« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2014年1月

2014年1月31日 (金)

「マーキュリー通信」no.2326【「誰でもできる超簡単健康法」-119「プラス思考で免疫力をつける」】

最近私の周りでも風邪やインフルエンザが流行っているようです。風邪やインフルエンザはかかる人とそうでない人がいますが、これは抵抗力、免疫力が影響していると思います。

プラス思考の人や幸福感の強い人は、体の抵抗力、免疫力がつき、病気になりにくいと言われます。

逆にマイナス思考の人、いろいろとあれこれを悩む人、くよくよする人は体の抵抗力、免疫力が落ち、病気になりやすいと言われています。

私などはネアカでプラス思考なので風邪にかかることはほとんどありません。

但し、帰宅したらうがいや手洗いの励行はもちろん行っています。

又、電車の中は風邪やインフルエンザの感染源となっているので、満員電車ではたとえ風邪を引いていなくてもマスクをして予防しています。

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

TVで今年のインフルエンザにはワクチンが効かないことを報道しています。それもそのはずです。ピンポイントで今年流行るインフルエンザを予想し、それに合ったワクチンを製造するには時間的に至難の業となります。

私はこの事実を知ってからインフルエンザのワクチンは一切接種していません。

詳しくは、「インフルエンザワクチンは打たないで 母里啓子 双葉社1050円」をご参照願い

ます。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月30日 (木)

「マーキュリー通信」no.2327【奇人変人の異見-221「言論の自由を封殺するNHK会長インタビュー」】

NHKの新会長に就任した三井物産元副社長籾井勝人氏の記者会見をyoutubeで拝見し、あまりにもの異常さに驚きました。

記者は、籾井会長から安倍首相の靖国参拝問題、従軍慰安婦問題等発言を引き出そうと盛んに誘導尋問をかけます。

揚げ句の果て、籾井会長は誘導尋問にひっかかり、記者は靖国参拝問題と従軍慰安婦問題に対し肯定的なコメントを取り付け、鬼の首を取ったように「NHKの会長に不適、辞任すべし」等の籾井バッシングが始まりました。

これでは戦前の言論弾圧と全く同じ事を日本のメディアはやっていることになります。

常識的なビジネスマンだったら安倍首相と近い考え方を持ちますが、それを籾井会長が肯定すると政府寄りだとか偏向報道だとか言い出します。

靖国参拝は一国の首相として当然の行為です。よくA級戦犯が合祀されているから問題と発言する人がいますが、A級戦犯と定義したのは戦勝国の米国でした。国際法的には、戦敗国の責任者をA級戦犯として裁くことなど国際法上認められておらず、このことはマッカーサーも間違いであったことを後日認めています。

一方、従軍慰安婦事件は、全くの事実無根であり、最近ようやく海外でもその事実無根が認識され始めました。因みに、従軍慰安婦という言葉は、戦前には存在せず、戦後の造語です。いたの軍人相手の高級娼婦でした。

本来、三井物産出身の籾井会長が就任したのなら、これを機にマスコミ側も従軍慰安婦事件、靖国参拝問題では籾井会長を応援、擁護する立場に回るべきです。それが国益です。

記者会見を見ていて、全く言論の自由を封殺されていました。こんなばかげた記者会見なら不要だし、民間の自由な発想によるNHK改革も夢の又夢に終わります。

NHKは我々視聴者の視聴料で成り立っています。

籾井会長は、三井物産時代から豪放磊落な性格です。

私は、籾井会長の役割は、これまで中国のプロパガンダ機関と酷評されるほど、NHKの偏向報道が目立つので、それを是正することが重要と考えます。
本来あるべきマスコミの姿に立ち戻すことが、籾井会長の重要責務と考えます。

それには、マスコミの本来のあるべき姿である3F(fact,fair,free)の精神を導入すべきです


即ち、Fact、事実をそのまま正確に伝えること。中国情報など、ほとんどオブラートにかけられ、本来知るべき1割程度しか知らされていません。
例えば、日常的に起こる少数民族自治区ウィグル、チベット、内モンゴル民族の虐待、弾圧、殺戮事件の報道。

次に偏向報道をしないこと。台湾は世界一の親日国家ですが、あたかも反日国家のような報道をして、国民から大ブーイングを浴びました。

そして、free,これは政府からの検閲を受けないで報道することです。差し詰め今なら中国の報道検閲から自由になることです。

それで中国から出入り禁止を喰らうなら、その事実を報道すれば良いわけです。
"Pen is mighter than Sword"という原点に立ち戻って欲しいと思います。

今のような言論の自由封殺状態なら、籾井会長の役割はなく、更にバッシングされ、追放されることは必定と言えます。そして、NHKの改革など夢物語となります。

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

籾井会長とは、私が30年前三井物産㈱石炭部開発管理グループに在籍中の頃、丁度隣の席でした。いつも元気な籾井氏の声がこちらにこだましてきました。
あの元気な大声が今でも思い出されます。

籾井会長には、首を覚悟で、NHK改革を断行して欲しいと思います。その方が、国民からは拍手喝采です。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (1) | トラックバック (0)

「マーキュリー通信」no.2325【ワンポイントアップのプレゼン力-8「TPOによりプレゼン内容も変わる」】

相手に伝わるプレゼンをする際に、TPOを考えることも重要です。

先日、異業種交流会に参加したところ、司会者より「新規参加者のPRを20~30秒で紹介して下さい」と説明がありました。

ところがこのタイムリミットを忘れ、大半の人が時間超過しました。

20~30秒の制限時間なら、社名、氏名、業務内容を一言語って終わりです。PRのこつは明るく大きな声でゆっくりと話して終わりです。いかに印象づけるかがポイントです。
但し、関心のない人には印象に残らないので、自分がターゲットとする人を意識しながら自己PRすれば良いと思います。

又、交流会の際には、交流時間に相手が関心あるかどうかかまわずにプレゼンしてしまう人もいました。これなどもTPOを考えないと、相手に伝わりません。

一方、私が主催するビジネス情報交換会では毎回2名のプレゼンターが登場します。プレゼン時間は15分です。事前に、私よりプレゼンターにプレゼンのポイントを説明します。要領よくポイントのみを説明するようにお願いしているのですが、これができない人が非常に多いのにはびっくりします。

セミナーと勘違いして自分の生い立ちまで語ってしまう人、15分の時間制限をオーバーして自分の言いたいことだけを言いつのってしまう人等結構います。

プレゼンとは、TPOを勘案しながら自分のターゲットとする人にいかに伝えるかです。この原則を踏まえると、相手に伝わるプレゼンができるようになります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月29日 (水)

「マーキュリー通信」no.2324【創レポート1月号「現状に甘んじていては成長はない!第三者的な視点で自社を省みる」】

毎月好評の公認会計士伊藤隆先生の創レポートをお届けします。  http://www.cpa-itoh.com

私自身多くの中小企業との関わり合いを持っています。更に顧問先ではその実態をよりよく知ることができます。

中小企業の中には現状に甘んじている経営者も多数います。そういう会社は伸びが止まっています。

今月の創レポートの「第三者的な視点で自社を省みる」は多くの経営者への一転語になると思います。

詳細は「sr1401.pdf」をダウンロード をご覧下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月28日 (火)

「マーキュリー通信」no.2323【速読法があなたの人生を変える!-10「速読法が自分の弱点を補強!」】

私は商社マン時代はあまり本を読みませんでした。毎日遅くまで残業しているか、夜付き合いで飲みに行くことが多かったせいで本を読む習慣が身につきませんでした。

鉄鋼部門の営業マンだった頃は、それほど本を読む必要は感じませんでした。

しかし、情報産業部門に異動し、新規事業の責任者となってからは、情報による勉強不足が私の弱点となりました。

次から次へと私の所に新しい事業が持ち込まれました。当然その関連知識を書物から補完する必要がありましたが、超多忙な為にその時間が持てませんでした。又、当時はインターネットはなかったので、今のように必要な情報をキーワード検索することもありませんでした。

いろいろな事業を手がけるときには、取引先の会社情報、業界情報、商品知識等様々な知識を必要とします。

しかし、知識の補完を怠ったため、判断ミスにつながったこともありました。

現在も、頻繁に私の所に様々なビジネスが持ち込まれます。

しかし、速読法のお陰でインターネットからの情報以外に書物からもかなり仕入れています。

昨年は500冊の本を読みましたが、今年は毎月50冊、年間600冊のペースで読んでいます。500冊の本を読むと、自分の脳の図書館に書物が格納されている感じになってきます。

現在経営参謀役の仕事が中心ですが、このお陰で顧問先に的確なアドバイス、判断業務等ができるようになりました。

顧問先には、見えないところで様々な情報を仕入れている成果が出ています。何を聞かれても脳の図書館から必要な情報を瞬時に取り出し、的確に答えられるよう情報武装を絶えず心がけています。速読法がそれに一役買っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月27日 (月)

「マーキュリー通信」no.2322【ワンポイントアップのプレゼン力-7「しゃべりすぎても相手に伝わらない」】

プレゼンは、いつも相手とのコミュニケーションを意識しながら行うことが重要です。

よく自分の言いたいことを一方的に言いつのる人がいますが、これは自己満足に過ぎません。

ピーター・ドラッカーのコミュニケーションの原則に、「人は自分の関心のある事柄しか理解

しない」があります。

相手が何を欲し、何に関心があるのかを把握し、説明しないとせっかくのプレゼン時間が徒労に終わってしまいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月26日 (日)

「マーキュリー通信」no.2321【奇人変人の異見-221「大相撲協会に必要な経営参謀役」】

横綱の期待がかかっていた大関稀勢の里が千秋楽を休み、来場所は一転角番となってしまいました。
代わりに両横綱と同じモンゴル出身の鶴竜が千秋楽に横綱白鵬を破り、一気に横綱候補として浮上しました。

それにしても大相撲協会が明確な経営方針の下に事業を進めていれば、大相撲ファン待望の日本人横綱稀勢の里はもっと早く誕生していたと思います。

稀勢の里の弱点は脇が甘いことと腰高です。そして、精神面の弱さです。これを矯正できないのは親方の責任でもあります。

それなら相撲協会も協力して、この弱点を矯正すべきです。精神面の強化は禅寺にでも修行に行けば良いと思います。これまでも数多くの力士が精神面を鍛えるために禅寺の門を叩いています。

一方、興行面では過去に稀勢の里が横綱昇進のチャンスが出てくると、前半戦で難敵をぶつけ、早々とチャンスの目をつぶし、ファンの期待を裏切るような興行を行ってきました。

相撲協会は、毎場所序盤戦で上位同士を戦わせることで、星のつぶし合いをさせ、興ざめさせてきました。後半戦に上位陣と平幕の取り組みを組ませ、毎場所興ざめの展開となっています。その結果、大関候補の豪栄道他その芽を摘み、相撲ファンの期待をつぶしてきました。私は何度も苦情を申し入れたのですが、聴く耳を持っていないようです。

人気大関バルトも、大関陥落の場所に、序盤戦に難敵を当て、大関復活の芽を摘み、引退に追い込んでしまいました。

今場所大関陥落した琴欧州も序盤戦で難敵を当てられ、大関復帰は叶いませんでした。かつて6人もいた大関が、今や3人に減り、寂しい限りです。

大関候補の豪栄道、栃煌山、そして一躍脚光を浴びてきた遠藤等は英才教育を施して、スターを作って行くべきと考えます。

私は栃若時代からのファン歴50年以上の大相撲ファンですが、長らく横綱大関陣の大半を外国人力士が占め、中でも日本人横綱は10年以上も不在です。

日本人力士の横綱誕生は、今や大相撲ファンの夢となりつつあります。

大相撲協会が、日本人横綱誕生プロジェクトを立ち上げ、その実現に向け全力投球しないと、大相撲離れが加速化していくことを憂えるのは私だけでしょうか。

日本人横綱誕生プロジェクトには、外部の経営参謀役を雇い、ファンの視点と外部の意見を取り入れながら実現に向けて進めていったらいかがでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月22日 (水)

マーキュリー通信」no.2320【脳業革命に必要な新たな知的武器を加えました】

私の本の読み方は、友人知人等から自薦他薦のあった書物を中心に読んでいくことです。
昨年はこのやり方で500冊の本を読みました。

500冊の本を読むと様々な分野の知識を身につけることができ、脳業革命に一役買っています。

今年は、毎月10冊程度の本を要約してお届けするTOPPOINTのサービスを申し込みました。購読

料は年間12600円です。

購読目的は、別の視点から現在必要とされる知識を拡充していくことです。

今月の10冊は、
「なぜ日本は若者に冷酷なのか」
「ギリシャ人の真実」
「奇跡の自動車 ホンダはなぜナンバーワンになれたのか」
「成功はランダムにやってくる」
「シナリオ・プランニング」
「ハーバードビジネススクールが教える顧客サービス戦略」
「法人営業のずばりソリューション」
「二宮金次郎に学ぶ生き方」
「文明が衰亡するとき」
「新訳 信念の魔術」
これらの10冊の要旨を読み、その中から更に深く読みたい本を購入すれば良いのです。

私の主な購入方法はアマゾンからですが、中には期待に違う本もあります。その意味で、要約

シリーズは助かります。

今回、ビジネス名著20選も同時に頂きましたが、その中からマイケル・ポーター博士の名著「

競争戦略」(ダイヤモンド社 6000円)を購入しました。

一方、今週の日経ビジネスでは、ポーター博士の記事が掲載されていました。これも引き余生

の法則ですね。

今年は、TOPPOINTのサービスを活用して、更に脳業革命を進めていきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月21日 (火)

マーキュリー通信」no.2319【笑劇の口演会「大惨事!老いるショック時代をどう生きるか?」】

昨日、リスク・マネジメントの大家白木大五郎先生の「大惨事!老いるショック時代をどう生

きるか?」の講演会が行われました。このテーマは、「第3次オイルショック」を文字って白木先生が考えたテーマです。

白木先生は、ユーモア川柳の大家としても有名な方です。

昨日も、開口一番「おもてなし、裏がありますメニュー表」を放ち、400名の参加者が一斉に大爆笑(*^^*)

さて、今や65歳以上が4人に一人、1000万人以上もいる時代です。その内、500万人が独り暮らしだそうです。

夫婦2人暮らしの世帯は幸福と思う必要があります。その為には、夫婦仲良く元気に暮らすことが老後の重要テーマとなってきます。

◆妻が夫にがっかりするベスト5は、
1.加齢臭がする 
2.お構いなしにおならやげっぷをする。
3.お酒を飲み過ぎる

◆夫が妻にがっかりするベスト5は、
1.体形が崩れた、太った
2.口うるさくあれこれ言う
3.間違ったときに素直に謝らない

上記が思い当たる人は気をつけて下さいね。

白木先生は、離婚リスク回避の川柳「ありがとう」を作りました。
あ:ありがとう。まずは言葉と態度から
り:理解してる ダロウ・ハズこそ危機の種
が:我を捨てて、進んで家事のお手伝い
と:共に持て、二人で楽しむ趣味・趣向
う:腕を組み、結婚記念日デイトの日
3つ以上該当しないと、イエローカードだそうです。
因みに我が家は5つとも該当していました(*^^*)

逆に夫婦の絆を強めるには、
◆妻が夫に惚れ直すとき
1.感謝の気持ちを言葉や態度で表してくれる
2.体調が悪いときに気遣ってくれる
3.言葉や行動で愛情表現をしてくれる

◆夫が妻に惚れ直すとき
1.おいしい料理を作ってくれる
2.体調が悪いときに気遣ってくれる
3.感謝の気持ちを言葉や態度で表してくれる

夫婦生活も長くなってくると、ついお互いのありがたさも薄れてきます。
しかし、絶えず相手に対し、ありがとう、感謝の気持ちを持ち続けることが夫婦生活を円満にする秘訣だそうです。
逆に、「当たり前」の気持ちを持っているようでしたら、夫婦生活は円満とはいきません。

さて、老後で気をつけなければいけないこととして、特に男性の場合、嫌われる5つのタイプは、
1.人の話を聴かずに、自分の考えに頑固な人
2.聞かれてもいないのに、昔話をする人
3.過去の職歴、肩書きを自慢げに話す人
4.同じ事をくどくどと繰り返し話す人
5.自分ばかり喋って、相手に喋らせない人
だそうです。
こういう人は、仲間はずれとなっていきます。

次に寿命には平均寿命と健康寿命があります。
下記はショッキングなデータです。
認知症患者は現在全国に462万人いるそうですが、各年代毎の認知症になる割合です。
60代後半 3%
70代前半 4%
70代後半 14%
80代前半 22%
80代後半 41%
90代前半 61%
90代後半以上 何と80%!

白木先生は、私の造語「無脳役」も紹介してくれました。

※菅谷注:80代後半以上から認知症が急上昇しますが、これは老人ホーム、介護施設への入居が理由と思います。老人ホーム、介護施設では社会から必要とされない、何もやることがない

。その結果、認知症がどんどん進んでいくものと推測されます。
事実、義母が住むグループホームを正月に訪ねたら、87歳の義母も認知症が進んでいました。

最良のぼけ防止策は、常に新しいことに挑戦することです。これを止めたときに、ぼけが始まっていきます。

白木先生は、認知症の原因は「きょういく」と「きょうよう」の2つをあげました。
これは「今日行く所がない」と「今日用がない」の2つだと種明かしすると、会場からどっと

笑い声が起こりました。

国民医療費の4分の1は、死ぬ間際の最期の1ヶ月に使われているそうです。

1951年には畳の上で亡くなる人は82%いたそうですが、2009年には病院で亡くなる人が78%もいるそうです。

つまり終末医療費がいかに国民医療費の負担を上げているかと言うことを今から認識し、終末医療は受けない旨、遺言に書いておくことも社会貢献となります。

白木先生は、シニアライフは、感謝の気持ちを持ちながら、世の為、人の為に生きていくことがPPK人生の秘訣と結びました。PPKとはぴんぴんころりで最期は大往生の意味です。

そして、最後に自作の「ぼけます小唄」と「ぼけない小唄」を全員で合唱してお「しらき」と

なりました。
メロディーは、お座敷小唄です。誰でも楽しく歌えるので、試してみて下さい。きっと楽しく

なりますよ。
<ぼけます小唄>
1.何もしないでぼんやりとテレビばかりを見ていると
 のんきなようでも年をとり、いつか知らずにぼけますよ

2.仲間いなくて一人だけ いつもすることない人は
  夢も希望も逃げていく 年もとらずにぼけますよ

3.お酒も旅行も嫌いです 歌も踊りも大嫌い
 お金とストレスためる人 人の二倍もぼけますよ

<ぼけない小唄>
1.風邪を引かずに転ばずに 笑い忘れずよく喋り 足と頭腰使う人 
 やる気ある人 ぼけません

2.スポーツ、カラオケ、囲碁将棋 趣味のある人 味もある 
 異性に関心持ちながら 色気ある人 ぼけません

3.年をとっても 白髪でも 頭はげても まだ若い
 演歌歌ってアンコール 生きがいある人 ぼけません

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月20日 (月)

「マーキュリー通信」no.2318【人生に勝利する方程式-99「真に人生に勝利する価値観とは?」】

フランスの調査会社イプソスが、世界20カ国の16,000人以上の成人を対象に「成功」に関する調査をしました。「所有する財物が成功を測る基準」に一番価値を感じる国民は中国人の71%で世界平均の34%の倍以上の結果となりました。

これに対し、日本、米国では80%がそのような価値観にノーと答えています。

「所有する財物が成功を測る基準」の人は、それがなくなった時、達成できなかった時に敗北を感じます。

財物は求めれば求めるほど際限なく欲しくなります。

一方、心の平和を求めていくと、求めれば求めるほど限りなく心の透明感が増していき、幸福を感じるようになっていきます。

心の達人を仏教では阿羅漢と呼びますが、阿羅漢の状態になったときに、至福を感じるようになります。

財物は人生を快適に過ごすための手段に過ぎません。上を見ても下を見てもきりがありません。あくまでも自分の実力相応のところで止めておけば、物欲も抑えられてきます。

これが小欲知足の考え方ですが、小欲知足で人生を過ごしていけば、その先は人生を勝利する事になっていきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月19日 (日)

「マーキュリー通信」no.2317【Bob Sugayaのワンポイントアップの英語術-29「完璧な英語よりコミュニケーションの英語を優先する」】

日本人は文法から英語を学ぶせいか完璧な英語を求める人が多いようです。

私はビートルズの歌をよく歌いますが、結構文法的に間違っている歌詞も散見されます。

大事なことは相手に英語が通じるかどうかです。

逆の立場で考えるとよく分かります。外国人がたどたどしい日本語を話しても、それを理解しようと努めます。分からなければ、聞き直します。

英語もこの感覚で良いのです。native speakerとの会話を通じ、英語をどんどん覚えていけば良いのです。

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

カナダ三井物産駐在の頃、住友商事の駐在員が飲酒運転の検閲で呼び止められました。
警察官から、"Did you drink?"と聞かれ、彼は"No, I don't"と応えました。

すると警察官は、時制を間違えるほど飲酒していたのかと勘違いされ、一晩留置場で過ごしたそうです。

この場合には正しい英語を話さなければいけないですよね(*^^*)

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月18日 (土)

マーキュリー通信」no.2316【奇人変人の異見-220「脳軟化症状態の2人の元総理」】

細川元総理が反原発で小泉元総理と意見が一致し、東京都知事選に立候補することを決めました。

しかし、立候補する場所が違うのではないでしょうか。

原発問題は国政問題です。東京都には原発施設は1基もありません。

東京都民の目線で考えるなら、原発停止により、電気料金が値上がり、都民及び企業は大迷惑

です。

更に、原発の再稼働を認めなければ、再び電気料金が値上がりとなり、これに消費増税が加わり産業界及び都民への負担増となります。そして、景気の足を引っ張ることになります。

金持ちには庶民の気持ちが分からないのでしょうね。

一方、細川元総理は、東京オリンピック辞退をぶち上げました。

この人は、反原発と東京オリンピック辞退で、日本をつぶす気なのでしょうか。

私は東京生まれの東京育ちの生粋の東京都民ですが、熊本県民のお殿様に東京都民の夢を壊して欲しくないです。

東京都知事選の争点は、東京オリンピックの成功と、いつ起こるとも分からない首都直下型地震対策です。

消費増税が景気の足を引っ張ることになりますが、これを最小限に食い止め、成長軌道に乗せることも、政府自民党と車の両輪で引っ張っていくリーダーシップの発揮が求められています。

それにしても、賄賂で辞退した猪瀬都知事の後に、佐川急便の賄賂で退陣した細川氏が東京都知事に立候補するというのは、皮肉な巡り合わせですが、このお殿様には世間の常識が通じないようです。

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

朝日新聞は自他共に認める反安倍勢力です。安倍首相退陣のためには、手段を選ばない様です。今回の細川、小泉元総理で話題をさらい、安倍首相退陣に追い込もうとしているのでしょうか。

朝日新聞にとっては、日本や東京都がどうなることより、安倍憎しの怨念を晴らすことの方が優先しているようです。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月17日 (金)

「マーキュリー通信」no.2315【ワンポイントアップの仕事術-111「仕事のできる人は時間がないとは言わない」】

よく仕事のできる人の所に仕事が集中し、できない人の所には仕事が行かないと言います。

確かにそうだと思います。

仕事のできる人は、いかに生産性を上げるか、効率よく仕事をするかに注力します。

一方、仕事のできない人は、自分の所に来た仕事を後生大事にします。そして、無駄話が多く、集中力に欠けます。

以前、H社の顧問をしていたときに、I氏はたくさんの覚書を毎回一から作成していました。I氏はパソコンが苦手で、左右の人差し指を使ってキーボード入力していました。その為、1つの覚書を作成するのに2時間もかかっていました。

私が、見るに見かねてI氏にOffice2003には置換機能があり、契約者名、住所等置換できるものは置換機能を使えば直ぐに覚書の作成ができることを教えました。

一方、H社では愛煙家が多く、1時間毎愛煙家が集まり、談笑していました。喫煙時間は10分程度ですが、1日に換算すると1時間以上となります。

これだけでも生産性はかなり落ちます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月14日 (火)

「マーキュリー通信」no.2314【正確な中国情報を得る為には】

日本のマスコミは中国と日中記者交換協定を結んでいます。協定では、中国側に都合の悪い情報を報道すると出入り禁止となります。

その逆に中国がいかにでたらめな反日報道をしてもおとがめはないという一方的な不平等協定です。

このため、正確な中国情報を得るためには、大手マスコミ以外から情報入手することが肝要です。

昨年までは、四川省出身の元中国人の鳴霞女史の月刊中国を購読していました(年間購読料5000円)。

月刊中国からは、少数民族のウィグル、チベット、内モンゴルの虐待殺戮情報、官僚の天文学的数字の汚職情報、世紀末的な環境汚染、食品汚染実態、人食い人種情報他中国の恐ろしい実態が手に取るようにわかります。本誌は気の弱い人にはお勧めできません。あまりの衝撃情報が多く、身の毛がよだち、気が動転し、吐き気を催す人も出ると思います。

今年の元日に靖国神社に参拝に出かけたところ、中国情報紙「大紀天時報」の見本誌をいただきました(月2回発行、年間購読料5500円、半年3000円)。
内容をチェックしたところ、月刊中国で慣れている私にとり、特段驚くことはなく、中国の現実を正確に把握できます。
本紙は全世界36カ国で報道され、発行元は、神韻芸術団という日本人もよくご存じの団体です。

1月9日号では、中国政府による法輪功学習者の大量虐殺と臓器販売を取り上げていました。殺された死体は一体100万ドルで売られ、摘出された臓器は80万ドルで売却されているそうです。

習近平政権は、臓器販売関係者を摘発しようとしているのですが、トップを逮捕すると江沢民につながり、今度は自分の首が危うくなるので、頭を悩ましているようです。

中国の尖閣を通じた日本侵略はあるのかどうかいろいろな情報が飛び交っています。

日本を核攻撃しろという軍部強硬派から、中国経済に多大な影響を与えると考える現実派まで各種議論が取り交わされています。

中国は共産党一党独裁の全体主義国家であり、民主国家ではありません。日本侵略、核攻撃は、経済音痴の軍部が暴発する可能性も視野に入れておく必要があります。

もし、日本が侵略された場合、米国が安保条約の下、守ってくれるかどうかは、米中関係にもより、絶対とは言い切れません。

企業として大事なことは、中国駐在員は、中国側からみれば、いざという時の人質であり、生命に関わることも十分あり得ます。

そのために、企業は中国情報をあらゆる手段を通じ仕入れ、最悪の事態も想定した対応を常日頃とっておくことが肝要と思います。

無神論国家の中国では、前述の臓器売買にみられるように、人間は物と同じに考えており、日本人の一人や二人殺すことなど何とも思っていないことを企業のトップは肝に銘じておく必要があります。

もし、日本が侵略されたら、言論の自由はなくなり、少しでも反政府の言動をしたら、容易に殺されることを認識する必要があります。

もし、私のこのメルマガが中国当局に見つかったら、刑務所行きで、ひどい拷問の末、死に至ることは十分考えられます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月11日 (土)

「マーキュリー通信」no.2313【経験から学ぶマンション管理の重要性-29「マンションの良さの1つが人間関係」】

私が住むライオンズシティ池袋は築19年目のマンションです。

私は管理組合の初代理事長に就任し、現在で4回目の理事長を務めています。

ライオンズシティ池袋の前のマンションは、630世帯の大規模マンションだったので、人間関係が希薄でした。又、私自身管理組合の活動にも無関心でした。

しかし、ライオンズシティ池袋は60世帯の小さなマンションなので、初代理事長の時に住民同士のコミュニケーションを重視しました。

最大の理由は、防犯対策です。お互いにコミュニケーションが良いと、これが防犯面に役立っています。

事実、入居当初は泥棒が頻発していましたが、その後住民同士のコミュニケーションが良くなってからは泥棒の話は聞きません。

一方、私が第2回目の理事長の時、今から13年前の事でした。前理事長が正義感の強い女性でした。

ライオンズシティ池袋は、ペットの飼育は禁止されています。そこでその女性理事長は、ペット飼育者に、「ペットを今すぐ処分するか、さもなくばマンションから立ち退け」と強硬姿勢をとりました。

その結果、マンション内人間関係が強硬派との間でぎくしゃくとしてきました。

その状態で私に理事長がバトンタッチされました。

私は、「一代限りのペット飼育を認める」という温情裁定で、管理組合総会で組合員の承認を取り付けました。そして、マンション内のぎくしゃくとした人間関係も治まりました。

私が理事長職を務めるときは、少数派の意見も最大限に尊重し、その意見に沿った形の解決策を模索していきます。

大半の人は、大勢に従うのですが、少数の強硬派の意見を尊重した理事会運営をしないと、マンション内の人間関係がぎくしゃくとしてしまうことを身をもって経験しているからです。

ビジネスの場では、理屈で通ることが多いのですが、マンションの管理組合の運営は、主婦も多数おり、理屈だけでは通らない事の方が多いので、その辺に最大の神経を使っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月10日 (金)

マーキュリー通信」no.2312【ワンポイントアップの経営術-81「重大な変化を読み取る」】

新年に入り既に10日目です。新年の抱負を書き、それに基づき実行している経営者も多いと思います。

ピーター・ドラッカーは、「既に起こった未来」という造語を提唱しています。
「既に起こった未来」を確認し、それに基づき、経営戦略の1つとして実行していく事が肝要

と考えます。

例えば、2020年の東京オリンピック。これに向けて日本人の気持ちは上昇ムードになっており、様々なビジネスが各界から期待されています。

東京オリンピックに向けて観光産業を伸ばしていこうという動きも出ています。それに伴い英会話をできるようにしたいというムードが国民に出てきています。

一方、孫への教育投資は3000万円では非課税となり、英会話ブームを後押しする事になるでしょう。

マイナス面では、中国、韓国、北朝鮮のメルトダウンが始まっています。日本の産業界は、この3国に対し、カントリーリスクを嫌と言うほど痛感し始めています。

中国のカントリーリスクに対し、脱中国の動きが顕著となっています。脱中国コンサルタントも出てきているそうです。その受け皿は東南アジア、インド、バングラデシュ、そしてロシア等です。

又、中国の尖閣侵略に備え、国防の強化とそれに伴う防衛産業も成長産業となります。防衛産業は極めて裾野の広い産業ですので、中小企業にもその恩恵が及ぶこととなります。

「既に起こった未来」を確認し、それに基づいた経営戦略を実行していくだけでも、企業は大きく変わっていきます。これは大企業でも中小企業でも言えることです。

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

細川元総理と小泉元総理が反原発で一致し、細川元総理が東京都知事選に立候補しようとしています。

反原発運動を都知事選の政争の具にするなど愚の骨頂としかいえません。原発を止めれば、電気料金が上がり、産業界の競争力をにブレーキをかけ、国民には消費税+更に電力料金値上げの税金を課す訳です。

細川元総理は首相としても失格者であり、政治家としても賞味期限をとうに過ぎた人間を今ここで引っ張り出す意味が分かりません。

都民も、小泉元総理のお得意のワンフレーズ戦略に振り回されずに、賢明な判断をすることに期待しています。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月 7日 (火)

「マーキュリー通信」no.2311【未来ビジョン・目指せ!新しい国づくり!-50「21世紀の日本の発展のキーワードは『和同開法』」

昨年の参議院選挙後に安倍首相は思い切った外交方針を打ち出すと思っていたのですが、河野、村山談話を踏襲する等かなり期待を裏切っていました。

しかし、最近の安倍首相は、「特定秘密保護法案」の成立、靖国神社参拝、そして懸案だった沖縄普天間基地の辺野古移転問題の解決等外交面でも成果を出し始めています。

さて、「21世紀の日本の発展のキーワードは『和同開法』」という言葉で私の思いをまとめ

てみました。

和同開珎とは日本最初の貨幣ですが、それを文字って『和同開法』としました。

日本という国は天照大神の治世の頃から「和」を重んじてきた国です。

調和、平和、大和・・・。大和とは大いなる調和という意味です。

しかし、戦後米国の文明文化が取り入れられ、米国の悪い面も弊害として多数現れています。

個人主義が行きすぎ、離婚が当たり前の時代となり、核家族化の進行、更には結婚しない男女が急増しています。これが少子化、そして、離婚によるシングルマザー問題、子供の成長への悪影響を及ぼしています。

今後は、極端な個人主義を是正し、大家族化志向、結婚の促進、子供は同居している祖父母が育てるという社会風潮を醸成していくことが肝要と思います。
もし、私が為政者なら、大家族のファミリーを取り扱った連ドラのスポンサーに政府がなり、

大家族回帰の風潮を作っていきます。

2番目の「同」は、ASEAN+ロシア、豪州、モンゴル、ネパール、ブータン、インド、バングラ

デシュそして台湾との連携強化、同盟関係を結び、これらの地域との互恵の下に共存共栄関係を推進していきます。即ち大東亜共栄圏の復活です。
本来は、中韓も入れたいところですが、戦前の日本が与えた大恩をこの2国は忘れ、恩を仇で返す反日主義を貫いているので、当面は放っておくことです。

これらの国との互恵関係を進めていけば、パワーオブバランスが崩れ、中韓の反日体制も改めざるを得なくなるかもしれません。中国は3年以内に崩壊すると予測する中国専門家もいます。

安倍首相は、就任以来この方向に沿った外交政策をとっているので、更に国防強化も含めた共同体構想を推進していくことが肝要と思います。

「開」は、改革開放の「開」です。
政府が進める社会保障と税の一体改革を裏返せば官僚支配の強化と同義語です。我が国は着実に社会主義国家へ向けて突き進んでいます。

社会保障と税の一体改革の逆は、自立型社会の構築です。前述の大家族主義もその1つです。

年金のない時代には、親が子供を養い、その親が歳をとると子供が親の面倒を見ながら子供も育てていくという社会の仕組みでした。

今後はそれを推し進め、両親を養う大家族世帯には、相続税を免除するとかいった税制面での優遇措置を講じていけば自ずとそういう方向に向かっていきます。

高齢者に関しては、生涯現役社会を推進していきます。その一環として年金預託制度を創るのです。
現在支給されている年金をいざという時のために取っておくのです。生前に遺書を書き、使わなかった年金は、社会福祉施設への寄付等をするのです。それを称えて天皇陛下からの感謝状を生前に授与するのです。

認知症の最大の原因は、社会から必要とされなく、毎日何もすることがなく余生を送ることです。
生涯現役人生を送ることで、認知症老人の数は減少していきます。もちろん生涯現役人生とは、その人の状況に応じて、労働、趣味、ボランティア活動をバランス良く行えば良いのです。

もう1つはベンチャー起業家の輩出、育成です。これを税制面、財政面、制度面で推し進めていくのです。そして、敗者復活を許す社会的風潮を醸成します。倒産は勲章なのだ、倒産はかっこうよいという風潮を作っていくのです。

最後の「法」は、憲法改正です。日本国憲法は海外からいつ侵略されてもおかしくない極めて危険な憲法です。
中国側は、尖閣諸島は中国の領土であり、沖縄は琉球自治区と喧伝しています。今後、尖閣諸島に日本が侵入したことを理由に中国側から戦争を仕掛けてくる可能性は十分あり得ます。

その為に、日本国憲法を一旦廃止し、聖徳太子が創った17条憲法をベースに、現代にマッチした形に改定するのです。17条憲法はまだ廃止されずに生き残っているそうです。

『和同開法』を進めることで、明るい日本の未来が待っていると私は固く信じています。

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

アベノミクスは、私が応援している幸福実現党の政策の大半をまねています。

幸福実現党広報本部長大門未来さんの「ミキチャンネル」がスタートしましたので、下記URLからご覧下さい。若くて美人の大門未来さんの和服姿が見ることができます。
https://www.youtube.com/watch?v=bZs9IOr7Zpk

第1回目は、天皇陛下の四方拝についてです。
天皇陛下は元日5時半に、伊勢神宮の方向に向かい、天照大神に国民の幸福を祈ります。これが「四方拝」です。
これは天皇家の伝統行事です。古来、天皇陛下が国民の幸福を祈り続けています。そのような国は世界にただ1つしかないそうです。

そういう意味で、日本は天皇陛下を中心とした宗教国家であることを再認識すべきと思います。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月 5日 (日)

「マーキュリー通信」no.2310【幸福になれない症候群-9「他人を裁く人は自分も不幸にします」】

先ほど同じマンションに住むペットを飼う女性の高齢者から新年の挨拶をしました。すると彼女は開口一番、「Hさんが、あなた又新しいペットを飼っているんでしょう。」「まだ、今まで

のペットを飼育中よ!」、「犬がそんなに長生きするわけがない!」との応酬があったそうです。

当マンションでは、ペット禁止ですが、13年前私が理事長の時に、「現飼育者に限り一代限りの飼育ならOK」の温情裁定を出しました。

Hさんは現在66歳の一人暮らしの女性。非常に正義感の強い人で、曲がったことが大嫌いな性格です。その性格が災いして、相手の気持ちに配慮せず、本音をずばっ、ずばっと相手にぶつけます。

当マンションではうるさ型の女性として恐れられていますが、皆関わりたくないので、腫れ物に触るような感じで対応しています。

Hさんの場合、結局自分を不幸にしていることになります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「マーキュリー通信」no.2309【人生100年時代をぴんぴんころりで楽しく生きる法-48「健康寿命を意識して生きる」】

今朝のTV番組「健康カプセル 元気になる時間!」(TBS 毎週日曜日7時半~8時)で健康寿命を取り上げていました。

健康寿命とは心身共に元気で長生きできる年齢のことです。

日本人の平均寿命は、男性が約80歳、女性が約87歳です。しかし、最後の10年間は寝たきり認知症老人となります。

健康寿命を保つには、正しい生活習慣と規則正しい栄養的にバランスの取れた食事、そして運動です。もちろん喫煙は健康寿命の大敵です。

20代の不摂生は年取ってからの健康寿命に影響するそうです。長年の不摂生は血管に影響を与え、高血圧を始めとする様々な生活習慣病をもたらします。

私は週1回タニタの体重計で体重、体脂肪率等をチェックしています。
本日の測定結果は、体重が60.7kg,体脂肪率15.3%でした。

タニタの体重計では私の体内年齢は38歳と表示されました。これはその他の測定値(基礎代謝量、筋肉量、骨量)が30代後半のスコアだったからです。

私は毎朝30分の運動を実施し、最後は私の住むマンションの9階まで1段おきに駆け上り、そして下ってきます。

私自身も商社マンとして40代半ば頃迄は結構不摂生していました。しかし、18年前から予防医学の重要性に気づき、日々実践しています。その結果、私の健康データはほぼ理想的な状態となっています。

健康寿命はその人の見かけにも現れてくるそうです。おおよその判断として、見かけが年より若く見える人は健康寿命も長くなり、逆に年より老けて見える人は健康寿命も短くなるそうです。それは内臓や血管の若さが肌を通して外見に表れてくるからです。

人生の最後の10年、寝たきり認知症老人になると、周囲の人に迷惑をかけます。そうならないためにも、普段の生活習慣が重要です。

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

昨日、義母の誕生会が横須賀の馬堀海岸のグループホームで行われたのでお祝いに行きました。ここのグループホームは良いグループホームと言えます。

しかし、一方で入居中の高齢者が家族の元へ帰りたくならないような様々なノウハウがあります。例えば、家族との面談は、グループホームの許可がないと勝手に会えません。
昨日も義母と一緒に写真を撮ったのですが、写真を義母に渡すことはできません。これは、家族の基へ帰りたいと思う引き金になるからです。
グループホームの出入り口は、鍵がかかっており、入居者が勝手に外出できないようになっています。いわば軟禁状態です。

グループホームの高齢者は何もやることがないので、ぼけていく一方です。重度の要介護度となると生ける屍といった感じです。そして、家族からも見放されている高齢者が多数います。

結局、いくら介護老人に良いサービスのグループホームでも、結局痴呆老人の養成所となっていると感じました。

私は、脳を使わずなにもやることのない毎日を続け、薬に頼っていると痴呆老人、要介護老人になってしまう仕組みのことを「無脳薬栽培」と呼んでいます。

そうならないためにも、健康寿命の大切さを思い知らされました。

◆◆◆◆◆最近のboblog「マーキュリー通信」◆◆◆◆◆

1月2日 年金程度で暮らせる心身共に元気な高齢者向けシェアハウス-7「今年は忍耐の年」
1月3日 幸福になれない症候群-8「直ぐに周りに当たり散らす人」
1月4日 年金程度で暮らせる心身共に元気な高齢者向けシェアハウス-8「社会参加することが最高の元気の素」

過去の記事は、下記URLからご覧いただけます。
           http://mercurytsushin.cocolog-nifty.com/

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月 4日 (土)

「マーキュリー通信」no.2308【年金程度で暮らせる心身共に元気な高齢者向けシェアハウス-8「社会参加することが最高の元気の素」】

最近仕事で知り合った85歳の高齢者の方がいます。この方は、100歳まで生きると公言し、85歳とは思えぬエネルギッシュな方です。

この人と会うと、90%はこの人が話し続けます。

放っておくと際限なく話が進むので、途中でカットインするには、「その話は先ほど伺いまし

たが」と言うと止めてくれます。

しかし、このおしゃべりがこの方の元気の源になっているようです。

自分で生涯現役と思い、その通り行動していると、やはり元気なってきます。

私が企画推進中の高齢者向けシェアハウス「ユートピア館」は、社会参加型のシェアハウスです。

社会参加の方法は、その人の個性、適正にあった形で行っていきます。

まだ仕事がしたい高齢者には仕事を、趣味を活かしたい高齢者には趣味を、ボランティア活動で社会貢献したい高齢者にはボランティア活動を提供します。

尚、「ユートピア館」では、高齢者を「幸齢者」又はアクティブ・シニアと読んでいます。

つまり幸せに歳を重ねていく人という意味です。

アクティブ・シニアはぼけ知らずです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月 3日 (金)

「マーキュリー通信」no.2307【幸福になれない症候群-8「直ぐに周りに当たり散らす人」】

時々、直ぐに周りに当たり散らす人を見かけます。ある程度気の許せる人間関係の場合に、よく起こるのですが、しかしそれにも限度があります。

このような性癖の人は、周りの人に甘えていると言わざるを得ません。

周りにいる人は、その人が当たり散らし始めると、又、始まったと敬遠し始めます。

この時、コミュニケーションは切れています。

こういう性癖のある人は、決して幸福になれません。極めて自己中心的な人です。

それではどうしたらこういう悪癖を直すことができるでしょうか。

それは相手の立場に立って考えることです。

自分がそのようなことをされて果たして嬉しいかです。

そう考えたときに、当たり散らすことを思いとどまるようになってきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月 2日 (木)

「マーキュリー通信」no.2306【年金程度で暮らせる心身共に元気な高齢者向けシェアハウス-7「今年は忍耐の年」】

昨年「年金程度で暮らせる心身共に元気な高齢者向けシェアハウス」を2015年末に第1号館を完成させることを決意しました。
そして、その準備に企画推進してきました。

「ユートピア館」建設には3つの課題があります。

1つ目は、建設資金の確保です。
2つ目は、物件確保です。
3つ目は、集客です。

この3つの課題の基に、企画推進してきましたが、やはり1つ目の資金確保が最重要だと分かりました。

今年はその資金確保に明るい見通しが立ったので、気持ち的はモチベーションが上がっています。

しかし、何事も下駄を履くまでは分からないと言います。

更には、資金確保の後の物件確保が重要です。

今年は紆余曲折がいろいろとあると思っており、その意味では、忍耐の年と思っています。

2014年は、忍耐の年とも読めます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月 1日 (水)

「マーキュリー通信」no.2305【向 春】

本年5月に65歳となります。世間的には高齢者の仲間入りですが、生涯現役人生をエンジョイしている私は、自分を「幸齢者」と呼んでいます。

ケンタッキーフライドチキンの創業者カーネル・サンダースは65歳の時に起業し、世界最大のフライドチキンのチェーン店を築き上げました。

今年も年商10億円企業10社輩出プロジェクトの推進と、私自身シニア起業家として、元気な「幸齢者」向けシェアハウス「ユートピア館」の企画を推進中です。来年末には 1号館が完成の予定です。

完成したら3ダースのキャンドルに点火して祝いたいと思います♪d(⌒〇⌒)b♪

今年はもう1つの目標を掲げました。

カナダから帰国して30年となりますが、30年間あまり英語を使わなかったので、カナダ駐在当時と比べ、英語力が2~3割落ちていると思います。

たまたまビジネスで遠藤メソッドという英語力を引き上げるツールと出会いましたので、遠藤メソッドを通じ、カナダ駐在当時以上の英語力に引き上げようと思っています。

昨年の速読法、そして今年の遠藤メソッド、この2つはシナジー効果を生むものと思っています。

今年も皆様のご健勝とご多幸をお祈り申し上げます。
本年もよろしくお願い申し上げます。

平成26年元旦
起業革命コンサルタント
最勝の経営参謀役 菅谷信雄

※このメルマガが届く方の中には、喪中の方もいると思いますが、喪中の方を分けることは事実上厳しく、ご容赦の程よろしくお願い申し上げます。

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

中国からのサイバー攻撃が激しさを増しています。特に年始が標的だそうです。

友人情報では、下記ソフトがインストールされている場合は、速やかにアンインストールされ

、できればPC自体の復元・リカバリーした方が良いとのことです。

・Baidu
・Baidu Soba Search Bar
・Simeji
・QQ(本体のみなら。。。平気かも。。。)
・SSReader
・Xunlei Thunder DapPlayer(「迅雷」)
・PPSTream
・GLChat
・Qvod Player

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »