンションで一世を風靡した川又三智彦社長の夢のプロジェクトです。

川又三智彦社長のところに、40年以上前に開発された会津若松市の別荘地12万坪の再開発の依頼が4年前にやってきました。7万坪もある陣馬湖に面する風光明媚な景勝地です。

しかし、責任の所在が不明確な第3セクターによる開発だったため、権利関係が複雑で、長年放置され、ゴーストタウン化していました。

川又さんは、ここにご自分の長年の夢である昭和30年代村計画を進める決意をしました。

川又さんは、現地に毎週のように出かけ、4年間で約200回も訪ね、複雑な権利関係を1つずつ解きほぐし、漸く開発の目処が立ったそうです。

会津昭和30年代村は、映画「ALWAYS 三丁目の夕日」を現実化した世界です。そこには、我々団塊の世代が子供の頃楽しんだ銭湯、駄菓子屋、八百屋、魚屋、肉屋、酒屋等の個人商店が並びます。たばこ屋ではおばあさんがたばこを売っています。

会津昭和30年代村には、子供からお年寄りまで住み、暖かいぬくもりが感じられる様々な演出をしています。

ここでは、高齢者も重要な役割を演じます。茅葺きの屋根の一軒家の縁側では、おばあさんがお客様にお茶を出しています。お茶菓子も出しています。1杯100円のサービスです。

農業も自給自足です。

会津昭和30年代村では、食べ物と住まいは提供されるので、それほど生活費はかかりません。働く場も多数用意されています。

会津昭和30年代村のシンボルは、旧出雲大社の復元です。高さ48メートルの出雲大社を丘の上に建てます。そこからは会津磐梯山と猪苗代湖、そして陣馬湖の3箇所を同時に楽しめる絶好のビューポイントとなります。これを観光の目玉にしようと計画しています。

川又三智彦社長は、第1次開発資金として、私募債を募っています。1口100万円、49口です。

この夢のプロジェクトに参加をご希望の方は、菅谷信雄までご連絡下さい。

川又さんは、現在66歳ですが、今でも飾らず少年のような夢を持った人です。そんな川又さんに私も惚れ込んで、協力しています。儲けることより、まず先にミッションです。

何でも儲けることが最優先される現代の風潮の中、この会津昭和30年代村プロジェクトが是非成功してほしいものです。

会津昭和30年代村を訪ね、このプロジェクトをひと言で言うなら「脳業革命」です。

そこには3つのHが盛り込まれています。HealthとHeart(心の通い合い)を通じてのHappinessです。

ここでは、認知症老人でも役割が与えられるので、認知症も回復が期待されます。人間は、周囲から必要とされず、何もやることがなくなるとぼけていきます。

その意味で現代の老人ホームは、私は無脳薬栽培と思っています。つまり、脳を使わず、薬に頼り、全て老人ホームの仕組みの中で純粋培養され、死期を迎える。

無脳薬栽培の最大の弊害は、認知症老人を大量に生産する仕組みということです。

一方、農地活用に関しては、自民党も民主党も500万票に及ぶ兼業農家の票田ほしさに、補助金をばらまいています。これが農地改革の促進を阻んでいます。

消費増税の前に、利権に絡んだ補助金漬け行政を止めることが、明るい日本の未来を築いていく最重要政策の1つと思います。

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

私が主催する異業種交流会は、全て少人数制で、参加者のコミュニケーションを重視しています。

今回の企画では、会津昭和30年代村以外にも、会津若松の大内宿、鶴ヶ城、白虎隊で有名な飯森山、猪苗代湖、野口英世生誕館等マイクロバスで訪ねました。

8名の少人数でしたが、逆にお互いにメンバー同士コミュニケーションが密にとれ、親睦が更Dsc02811


に深まった感じです。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月25日 (金)

「マーキュリー通信」no.2266【速読法があなたの人生を変える!-6「音読の限界」】

速読法のトレーニングをした後に、読書スピードを測定しますが、毎回同じ文章を読んで測定します。

よくある質問に、「同じ文章を毎回読んでいたら、読書スピードは自然と上がるのではないですか?」があります。

確かに一定の読書スピードまでは読書スピードは上昇します。しかし、従来の読み方である音読に頼っていると分速2500文字が限界となります。

速読法のコツは、従来の音読から視読という未知の世界へと読書習慣を切り替えることにあります。視読習慣をつけることで、読書スピードは飛躍的に上がっていきます。

ホームページhttp://www.unou-jp.com/index.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月24日 (木)

「マーキュリー通信」no.2265【ワンポイントアップの人間力-37「素直さを測るチェックポイント」】

人間力アップに不可欠なものとして素直さが上げられます。

下記項目に関し、何問素直にイエスと応えられますか。

1.あの世は存在する
2.人間は何度も生まれ変わっている(転生輪廻の法則)
3.神は存在する
4.人間の祖先は猿でなく、神が創った
5.UFOは存在する
6.地球以外の生命体宇宙人は存在する

