« 「マーキュリー通信」no.2532【奇人変人の異見-238「左翼の目指す方向とは」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.2534【我が家の家訓を作成してみる】 »

2014年11月21日 (金)

「マーキュリー通信」no.2533【奇人変人の異見-239「小泉元首相化してきた安倍首相」 】

今度の総選挙は消費増税先送り解散と思っていたら、野党も消費増税先送りを掲げて戦

うことになったので、アベノミクスの是非を問う選挙に変わったようです。

アベノミクスに関しては、概ね評価が高いので、総選挙の拳を振り上げてしまったので

、苦し紛れにアベノミクスの評価に切り替えたようです。

私もアベノミクスに関しては60点程度の評価ですが、最大の失敗は消費増税です。安

倍首相は、消費増税により予想以上に景気が悪化していると思っているようです。

しかし、現在の社会構造を見れば消費増税すれば消費不況に当然なります。2017年

4月に10%への消費増税を決めたようですが、いつの時点でも消費増税すれば消費不

況は起こることを肝に銘じて欲しいです。

景気条項の条件なしの2017年4月の消費増税は、財務省のご機嫌伺いに他なりませ

ん。

財務省の意向は、消費不況より消費増税を通じて財務省の権限強化が重要です。この財

務省の巨大な壁を打ち破れなかった安倍首相は、この時点で敗北です。

アベノミクスも結局は、規制改革をできずに歴代首相と同じ轍を踏むことになるでしょ

う。

総選挙の争点をアベノミクスに切り替えた安倍首相は、かつての小泉首相の「郵政改革

」という中見のないワンフレーズに政治に陥っているようです。

今回の強引な解散劇で、安倍内閣の不支持率が初めて支持率を上回りました。
これは国民が安倍首相のおごりと判断した評価といえます。

民主党政権に対する国民のトラウマが未だ消えていないので、総選挙の結果は与党が過

半数を維持するでしょうが、かなりの議席を失うことになると思います。

総選挙などやる必要なしとの国民の声を無視しての総選挙実行はかなり国民からお灸を

据えられることになると思います。

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

今回の解散劇にうんざりしている人には、幸福実現党がお薦めです。

同党は、消費減税(8%→5%)により景気回復を目指しています。
その他、中国の侵略脅威に対する国防強化、
自虐史観をただす教育改革を掲げ、戦っています。

これまで本音トークで、国会の議席を得ていませんが、結党5年目で初議席獲得を目指

しがんばっています。

真の国民の為の政治、国益を考えての政策を持ち合わせているのは幸福実現党しかあり

ませんので、是非とも清き1票をよろしくお願い申し上げます。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

|

« 「マーキュリー通信」no.2532【奇人変人の異見-238「左翼の目指す方向とは」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.2534【我が家の家訓を作成してみる】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181862/60687938

この記事へのトラックバック一覧です: 「マーキュリー通信」no.2533【奇人変人の異見-239「小泉元首相化してきた安倍首相」 】:

« 「マーキュリー通信」no.2532【奇人変人の異見-238「左翼の目指す方向とは」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.2534【我が家の家訓を作成してみる】 »