« 「マーキュリー通信」no.2464【奇人変人の異見-229「やはり恐れていた通りになりまし た」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.2466【靖国神社を2年連続8月15日に参拝して感じたこと】 »

2014年8月15日 (金)

「マーキュリー通信」no.2465【終戦の日に思う】

昨年に続き8月15日終戦の日に靖国神社に参拝しました。今年は初めて昇殿参拝をさせていただきました。

まずは日本の国防のために、文字通り身命を賭して青春に命を捧げた英霊達のご冥福を  お祈りしました。  次に、平和に対する感謝の奏上と2度と戦争をしてはいけない為の不戦の誓いです。但し  、今や中国に侵略の脅威は日に日に高まっているので、一日も早く国の基本である集団  的自衛権を行使できるよう祈りました。そして、米国占領軍により押しつけられた偽の  平和憲法を廃止し、真の平和を希求する新しい憲法の制定です。

よくA級戦犯が合祀されているから靖国神社参拝を拒否する人がいます。しかし、A級戦

犯という用語は、戦勝国側が勝手につけた用語で、国際法上は認められたものではあり

ません。事実、A級戦犯だった重光葵、岸信介氏等は戦後名誉回復し、岸信介氏は首相にもなっています。

私はこの季節になると、大東亜戦争関連の図書を読みます。

昨年映画「永遠のゼロ」が大ヒットしたので、今年は宮本雅史著「海の特攻「回天」」

と「特攻と遺族の戦後」(いずれも角川文庫)を読みました。
その他、
「太平洋戦争とは何だったのか」(クリストファーソーン著    草思社)、
「昭和の動乱」(重光葵著、中公文庫)、
「歴史を知らない政治家が国を滅ぼす」(渡部昇一著、致知出版)、
「日米中アジア開戦」(陳破空著、文藝春秋)、
「日本人は世界から尊敬され続けるのか」(黃文雄著、徳間書店)、
「天に誓って南京大虐殺はあったのかアイリス・チャンの霊言」(大川隆法著、幸福の

科学出版)、
「集団的自衛権はなぜ必要なのか」(大川隆法著、幸福の科学出版)、
「幼児化する日本社会」(榊原英資著、東洋経済新報社)、
「反日思想歴史の真実」(挙骨拓史著、扶桑社)、
全部で11冊読みました。

戦後の日本はGHQの洗脳思想により、日本は太平洋戦争でアジア近隣諸国を侵略し、悪い

国家だったという自虐史観をすり込まれてきました。

しかし、歴史的事実を勉強していくと、日本は欧米諸国の植民地主義に対抗し、アジア

諸民族の人種的平等と経済的発展繁栄を掲げ大東亜共栄圏を打ち立てようとしました。

しかし、これを良く思わない欧米諸国に阻止されました。そのため、ABCD包囲網(アメ

リカ、英国、シナ、オランダの頭文字)により石油を始めとする戦略物資の輸入を断た

れ戦争をせざるを得ない状況に追い込まれました。
もし、欧米の要求をそのまま呑んでいたら、1000万人の日本人が職を失い、餓死すると

も言われていました。
従って、今では大東亜戦争は、決して侵略戦争ではなく、自衛戦争と位置づけられるこ

とを海外の多くの識者も認めています。
※太平洋戦争は米国の用語で、正しくは大東亜戦争です。

又、真珠湾攻撃は、今ではアメリカのルーズベルト大統領が仕組んだワナという説も有

力です。

日本悪者説に悪のりしているのが、左翼のマスコミです。その中で最大の罪は朝日新聞

による「従軍慰安婦問題」と「南京大虐殺事件」捏造記事事件です。

両事件とも、多くの有識者が捏造であることを訴えてきましたが、朝日はかたくなに拒

絶してきました。
しかし、最近になって「従軍慰安婦問題」の基となった「韓国・済州島で強制連行した

」などとする吉田清治氏(故人)の証言を嘘であるとようやく認めました。

しかし、それでも「従軍慰安婦問題」全体の捏造に対する反省と謝罪はしておらず、今

政治的に大きな問題となりつつあります。

この2つの捏造記事は、中韓両国に政治的に利用され、中韓は世界的に日本悪者説を普

及しようとしています。

その意味で、朝日新聞の罪は重く、同紙を廃刊するくらい重大な問題と考えます。

朝日新聞が生き残るためには、これまでの間違った左翼報道を深く反省し、正しい歴史

観を国民に伝えることが朝日新聞生き残りの唯一の道と考えます。

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

「従軍慰安婦問題」と「南京大虐殺事件」捏造問題を、5年前の結党以来訴えてきたのが

幸福実現党です。

同党は、国民受けする政策を掲げ票になることを優先するより、票にならないこのよう

な問題も採り上げてきました。

もちろん経済成長の為の具体的提言も掲げ、その大半はアベノミクスに採用されている

日本の国益を真に考えた政策中心の政党です。

現在の党首は釈量子さんですが、この度「釈量子を国政に送り出す会」の幹事団の一人

に加わり、彼女を応援しています。釈量子さんこそ、心より政治家になって欲しい人で

す。

釈量子さんを資金面でも支援するために、8月30日(土)18時より明治記念館で記念講演会

&交流会を開催することとなりました。(参加費1万円)

釈量子さんを応援したい方は、私宛にメールをいただけましたら幸いです。
美人党首との評判で、スピーチのうまさは安倍首相以上です。

150~200名の人が参加予定ですので、異業種交流会のつもりでお気軽にご参加ください

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

|

« 「マーキュリー通信」no.2464【奇人変人の異見-229「やはり恐れていた通りになりまし た」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.2466【靖国神社を2年連続8月15日に参拝して感じたこと】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181862/60149914

この記事へのトラックバック一覧です: 「マーキュリー通信」no.2465【終戦の日に思う】:

« 「マーキュリー通信」no.2464【奇人変人の異見-229「やはり恐れていた通りになりまし た」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.2466【靖国神社を2年連続8月15日に参拝して感じたこと】 »