« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »

2014年10月

2014年10月31日 (金)

「マーキュリー通信」no.2519【「創レポート」孫子の戦略論に学ぶ】

毎月大好評の公認会計士伊藤隆先生の「創レポート」をお届けします。

今月は孫子の戦略論です。

経営者であれば誰しも「戦略」を意識していることと思います。
その戦略を考える際に2500年前の兵法書「孫子」を思い浮かべる方も多いのではないで

しょうか。
「孫子」は戦争を有利に戦うための「戦略の教科書」とも称されています。
時代は違えど、戦略を立てる重要性に変わりはないのです。
今月は今も昔も変わらない戦略の立て方について考えてみます。

いろいろと学びがあります。詳細は、「sr1410.pdf」をダウンロード をご覧ください。

*************************************************
  公認会計士・税理士 伊藤 隆
  【本 部】03-3556-3317
  【会計工場】059-352-0855
      http://www.cpa-itoh.com
  中小零細企業の存続と
     その未来のために・・・
*************************************************

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月30日 (木)

「マーキュリー通信」no.2518【人生に勝利する方程式-109「幸之助語録『商売道は宗教 に通ず」】

松下幸之助翁は私が一番尊敬する経営者です。

「道を開く」(PHP出版870円+消費税)は私の座右の銘の1つです。

幸之助翁は、宗教心の篤い方で、商売も宗教の考え方を基本としていました。

宗教の基本は、人を幸福にすること、だから浄財としてお布施が集まっていく。

商売もこれと同様に、人々の暮らしを高め、日々豊かに便利にする為に、人々が求めて

いる物を、精一杯のサービスを込めて提供していくものと考えています。
こういう考え方に基づき商売をやれば、商売の尊さが出てきます。

戦後の日本にも米国型資本主義が浸透し、儲けることが会社の目的化し、拝金主義とか

いわれるようになり様々な問題が起きています。

私は、今一度幸之助翁が掲げた宗教の考え方を基本とするビジネスをしていけば、売り

手も買い手も幸福になり、皆がWin-Winの関係になっていくと思います。
その時には、現代の資本主義の矛盾、問題点はなくなっていくのではないかと思います

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

松下からパナソニックに社名を変えましたが、幸之助翁の掲げたこの精神が失せてしま

うのではないかと危惧しています。

パナソニックは、一時会社の存亡危機があり、最近は業績の回復の兆しが出ていますが

、長期的には社名変更の負の影響がじわりじわりと松下の文化に影響していくのではな

いかと心配しています。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月29日 (水)

「マーキュリー通信」no.2517【ワンポイントアップの経営術-109「インスピレーション を大切にする」】

日々中小・ベンチャー企業経営者との接点がありますが、最近の特徴としてこれまでに

はなかったような革新的な技術の製品が多々紹介されてくることです。

最近、従来のナノファイバーと比べ千倍の生産性と100分の1の生産コストが他のナ

ノファイバー技術が差別化の最大要因のナノファイバー技術を紹介されました。
用途は、防音断熱、エアフィルター、防寒具、水処理、繊維製品、医療用他非常に多様

化しており、事業規模としては日本だけで20兆円は見込める巨大市場です。
東工大でインキュベーション中の素材です。

今後はいかにして世に出していくのか事業戦略、マーケティング戦略が重要となって来

ます。

昨日も顧問先で本件に関するディスカッションを行いました。

私の姿勢としてはまずは参加者の意見に耳を傾けます。その意見の中から私のイメージ

していることとのすりあわせ、調整を行っていきます。

そうすると自然と良い方向に流れが出てきます。
そして、話が一定の方向に向かったところで、クロージングの方向に持って行きます。

そういう場合にはインスピレーションが自然と働いています。

他人の意見に耳を傾け、尊重しながら、自分の意見も言うことで、話が良い方向にまと

まっていきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月27日 (月)

「マーキュリー通信」no.2516【ワンポイントアップの経営術-107「大企業出身の中小・ ベンチャー企業経営者が気をつけること」】

大企業出身の経営者の場合、当然思考と行動パターンが大企業在籍時代となります。こ

れをいち早く切り替えることができるかが成功の秘訣と言えます。

まず最初にどうしても上から目線での対応になりがちです。本人はそのつもりでもなく

、相手がどう受け止めたかです。相手がどう感じたか、その辺の空気を読むことも大切

です。

これまでは取引先も大企業の看板に頭を下げていたことに早く気がつくべきです。従っ

て、大企業の看板がなくなった時点で、早く頭を切り換えるかがポイントです。これは

なかなか一朝一夕にはできません。

但し、大企業のトップまで上り詰め、退職後も取引先も含め古巣の大企業に影響が及ぶ

なら、その影響が及ぶ間は取引先はついてきます。

次に、中小・ベンチャー企業には良い人材は来ません。福利厚生も含めた待遇面で元い

た大企業と比べ遙かに劣るからです。

従って、会社の収益力がつくまでは社長兼小遣いのつもりで馬車馬のごとく働くことが

必要となります。会社が儲かるようになってから、自分でなくてもできる部分を任せる

ことから始めたら良いと思います。

その他多々ありますが、本日は2点に止めておきます。

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

以前、大手都市銀行を退職して起業した人がいました。その社長は、大企業並みの事務

所と立派なデスクと応接セットをそろえました。

しかし、注文がとれないまま直に事務所を閉める羽目となりました。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月26日 (日)

