« 「マーキュリー通信」no.2557【「創レポート」12月号「持続的競争優位」は存在するのか?】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.2559【除夜の鐘の数は108です。 100円に消費税を足すと108円となります。今年の煩悩を作ったお騒がせな人たちは?】 »

2014年12月29日 (月)

「マーキュリー通信」no.2558【ワンポイントアップの経営術-112「NHK連続テレビ小説 『マッサン」に学ぶ、あなたなら経営者としてどちらを選びますか?」】

まっさんはニッカウィスキーの創業者竹鶴政孝氏の日本で初めてウィスキー作りに全力

投球で取り組む物語です。まっさんは竹鶴政孝氏の政孝からとったものです。

まっさんは、スコッチウィスキーの本場スコットランドで修行し、スコッチウィスキー

より勝るウィスキーを日本で初めて作りたいと情熱を燃やします。

しかし、ウィスキー作りの資金がないので、サントリーの創業者鳥井信治郎(劇では太

陽ワインの経営者、鴨居欣次郎)にスカウトされ、鴨居欣次郎の下でウィスキー作りに

励みます。

しかし、経営者である鴨居欣次郎とウィスキー作りの職人マッサンとは、ウィスキー作

りにかける思いが異なります。

鴨居欣次郎は、ウィスキーが分からない日本人の舌にあったウィスキー作りをマッサン

に命じます。当時、太陽ワインを販売する鴨居商店は経営危機に陥り、ウィスキーの発

売開始をいち早く実施することを余儀なくされていました。

しかし、マッサンはそれを拒否します。あくまでも本場ウィスキー作りにこだわります

この基本コンセプトの違いから、2人は袂を分かつことになります。今日のサントリーと

ニッカに分かれていきます。

あなたが経営者だったらどちらの立場をとりますか。

私は経営コンサルタントとして、まちがいなく鴨居欣次郎の立場をとります。会社がつ

ぶれてしまえば、ウィスキー作りも止めザるを得ません。

サントリー山崎とニッカの竹鶴を現在飲み比べていますが、両者の味の違いは分かりま

す。しかし、どちらが良いかは私の舌では判断できません。

世の中には私のようなユーザーも多数いるのではないでしょうか。

それにしても鴨居欣次郎は経営者として腹が据わっています。「やってみなはれ」の精

神が今日にも継承されています。

テレビドラマ「マッサン」は、経営者の生き方、経営者としての決断の仕方としても大

変参考になります。私は、毎朝録画をして観ています。

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

先日、ビックカメラに行った際、今話題のニッカウィスキーを購入しました。テレビド

ラマの影響で、ニッカウィスキーの「竹鶴」「余市」ブランド、更には、サントリー山

崎まで品切れ状態だそうです。
普段は1本ずつ購入する私ですが、この時は3本まとめて購入してしまいました。

テレビの影響力に改めて驚いています。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

|

« 「マーキュリー通信」no.2557【「創レポート」12月号「持続的競争優位」は存在するのか?】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.2559【除夜の鐘の数は108です。 100円に消費税を足すと108円となります。今年の煩悩を作ったお騒がせな人たちは?】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181862/60885175

この記事へのトラックバック一覧です: 「マーキュリー通信」no.2558【ワンポイントアップの経営術-112「NHK連続テレビ小説 『マッサン」に学ぶ、あなたなら経営者としてどちらを選びますか?」】:

« 「マーキュリー通信」no.2557【「創レポート」12月号「持続的競争優位」は存在するのか?】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.2559【除夜の鐘の数は108です。 100円に消費税を足すと108円となります。今年の煩悩を作ったお騒がせな人たちは?】 »