« 「マーキュリー通信」no.2278【人生に勝利する方程式-95「金儲け中心の人は、金儲け主義の人に利用される」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.2280【経験から学ぶマンション管理の重要性-26「住民の性格を考慮した独自のレンタサイクル制度導入で大成功」】 »

2013年11月19日 (火)

「マーキュリー通信」no.2279【未来ビジョン・目指せ!新しい国づくり!-47「第2の黒船に備え、真の平和国家を目指す」】

現在は第2の黒船が来ているというのに政治家、マスコミを始めその危機に気づいている人は少ないようです。

第2の黒船とは中国のことです。中国は頻繁に尖閣諸島を侵犯しています。中国は日本国憲法を熟知し、何も手が出せないことを知っているので、様々な威嚇攻撃を繰り返し、侵略を虎視眈々と狙っています。

中国側からすれば尖閣諸島は中国領土であり、侵犯しているのは日本だと平気で嘘を繰り返し主張しています。

平和を叫ぶ左翼勢力には二通りあります。

一つは日本国憲法さえ遵守していれば日本の平和は守れると思い込んでいる平和ぼけの良心的な人たちです。

もう一つは中国の手先として着々と日本侵略を狙っている共産党、社民党等左派勢力です。彼らは、中国の傀儡政権を樹立し、共産主義を進め、天皇制を廃止し、天皇を処刑しようとする勢力です。沖縄はその一番の標的となっています。

一方で、米国の国力は徐々に衰え、同盟国を守っている余裕がだんだんとなくなってきています。

そこで、日本も明治維新の原点に立ち返り、米国一辺倒の国防体制から自立国家を目指していくことです。

次に、経済成長の重要性を認識し、国を富ましながら、超高齢者社会を乗り切っていくことです。

少子高齢化社会の進展に伴い、右肩下がりの経済を容認する経済学者がいますが、それは誤りです。

なぜならマイナスの経済成長は国力の低下となり、日本の地盤沈下につながり、誰にも見向きもされない国となっていきます。グローバル経済が進展する中、一国の経済だけでよしとする時代はとっくに終わっていることに気づく必要があります。

日本は丁度70年前の1943年にアジアの発展繁栄、共存共栄を目指して、大東亜会議開き、大東亜共栄圏を築こうとしました。

その理念、理想の下、アジア諸国は次々と欧米の植民地主義から開放され、気づいている人は独立していきました。

大東亜会議は、米国に対抗して開催されましたが、今後は中国に対抗し、大東亜会議の再興していけば良いと思います。

その意味で、安倍外交のこれまで1年間の動きは、大東亜共栄圏を彷彿されるものとして評価できます。

ただ注文をつけるとすれば、安倍首相自らが今こそ靖国神社を参拝することで、大東亜会議の理念を復活させ、真の平和主義を推進していくべきと考えます。

安倍首相の右傾化をプロパガンダする勢力がいますが、これは中韓だけであり、一番困るのは中韓だけです。

正しくは、右傾化ではなく、本来の正しいあるべき姿に進んでいるというべきと考えます。

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

11月14日付けの奇人変人の異見-217「子供にとってポルノ漫画より有害な漫画「はだしのゲン」を発信したところ、早速多数の読者から「はだしのゲン」第10巻を購読し、「はだしのゲン」のひどさを訴えていくとの意見が寄せられました。

今の教育は左翼教育、自虐史観が蔓延しているのでそれを追放していくことも急務です。

最近育鵬社から「初めての道徳教科書」(1260円)が発刊されました。これぞ子供に読んで欲しい素晴らしい道徳教科書です。大人人も是非読んでください。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

|

« 「マーキュリー通信」no.2278【人生に勝利する方程式-95「金儲け中心の人は、金儲け主義の人に利用される」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.2280【経験から学ぶマンション管理の重要性-26「住民の性格を考慮した独自のレンタサイクル制度導入で大成功」】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181862/58606013

この記事へのトラックバック一覧です: 「マーキュリー通信」no.2279【未来ビジョン・目指せ!新しい国づくり!-47「第2の黒船に備え、真の平和国家を目指す」】:

« 「マーキュリー通信」no.2278【人生に勝利する方程式-95「金儲け中心の人は、金儲け主義の人に利用される」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.2280【経験から学ぶマンション管理の重要性-26「住民の性格を考慮した独自のレンタサイクル制度導入で大成功」】 »