「マーキュリー通信」no.2515【ワンポイントアップの人間力-60「金魚から無念無想の 極意を学ぶ」】

私は金魚をペットとして長年飼っています。食卓の隣に水槽を置いて楽しんでいます。

前回購入した金魚は既に5年以上が経ち、金魚の寿命が来て、3匹いた金魚が次々と死に

、とうとうオレンジ色のリュウキン1匹となりました。

他の金魚が死んで一匹となったときは少し寂しそうなそぶりをしていました。しかし、

直に慣れたようで、ひとりで悠々自適に水槽の中を泳いでいました。

昨日新しく2匹買い足しました。ついでに緋ドジョウ2匹も入れました。その時、よそ者

の進入にちょっと違和感を持ったようです。

しかし、今朝水槽を覗いてみると、3匹の金魚と、緋ドジョウはお互いに調和しながら水

槽の中を泳いでいます。

金魚の様子を見ながら人間に思いをはせてみました。

人間なら長年連れ添った家族が死んでひとりぽっちになったら、悲しみが消えるまでに

は相当時間がかかると思います。たまには写真を見て故人を偲ぶこととでしょう。

又、新たに同居した人とは、年齢も人種も違えば慣れるまでに相当時間がかかると思い

ます。

金魚の場合、難しいことを考えないのでしょう。

「無念無想」という教えが仏教にあります。

日頃の雑念を捨て、ただひたすら思うなということです。しかし、人間は何も思うなと

いっても様々な思いが去来してきます。

もし、終日「無念無想」の境地に達したときに、心はさっぱりとしてきます。そして、

涅槃寂静の世界へと入っていくことができます。

私も以前「無念無想」禅をして、涅槃寂静の境地になったことがあります。その時は、

心がきれいさっぱりし、すがすがしい境地となりました。

金魚の動きを見ているとそのような「無念無想」の世界へと誘われていきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月25日 (土)

「マーキュリー通信」no.2514【Bob Sugayaのワンポイントアップの英語術-45「氾濫する和製英語とのつきあい方」】


本日、半年ごとのオーラルケアの為に歯医者に行ったら、"change more beauty"というパンフレットが置かれていました。

日本人ならたぶん「より美しく変身しましょう」という意味として想像できるでしょうが、native speakerが見たら理解不能と思います。

skinshipというよく使う日本語も実は和製英語です。
正しい英語はclose bodily contactとなります。

さて、間違った和製英語の対処方法はどのようにしたら良いでしょうか。

余り神経質にならず、和製英語と分からず使ってみて、native speakerが理解できなかっら" Is skinship correct English word?"と聞けば良いと思います。

そうしたら正しい英語を教えてくれると思います。こうして覚えれば記憶に残ります。

これは逆のことを考えればよく分かります。外国人が間違った日本語を話したら、間違いを指摘し、正しい日本語を教えてあげたら喜ばれると思います。

尚、あなたがよく使う英単語なら事前に調べておくのも良いですね。

例えば、マンションはcondominium又はcondo,リフォームはremodel, ナイターはnight game等です。

又、セレブは日本では金持ちの意味で使われますが、英語のcelebrityには金持ちの意味はなく、有名人の意味として使われます。

こういう間違った使われている単語もその度毎に訂正していけば良いと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月24日 (金)

「マーキュリー通信」no.2513【ワンポイントアップの経営術-107「今年の巨人の戦いぶ りに学ぶ」】

今年のペナントレースは私の予想通り巨人が優勝しました。しかし、クライマックスシ

リーズで阪神にまさかの4連敗を喫し、日本シリーズ進出は叶いませんでした。

ところで、第2戦クライマックスシリーズが放映されないという異常事態が起きました。
又、今年も巨人戦はBSで放映されることが多く、時には放映されないこともありました

。かつては巨人戦はプラチナカードでしたが、今や視聴率は10%を切ることもある低迷

ぶりだそうです。

今年も巨人軍は、優勝至上主義の旗印の下、アンダーソン、セペダ等の外国人選手の獲

得と他球団から片岡、井端等有力選手を獲得しました。そのあおりを受け、成長中の中

井、藤村、太田、松本等巨人軍生え抜きの若手選手の出場機会を奪ってしまいました。

しかし、巨人ファンが望んでいるのは、生え抜き選手の活躍です。生え抜き選手中心に

その足りない部分を外人選手、他球団の有力選手で補うのが筋です。

生え抜き選手の活躍が感動を呼びます。同じ三振でも外人選手の三振より太田の三振な

ら納得します。
私も若手選手が出る試合ならわくわくしながら見ますが、外人選手、他球団中心の先発

メンバーではチャンネルを切り替えてしまいます。

さて、これを企業の経営に当てはめるなら、業界の首位をキープするために、トップが

営業部長に価格競争を仕掛けるのと似ています。コストを下げるために、品質を犠牲に

します。
商品を購入した消費者は品質の劣化に不満を持ち、次は買わなくなります。

消費者が求めるモノは「感動」です。ファンに感動を与えない試合展開が巨人離れを引

き起こしていることに首脳陣は早く気づくべきです。

今年のドラフトで、巨人は智弁学院の4番打者岡本を獲得しました。原二世を目指して、

将来は4番サードを期待される逸材だそうです。

6年前に太田が松井二世として期待されてきましたが、未だ不発です。

来年のオーダーにサード岡本とレフト太田、そして藤村、中井等若手選手が活躍すれば

巨人戦の視聴率は上がります。

試合の7割は投手で決まると言われています。多少の打撃不振には目をつむり、若手を起

用すれば、人気が上がります。
その結果、優勝を逃してもファンは納得します。

今年せっかくペナントレースで優勝してもクライマックスシリーズで負ければ、ペナン

トレース優勝の喜びも吹っ飛んでしまうことを教訓にして欲しいと思います。

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

今年、主力選手のアンダーソンがけがで戦列離脱の際に、同じキューバ出身のセペダを

獲得しました。

シーズン途中で獲得した選手が活躍することなどないことは過去の実例から見てもわか

りきっていました。まさに急場しのぎの戦力補強でしたが、これが又巨人戦をつまらな

くしました。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月23日 (木)

