« 「マーキュリー通信」no.2465【終戦の日に思う】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.2467【人生に勝利する方程式-112「自分自身が自らの人生の舵 を取っていることに気づく」】 »

2014年8月16日 (土)

「マーキュリー通信」no.2466【靖国神社を2年連続8月15日に参拝して感じたこと】

今年は同じ敷地内にある遊就館で「大東亜戦争70年展Ⅲ」を開催していたので、そちら

を訪ねました。

靖国神社は、明治2年に明治天皇が国の為に尊い命を捧げた英霊達をお祀りする為に建て

られた神社であり、その考え方は現在でも変わりありません。
大東亜戦争の兵士達は、「靖国で会おう」を合い言葉に身命を賭してで戦地に赴きまし

た。従って、靖国神社は、国防のために我々子孫のために戦った英霊に感謝し、英霊の

御霊を祀る必要不可欠唯一無二の神社といえます。

遊就館を訪ねることでこれまでの学んできたことを再認識すると同時に理解を深めるこ

とができました。

大東亜戦争は、決して侵略戦争ではなく、米国から最大の戦略物資の輸出を止められて

、やむなく始めた自衛戦争でした。

その目的は、欧米の植民地主義を阻止し、アジアの同朋と人種差別のない互恵関係を重

視した共存共栄を目ざした戦争でした。

日本は戦争に負けましたが、アジアの同朋は次々と独立していきました。その意味では

、日本は勝利したといえます。

その証拠に、アジア諸国は中韓を除き皆親日国家です。

その中韓も、日本は多額の税金を投入し、インフラを整備し、両国の発展に多大なる貢

献をしました。
中韓が現在発展できる基礎は全て戦前の日本による投資のおかげであり、反日政策は、

国内の不満を外国に向ける手段として使っているに過ぎず、現在の中韓政権の強硬な反

日政策はまさに「恩を仇で返す」ことに他なりません。

昨日の毎日新聞では、未だA級戦犯と日本の侵略戦争という言葉を使っていましたが、不

勉強も甚だしいです。

A級戦犯は、戦勝国側が勝手に使った用語であり、今では米国さえ誤りを認めています。

毎日新聞を始めとする左翼紙はこの「大東亜戦争70年展Ⅲ」を見て、もっと勉強してほ

しいものです。

零戦、人間魚雷「回天」等の特攻隊員は、皆日本を守るために、文字通り身命を賭して

敵機米軍艦隊に突っ込んでいきました。

彼らの残した家族宛の遺書を読みました。

皆、自分の職務に責任と誇りを感じていました。

中でも一番感激したのは、札幌の母親が、沖縄戦で戦死した息子のために、靖国神社に

花嫁人形を贈ったことです。独身で死んだ息子を悼む母親の愛情がひしひしと伝わって

きます。
それ以降、靖国神社には多数の花嫁人形が贈られ、飾られています。

ここを訪ねた人の多くは私も含め涙しています。

左翼のマスコミに問いたい。
もし、家族宛の遺書や息子を思い花嫁人形を贈った母親の思いを読み、何も感じないよ

うならあなたたちは日本人ではない。早く日本国籍を捨て、嫌いで嫌いで仕方がない日

本を脱出したら良い。少なくとも反日記事で儲けることだけは止めて欲しい。

戦前のマスコミは、日本軍の敗色濃厚となったときでも、日本軍の戦果を伝え、国民を

欺いてきました。

戦後のマスコミは、これだけ中国の侵略の脅威が迫っているにも関わらず、事実を報道

しようとしません。相変わらず中韓に媚びを売った報道が目立ちます。

今回、「大東亜戦争70年展Ⅲ」を拝見して、これこそ日本の正しい歴史認識であり、安

倍内閣は中韓の不当な批判と行きすぎた内政干渉を恐れず、正しい歴史認識の基に歴史

教科書を作り替えていって欲しいと思います。

当然、日本の侵略戦争を認めた「村山談話」や従軍慰安婦問題の「河野談話」が間違っ

ていることは明白であり、安倍首相は1日も早く撤回して欲しいと思います。

そして、8月15日には、天皇陛下と国のトップである総理がごく当たり前のように英霊達

を追悼する習慣を1日も早く復活するよう日本のマスコミも英霊達の為に論陣を張って欲

しいと思います。

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

同展で有名な有識者が、「戦争は絶対にやってはいかん。但し、万一、戦争を余儀なく

された場合には、絶対に勝つべし。なぜなら、戦勝国側の論理でその国の歴史を嘘の歴

史に塗り替えられてしまうから。そのことは今回の敗戦で思い知った」と語っていまし

た。

民主主義国家の米国でさえ、言論統制と自分の都合の良いように歴史を捏造してしまう

のですから、もし、中国に侵略されたら、自由はなくなってしまいます。

昨日、靖国神社付近で法輪功や少数民族ウィグル人がチラシを配っていました。

気功で健康を取り戻す法輪功は中国政府に邪教と認定され、様々な迫害を受け、数万人

の法輪功者が拷問の末、臓器を取り除かれてきたことが国際的に大問題となっています

ウィグル人も様々な虐待を受けています。日本が唯一の被爆と勘違いしていますが、実

際にはウィグルが最大の被爆国であり、水爆実験で100万人以上の死傷者・被爆者が出て

いると推定されています。

女優夏目雅子はガンで死亡しましたが、ウィグル自治区にあるシルクロードでロケを行

った影響と噂されています。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

|

« 「マーキュリー通信」no.2465【終戦の日に思う】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.2467【人生に勝利する方程式-112「自分自身が自らの人生の舵 を取っていることに気づく」】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181862/60159983

この記事へのトラックバック一覧です: 「マーキュリー通信」no.2466【靖国神社を2年連続8月15日に参拝して感じたこと】:

« 「マーキュリー通信」no.2465【終戦の日に思う】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.2467【人生に勝利する方程式-112「自分自身が自らの人生の舵 を取っていることに気づく」】 »