« 「マーキュリー通信」no.2492【「創レポート9月号 業界の常識・会社の当たり前は本当に正しいのか?「常識破り」で事業を進化させる】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.2494【マーケティングの父、コトラー博士の新マーケティング理論4.0とは】 »

2014年9月29日 (月)

「マーキュリー通信」no.2493【ワンポイントアップの人間力-56「人に認めてもらいた いと強く思うと、人は離れていく」】

1年を通じいろいろな人との出会いがあります。

初めての出会いでは真剣勝負となります。その人との会話を通じ、その人の実力を判断

していきます。これにプラスアルファその人の経験、実績、性格等が加わっていきます

時々、相手に認めてもらいたいために、自分は大手企業でこれだけ活躍してきたことを

PRする人がいます。

大手企業での活躍はその人を知る上で一つの判断材料となりますが、その経験を活かし

どのような人生を歩んできて、現在があり、その相手の現在に関心があるわけです。
その人の過去の栄光とつきあうわけではありません。

ここを勘違いして、会う度毎に、過去の栄光をPRして、認めてもらいたがる人がいます


人間関係はおもしろいもので、相手が認めて欲しいと思う気持ちが強いと、逆に遠ざか

っていきます。

過去の経験、実績を通じ、どのような人格を形成してきたのか、その現在の「あなた」

に関心があるわけです。長い間に積み重ねてきたその人の人間力に関心があるわけです

|

« 「マーキュリー通信」no.2492【「創レポート9月号 業界の常識・会社の当たり前は本当に正しいのか?「常識破り」で事業を進化させる】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.2494【マーケティングの父、コトラー博士の新マーケティング理論4.0とは】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181862/60393582

この記事へのトラックバック一覧です: 「マーキュリー通信」no.2493【ワンポイントアップの人間力-56「人に認めてもらいた いと強く思うと、人は離れていく」】:

« 「マーキュリー通信」no.2492【「創レポート9月号 業界の常識・会社の当たり前は本当に正しいのか?「常識破り」で事業を進化させる】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.2494【マーケティングの父、コトラー博士の新マーケティング理論4.0とは】 »