「マーキュリー通信」no.2512【ワンポイントアップの人間力-59「先見力を曇らせるモ ノ」】

消費増税の再値上げの議論が活発に行われています。

前回と今回は様相が異なるようです。

前回はマスコミもこぞって政府支援に回り、海外メディアも消費増税に協力していまし

た。

しかし、今回は賛否両論が活発に議論されています。

前回の消費増税は、安倍首相が財務省寄りの麻生首相に押し切られた感じでした。

財務省を始め官僚の考えることは、増税により産業界、国民を支配することです。財政

再建は大義名分に過ぎません。

常識で考えれば、増税は景気に水をかけます。国民の大半は、消費増税されれば、可処

分所得が減るわけですから、消費を抑制の方向に動きます。

こんなことは小学生でも分かる単純明快な原理です。月1000円のお小遣いは、消費増税

されればどこかで支出を抑えざるを得なくなるからです。子供はそれを現実に身をもっ

て知ります。

一方で、アベノミクスは、岩盤規制の粉砕を唱えていますが、かけ声だけは威勢良くて

も抵抗勢力の猛反対で殆ど成果を上げていません。利権構造を突き崩す勇気がありませ

ん。これを粉砕すれば消費増税など不要です。

10%の消費増税は、更に景気を悪化させ、安倍内閣は一気に崩壊していく恐れも出てき

ます。

その場合、日本の景気は一気に下振れし大恐慌に陥るリスクも出てきます。なぜなら、

安倍首相に代わるリーダーがいないからです。

安倍首相には、是非この流れを読んでほしいものです。

一部利害関係者の思惑に振り回されていると正しい判断が曇っていきます。

そして、何よりも国民の幸福を最優先に考える政策を考えてほしいものです。これは安

倍首相の人間力にかかっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月22日 (水)

「マーキュリー通信」no.2511【ワンポイントアップの経営術-106「経営者としての自分 の能力に気づくことも重要」】

これまで100社以上の中小・ベンチャー企業の経営者と様々な形で関わってきました。中

小・ベンチャー企業の場合、会社が大きくなるかどうかは社長の器次第です。

中には、経営者に向かない経営者もいます。

人に関心のない経営者、自己中心の経営者は、会社は大きく伸びていきません。

会社の成長と共に社長の仕事は忙しくなっていきます。ネコの手も借りたくなるほど忙

しくなり、人を雇っても大丈夫なほど収益力がついて来たとき、自分の代わりをやって

くれる人を採用します。

その時に大事なこととして、自分と同じ力量を期待しないことです。中小企業には社長

が期待するほど良い人材は来ません。

従って、社員に振ってもよい仕事に絞って任せ、後は社員の成長を待ちます。そして、

社長の期待値と比べどの程度貢献してくれたか、その貢献度合いに応じ、待遇を良くし

ていけば良いのです。

これが分からず社員に全てを期待する社長は、社員の反発を招き、やがて社員は離職し

ていきます。

それと大事なことはある程度財務能力を持つことです。マーケティングの第一人者フィ

リップ・コトラーは、財務的センスのない経営者は失格と明確に伸びています。

過去の顧問先でも、損益分岐点すら分からない経営者がいました。私がいくら優しくか

み砕いて説明しても馬の耳に念仏でした。

自分が分からなければ積極的に勉強すれば良いわけですが、経営者としての勉強をおざ

なりにする経営者は多数います。

そういう人は、やはり経営者としては不向きと言えます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月20日 (月)

「マーキュリー通信」no.2510【ワンポイントアップのコミュニケーション力-122「人の 悪口を言う人は天につばを吐く行為」】

私の知り合いのI社長は会う度毎に人の悪口を言います。当然私の悪口も言っています。

それが第三者経由で私の耳に入ってきます。

I社長は自己中心で自分がいつも正しいと思っています。とても頭の良い人なので、相手

が馬鹿に見えてしまうようです。従って、いつも上から目線で他人を見下しています。

そして他人に対する裁きがあります。従って、取引先に対する感謝の念がありません。

結局、人の悪口を言う人は、回り回って自分に跳ね返ってきます。いつも自分が正しい

と思っている人は反省がないので、人は離れていきます。つまり、天につばを吐く行為

をしていることになります。

いくら知識があっても、人に対する愛情がない人、即ち「奪う愛」の行為をしている人

は、周りの人は離れていきます。「そして誰もいなくなった」の世界に陥っていきます

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月19日 (日)

「マーキュリー通信」no.2509【ワンポイントアップのコミュニケーション力-121「相手 の反応を見ながら対話を進めていく」】

私の顧問先の社長が取引先代表との関係が険悪となり、全く連絡が取れない状態となり

ました。

唯一コンタクトとれる手段として、本日セミナーを開催予定なので、セミナーの開催前

に会おうということになりました。

最悪面談を拒否される覚悟で臨みました。私はE社長と事前打ち合わせをしました。そし

て、約束事を1つしました。
取引先代表との話し合いの際に、一切E社長には口を挟まないようお願いしました。E社

長は、自分の言いたいことを一方的にしゃべりまくり人の話を一切聴かないタイプだか

らです。
もし、途中で口を挟んだら、本件手を引く旨釘を刺しておきました。

さて、セミナー会場に乗り込むと、取引先代表2名がいました。彼らは不意を突かれた感

じで一瞬戸惑いを見せました。

私は名刺交換をして、「本日はセミナー前の多忙な時で時間もないので、ペンディング

事項に関する打ち合わせ日程だけを決めさせて欲しい」と直ちに切り出しました。

そして、用意していた資料を基に、要旨だけを簡単に説明しました。

取引先の両代表は、私の低姿勢に心を開き、「こちらからも言いたいことが山ほどある

ので聴いてくれるか」との反応に、「私は基本的にはWin-Winの関係をいつも考えていま

す。E社長の話はいつも聴いているので、そちらの話を今度はじっくりと聴きましょう。

」と返答すると、先方は「それでは是非お会いしましょう」と次の面談日の快諾頂きま

した。

セミナー会場に乗り込む前は、もし、アポが取れなかったら、セミナー会場に居座ろう

かとも事前に打ち合わせしていましたが、その必要はなくなったので、直ちに立ち去り

ました。

その間、わずか10分間の出来事でした。先方から見ると、嵐のように突然現れ、嵐のよ

うに突然去って行った感じで、あっけにとられた感じでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月18日 (土)

「マーキュリー通信」no.2508【人生100年時代をぴんぴんころりで楽しく生きる法-59「 正しい死生観を持つと死に対する不安がなくなる」】

【人生100年時代をぴんぴんころりで楽しく生きる法-59「

正しい死生観を持つと死に対する不安がなくなる」】

歳をとるにつれて死に対する不安が増していきます。

死に対する不安をなくすためには正しい死生観を持つことです。

仏陀は、死後の世界の存在と転生輪廻を説きました。

死後の世界は100%あります。死後の世界があると思って生きていると死に対する不安、

恐怖がなくなります。

生きているときに良いことをしていれば天国に還るし、悪いことをしていれば地獄に堕

ちます。

死とは、この世から見ればあの世への旅立ち、卒業ですが、あの世から見れば卒業式か

ら還ってきた卒業生です。死ぬときには、三途の川を渡りますが、生前縁のあった人が

迎えに来ます。

このシンプルな原理を知っていれば、残りの人生を感謝報恩の人生で生きていくことが

できます。その結果、心も自然と穏やかになって来ます。

尚、自殺は人生計画の放棄です。死ねば何も終わりと勘違いして自殺をすると浮遊霊と

なって苦しみ続けます。

もう1つ大事なことは転生輪廻の法則です。人間の魂は永遠で、この世とあの世を永遠

に行ったり来たりしています。

転生輪廻の目的は、永遠の魂の向上です。この法則を理解していると、この世の人生を

一所懸命生きようとします。

いい加減な人生を生きた人は、死後、後悔をすることになります。

だから一所懸命がんばろうという気持ちになれるのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月14日 (火)

「マーキュリー通信」no.2507【ワンポイントアップの人間力-58「同じ川の水を飲んで 、牛はミルクを作り、蛇は毒を作る」】 これまで多数の中小・ベンチャー企業の経営コンサルタントを受け持ってきました。 私自身多少経営者に耳の痛いことでも、その経営者の為に必要と思ったら経営参謀役と して敢えて苦言を呈することもあります。 これは過去に顧問としてアドバイスしても耳を傾けない経営者が多く、結果として倒産 した企業も結構あったからです。倒産してから、よく「菅谷さんのおっしゃるとおりで した」と言う経

これまで多数の中小・ベンチャー企業の経営コンサルタントを受け持ってきました。
私自身多少経営者に耳の痛いことでも、その経営者の為に必要と思ったら経営参謀役と

して敢えて苦言を呈することもあります。

これは過去に顧問としてアドバイスしても耳を傾けない経営者が多く、結果として倒産

した企業も結構あったからです。倒産してから、よく「菅谷さんのおっしゃるとおりで

した」と言う経営者がいます。人間なら死んでからやって私のアドバイスに気づいたと

言うことになります。

そこで、最近では顧問という立場から一歩踏み込んで経営参謀役として経営者に助言し

ています。私の助言が会社の存亡や重大な影響を与える場合には声を大にしてアドバイ

スします。それでも聴く耳を持たない場合、敢えて身をひくこともあります。

A社の社長とB社の社長は、1年間経営参謀役として仕えてきましたが、反応は全く逆でし

た。

A社の社長とは信頼関係が構築でき、一心同体の関係となりました。

一方、B社の社長からは私に対する不満の方が大きく、馬の耳に念仏とのことでした。

両社の社長の差は、一言で言えば理解力の差と言えますが、もう1つA社の社長は、私の

アドバイスに素直に耳を傾け、分からないことは質問してきました。そして、私に対す

る感謝の思いが伝わってきます。そして、過去1年でA社の社長の人間力はかなり上がっ

ています。

一方、B社の社長は分からないことを質問せず、「分からない」に止め、それがストレス

となり、私に対する不満が募っていったようです。

私はその経営者の力量、理解力に合わせながらアドバイスしているのですが、それでも

経営のイロハすら分からない経営者が時々います。

これは人間力の差と言えますが、そのような場合、これ以上経営参謀役を続けても無理

と判断し、自ら身を引きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月13日 (月)

「マーキュリー通信」no.2506【ワンポイントアップの経営術-105「社長の最重要な役割はCM2O」】

CM2Oは、私の造語でChief Management & Marketing Officerの略です。

年商1億円未満の会社ではマーケティングが最重要です。

良い商品だからといって必ずしも売れるわけではありません。ここを勘違いして、特に

技術系の社長の場合、「こんなに良い商品が売れないわけがない」という思い込みが強

い社長がよくいます。

この時点では重要なことはマーケティング戦略です。即ち、市場と対話しながら売れる

仕組み作りを構築することです。

そして、会社の成長と共に求められる能力がマネジメントです。マネジメント能力がな

いと会社は成長発展していきません。成長が伸び悩んでいる会社の社長は、一度虚心坦

懐に自らを見つめ直すと良いです。

この度プロの経営者を育成する経営次進塾の塾長となりました。中小企業を成長軌道に

乗せることを目的とした経営塾です。

関心のある経営者、又は後継者は10月14日(火)、30日(木)にプレセミナーを行います

ので、下記URLからお申し込みください。
ご参加をお待ちしています。

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

「マーキュリー通信」2504号で10年連続200号達成!そして、250号同時達成!と書きま

したが、2500号同時達成の誤りでした。

多数の方からの激励メールありがとうございました。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月12日 (日)

「マーキュリー通信」no.2505【元中国共産党エリートが語る中国共産党軍による800万 人の慰安婦事件が明るみに】

昨日、中国・マスコミ問題研究会主催の首題セミナーに参加しました。

講演者の鳴霞女史は、中国遼寧省(旧奉天市)生まれの元中国共産党エリート。1982年

に来日し、日本のマスコミが報道しない中国の正しい情報を伝えることが使命との考え

で日本を中心に活動している中国人です。

従軍慰安婦問題は朝日新聞の捏造記事であることが明るみとなりました。しかし、それ

でも中韓は執拗に従軍慰安婦問題に焦点を絞って攻撃してきています。

実は、中韓とも自国民を従軍慰安婦として大量に強姦した歴史があるので、それを隠蔽

するために、その矛先を日本に向けているようです。

中国は、毛沢東の文化大革命時(1966年から1977年)に800万人もの中国の婦女子を強姦

(未遂も含む)しました。しかも軍人だけでなく、共産党幹部から小役人まで婦女子を

強姦・暴行しました。その結果多数の父親が分からない子供が生まれ、大きな社会問題

となっています。

最近、被害に遭った女性がようやく中国共産党相手に訴え始めたそうですが、その事実

を日本のマスコミは報道しません。

韓国は、朝鮮戦争時に同様の事件を起こしています。こちらも大量の子供が生まれ、そ

の後遺症に韓国女性は苦しんでいます。

尚、日本の従軍慰安婦問題では、被害者女性の子供が大量にいるはずですが、被害者女

性の名簿はおろか子供の名簿すらないというずさんさです。

鳴霞女史が亡命し、日本で報道活動をしているのは、中国共産党(中共)の65年の歴史

を振り返ってみて、中国国民を不幸にし続けているから、中共政府が崩壊し、民主政権

が誕生するまで、ペンの力で戦っています。

毛沢東政権時代、餓死で8千万人の中国人がなくなりました。
中国人は、古来人食い人種と言われてきましたが、当時飢えをしのぐために、食料とし

て赤ん坊を食べたそうです。さすがに自分の産んだ赤ん坊を食べるのは忍びないので、

お互いに交換して食べたそうです。
尚、人食いの習慣は現在でも一部の地方に残っています。

最近、死体から油を取り出し、食用油として売り出していた業者が逮捕されました。火

葬場に行き、死体から凶器で腹をこじ開け、そこから油を採取するそうです。最近の中

国人は栄養が行き渡り脂肪分が増えているので、大量の人油が取れるそうです。

その前も、人の排泄物から油を取り出し、食用油として売っていたことが見つかり、業

者が逮捕されたばかりです。

毛沢東政権時代の後の鄧小平時代には、1989年民主化を要求する若者3万人を殺害しまし

た。

その後、江沢民時代には、法輪功会員を10数万人弾圧し、法輪功会員の臓器売買で国際

的に問題となっています。

中国人は無宗教ですから、人体は物と同じ感覚です。だからこういう行為ができるわけ

です。13億人の中国人がいるわけですから、1億人くらい死んでもどうってことないと

いう感覚です。

中共の国民不在の政策で、大気汚染、河川の汚染、そして地下水汚染、今や中国は人の

住めない土地になってしまいました。又、酸性雨の被害で中国の農作物は食用に適して

いません。人の住めない都、北京は遷都の計画中です。

中共幹部は、賄賂で莫大な蓄財をして、親類縁者は他国に移住しています。習近平国家

主席も同様です。

これに対し、日本は日中友好の美名の下、さんざん利用されてきました。ODAとしてこれ

まで累計6兆円が中国に供与されてきました。現在でも5000億円の供与です。

中国はODAを悪用して、軍事力を強化し、今や恩ある日本の侵略を計画しています。

そんなお人好しの日本人に、鳴霞女史は「目を覚ませ!」と訴えています。

従軍慰安婦事件と並び朝日新聞の2大捏造記事「南京大虐殺30万人説」に関し、南京は

鳴霞女史の生まれ故郷の近くだそうですが、大虐殺の話は噂すら聞かれなかったそうで

す。
当然、殺害されたとされる30万人の名簿など存在しません。

南京大虐殺30万人説の出元は、万人抗にあるそうです。中国人兵士が中国人を虐殺し、

万人抗に埋めたのだが、それを日本人にすり替えたの出所だそうです。
当初2万人だった死者が10倍に書き換えられ、更に30万人に訂正されたそうです。

これを朝日新聞の本多勝一記者が裏付け調査を一際一切せずにそのまま「中国の旅」と

して出版したそうです。
当然、出版後に、南京に従軍していた兵士から「記事は捏造だ!」との苦情が多数寄せ

られたが、朝日新聞は無視し続けたそうです。

中国には報道、出版の自由はありません。

香港で自由化を要求して大量のデモが連日行われているが、中国では「中国共産党建国

65周年のお祝い凱旋」と報道されているそうです。

共産党政府の批判を少しでもするなら刑務所行きです。

自由を剥奪された香港人の中には、台湾に移住する香港人が増えているそうです。

日本も、そろそろ経済最優先の原則から抜け出すべきだと鳴霞女史は訴えています。

鳴霞女史は、月間中国を発刊しています。電子出版もあるので、関心のある方は

http://freeasianetwork.wordpress.com
をご覧ください。

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

中国・マスコミ問題研究会代表矢内筆勝氏は、本多勝一氏の「中国の旅」を読み、感動

と共に日本軍に憤りを覚え、朝日新聞に入社したそうです。

しかし、記者として活動していく内に、それが嘘とわかり、5年で朝日新聞を退職したそ

うです。
現在では、毎週水曜日6時から朝日新聞本社前で、「南京大虐殺30万人誤報の発表と国民

への謝罪」をメガホンを通じ訴えているそうです。

こともあろうに南京大虐殺記念館を中国は世界文化遺産として申請するとのことですが

、盗人猛々しいとはこのことで、開いた口がふさがりません。
もし、登録されたら、日本はナチス同様、残虐国家のレッテルを貼られることになりま

す。

私も学生時代朝日洋上大学学生として、米国に船で訪米しました。個人的には、朝日新

聞のファンだったのですが、最近では従軍慰安婦問題と南京大虐殺30万人捏造問題を知

り、矢内代表同様朝日新聞に裏切られた気持ちです。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月10日 (金)

「マーキュリー通信」no.2504【マーキュリー通信10年連続200号達成!そして250号同時達成!】

マーキュリー通信は、10年前からスタートし、丸10年経ちました。
その前は91年4月より紙媒体「ひとり新聞四季」を3ヶ月に1度発行していましたので、こ

の種のPR紙は既に23年半にもなります。

「マーキュリー通信」の位置づけは、私の友人知人及び異業種交流会、仕事等で名刺交

換した人に私のことをよくしっていただきたい思い発信しています。

特に異業種交流会で名刺交換した人とは、時間の経過と共に忘れてしまいます。
せっかく時間とお金をかけて参加しているわけですから、「マーキュリー通信」が私を

知っていただくPRツールとなっています。

読者の中から、経営コンサルタントを始めとする仕事の引き合いが来たりします。

おかげさまで現在15社の経営コンサルタントを引き受けるようになりました。

「マーキュリー通信」の内容は、仕事、経営、趣味、人生、その他と堅いものから柔ら

かいものまで多岐に亘っています。シリーズものとしてお伝えすることが多く、現在50

のシリーズにまで増えました。

その内容は、日々の活動の中から思い浮かんできたキーワードを基にキーボードに指を

置くとそのまま文章が出てきます。

これは、経営コンサルタントの仕事に格好のトレーニングとなっています。経営コンサ

ルタントの業務内容は多岐に亘っているので、経営者の質問にその場で即答する必要が

あります。その意味で「マーキュリー通信」を書くことは良いトレーニングとなってい

ます。

「マーキュリー通信」を毎年200号以上発信することを意識したのはイチローの10年連続

200本安打が話題になってきたときです。

それまで特に気にしていなかったのですが、過去の発信回数をチェックしたところ、全

て200号以上でした。
年       発信回数 累計
2004        52    52
2005        220    272
2006        268    540
2007        283    823
2008        219    1042
2009        224    1266
2010        318    1584
2011        234    1818
2012        255    2073
2013        231    2304
2014        200    2504

最高は2010年の318回でした。これはイチローの最多安打262本を上回っていました。

今後の目標は11年連続200号以上と3000回発信です。

これまで発信を継続できたのは第1に読者の応援です。これがメルマガを各原動力となっ

ています。
又、キーワードが思いついたときに、キーボードに指をおいても何も文章がでてこなく

なったら、その時がメルマガ中止の時と思っています。

引き続き読者のご支援をよろしくお願い申し上げます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月 9日 (木)

「マーキュリー通信」no.2501【ワンポイントアップの人間力-57「時々現在の恵まれた 環境に感謝する」】

インドの現在の人口12億五千万人の内、半数の世帯でトイレがないそうです。この為

、下痢、コレラ等で亡くなる人が年間60万人もいるそうです。
又、外で用を足すわけですから、婦女暴行や子供の虐待が後を絶たないそうです。トイ

レに行くだけで物騒な世界なのですね。

世界の人口70億人の内、3分の1はトイレがないそうです。トイレがない国はアジア、ア

フリカに多いそうです。

私たちの日常生活でトイレがない生活は考えられません。しかし、ひとたび世界に目を

やると世界人口の3分の1がトイレがないそうです。

又、安心して水を飲める国も少数派です。

そう思うと現在の我々の恵まれた生活、平和で安全な国、安心して暮らせる国の方が少

ないわけで、私たちはこの恵まれた生活に時々感謝すべきでないでしょうか。

私自身は、机の上に「戒:感謝行」と張り紙して、普段日頃から感謝する癖をつけてい

ます。

感謝する習慣をつけると、現在の自分の境遇に感謝し、他人に対して優しくなれます。

そして、少々の困難にぶつかっても心が揺れ動くことがなくなってきます。

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

私の子供の頃はくみ取り式の便所(トイレとは言いませんでした)でした。私の年代以

上を私は「ぼっちゃん世代」と呼んでいます。用を足すときに、「ぼっちゃん」という

音がするからです。

大学生の時に、誤って身分証明書を便所で落としてしまいました。私はそれを乾燥させ

て、大学に持参し、新しい身分証明書と交換しました。身分証明書は黄ばんでいたので

、事務員の女性には「カレーの中に落としてしまった」と説明しました(^人 ^;)

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月 8日 (水)

「マーキュリー通信」no.2500【奇人変人の異見-232「日本国憲法9条をもつ日本国民が ノーベル平和賞の最有力候補!?】

一主婦がはじめた「日本国憲法9条にノーベル平和賞を」という運動により、日本国憲

法9条をもつ日本国民がノーベル平和賞にノミネートされ、しかも有力候補との報道が

あります。

日本国憲法は、米国が日本から永久に軍事力を追放するためにフィリピン憲法をまねて

当時わずか2週間かけて作った暫定憲法でした。

その後ソ連を中心とする共産勢力の脅威から自衛隊を創設しました。

来年で戦後70年となりますが、日本が平和を維持できたのは、安保条約のおかげであり

、それを勘違いして世界で最も平和ぼけした民族と言えます。

しかし今や米国の国力は低下し、一方で中国の軍事的脅威が顕著となり、侵略行為も日

常茶飯事です。
従って、日本政府のとるべき国防方針としては、集団的自衛権と米国にも頼らなくても

すむ個別自衛権の確立です。

一主婦が始めたとのことですが、私は左翼勢力もしくは中国のスパイである一主婦が中

国の指示に従い仕掛けたのではないかと思っています。それに米国の反日勢力が絡んで

いるかもしれません。

なぜなら「日本国憲法9条がノーベル平和賞」を受賞したら一番喜ぶのは中国です。

安倍内閣で、改憲運動が起きており、その封じ込め作戦に「日本国憲法9条がノーベル

平和賞」を利用できるからです。

又、従軍慰安婦報道は捏造であることが分かりこれをきっかけに自虐史観の見直し等安

倍内閣で進めています。

こうなっていくと米国の広島長崎への原爆投下行為は国際法違反であることが明白とな

り、米国の威信低下につながっていきます。

その結果、今では国際的に否定されている東京裁判史観も正式に見直されることになり

ます。

米国としては、戦後70年かけて洗脳してきた占領政策の不法性が日の目を見ることとな

り、これは是非避けたいところです。

この米中の思惑が一致し、「日本国憲法9条にノーベル平和賞を」という流れを作った

のではないかと思います。

平和は大事です。しかし、「日本国憲法9条にノーベル平和賞を」の裏に隠された、政

治的思惑も読み取ることも大事と考えます。

10月10日発表があるそうですが、歪曲された茶葉劇が実現しないことを切に祈ります。

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

中国寄りの発言をする有識者や政治家、企業家が多数いますが、文字通り受け取っては

いけないと思います。

企業家は、商売の利害関係で物事考え、政治家は金や票で動いています。それ以外の有

識者で中国寄りの発言をしている人は、中国から何らかの利益を受けていると思った方

が良いと思います。

今や、中国は日本侵略のために、直接の武力以外に経済面で太いパイプを日本の産業界

に作ったり、スパイ網を張り巡らせています。

そういう行為が売国行為だということにまだ気づいていない日本人が多いのが残念です

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月 7日 (火)

「マーキュリー通信」no.2499【人生100年時代をぴんぴんころりで楽しく生きる法-58「 加齢と共に睡眠力は落ちていく」】

人は加齢と共に様々な能力が衰えていきますが、睡眠力も衰えていくそうです。

睡眠力の衰えとは次の4つを指します。
1.寝付きが悪い
2.途中で目が覚める
3.熟睡できない
4.朝、なかなか起き上がれない

快適な睡眠を送る際い気をつけなければいけないことは、「7~8時間は眠らなければ

ならない」と思い込むことです。

加齢と共に寝付きが悪くなるは致し方ないと思うことです。

快眠のポイントとしては、
1.起床時間を一定にすること。
 できるだけ早朝起床を心がけること。
 人間は、原始の時代から夜明けと共に起き、日没と共に寝たわけですから、できるだ

け朝早く起きることが肝要です。
 朝6時に起きると、14時間後にメラミンホルモンに切り替わり、眠くなってきます。丁

度、夜10時頃になります。従って、夜10~12時の間に眠ることが大事です。

2.夜眠れなくても気にしない。
不眠で悩む人は、不眠の原因となっている下記習慣を止めるようにする。
(1)パソコン、TV等は遅くまで見ない。
(2)部屋の照明は、間接照明に切り替える。
(3)カフェインの入っている飲料(コーヒー、お茶等)は17時以降は飲まない。
(4)興奮するとは避ける。
※寝酒は快眠の妨げになると言いますが、私は眠れないとき、軽くアルコールを飲みな

がら、旅行に関する録画を見ています。すると見ながら居眠りを始めますので、そのタ

イミングで寝ます。

3.仮眠する
1日の内、仮眠時間を15分とる。
※私の場合、昼食をとりながら、ソファーに寝ながらテレビの録画番組を見ます。その

時についでに仮眠をとります。寝不足の場合、自然に仮眠しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月 4日 (土)

「マーキュリー通信」no.2497【ワンポイントアップの経営術-104「会社の成長を阻害す る要因に気づくことが大切」】

会社の成長を阻害する大きな要因の1つに信頼関係を裏切ることが上げられます。

企業を経営していて、時には資金繰りに困り、当月の支払いができない場合、取引先に

何も連絡しないまま不払いの企業が多く見受けられます。
これで取引先との信頼関係は失われます。

支払いができない場合、まず取引先に謝罪することです。その上で、いつまで支払いを

延期して欲しいのかを要請し、了解を取り付けることです。これで信頼関係のひびは最

小限に食い止めることができます。

一方、メーカー、代理店で顧客がバッティングする場合です。基本的には、代理店を優

先することが肝要です。これで取引関係は良好に保たれます。

一方、代理店の顧客をメーカーが直に販売してトラブルになるケースが時々あります。

これは御法度です。もし知っていて、このマナーを犯したら確信犯です。

これをやったら代理店はメーカーに対し疑心暗鬼となり、信頼関係は一気に崩れます。

代理店は、他に良い商材が見つかれば、そちらの商材に移っていきます。

そして、その悪い噂が業界に伝わり、そのメーカーの信用度は巡り巡って落ち、成長は

止まります。

孔子の格言に、「自分のして欲しくないことを他人にするな」という文がありますが、

逆の立場に立って考えれば、自ずと答えは見つかるはずです。

自分のことしか考えられない企業はいずれ淘汰されていきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月 3日 (金)

「マーキュリー通信」no.2496【私のヒューマンネットワーキング-25「一人の人脈を大 切にすることで、その先に数倍、数十倍の人脈に広がっていく」】

私は異業種交流会に参加したら名刺交換した人を私のメルマガに登録します。その際、

その時の出遭いに感謝し、今後私のことをよく知っていただくために「メルマガを送る

のでよろしく」という内容のメールを送ります。不要なら解除の注書きも加えておきま

す。

一度異業種交流会で名刺交換しても、大半の人は時間の経過と共に忘却の彼方に消えて

いきます。その為、私はメルマガを通じ、私のことを知ってもらうために、メルマガを

送っています。

先日、ある異業種交流会で参加した人からわざわざ主催者を通じて、メルマガ解除を申

し入れてきました。

その人は、台湾商品の営業パーソンでしたが、私との縁を断ちきることで、私一人の人

脈を断つだけでなく、私のヒューマンネットワーキングとの縁も断ったことになります

異業種交流会に参加したからといって、いきなり人脈とはなりません。長い時間をかけ

ながらヒューマンネットワーキングは築き上げていくことになります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月 2日 (木)

「マーキュリー通信」no.2495【「誰でもできる超簡単健康法」-128「貯金」は使えば 減る、しかし、「貯筋」は使えば増える!】

貯筋運動プロジェクトは、福永哲夫氏(鹿屋体育大学学長)が提唱する、毎日行いなが

ら貯筋していく道具のいらない筋力トレーニングです。

人の身体は年とともに変化していきます。筋肉や神経、骨、血管などあらゆる組織の諸

機能は加齢とともに低下する傾向にあります。

しかし、老化に運動不足が加わることで、これらの機能低下がさらに加速していきます

貯筋の中で特に重要な要素は「脚筋力」です。脚筋力が低下すると階段を昇るのが辛く

になってきます。
また、歩行時に脚が高く上がらず少しの段差につまずいてしまいます。又、バランスを

崩したときに身体を立て直したり踏ん張ったりする筋力が低下するため、転倒の原因と

なっています。その結果、転倒により骨折し、寝たきり生活を余儀なくされます。
これからの超高齢社会において、貯筋することが寝たきりにならない為に重要といえま

す。

私は毎朝ブルワーカーという器具を使って、筋トレをしています。7秒間の静止運動によ

り筋力アップしています。15種類の筋トレにより、全身の筋トレを実施します。わずか5

分程度で終わります。

ブルワーカーは、大学1年生(1968年)の時に、9800円で購入しました。場所もとらず、

手軽にできるので今でも続いています。50年近くも壊れずに今でも役に立っているので

、とっくに元は取れています。

ブルワーカーの筋トレの後は、階段を利用した「脚筋力」のトレーニングです。私の住

むマンションは9階建てです。3階の我が家から1階まで下りていき、そこから階段を一

段おきに9階まで一気に駆け上がっていきます。その後は、9階から3階まで下りてい

きます。
毎朝トレーニングにしているので、9階まで上ったとき、多少呼吸が乱れる程度です。

現在、65歳の私ですが、体は筋肉体質の均整の取れた体型となっています。

毎週タニタの体重計で筋肉量も測定していますが、現在49です。私の年齢では30以上が

必要ですが、49の筋肉量は40歳の中間値です。事実、私の体内年齢は、基礎代謝、骨量

も勘案し、40歳となっています。

2年前の雨の日、地下鉄の階段を下りるとき、誤って滑って転倒しました。足をくじい

たので、整骨院に行きました。整骨院の先生は、普通なら骨折しているはずとびっくり

していました。

これも普段日頃「脚筋力」をつけている賜と思っています。

「貯筋」に関し、詳しいことを知りたい方は、福永哲夫著「貯筋通帳」(ワニマガジン

社 950円)がお薦めです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »