« 「マーキュリー通信」no.2342【人生に勝利する方程式-102「絶えず自らにイノベーションをかけ続け、自己成長していく」】 | トップページ | 【ワンポイントアップの営業力-39「顧客の意見はヒットの泉」】 »

2014年2月24日 (月)

「マーキュリー通信」no.2343【ワンポイントアップの営業力-38「段取り力をつける」】

段取りの善し悪しで営業がスムーズにいったり、トラブルの原因となったりします。

段取りは、営業活動のあらゆるシーンで発生しています。

例えば、アポ取りの際の待ち合わせ場所、時間、資料等、これも誰と会うかによってもいろいろと異なってきます。

プレゼンは、誰を中心に説明すべきなのか、プレゼン内容等こちらもいろいろと詰めが必要になってきます。

特に重要プレゼンとなると、段取りには細心の注意が必要となります。

そして、受注したら、今度は納期に至るまでの各種段取りが必要となってきます。営業パーソンは、顧客の窓口となって、社内、取引先等と様々な段取りを行います。

この段取りを顧客のニーズに合う形で実施していきます。

この一連の流れがプロセスとなりますが、これを業務フローとして確立できると、生産性は上がります。

業務フローがしっかりできていることは、会社の総合力も上がっていることになり、顧客から見ると、当の営業パーソンの営業評価につながります。

|

« 「マーキュリー通信」no.2342【人生に勝利する方程式-102「絶えず自らにイノベーションをかけ続け、自己成長していく」】 | トップページ | 【ワンポイントアップの営業力-39「顧客の意見はヒットの泉」】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181862/59191794

この記事へのトラックバック一覧です: 「マーキュリー通信」no.2343【ワンポイントアップの営業力-38「段取り力をつける」】:

« 「マーキュリー通信」no.2342【人生に勝利する方程式-102「絶えず自らにイノベーションをかけ続け、自己成長していく」】 | トップページ | 【ワンポイントアップの営業力-39「顧客の意見はヒットの泉」】 »