« 「マーキュリー通信」no.2307【幸福になれない症候群-8「直ぐに周りに当たり散らす人」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.2309【人生100年時代をぴんぴんころりで楽しく生きる法-48「健康寿命を意識して生きる」】 »

2014年1月 4日 (土)

「マーキュリー通信」no.2308【年金程度で暮らせる心身共に元気な高齢者向けシェアハウス-8「社会参加することが最高の元気の素」】

最近仕事で知り合った85歳の高齢者の方がいます。この方は、100歳まで生きると公言し、85歳とは思えぬエネルギッシュな方です。

この人と会うと、90%はこの人が話し続けます。

放っておくと際限なく話が進むので、途中でカットインするには、「その話は先ほど伺いまし

たが」と言うと止めてくれます。

しかし、このおしゃべりがこの方の元気の源になっているようです。

自分で生涯現役と思い、その通り行動していると、やはり元気なってきます。

私が企画推進中の高齢者向けシェアハウス「ユートピア館」は、社会参加型のシェアハウスです。

社会参加の方法は、その人の個性、適正にあった形で行っていきます。

まだ仕事がしたい高齢者には仕事を、趣味を活かしたい高齢者には趣味を、ボランティア活動で社会貢献したい高齢者にはボランティア活動を提供します。

尚、「ユートピア館」では、高齢者を「幸齢者」又はアクティブ・シニアと読んでいます。

つまり幸せに歳を重ねていく人という意味です。

アクティブ・シニアはぼけ知らずです。

|

« 「マーキュリー通信」no.2307【幸福になれない症候群-8「直ぐに周りに当たり散らす人」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.2309【人生100年時代をぴんぴんころりで楽しく生きる法-48「健康寿命を意識して生きる」】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181862/58869631

この記事へのトラックバック一覧です: 「マーキュリー通信」no.2308【年金程度で暮らせる心身共に元気な高齢者向けシェアハウス-8「社会参加することが最高の元気の素」】:

« 「マーキュリー通信」no.2307【幸福になれない症候群-8「直ぐに周りに当たり散らす人」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.2309【人生100年時代をぴんぴんころりで楽しく生きる法-48「健康寿命を意識して生きる」】 »