宇宙飛行士の大半は神の存在を感じるそうです。

太陽の周りを公転する地球。そして、地球自らも自転する。更に地球の周りを月が回っている。
太陽の周りには、更に8つの惑星が公転しています。

これらは衝突もせず、規則正しく回っています。

人間は、夜間は地球の裏側に宙づりになっていますが、何ら苦痛も感ぜず、安らかに眠っています。そして地球から落ちることはありません。

ニュートンの万有引力を始め、多くの科学者がそれらの事実を発見しましたが、その法則を創っている根源はなんであるかまで突き止めた科学者はいません。

これらの法則は、全て神が創ったものであるということから出発すると、科学の進歩発展はもっと異なったものとなるでしょう。

そうなんですね。人間は素直さを取り戻したときに、進歩発展していきます。科学万能という人間の奢り、傲慢さを捨てると、人間の祖先は猿なのだという愚かな仮説を一気に吹き飛びます。

人間は、その魂の向上のために、人類の進歩発展のために、神が創り、この世とあの世を何度も何度も行ったり来たりしている存在している存在であることを知ったとき、この世での生き方も変わってきます。魂の向上は人間力アップにつながります。

この転生輪廻の法則は、人間だけに適用されるわけでなく、太陽のような恒星、惑星、衛星にも適用されます。これらの星も生きているのだと知ったときに、人間は地球に対し、感謝の念が湧き、謙虚となります。地球環境の破壊は愚かなことだと気づかされ、地球との共生を目指していきます。

当然生物は地球以外にも存在し、転生輪廻は地球以外の星との転生輪廻も頻繁に行われています。

地球人類自身、他の星からUFOに乗って飛来してきたことが分かります。

科学者もこういう真実、探求をすることで、科学は飛躍的に発達していきます。

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

初めての出会いなのに親近感を感じる場合は、過去世で深い縁があったことが多いです。国際結婚などは、その典型例でしょうね。

もちろん自分の家族は、過去世で深い縁があったことが多いと言えます。

私の考え方の中に、西洋的な考え方と長幼の序を重んじる考え方が同居しています。多分、西洋や中国に生まれていたかもしれません。

以前、過去世占いをしてもらいました。私の過去世は、山内一豊の重臣とのことです。私は戦国武将に生まれていたと思っているので、その占いには納得です。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月23日 (水)

「マーキュリー通信」no.2270【Bob Sugayaのワンポイントアップの英語術-27「相手のカルチャーを理解することも英語上達の秘訣」】

30年前にカナダに駐在しました。駐在当時、日本とカナダの文化の違いにカルチャーショックを受けました。

まず最初のカルチャーショックは、日曜日にデパートやショッピングセンター等が閉店で買い物ができないことでした。

カナダ人は、日曜日は協会に行く日であり、聖なる日なのです。宗教心が根付いており、女性は、子育てが終わると、社会への恩返しとしてボランティア活動を始めます。

当時エコノミックアニマルの先兵として効率性を重視し、日曜日に商店街が閉鎖するのは実にもったいないと思っていた私にはカルチャーショックでした。
日曜日に商店街が閉店することは、慣れれば何とも感じなくなります。

又、カナダ人は公私のけじめが明確で、現代風にいえばワークライフバランスが取れていました。

基本的には残業はしません。週の内、2日以上残業すると、家庭不和の元となり、離婚にすら発展します。

当時、毎日深夜まで仕事をしていた私にとってはまさに驚きでした。

英語とは、単に話せれば良いのではなく、相手のカルチャーや性格を理解するところからコミュニケーションがスタートする事をその時学びました。そして、そのことが英語上達の基本であることも分かりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月22日 (火)

「マーキュリー通信」no.2263【未来ビジョン・目指せ!新しい国づくり!-45「新しい未来ビジョン「かきくけこ」で新しい日本を創っていこう!」】

アベノミクスで日本は新たな成長軌道に乗ろうとしています。

しかし、日本の政治経済社会体制の実態を見ると「かきくけこ」という閉塞感を感じます。

か:官僚支配
き:規制大国
く:クローズドの社会
け:権力、利「権」構造
こ:高齢者社会(ただ生きながらえている高齢者が多い)

今後日本が目指していく方向は、新しい「かきくけこ」です。

か:環境(間違った環境政策で企業収益の足を引っ張らない)
き:教育(自虐史観の歴史教育を打破し、祖先に誇りを持てる教育に切り替える)
く:国の精神的支柱を明確にする
け:経済(正しい経済政策)
こ:国防(自立国家日本の為に、国防が最重要と考える)

