« 「マーキュリー通信」no.2487【ワンポイントアップの経営術-102「燃える集団を作る」 】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.2489【奇人変人の異見-231「3Fから大きくかけ離れている現代 のマスコミ報道」】 »

2014年9月23日 (火)

「マーキュリー通信」no.2488【Bob Sugayaのワンポイントアップの英語術-44「NHKの英 語講座を活用する」】

私は英語力維持のため、毎朝の運動の際に、録画済みのNHK英語番組を見ています。両方

を同時に行うことで長続きし、習慣になっています。

カナディアンロッキーをテーマにした番組を見ていたら、次のような表現が出てきまし

た。

カナディアンロッキーでハイキングするときのルールです。

Take nothing but photographs and leave nothing but footprints.

"nothing but"は中学生の時に習った単語で、「以外」はという意味で、昔習ったことを

思い出した人も多いと思います。

上記の分の意味は、「写真以外はとってはだめ、足跡以外は残してはだめ」、つまり、

「高山植物をとってはだめですよ、ゴミを捨ててはだめですよ」ということが言外の意

味になりますが、しゃれた表現ですよね。

nothing but「以外」で覚えようとしても、とっさの時に出てきませんが、上記の表現で

覚えておけば、日常会話でも使えそうですね。

私は、NHK英語番組を見た後、気に入った表現はノートに書き留め、覚えるようにしてい

ます。こうすると使えるvocabulary(語彙)やexpression(表現)がどんどん増えていき

ます。

|

« 「マーキュリー通信」no.2487【ワンポイントアップの経営術-102「燃える集団を作る」 】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.2489【奇人変人の異見-231「3Fから大きくかけ離れている現代 のマスコミ報道」】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181862/60360938

この記事へのトラックバック一覧です: 「マーキュリー通信」no.2488【Bob Sugayaのワンポイントアップの英語術-44「NHKの英 語講座を活用する」】:

« 「マーキュリー通信」no.2487【ワンポイントアップの経営術-102「燃える集団を作る」 】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.2489【奇人変人の異見-231「3Fから大きくかけ離れている現代 のマスコミ報道」】 »