上記を一部補足説明します。

◆環境:これまで環境ホルモン、ダイオキシン、地球温暖化等間違った環境対策で企業収益の

足を引っ張ってきた。
2015年には寒冷化に移行するという説も現れてきたので、バイアスのかからないリサーチを実

行の上、正しい環境対策を立てる。地球温暖化より地球寒冷化の方が、政治経済社会に与える

影響はずっと大きいことを認識すべきです。

◆国の精神的支柱を明確にする
日本は万世一系の天皇の下、2600年間神道+仏教の融合で世界で例のないすばらしい国家を築

き上げてきました。今、その原点に立ち返り、宗教を国の精神的支柱として国事を行っていく

ことの重要性を再認識する時です。

◆経済(正しい経済政策)
消費増税は、せっかく上向いてきた経済に水をかける行為です。消費増税に賛成している人は

、消費増税にほとんど影響を受けない一部の利害関係者だけと理解すべきです。大半の国民は

、消費増税になれば、財布のひもが固くなり、ものを買わなくなります。

◆国防(自立国家日本の為に、国防が最重要と考える)
米国が押しつけた平和ぼけ憲法のお陰ですっかり平和ぼけしてしまいました。
今は戦前と真逆の現象です。つまり、平和ぼけ国家として、既に日本は戦禍の中にあり、戦争

に突き進んでいることを認識すべきです。

中国には、チベット、内モンゴル、ウィグルという中国に侵略された国家があります。日本は

中国の侵略過程の初期から中期の段階にあると認識すべきです。

日本国中にはりめぐらされたスパイ網、反日の日本人がいかに多いことか。反日とは、日本の

国益を損ない、日本の国家安全を脆弱にしていくことです。沖縄の普天間基地闘争を見れば一

目瞭然です。

中国からはサイバー攻撃が日本の政府、企業に絶えず仕掛けられ、中国・北朝鮮の核ミサイル

は日本の主要都市に向け配備されています。

こういう危険な状態でも、いまだ世界一危険な平和ぼけ憲法を改定しようという動きさえタブ

ー視されています。

新しい「かきくけこ」が日本を造り替えていく切り札と思っています。

<参考文献>
「最終目標は天皇の処刑」ペマギャルポ著 あ・うん 1155円
「中国が隠し続けるチベットの真実」ペマギャルポ著 あ・うん1155円
「誰も書かない中国進出企業の非情な現実」青木直人著 祥伝社 819円

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月21日 (月)

「マーキュリー通信」no.2262【年金程度で暮らせる心身共に元気な高齢者向けシェアハウス-6「義母のグループホームを訪ねて思う」】

昨日は義母が暮らす「グループホーム馬堀海岸」を訪ねました。

グループホームを訪ね、現代の日本の超高齢者社会の縮図を感じました。

「グループホーム馬堀海岸」は、女性の個人オーナーが経営する定員27名のグループホームです。湘南海岸を眼下に見下ろし、眺望のすばらしい良く管理されているグループホームの印象をうけました。

現在寝たきり認知症老人が200万人を超える超高齢者社会の受け皿として「グループホーム馬堀海岸」は良く機能しており、ここに住む高齢者はある意味で幸福と思います。日本は良い国と思います。

当日は、ライブのコンサートがあり、入居者全員が参加しました。多くの高齢者には家族が訪ね、コンサートを一緒に観賞しました。

しかし、家族の訪問がなく、一人で参加する高齢者も結構いました。車椅子の高齢者で、無表情でコンサートを見ている高齢者もいました。

グループホームでは、食事や入浴の時間以外は自由時間です。大半の高齢者は、やることがなく暇をもてあましています。炊事洗濯を始め入浴まで全てお任せです。

人間は、やることがなく暇、そして世間から必要とされなくなるとどんどんぼけていきます。

要介護度も上がっていきます。

私が何度も問題提起をしていますが、現代の社会保障制度は、要介護度老人をどんどん上げていく仕組みとなっています。その結果、社会保障費は年々膨張していっています。

20年前の高齢者は、概ね70代半ばで亡くなっていました。従って、介護問題はそれほど大きな社会問題ではありませんでした。

しかし、その後10年は平均寿命が伸び、人生100年時代に向け、高齢者の寿命はどんどん伸びていっています。

但し、最後の10年は寝たきり認知症老人が増加しています。

そこで私は生涯現役社会を提唱し、その実現に向け「年金程度で暮らせる心身共に元気な高齢者向けシェアハウス」「ユートピア館」の建設に向け、企画を進めています。

自立型高齢者社会の実現こそ、社会保障費の削減になるのだとグループホーム訪問を通じ、再認識しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月19日 (土)

「マーキュリー通信」no.2261 【奇人変人の異見-215「オバマケアが日本の自立国家の引き金となる」】

米国では、民主、共和党両党の合意により、デフォルトを回避できました。そして、オバマケアのの中核である国民皆保険制度がほぼ原案通り承認されました。

オバマ大統領は、国民皆保険制度のデメリットに目が行っていないようです。国民皆保険制度実施により、米国の財政状態は更に悪化していきます。

財政悪化を食い止めるために、軍事費の削減に手をつけざるを得ません。

米国の国力低下に伴い、世界の警察官の座を降りざるを得なくなっていきます。

日本にとり、これまで安保条約により米国に国防を任せてきましたが、今後は米国依存から脱せざるを得なくなっていきます。

中国や北朝鮮の軍事脅威からどのように日本を守っていくのかです。

日本の国防の基本は専守防衛です。

専守防衛とは、例えば北朝鮮から日本列島にミサイルを撃ち落とされ、多数の国民が死に、日本の建物、工場等に多大な被害を得てから、国会の決議を経て、戦争開始が可能となります。

憲法改正の前に、こういうお寒い国防体制を変えるべきです。

又、中国の仮想敵国は日本であり、核ミサイルは、日本の主要都市に向け、配備されています。中国から、「核ミサイルを撃つぞ」と脅かされれば手も足も出なくなります。

中国の核ミサイルの脅威から日本を守るために、まず非核三原則を撤廃し、核武装を検討すべきです。核攻撃から日本を守る最大の防御は核武装です。

日本は唯一の被爆国です。従って、核武装を主張できる唯一権利のある国です。

一人っ子政策の影響で、中国には適齢期の独身男性が7000万人もいるそうです。その内2000万人を捨て駒として活用することも検討しているそうです。

捨て駒とは、戦前の日本のゼロ戦と同じで、特攻隊員のことです。中国としては余剰男性の廃棄処分案として本気で考える中国人幹部もいます。

中国の軍事脅威から日本を守るためにも、普天間基地の辺野古移転を国家権力で早急に実施すべきです。

中国をいたずらに挑発する必要はありませんが、弱腰外交は相手を増長させるだけです。中国には謙譲の美徳や話し合いは通じません。中国や朝鮮は、相手を倒すために、事実を平気でねつ造する国家であることを認識する必要があります。

その為に、東南アジア外交の強化、ロシア、インド、オーストラリアとの連携強化を図りながら、経済的包囲網を敷きながら中国の軍事脅威を軽減していくことが重要な国防政策となってきます。

日本の政治家、企業トップは、中国に駐在する日本人は、中国側からみると人質であり、捕虜となるリスクがあることを常に念頭に置く必要があります。

国防の観点からも、今後中国との経済的比重も徐々に落としていくべきと考えます。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年10月17日 (木)

「マーキュリー通信」no.2260【未来ビジョン・目指せ!新しい国づくり!-44「本来反日国家などない!日本はもっと自信を持って世界に羽ばたこう!」】

今年は日本とベトナム国交樹立40周年の年です。それを記念して、TBSで「The Partner~愛

しき友へ~」が9月29日放映されました。

この映画は、100年前にベトナム独立運動の礎を築いたファン・ボイ・チャウと日本の開業

医浅羽佐喜太郎の感動的な人間ドラマです。東山紀之が浅羽佐喜太郎と現代のビジネスマンの

2役を見事こなしていました。

さて、ベトナムは親日国家ですが、東南アジアの他の諸国も皆親日国家です。更にはインドも

親日国家です。

なぜなら戦前日本は、大東亜共栄圏を築こうと当時の重光葵外相が提唱し、それを東條英機首

相が実行していったからです。

当時のアジアは、欧米列強が植民地主義の下に、植民地の資源を本国の産業発展のために持ち

帰り、更には奴隷貿易で人身売買をしており、列強の力の前には無力感が漂っていました。

そんな中、極東の小国日本が、日清戦争で大国清国を破り、更には大国ロシアを破り、アジア

諸国に多大なる勇気を与えました。

日本も欧米に侵略されそうになりましたが、明治維新では殖産興業と富国強兵のスローガンの

下に、経済発展と国防の両輪をフル回転させ、一気に先進国の仲間入りをしました。

日本も欧米の植民地政策の流れに乗りましたが、欧米列強との最大の違いは、植民地に港湾、

鉄道等の産業基盤を作り、工業を発展させ、教育振興も行ったことです。

これには当然中国、朝鮮も入っています。

中国、朝鮮の近代化は日本の中国大陸進出なくしてはありえません。

尚、朝鮮は、南北に分裂後に、北朝鮮は1000年以上続いた李氏朝鮮時代の圧政に戻ってしまっ

たため、国民は悲惨な状況に逆戻りしてしまいました。

又、日清戦争で日本が勝利したために、朝鮮は中国の属国から独立できました。その意味で、

現在の独立国家韓国が存在するのは日本の存在なしにはあり得ません。

現在、反日国家はこの3国ですが、中国には中華思想があり、中国以外の国は朝貢国であり、全

てを自分の都合の良いように解釈し、嘘とねつ造の歴史を繰り返してきました。これをまねて

きたのが朝鮮です。

だからこの3国は、戦前戦後を通じ、日本が多大な援助と貢献をしてきたにも関わらず、嘘とね

つ造で塗り固め、恩を仇で返す政策を採り続けてきました。

帝国日本の軍隊は、武士道を基にした皇軍です。従って、相手の軍隊とは武士道精神に則って

戦い、住民には優しく接してきました。

従って、南京大虐殺事件や従軍慰安婦事件等あり得るはずがありません。

南京大虐殺事件は、終戦直後に米国GHQが真相箱という反日キャンペーンをNHKやマスコミを通

じ行った際に、中国の日本人大虐殺事件である通州事件を基にねつ造したものです。中国人な

ら南京大虐殺事件を起こしても何ら不思議ありません。

これを朝日新聞の本多勝一郎記者がが現地の裏付けもとらずに南京大虐殺事件として取り上げ

為に、中国に逆利用されました。南京大虐殺事件が取り上げられたのは1970年代頃です。それ

までは毛沢東や蒋介石すら南京大虐殺事件の存在を知りませんでした。

尚、南京大虐殺事件当日及びその後の日本軍と中国人の写真が多数入手されていますが、当時

の南京市は整然とした状態で、街には死体は見当たりません。又、日本軍と中国人との親しげ

な光景を撮った写真が多数身うけられます。中国庶民は、日本人兵士を尊敬し、慕っているこ

とがよく分かります。

一方の、従軍慰安婦事件は、戦後作られた造語です。こちらも韓国政府によるねつ造です。従

軍慰安婦と称している女性も全て金で雇われています。

韓国は世界でも有名な売春大国です。当時の売春婦は、軍人の1年分の給料を月給でもらって

いたくらい高給取りでした。http://www.youtube.com/watch?v=HxcFV7g9oQc

さて、「新しい国づくり」をしていくためには、日本人は我々の先祖のことをもっとよく知り

、よく知れば誇りに思えてきます。

一方、反日国家中国に対しては、卑屈にならず毅然たる態度で接していけば良いと思います。
他国を嘘で塗り固め、攻撃する国が国際社会で長く生き残ることはありません。既に国際社会

からひんしゅくを買い始めています。

中国はバブルが崩壊し、内部分裂の兆しが見え始めています。世界の工場としての魅力は薄れ

、巨大市場としては反日デモ等のリスクを抱えています。

今年は反日デモは起きませんでしたが、いつ起こるとも限りません。
従って、中国の比重を徐々に減らし、ASEAN諸国、インド、ロシア等へシフトしていけば良いの

です。

韓国も円安で競争力を落としています。朴大統領が従軍慰安婦事件で嘘をつき続け、竹島支配

を強化するなら、経済断絶をしても良いくらいの覚悟で臨めば、あちらは干上がってきます。

安倍首相は、中国が内政重視をせざるを得ない今こそ靖国参拝や、自虐史観で嘘の記述を強い

られている教科書の書き換えを断行すべきと考えます。

中韓に気兼ねをする必要はありません。中韓の教科書では、日本に関する記述はほとんど嘘の

記述、反日オンパレードです。テレビ番組嘘で塗り固めたものが大半です。

中国、韓国人は、日本に来てみると、反日教育が嘘であることを理解できます。そして、政府

への不信につながっていきます。

だから観光大国を推し進め、中韓からも更に多数の観光客に来てもらえれば、それが両国との

関係改善になると思います。

今回は下記文献を参考にさせて頂きました。いずれもすばらしい読み応えのある書籍です。

日本を目指したベトナムの英雄と皇子 白石昌也 彩流社 1890
中国はもう終わっている 石平、黃文雄 徳間書店
戦わずして中国に勝つ法 矢板明夫 産経新聞 1365
日本の危機、中国の危うさ ペマギャルポ あ・うん 1155
近代中国は日本がつくった 黃文雄 光文社 1470
韓国は日本人がつくった 黃文雄 徳間書店 1680
日韓併合 チェ・ケイホ 祥伝社 1680
一目で分かる日中戦争時代の武士道精神 水間政憲 PHP 1050 電子出版

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

「従軍慰安婦事件」というありえなことを確認もせずに中韓へのご機嫌取りのために政府の公

式発言を安易にしてしまった河野洋平氏の責任は重大です。

今後は、民間団体で同氏を裁判で訴える動きをしていくことも重要と考えます。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月15日 (火)

「マーキュリー通信」no.2259【ワンポイントアップの経営術-77「お客様からの苦情は宝の山」】

本日私が住むライオンズシティ池袋で、宅配便の不在時用の保管場所として宅配ボックスを注文しました。

同社のウェブサイトはとても見づらく、お目当ての商品を注文できません。そこで、フリーダ

イヤル番号があったので、そちらから注文しました。

すると受付嬢は、「本件に関しては担当より追って連絡させます」と応えました。

ところが2時間近く経っても連絡がないので、私の方から再度電話すると、男性の担当者が出てきました。

電話をしなかったことにひたすら謝罪した後、「本件に関しては、コールセンターの担当と連絡を取り、再度電話をさせて頂きます。」との回答。

その後、コールセンターの女性から電話があり、「本件電話でのご注文は受けられませんので、インターネットからの注文となります。」との回答でした。

そこで、私は個人情報の登録をいちいちさせられ、ログインIDとパスワードまで登録しました。

個人情報を登録できた旨、コールセンターの女性に伝えると、「それでは品代金の109,800円は事前にお振り込みください。入金を確認後直ちに出荷します。」と回答。

私はあきれて、「マンションの管理組合として、品物が届く前に、代金の振り込みはできない。」と伝えると、「それなら注文はお受けできません」との回答でした。

私は最初から、「品代金は到着後に支払うので、どのくらいで到着するのか」ときいているのに、担当者同士のコミュニケーションができていません。挙げ句の果てに、ライオンズシティ池袋の理事長であることを伝えているのに、「ライオンズシティ池袋の管理会社の方ですか?」と聞かれました。

たかが10万円の宅配ボックス1個頼むのに、このようなひどい対応にただあきれるばかりです。

この会社は、ウェブサイトをもっと顧客の為に見やすくし、電話注文も受け付ければ、もっと

売上は伸びるはずなのに、同社の経営者にはこういうお客からの苦情が報告されないのでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「マーキュリー通信」no.2258【「誰でもできる超簡単健康法」-117「予防医学のポイントは免疫力をつけることです」】

最近の気候は寒暖の差が激しいのか私の顧問先9社の経営者で、なんと4人が風邪を中心に体調を崩してし寝込んでしまいました。

病気の最大の原因の1つは免疫力の低下です。

免疫力低下の引き金は、ストレス、睡眠不足、たばこ、不規則な生活習慣、不規則な食事、暴飲暴食等です。

それでは免疫力をアップするにはどうしたら良いのでしょうか?

それは上記免疫力低下の原因を取り除くことです。喫煙者の場合、風邪を引いても、たばこを吸っていますが、恐ろしいことです。

上記の中で、自分の意思ではなかなか取り除くことができないものにストレスがあります。これは各自のやり方でストレス解消をすることが良いと思います。

それ以外もなかなか改善するのは難しいと思う人が多いでしょう。しかし、病気したときのつらさ、マイナス面を考えたら、何とかそれを解消しようと思うはずです。

風邪程度ならまだよいですが、動脈硬化を中心とする生活習慣病になったら公私ともに周りの人に迷惑をかけることになります。それをイメージすると自らの悪しき生活習慣を改善しようと努力するはずです。

喫煙に関しては、私の場合、20歳で開始し、30歳で止めました。止めた理由は、風邪を引き、たばこを一時中断していました。

治ってから、喫煙を再開したら、引き出しの中にしまっておいたたばこがひからびてまずくなり、それで禁煙をして、それ以来一度も吸っていません。

一方、これから寒くなると免疫力が低下しますが、免疫力をアップさせるサプリメント、エキ

ナセアを飲んでいます。これで風邪を引きにくい体質にしています。

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

連休中の街中は行楽地に出かけた人が多く、静まりかえっていたようです。
しかし、本日の午前中の街中は主婦の買い物行動でごった返しています。近所のスーパーは、

連休中は閑散としていたのに、今朝は大混雑だそうです。
今夜からの台風に備え、皆買い出しに走っているようです。
主婦の防衛本能、恐るべしですね。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月13日 (日)

「マーキュリー通信」no.2257【Bob Sugayaのワンポイントアップの英語術-26「1000万回の感激のyoutube"to this day"」を繰り返し聞くことでlistening能力をつける】

カナダの詩人Shane Koyczan のyoutube"to this day"が大人気を呼んでいます。
今年の2月にリリースされて以来、既に1100万回のアクセスがあります。

Shane Koyczanは、子供の時から肥満でした。祖母がポークチョップを作ってくれたのですが、彼はポークチョップと空手チョップは同じものだと思っていました。

肥満は彼のコンプレックスでした。そして、彼のニックネームはポークチョップとつきました

。Shane Koyczanはポークチョップを今日に至るまで(to this day)大嫌いになりました。

本youtubeは、彼の思いを募ったストーリー展開をアニメも駆使しながら訴えています。きれいなCanadian Englishですが、聞き取りはちょっと難しいかもしれません。

しかし、何度も聞いている内に概略をつかめるようになってきます。

このような題材をyoutubeで見つけ、何度も聞くことによりlistening能力がアップしていきます。

7分半なので、何度でもトライしてみると良いです。

http://www.youtube.com/watch?v=ltun92DfnPY

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

Shane Koyczanの"to this day"はTED(Super Presentation)で本年3月8日に放映されたものです。TEDとは、世界の一流プレゼンターがプレゼンする舞台です。

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月10日 (木)

「マーキュリー通信」no.2256【人生100年時代をぴんぴんころりで楽しく生きる法-48「継続は力、20年近く予防医学の実践の成果」】

本日は1964年の東京オリンピックの開会式の日に当たります。その日にちなんで、10月10日を国民の祝日「体育の日」と制定しました(現在は、第2月曜日に変更なりました)。

さて、20年近く前にサプリメントの普及活動をしていました。その時に予防医学の重要性を学び、それ以来予防医学を実践しています。

現在64歳の私ですが、当時と比べ、心身共により健康になっています。その間、ダイエットも実践し、体重7kg,ウェスト7cm絞り込みました。久しぶりに会った人からは、やせたと言われます。

精神面でより充実しているのは、「世の中の役に立つ仕事をする」というミッションが1本、自分の行動哲学に立っていることです。これが立っていないと空元気に終わってしまいます。

肉体面では、毎朝の筋トレ、そして最後にマンションの9階まで1段おきに駆け上がり、3階の我が家まで降りてきますが、この早朝トレーニングの効果が出ています。

毎日の歩く歩数も1~3万歩が多く、この面でも足腰が丈夫になっています。更に、街中のものはトレーニングマシーンと思っているので、原則エレベーターやエスカレーターを使わず、階段を使っています。

そして、普段健康生活を送っていれば、疲れがたまらずに済み、いつも生き生きとエネルギッシュに生活することができます。

やはり「継続は力なり」です。

生涯現役人生を送っている自分が、傍から見て、くたびれて、年齢より老けて見えては、言っ

ていることとやっていることが不一致となります。

但し、自分が鍛えていない部分、髪の毛は残念ながら白髪が増え、老眼の度は進んでいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月 9日 (水)

「マーキュリー通信」no.2255【【ワンポイントアップの経営術-76「店長の力量次第で店の収益に大きく影響する」】

私は毎月1~2回池袋駅東口にあるルノアールパルコ横池袋店の会議室を利用します。

会議室は利用10分前から使えます。私は概ね20分前にはルノアールに到着します。その時、店員によっては、臨機応変に10分前にならなくても会議室が空いている限り、会議室に通してくれます。

昨日はいつもの気の利く女子店員だったのですが、10分前ルール厳守のことでした。不思議に思いその理由を聞いてみると、本日は店長がいるからとのことでした。

店長が10分前のルールを厳格に指示していたのです。

店の運営からすれば、後10分で会議室に入る客に対し、店員は水とおしぼりを出す事になっているので、その手間とコストがかかります。

客からすれば、10分だけ待たされるより、会議室で待っていた方がベターです。

店長は、それでもルール厳守を優先させます。

一方、ルノアールではアイスコーヒーを頼むと、必ず2種類のメニューからの選択を聞いてきます。私の場合、ルノアールの利用は、アイスコーヒーを飲むためでなく、ミーティングです。わざわざ2種類のメニューを言えば、客からメニュー内容を聞かれ、お互いに余分な手間がかかります。

この2種類のメニューは、本部の指示なのかもしれません。しかし、客の状況を勘案した店舗オペレーションを考えれば、店の運営はもっとスムーズに行きます。

私は、喫茶店やレストランを使うときは、経営コンサルタントの性癖上、経営面からも見ていますが、店長次第で、店の収益がかなり変わることをたびたび経験しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月 7日 (月)

「マーキュリー通信」no.2254【速読法があなたの人生を変える!-5「速読法を始めた理由」】

何をするにも目的が明確でないと長続きしませんが、私が速読法を始めた理由は2つあります。

1つは中小企業の経営参謀役として、私の強みであるジェネラリスト機能の強化です。
私の強みは、多分野に亘る知識と経験、多角度思考、つまり瞬時にいろいろな角度から物事を捉えることができ、経営者に的確なアドバイスができることです。
その為の、知識を更に増やすことです。

もう1つは、現在9社の顧問をしていますが、多くの人と知り合えば知り合うほど、自分の知らないことがいかに多いかを改めて知るところとなります。

その分野の知識を吸収すれば、更に自分の視野が広がり、情報感度も上がってきます。そして、蓄積効果が上がり、喜びが伴います。

知的好奇心の探求はぼけ予防にもなります。

やはり速読法を始める目的を明確に持つことが重要です。

「目的を持って始める」は、世界的ベストセラー書となっている「7つの習慣」の第2の習慣です。

★私が師事した新日本速読研究会会長川村明宏先生は、速読法の元祖の方で、速読法の業界では自他共に認めるナンバー1の方です。
元祖速読法を学びたい方は、下記URLから見ることができます。

1ヶ月間の無料体験もできますので、ご自分でその凄さを試してみて下さい。

http://mail.os7.biz/l/00XTdn/2uWn7CRf/

新日本速読研究会
認定講師 菅谷信雄

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月 5日 (土)

「マーキュリー通信」no.2253【年金程度で暮らせる心身共に元気な高齢者向けシェアハウス-5「「ユートピア館」のキーワードは、「なにぬねの」】

私が企画中の「年金程度で暮らせる心身共に元気な高齢者向けシェアハウス」「ユートピア館」のキーワードは「なにぬねの」です。

な:仲間
に:認知症予防
ぬ:ぬくもり
ね:寝たきり防止
の:ノーモア孤独死、徘徊老人、のたれ死に

核家族化の進行により、親子でも生活習慣、考え方が異なり、一緒に住むのが困難な状況になっています。

結局は、好むと好まざるとに関わらず老人ホーム、介護施設に頼らざるを得ないのが現状です。

しかし、人はいつでも仲間を求めています。仲間は既存の老人ホーム、介護施設でもできます。しかし、高齢者は認知症になっていきます。

それは世間から必要とされなくなるからです。

「ユートピア館」では、お互いに必要とし、必要とされることで、認知症予防を行っていきま

す。

老人ホーム、介護施設では、高齢者は一種の商品ですが、「ユートピア館」では、終の棲家に住む仲間です。

「ユートピア館」では、日本一幸福なシェアハウスを目指していますが、その作り手は「ユー

トピア館」に住む自立した居住者です。

ここが既存の老人ホーム、介護施設と決定的に違うところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月 4日 (金)

「マーキュリー通信」no.2252【ワンポイントアップの人間力-36「朝の3時間を黄金色に変える」】

私は元々は遅寝遅起タイプで、朝起きが苦手なタイプでした。

しかし、15年以上前から朝は6時に起床しています。起床から9時までの3時間を黄金時間と呼んでいます。

起床後の洗顔、ひげそり、身だしなみを整え、その後は8時までの2時間弱を3等分して使っています。

◆運動:みんなの体操、ブルワーカー(筋トレ)、ダンベル、ストレッチポール、真向法(ス

トレッチ)

◆朝の祈り:祈りの内容は、神仏に今日もすばらしい一日をスタートできたことに感謝し、家族を始め、私の周りの人に公私ともにお役に立ちつような仕事ができますことを祈ります。
経済的にも成功し、そこから得られる収入は、世の為人の為に還元できるようなことに使っていきたいと誓います。

◆速読法:速読法が世の中を変えていく力になるように、自分自身も毎朝トレーニングを積んでいます。

速読法が終わると、3階の我が家から1階に一旦降り、そこから9階まで一段おきに駆け上がり、3階の我が家まで降りてきます。

この時点で心身共にすっきりとし、仕事ができる状態となります。

その後、軽い朝食を録画済みのNHKの朝の連ドラを見ながらとります。

そして、iPadでサンケイビジネスアイ、インターネットでニュース、メールのチェック等を行

い、9時になります。

9時の時点では、一気にビジネスモードに切り替わります。

これを毎朝15年以上継続していますが、氷山の水面から上の部分がさっぱりとすると同時に、いつのまにか氷山の水面下の部分の蓄積が大きくなっていることに最近気づきました。
そして、少々のことでは動じない自分を発見していました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月 3日 (木)

「マーキュリー通信」no.2250【ワンポイントアップの経営術-75「既存のルートセールスと新

規販路開拓と大きく異なる点を理解することが経営者として重要」】
既存のルートセールスと新規販路開拓の営業とでは大きく異なります。その中で最初と最後が肝心です。

まず、見込客のアポ取りが大変です。このアポ取りの段階で、面談の趣旨が正確に伝わり、適切な部署のしかるべき人間とアポが取れるかどうかです。

そして、ミーティング後のフォローアップです。見込客がたとえ良い反応を示しても、新たな

提案の場合、社内でOKをとるには時間と労力が必要です。

人は、ルーティーンワークで流れている業務は習慣化しているので面倒なくこなすのですが、新たな業務は習慣化していないため、社内でのOK取付するための作業を面倒と感じます。

この面倒さをクリアにすることもフォローアップで重要なことです。

新規販路開拓を経営者の立場で見ると、自社の営業マンにそれをやらせた場合の費用対効果をチェックします。

それがあまり期待できないなら、外部の新規販路開拓が得意なところにませた方がベターです。その際の報酬は、Win-Winの関係になることが重要です。外部の委託先も、自社もお互いに儲かる仕組みにならないなら、その商品、サービスの価格は市場に受け入れられないことになります。

よって、その場合、その商品、サービスの成功はあまり期待できないことになります。その前にリサーチが重要となってきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月 1日 (火)

「マーキュリー通信」no.2249【Bob Sugayaのワンポイントアップの英語術-25「ビジネスパーソン向けNHK英会話」】

私は毎朝英語力維持のためにNHKの英語番組を視聴しています。
昨日から始まった「しごとの基礎英語」は初級ビジネス英会話ですが、上級者にもお勧めです。
初級英会話なので誰でも理解できますが、situationや相手への気遣い等を重視しています。

第1回は、得意先から昼食に誘われたときの回答例です。
"I'm sorry, I can't"と応えましたが、英語的にはOKです。

但し、これでは相手に対する気遣いがありません。
そこで、"I have a meeting now"と応えれば、相手も納得します。

こういう細かい気遣いを勉強していきます。

放映時間は下記の通りです。月~木曜日毎日10分間ですので、気楽に聞けます。
私は、録画しておき、翌朝聞くようにしています。

Eテレ(教育テレビ)
放送:月~木曜日 午後10:50~11:00
再放送:土曜日 午前5:20~6:00(4回分)
再放送:翌週火曜日(月曜深夜)  午前1:25~2:05(4回分)

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

カナダに駐在していたときのことです。

出張用のチケットを旅行代理店に頼みました。その時、電話の向こうで、"I"ll be right with

you!"と応えてきました。

そして、直ぐにチケットが届けられました。

こういうのは相手に対する気遣いがあるnativeらしい良い表現ですね。

30年以上前の会話ですが、いまだに覚えています。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »