« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »

2015年3月

2015年3月31日 (火)

「マーキュリー通信」no.2623【【未来ビジョン・目指せ!新しい国づくり!-62「八紘 一宇の時代精神に学ぶ」】

国会議員三原じゅん子氏が、最近「八紘一宇の精神」を国会で使用してから話題になっ

ています。

八紘一宇と大東亜戦争という言葉は昭和20年12月15日のGHQの「神道指令」により使うこ

とが禁止されました。

以来、この言葉は「戦前の天皇軍国主義が侵略戦争によって世界統一の為に利用したも

の」にされ、戦前の悪の象徴のようにされてしまいました。しかし、事実は全く違いま

す。

「八紘一宇」の、八紘とは四方八方のことで、一宇とは一つの家のことです。天下にあ

って人類はみな一つの家にいる家族のようにと、日本の精神を象徴する和の精神です。
「八紘一宇の精神」に基づき、戦前の日本は大東亜共栄圏を築こうとしました。

大東亜共栄圏とは、これまでの欧米の植民地主義に対抗し、アジアの民族は平等であり

、共に栄えていこうという思想です。
欧米の植民地主義は資源略奪型に対し、日本の植民地主義は共存共栄を基にしたインフ

ラ整備と教育が基本でしたからこの点圧倒的に違います。

日本は戦争に負けましたが、大東亜共栄圏の精神に触発され戦後アジア諸国は独立して

いきました。「八紘一宇の精神」のお陰でアジア諸国は皆親日国です。

尚、「八紘一宇の精神」に関しては、ユダヤ人であるモルデカイ・モーゼ著『日本人に

謝りたい』に詳しく書かれています。

さて、今年は戦後70年目の年ですが、日本は米国から押しつけられた民主主義のおかげ

で奇跡の経済復興を果たしました。

しかし、失われたモノも多いと思います。それは、GHQの占領方針がほぼ100%現実化し

たからです。

その1つに日本的和の精神の基盤である「八紘一宇の精神」を破壊、その為に宗教の形

骸化を徹底しました。

これは零戦の特攻隊に見られる死を恐れない日本軍の精神を破壊するための骨抜き政策

でした。骨抜きのために、米国は3S政策を掲げました。即ち、Screen(映画)、Sports

、Sex産業の振興でした。特にSex産業に関しては、私の若い頃には、ヌード雑誌に、女

性のヘア1本でているだけでNGでしたが、今は余りにもひどすぎます。これが子供の精

神衛生に悪影響を与えています。

今、GHQの自虐史観植え付けと個人主義の横行により、至る所で日本人の精神的荒廃が見

られます。

私の子供時代である昭和30年代では、離婚は殆どありませんでした。今、4組に1組は離

婚しています。それが貧困を招き、子供の精神教育にも影を落としています。
いじめ、家庭内暴力等、日本人の精神的荒廃を上げたら枚挙に暇がありません。

今こそ日本的良さである「八紘一宇の精神」を復活し、和の精神を基にした相手に対す

る思いやり、共存共栄を推し進めていくことが、21世紀の日本の繁栄の原点になるの

ではないかと思います。

欧米様式に変わると国が衰退すると言われますが、今の日本を見ているとまさにそんな

感じがします。

何でも便利になった現代ですが、私は昭和30年代、40年代の頃の日本の方が好きです。

そこには日本の良さがあったからです。

その良さを知っているのは我々シニア世代です。シニア世代の知恵も借りながら、「八

紘一宇の精神」に基づいた明日の日本を創っていくことが、次世代の人たちに残すべき

精神的遺産ではないかと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月30日 (月)

「マーキュリー通信」no.2622【ワンポイントアップの経営術-118「コーポレートガバナ ンスの重要性を認識する」】

大塚家具の父娘の戦いは娘久美子氏が株主総会で勝利し、社長続投となりました。

この問題は、コーポレートガバナンスの重要性を企業に投げかけています。

アベノミクスの政策の1つとして、上場企業の社外取締役を義務づけました。

大塚家具でも社外取締役がいますが、前社長勝久氏は社外取締役の意見に耳を傾けず、

自分の経営方針を推し進めていきました。

大塚家具は、ライバルのニトリにあっという間に抜かれ、両社の差は決定的となってい

ます。

そこには社外取締役の意見を聴かないという勝久前社長の経営姿勢が現れており、この

辺が勝久前社長の器の限界ではないかと思います。だから一般株主の8割は久美子社長を

支持したのではないかと思います。

コーポレートガバナンスは、株主、顧客、取引先、金融機関、従業員、労組、政府行政

機関、地域社会、競争企業、消費者、社外取締役等企業のステークホルダー(利害関係

者)と、法律、慣習、社会常識等を念頭に入れながら経営していくことです。

経営規模が違っても、中小・ベンチャー企業でも成長に従いコーポレートガバナンスは

重要です。

それぞれの利害関係者とどのように調整、調和しながら、又、意見を聴きながら経営し

ていくことが企業の成長にとっては大切と思います。

その1つに社外取締役の存在があります。社外取締役は、企業経営者とは異なった産業

カルチャーの下で様々な経験をしてきました。

だからこそ社外取締役の意見に耳を傾けることは重要となります。

私も、中小・ベンチャー企業の経営参謀役として各種アドバイスしていますが、それを

受け止めるキャパがあるかどうかも、中小・ベンチャー企業の成長要因の1つと見てい

ます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月29日 (日)

「マーキュリー通信」no.2621【健康は財産!誰でもできる超簡単健康法132「時々休息充電も必要」】

風邪気味でのどの調子が悪かったところに、27日に行われた経営次進塾の講師を務めました。
その為、昨日の経営次進塾では声が出ない事態が生じました。
幸い、昨日の講師は別の方が担当したので、講義に影響がありませんでした。

本日は、もっぱら休息に努め、充電することにしました。その為、体力もだいぶ回復してきました。

特に健康上の不安はないのですが、私は5月には66歳になるので、見えないところで免疫力が衰えているのかも知れません。時々休息充電することの大切さを学びました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月26日 (木)

「マーキュリー通信」no.2620【富、無限大コンサルタントの道を目指して-6「私が中 小・ベンチャー企業を応援するもう1つの理由」】

この度㈱ドリームエンジンというマグネシウム電池の製造販売の会社に出資しました。
マグネシウムは海洋資源として無数に得られる貴重な資源であり、その利用は無限にあ

り、21世紀の期待されるエネルギー源の1つです。

㈱ドリームエンジンは、まずは非常用の懐中電灯の製造販売会社としてスタートします

非常用の懐中電灯は、いざというときに乾電池が緑青で錆びて使い物にならないことを

経験した人は多数いると思います。

その苦い経験が解消されます。マグネシウム電池は、停電時に水につけるだけでLEDライ

トが点灯します。寿命は72時間です。水につけた部分が乾けば、合計72時間まで再利用

できます。

さて、昨年から中小・ベンチャー企業支援策として、有望な中小・ベンチャー企業には

出資することにしました。

少子高齢社会の急速な進展という暗いニュースが漂う日本社会で、中小・ベンチャー企

業の活躍は社会を明るくしてくれます。

戦後日本企業は大企業を中心に発展してきましたが、大企業の良いところは生活の安定

でしたが、反面社員の自立心を奪っていました。

一方で、ベンチャー企業家は、独立独歩で自立心が旺盛な起業家です。このベンチャー

企業が成功すればするほど日本社会の自立度は増していきます。

中小企業に勤務する多くの人は、定年退職後充分な年金が支給されず、リタイア貧乏と

なっていきます。

私が中小・ベンチャー企業を支援する理由の1つに、自立型人間の多い中小・ベンチャ

ー企業の経営者を成功させることが、日本社会を自立心旺盛な民族に変えることができ

ると思っています。

その結果、社会保障費支出が減り、国民の税負担が軽くなっていきます。

このまま政府依存型の社会制度が定着していけば、社会保障費支出は天文学的にふくれ

あがり、消費増税は40~70%必要と試算されています。

そうならないためにも中小・ベンチャー企業から成功者が1社で多く出すことが私の使

命と考えています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月25日 (水)

「マーキュリー通信」no.2619【Bob Sugayaのワンポイントアップの英語術-52「shadowingを実戦すると英会話力がアップする」】

shadowingとは、native speakerが話した後に、ワンテンポずれた形で英文をその通りまねしていくやり方です。

丁度、同時通訳のやり方と似ています。

最初は、簡単な英文のshadowingからスタートし、慣れてくれば英会話ニュースなどに取り組むと良いです。

その時、完璧を狙わなくて良いです。ポイントは、native speakerの英語のスピードに慣れることです。

そして、shadowingを繰り返すことで、英会話が口をなめらかについて出るようになり、英語ニュースも理解できるようになってきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「マーキュリー通信」no.2618【「創レポート」3月号「自社の付加価値はどこにあるのか?」】

毎月好評の公認会計士伊藤隆先生の「創レポート」です。

時代の流れはウェブマーケティングの時代で、毎年2桁の伸びで、今年は20兆円の大台になると見込まれています。

しかし、そのような流れの中で、もう一方の流れがあります。それは超高齢者社会の進展です。この人たちは、ウェブマーケティングとは無縁の人も多数います。

今月の「創レポート」は、そこにターゲットを絞って成功させたビジネス・モデルです。

大変参考になります。

詳細は、「sr1503.pdf」をダウンロード をご覧ください。

*************************************************
  公認会計士・税理士 伊藤 隆
  【本 部】03-3556-3317
  【会計工場】059-352-0855
      http://www.cpa-itoh.com
  中小零細企業の存続と
     その未来のために・・・
************************************************

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月24日 (火)

「マーキュリー通信」no.2617【ワンポイントアップの仕事術-116「部屋の大改造を機に、仕事環境も大改造」】

昨年12月に和室の大改造をしました。和室半畳を押し入れとつなげ、ウォーキングクロゼット+収納棚+本棚をつくりました。

そこで、私の仕事部屋の収納部とウォーキングクロゼット間で大幅入れ替えをしました。その結果、どこに何があるか頭の中が明確となり、仕事が極めてはかどるようになりました。

その後も微調整をしていますが、整理整頓することで、仕事の効率が大幅にアップしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「マーキュリー通信」no.2616【ワンポイントアップのコミュニケーション力-123「自分の心の状態を客観的に把握する」】

人間はどうしても自分を中心に周りの人との関係を見がちです。

しかし、時々客観的に自分を見ることも大切です。その場合、自分の心の状態を客観的に把握すると周りの人との関係も違った視点で見ることができるようになってきます。

自分の言動は、自分の心の状態が反映されます。その心の状態を周りの人はどのように受け止めているのかが見えてきます。

そこから対人関係を調整することも可能となってきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月22日 (日)

「マーキュリー通信」no.2615【奇人変人の異見-250「白鵬独走の陰の最大の立役者は大 相撲協会」】

大相撲春場所は白鵬の6連覇で終わりました。これは大鵬の6連場2回に並ぶ快挙です。
今場所は、照ノ富士の急成長で最後まで場所を盛り上げましたが、もし照ノ富士の台頭

がなければ、今場所も13日目に白鵬の優勝が決まってしまうしらけた場所となってし

まいました。

今場所、照ノ富士の快進撃には取組編成が貢献していました。新関脇で7連勝は75年

ぶりの快挙だそうです。
その裏には比較的戦いやすい相手を初日から対戦相手としてぶつけたからです。そして

、8日目に稀勢の里と対戦して8連勝はなりませんでした。

一方、それ以外の力士は、毎場所上位同士の星のつぶし合いです。

一強多弱の大相撲の世界で、白鵬以外の力士を序盤戦から星のつぶし合いをさせたらど

うなるか結果は明白です。実力者同士を序盤戦でぶつけさせ、序盤戦で白鵬にリードさ

れたら、それだけで焦りを呼び、益々白鵬優位の展開になってしまいます。

最近急成長した逸ノ城も今場所は序盤戦から横綱大関と対戦させ、盛り下げた展開とな

りました。

唯一初優勝と横綱の期待のかかる稀勢の里も、初日、2日目と苦手の栃煌山、妙義龍を

当てて連敗スタートとなり、これで優勝の期待も2日目でなくなってしまいました。

大相撲協会は、よほど稀勢の里に優勝させたくないのでしょうか?

私は何度も大相撲協会におかしな取組編成に苦情を申し入れたのですが、聴く耳を持た

ないようです。

来年の大相撲は、横綱日馬富士と鶴竜が引退し、代わりにモンゴル出身の照ノ富士と逸

ノ城になっているでしょう。現在の3横綱全員モンゴル出身ですが、横綱が入れ替わるだ

けで来年も全員もモンゴル出身の横綱の傾向は続くでしょう。

大相撲協会は、今場所の照ノ富士の大活躍の陰に取組編成があったことに気づき、来場

所は、同様に稀勢の里には軽めの相手を対戦させれば良いと思います。八百長はいけま

せんが、序盤戦で上位同士の星のつぶし合いだけは興ざめするので、止めて欲しいです


さもなければ、白鵬の独走状態は更に続いていきます。

本気で日本人の優勝と横綱を出す気で取り組まないと、いずれは大相撲ファンからそっ

ぽを向かれてしまいますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月20日 (金)

「マーキュリー通信」no.2614【Bob Sugayaのワンポイントアップの英語術-51「21世紀はEnglish Devideの時代」】

21世紀はASEAN+インド、バングラデシュの時代の勢いを感じます。

ASEAN+インド、バングラデシュは欧米の植民地支配の歴史があるので、ビジネスでは英語が使用されます。
又、英語が話せることで、給与や出世に影響するので、英語ができるように必死です。

このASEAN+インドの時代に向けて英語は益々重要度を増します。英語が使えるかどうかによって、今後の収入や出世にも影響します。

この流れを受けて、文科省が小学校5年生から英語教育を授業に取り入れました。

しかし、私は小学校から英語の授業を採り入れることは反対です。小学校教育は、国語力の強化を始め、創造性や道徳教育等人格や基礎能力をはぐくんでいく大切な場です。英語だけを特別視する必要はないと思います。他の強化も大事です。
英語と数学は、子供の好き嫌いが大きく分かれる科目です。英語が嫌いな子供にとっては苦痛そのものです。

私は英語教育はそれほど間違っているとは思いません。学校で教えることは、英語も含めその子供の基礎教育であり、その中から子供の能力に適した科目を高校、大学に進学するに従い伸ばしていけば良いと思います。
英語が嫌いな子供は、英語以外でその能力を発揮すれば良いと思います。仮に将来英語が必要となったら、その時に英語の必要性に気づき、一所懸命学習すれば良いのです。必要性を感じたときに学ぶと上達率が違います。

英語は外国人とのコミュニケーションの手段です。その1つとして英会話ができるようになりたければ、塾に通えば良いと思います。

私の場合、調布中学の時、良い英語の先生に当たったので、英語が好きになりました。英語は得意科目でしたが、社会人になるまで英語は話せませんでした。しかし、それで良かったと思います。なぜなら日常生活で英語を使う場面がなかったからです。

現在の日本でも、日常英語を使う場面はそれほどなく、それよりも英語という授業を通じ、英米の文化や習慣、モノの考え方を知ることの方が大切と思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月19日 (木)

【奇人変人の異見-249 「賢者は歴史に学び、愚者は自分の経験で考える」】

今年は戦後70年に当たるので、安倍首相が安倍談話をどのように発表するのかいろいろ

と苦労しているようです。

安倍談話を出す際に考慮すべき事は、まずは歴史を世界史の視点と自国の視点の両方で

見てみることが必要と思います。

19世紀後半、欧米列強の植民地主義を基にしたアジア・アフリカ、中南米の侵略が加速

化していきます。

これに気づいた幕末の志士勝海舟、坂本龍馬他が日本を欧米の侵略から守る為に国防の

重要性を説きました。
そして、明治維新で殖産興業と富国強兵策の2つのスローガンを掲げ、短期間で近代国

家の仲間入りをしました。

そして、日清日露の両戦争で日本は勝ち、欧米を驚かせました。同時に、日本脅威論が

台頭してきました。このあたりから白人優位主義を掲げる欧米に取り、日本は邪魔な存

在となって来ました。

一方で、欧米の植民地主義と圧政、収奪に苦しむアジア・アフリカ諸国は非白人人種の

日本が白人の強国ロシアに勝利したことで、彼らに勇気を与え、欧米の植民地から独立

する希望を与えました。

日本脅威論の台頭と共に、米国フランクリン・ルーズベルト大統領を中心として、日本

封じ込め政策を展開しました。有名なABCD(アメリカ、英国、中国、オランダ)包

囲網を敷き、日本の資源調達を断ち始めます。
とどめはアメリカの石油の禁輸です。この解決策として、日本はアジアに活路を求めま

す。

米国は、最後通牒としてハルノートを突きつけ、日本が戦争をせざるを得ない状況に追

い込んでいきました。

これまで戦争慎重論だった政府首脳も開戦せざるを得ない状況へと追い込まれました。
真珠湾攻撃の奇襲は戦争のルールに則って、開戦通告をしました。但し、当日出先の外

交官の不手際で米国に届かなかったと言う不手際はありましたが、日本が戦争犯罪を犯

したという意図はありませんでした。

上記のような流れを理解すると、侵略戦争を起こした日本悪者論の村山談話は歴史認識

が間違っています。
ましてや河野談話の「従軍慰安婦問題」など全くの事実無根で論外です。当時の高級娼

婦が、政府から金をもらって従軍慰安婦と称して、中韓両国に加勢しているに過ぎませ

ん。

又、南京大虐殺30万人説なども全くの事実無根です。もし事実なら被害者の名簿が出て

くるはずですが、一人も出てきません。

先の大東亜戦争(太平洋戦争は米国側の呼称)では、日本軍は、日本を守る為の必死の

戦いでした。
例えば南海のパラオ諸島のペリリュー島では、中川州男大佐が中心なり、米国に徹底抗

戦しました。米国は僅か1日で日本軍を壊滅できると思っていたのが、3ヶ月もかかり、

米国兵も多数の犠牲者も出したために米国軍を震撼させました。

この日本軍の勇猛果敢の戦いが米国本土上陸を阻止したとも言われています。
日本軍は、300万人の尊い命が失われましたが、そのおかげで現在の日本が諸外国の植民

地とならずに、現在の平和を謳歌しているとも言えます。

その感謝のために、日本国民は安倍首相を始めとして、全日本国民が靖国神社に参拝す

ることが国民の義務であることをもう一度考え直したらいかがでしょうか。

日本軍悪玉論の根拠は、米国の東京大空襲、原爆投下等の戦争犯罪をカムフラージュす

ることが明白です。それを具現化したのが、東京裁判です。戦勝国側の論理で敗戦国の

犯罪と一方的に断罪した国際法上も無効の裁判です。

米国は戦後左翼の反日政治家をうまくコントロールして、村山談話、河野談話等を発表

させることに成功してきました。

しかし、戦後70年も経ったのですから、今こそ正しい歴史認識に立った日本独自の歴論

を主張すべき時期と考えます。

但し、そこを余り強調しすぎると米国の戦争犯罪を表面化させる事になるので、そこは

外交手腕を発揮し、米国にうまく根回ししていくことが肝要と思います。

尚、現在の共産党中国は、1949年9月にできた国であり、日本軍と戦争してません。又、

朝鮮半島も日本の植民地でした。
当時の日本は、朝鮮のインフラ整備に莫大な投資をしたおかげで、今日の韓国の経済成

長の基礎となっています。中国も同様です。

戦前の日本の政策は、欧米の収奪型植民地主義と異なり、インフラ整備と教育を中心と

したものでした。それが今日のアジアの発展に貢献しています。

日本は戦争に負けましたが、日本軍の勇猛果敢の戦いはアジア各国に勇気と希望を与え

、戦後次々と独立していきました。その陰に、インフラ整備と教育がありました。

だから現在のアジア諸国は皆親日国家です。本来中韓も親日国家なのですが、反日を掲

げることで、国内の悪政の国民の不満を日本に振り向けています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月17日 (火)

「マーキュリー通信」no.2612【ワンポイントアップの経営術-117「日高屋ラーメンの経 営に学ぶ」】

近所のラーメン屋「大将」が閉店しました。ここは以前良く通っていました。
ここの大将(50代後半)は、パソコンが得意でよくパソコンを使ってメニューを作って

いました。
そのメニューをところ構わず貼っているので却って見にくいのです。

そこで大将にその旨顧客としての感想を伝えたのですが、聴く耳を持ちません。いつの

間にか閉店してしまいました。

私はラーメンが好きでいろいろなラーメンを食べます。その中で、日高屋のラーメンを

一番食べます。

日高屋のラーメンは、私の子供の頃のラーメンとそばもつゆも似ています。子供の頃の

ラーメンの価格は一杯35円でした。

日高屋のラーメンは390円です。大盛り券がサービスでつくので、実質大盛りで39

0円です。

私の物価の感覚は子供の頃の価格にゼロを一つつけた感覚です。それでいくと日高屋のラーメンは特に安くもなくリーズナブルといえます。

日高屋の社長は、街の小さなラーメン屋からスタートし、一代で今日のチェーン店を築

き上げました。

町中には、昔の商売が現在FCとしてよみがえっている商売が結構あります。
写真屋さん45、はんこ屋さん21,ドトールコーヒー、QBハウス等々、中小・ベンチ

ャー企業でも一工夫すれば新たなチェーン展開が可能性も開けてきます。

私の世代、団塊の世代ならカラオケルーム付きビートルズカフェがあったら大ヒット間

違いなしと思います。
単発のビートルズカフェはありますが、まだチェーン展開はしていないようです。

ビートルズカフェにはビートルズの歌や曲のBGMで流れます。そこで知り合ったビートル

ズマニアが、併設のカラオケルームで一緒にビートルズソングを歌うシーンを想像した

だけでも楽しいと思います。

そんなベンチャー企業が現れたら応援したいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「マーキュリー通信」no.2571【Bob Sugayaのワンポイントアップの英語術-49「英語の 発音に余りこだわりすぎない」】

日本人は文法と発音の正確さにこだわるばかりに、いざというときに英語が口をついて

すらすらと出ない人が多いようです。

私はカナダに駐在したことがありますが、カナダは人種のるつぼです。それぞれが自国

のアクセントに基づいた英語を話していました。
カナダのタクシーの運転手は当時インド人が多かったですが、forgetをフォルゲットと

発音していました。
中国人、韓国人も多数いましたが、彼らの発音は分かりづらかったです。しかし、お互

いに理解しようとすることが大事で、分からないところは"I beg your pardon?"又

は、"Pardon?"と聞けば良いわけです。
こうやってコミュニケーションを進めていく内に、相手の英語を理解できるようになり

ます。もちろん私の英語もJapanese Englishで、コミュニケーションでそれほど不自由を感じませんでした。

三井物産の国内の鉄鋼営業をしていた頃の話です。

バンクーバー支店長から帰国したY部長が部長に就任しました。

すると会議を英語で始めましたが、国内の鉄鋼営業マンは英語が苦手で、皆月1回の営

業会議を敬遠していました。
Y部長の英語は、かなりブロークンでした。しかし、それでもカナダ人と英語が通じてい

たはずで、まだ海外営業をしていたことがなかった私にはなぜか勇気と安心感を与えてくれました。そして、商社マンの英語はこの程度でよいのだと思いました。

その後、石炭部に異動しましたが、契約交渉の場では、通訳が入ります。

通訳を入れるメリットは、契約交渉の相手との間に通訳というワンクッションがはいる

ので、考える時間が取れることです。

これがバイリンガル並みの英語力の場合、直接交渉となるので、相手ペースにはまるリ

スクも出てきます。

その時、商社流の英語の活用方法を理解できました。

三井物産では、バイリンガル並みの英語力の実力者は余り出世できないと言われていま

す。英語ができる便利屋になってしまうことがあるからです。

仕事ができると言うことは、英語以外の交渉力、マネジメント力、マーケティング力等

様々な能力が求められます。

英語はあくまでもコミュニケーションの手段と理解すると、肩の力が抜け、話せるよう

になってきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月16日 (月)

「マーキュリー通信」no.2610【健康は財産!誰でもできる超簡単健康法131「自律神経 のバランスを保つ」】

私たちの日常生活は自律神経のバランスを保つことで問題なく過ごせています。日中の

活動時間帯は交感神経が働き、睡眠中は副交感神経が働いています。交感神経と副交感

神経の切替をスムーズに行っていることで、快適な健康生活が送れています。

しかし、現代人の生活は超多忙で、ストレスも溜まり、交感神経が活発なまま寝ようと

するため、快適な睡眠を得られない人も多いようです。

その時、自律神経のバランスが崩れていることになります。自律神経のバランスが崩れ

ると臓器にも影響してきます。全ての臓器は本人の命令とは無関係に24時間働いていま

す。
この自律神経のバランスが崩れると、臓器にも影響し、様々な現代病の温床となります

そこで、時々立ち止まって自律神経のバランスを回復することも必要となってきます。

最近読んだ「聞くだけで自律神経が整うCDブック」(小林弘幸著、アスコム刊、1200円

+消費税)は、自律神経のバランスを保つヒントがわかりやすく書かれています。

そして、シンガーソングライター大矢たけはる氏の9曲のオリジナル曲がCDに収録され

ています。

この曲をBGM代わりに聞いてもかまいませんし、曲を聞きながら瞑想してもかまいません

。要は、1日の内で、忙しさから開放される時間を30分でも持つと自律神経のバランスが

回復してきます。そして、メンタルヘルス面でも健康度がアップしてきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月14日 (土)

「マーキュリー通信」no.2609【ネット通販で成功する8つの秘訣】

昨夜異業種交流会主催経営で急成長するWizBiz株式会社(新谷社長)のセミナーでビジ

ネスプロデューサーの岡野弘文氏の「ネット通販で成功する8つの秘訣」を聞きました

岡野さんは、異色のネット通販で大成功してきただけあり、いろいろなヒントを頂きま

した。
最近では、顧客からの苦情を1件10円で購入し、それを集めてデータベース化し、必

要とする企業に売却し、大成功しました。
岡野さんは、このビジネス・モデルを最近売却し、次のビジネスに取り組んでいます。

<8つの秘訣>
1.顧客を知る
その商品を買った顧客に、商品を買った理由を聞き、販売のヒントを得る。
買わない非顧客にその理由を聞いても時間の無駄。

2.自分で売らずに他人に売ってもらう
世の中は、売る商品がなくて困っている人の方が圧倒的に多い。
だから売る商品を見つける方が得策。
自分の信用力や販売力は限定的。しかし、他人の販売力を利用した方が売れる。

※岡野氏の販売哲学は、モノを売る人よりモノを作る人の方が偉いと考えている。なぜ

ならモノを作るまでの作り手の努力を評価しているから。

3.自分の顧客を選ぶ
どんな人に売るべきか。それはその商品を既に買いたいと思っている人に売る。
これは「言うは易く行うは難し」ですが、人はその商品を見た瞬間いきなり購買に結び

つけない。いろいろと検討の上、購買に踏み切る。
従って、その商品を買いたいと思っている人にアクセスできる人を探すことが肝要。

※岡野氏の経営哲学は、顧客より社員を大切にすること。なぜなら、顧客はその場で失

っても、社員に辞められたら、新規採用、育成を考えたら大変。顧客を失う機会喪失利

益より従業員を新たに採用、教育費用の方が通常は高くつく。

4.フロントエンド(集客)商品にこだわる
単価の高い商品を売る場合、いきなり売るのではなく、単価の安い販売しやすい商品で

見込客を集める。
その上で本命商品(バックエンド商品)を販売していく。

5.バックエンド商品
フロントエンド商品との関連づけで販売していく。

6.リピーターを増やす。顧客の安定化。
顧客に「リピートしてください」とお願いする。
それが厚かましいと思うなら、「当店はリピーターが多い、リピーターで支えられてい

る」という言い方をすると、リピーターが増えていく。

7.苦しいことはしない
商売は楽しくやる。
その商品を販売していて苦しいと思うなら何かが間違っている。本当に良い商品を顧客

に販売し、役に立っているなら、楽しいはず。
それでも売れないならうる力がない、所詮売れない物は売れない。

8.全てがテスト
成功したことのデータベース化
失敗したことのデータベース化
成功や失敗にいちいち感情を持ち出さない。

ワインがおいしくなるグラス(単価8千円)を岡野氏は最近売り出した。ワイングラス

の販売が有効と思われる雑誌8誌に1800万円かけて大々的に売り出した。
2月下旬から3月10日までの販売実績は僅か7個。費用対効果から見れば大失敗。
しかし、岡野氏はこれまでの成功実績から、次の手を考えている。
雑誌8誌に掲載された実績をひっさげてデパートを始めとした店舗販売を考えている。

昨夜の岡野氏のセミナーを聞いて、岡野氏の感性とこれまでの経験に裏打ちされた経営

者としての積極果敢さ、決断力のすごさを学びました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月13日 (金)

「マーキュリー通信」no.2607【年金程度で暮らせる心身共に元気な高齢者向けシェアハウス-11「「ユートピア館」のコンセプトは「医・職・集」】

年金のパンクによる社会保障費の膨張を防ぐために、官公庁、行政サイドでも低所得者層を対象としたシェアハウス建設の機運が出てきています。

この流れは歓迎です。

私が企画しているシェアハウスのキーコンセプトは、自立型高齢者型施設です。そしてそのコンセプトは「医・職・集」です。

私の目指す「医」とは、通常の医療+心の医療です。即ち、メンタルヘルスです。この部分がしっかりとできていないと認知症となり、自立した高齢者の社会は困難です。

「職」は、自立を支えるための、職の提供です。各高齢者の能力に合った職の提供です。経済面での自立は、メンタルヘルスにも好影響を与えます。

「集」は、集いです。シェアハウス内に止まらず、シェアハウスの外との接点を持ち、社会から隔離された存在とならないようにします。

これが自立した高齢者のコンセプトです。これがしっかりと作動すると、「ユートピア館」は、生きがい復活のシェアハウスとなります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月12日 (木)

「マーキュリー通信」no.2606【奇人変人の異見-248「善意で舗装された道の先は地獄」 】

東日本大震災発生後4年が経過しましたが、未だに仮設住宅に住む人が23万人もいる

そうです。
メディアからは被災者の困難な生活だけが報道されます。

被災者の方の困難な生活には同情します。

しかし、一方で国の保護が被災者の自立を困難にしている一面もあります。被災者の中

で自立心が旺盛な人は1週間2週間で親戚や友人知人を頼りに自立の道を求め、緊急避

難所の体育館や仮設住宅を去って行くそうです。

その一方で高齢者等生活弱者はどうしても行政に頼りがちとなります。そして依存体質が強まると現状の生活に甘んじていきます。
中には求職活動を止め、パチンコ等に興じる避難民も多数いるようです。

こういう生活を送っていると次にメンタルヘルスの問題が起きてきます。将来の展望も

ない生活は生ける屍化していきます。

一方で、生活保護受給者数は216万人(26年2月現在)もおり、全人口の1.7%にも相

当します。これは最近の最低受給者数だった平成4年の58万人と比べ3.7倍に急増してい

ます。
支給総額は、2012年(平成24年)度の支給額は3兆8000億円を超え、更に増加の一途をた

どっています。特に年金では食べていけない経済弱者が急増しているので、支給総額は

今後天文学的な数字に急増し、年金財源不足と同様の大きな財政負担となっていきます

生活弱者を救うことは重要施策ですが、きめ細かい自立支援策を実行していかないと、

生活保護受給者数は更に増加していきます。因みに、生活保護受給者数の内、約半数は60歳未満です。

生活保護受給者の立場から見ると、将来の展望が見えないことと、働いても低賃金の為

、どうしても安易な生活を選んでしまいがちです。

当然、年金を納めることもできないので、年金受給年齢に達しても、年金が受給できず

、これが更に足を引っ張っていきます。

「善意で舗装された道の先は地獄」という格言があります。善意にすがっている人は、

本人にとっても地獄となっています。

生活保護受給者数を削減することは、今や国民経済的にも大きな問題となっており、役

所だけに任せず、民間の知恵と協力を得て、解決していく姿勢が強く求められます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月11日 (水)

「マーキュリー通信」no.2605【本日は東日本大震災発生から4年目の日です】

本日は東日本大震災発生から4年目の日です。震災で亡くなられた方のご冥福をお祈りし

ます。

私が主催するメルマガ読者向け異業種交流会「ビジネス情報交換会」は、昨年3月11日よ

り仕組みを変えました。

それまでは奇数月の第4水曜日に開催していましたが、昨年3月から奇数月の11日に開催

することにしました。

参加費は千円から2千円に増額しました。これまで千円で収支とんとんでしたが、2千円

に値上げすることで、その分収益が出ます。

その収益を全額被災地に寄付することにしました。

あれから1年が経ち、過去6回の収益金が10万円になりました。

その収益金10万円を、スーパーソフニーグループ代表取締役坪井健社長に手渡する予定

でした。

しかし、あれから4年が経ち、本当に困っている人のためのニーズは薄れてきたようです

。仮設住宅に住む人の大半は、自立できない高齢者が多いようです。衣食住を全て国か

らの補助に頼っていると、自立の道は閉ざされているようです。
収益金10万円は、本当に困っている人に役立ってもらうつもりでいました。しかし、中

には自立せずに、ストレスをパチンコ通いする被災者も多数いるようです。そういう人

のために収益金は使いたくないので、次の天災の為に取っておくことにしました。

坪井社長は、長年被災地のボランティア活動に20年間取り組んできました。きっかけは

阪神大震災でした。当時20歳だった坪井さんは、その時にボランティア活動の必要に気

づき、250名のボランティア活動集団を作ったそうです。
東日本大震災の時は、発生翌日の12日に被災地に友人知人と一緒に現地に直行し、ボラ

ンティア活動を開始しました。

一方、本日の「ビジネス情報交換会」二人目のプレゼンターは、NPO法人日本耐震防災事

業団小口悦央理事長です。

小口悦央理事長は、20年前の阪神大震災の時、奥様の実家が被災し、現地に直行したと

ころ余りにもの惨状に唖然。その時、地震大国から日本を救おうと思い、NPO法人日本耐

震防災事業団を立ち上げました。

耐震防災事業は、政府もようやく重い腰を上げ、国土強靱化政策を掲げ始めました。

いつ首都圏直下型地震が来るかも知れないといわれています。

その意味で、本日は改めて身の回りの防災意識を高める日としたいものです。

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

私自身坪井社長のようなボランティア活動はできませんが、東北にお金を落とすことで

被災地の人のお役に立てると思い、3.11以降毎年東北に出かけています。今年も出かけ

る予定で、5年連続となります。

4年前、石巻でタクシーに乗り、女川港まで往復乗車して2万円支払いましたが、その時

のタクシーの運転手が感激して喜んだ顔を今でも覚えています。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月10日 (火)

「マーキュリー通信」no.2604【本日は東京大空襲から70年の日です。】

本日3月10日は東京大空襲から70年の日です。

当時米軍は10万人以上の一般国民を大空襲で大量殺戮しました。

国際法では、非戦闘員や軍事施設以外を攻撃することは戦争犯罪というルールがありま

す。

それを公然と無視したナチスのユダヤ人虐殺に匹敵する戦争犯罪でした。

当時東京大空襲を指示したフランクリン・ルーズベルト大統領は翌月4月12日死去し

ました。

これに対して、当時の鈴木貫太郎総理大臣は、
  「優れた指導者であった大統領の死を悲しむアメリカ国民に対して、心より哀悼
の意を表する」、
  とのメッセージを送りました。
  同時期、ドイツのヒットラーは、死亡したルーズベルトを口汚く罵る声明を発表
しました。

当時鬼畜米英とののしっていた時代ですが、いざ相手のトップの死を武士道精神に則っ

た追悼文を送りました。

その後、米国は他の日本各地の都市を空襲し、数十万単位の一般国民を大量虐殺しまし

た。
そして、その年の8月には広島、長崎で原爆を投下し、20万人の市民を大量殺戮しま

した。

戦後、米国の極悪非道の行為があったにも関わらず、多くの日本人は米国人に対し憎悪

の念を抱いていません。

それは戦後マッカーサー元帥率いる米国占領軍GHQにより徹底的に洗脳政策がとられたか

らです。

そして、米国はこの極悪非道の戦争犯罪をカムフラージュするために、戦勝国による東

京裁判史観を日本に押しつけ、日本軍は悪であることを日本国民に徹底的に植え付けて

きました。尚、東京裁判も国際法の観点からは無効です。

それが自虐史観であり、戦前日本軍の侵略行為を一方的に断罪して、戦後の日本政府に

押しつけてきました。

それが戦後50周年の村山談話となり、その後日本軍は悪であると自ら認め、世界に発

信してしまい、自らの首を絞めることとなりました。

一方、従軍慰安婦問題や南京大虐殺30万人説など、東京裁判で特に問題提起されません

でした。なぜならそんな事実などなかったからです。

鈴木貫太郎総理の武士道精神に見るがごとく、当時の軍紀が厳しい日本の軍隊が従軍慰

安婦問題や南京大虐殺など起こすことはあり得ないからです。
尚、従軍慰安婦問題は、一言で言えば軍事施設の周りで商売として高給を取っていた娼

婦に過ぎません。

東京大空襲から70年の日に敢えて米軍に憎悪感を募らせるつもりはありませんが、歴

史上の大事件を振り返りつつ、世の中は正義で支配されている訳でなく、各国の国益で

支配されていることに改めて気づかされました。

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

中国が、南京大虐殺30万人説をユネスコと遺産登録をしようと申請中です。こんなでた

らめでも、ユネスコ遺産登録されてしまえば、歴史上の事実として認定されてしまいま

す。
私たちのできることはせめて政府に反対の署名運動に参加することだと思います。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月 9日 (月)

「マーキュリー通信」no.2603【「日本人のルーツはムー大陸!?」】

2月末沖縄を訪ねた際、日本人のルーツはムー大陸出身者であることを学びました。

ムー大陸には現在のインドネシアの首都ジャカルタを中心に栄えましたが、今から1万

5300年前に海中に沈没しました。

ムー大陸は、南北5千km、東西8千kmに及ぶ巨大大陸でした。その一部が沖縄県与那国

島に海中遺跡として発見されました。この発見は日米の考古学者によって確認されてい

ます。

まだ学術的には、ムー大陸の存在は認められていませんが、海底遺跡としては多数発見

されており、関連書物も多数出版されています。

ムー文明は、今から17千年前ラ・ムー大王の時に全盛期を迎え、現代文明に匹敵する高

度文明が栄えました。

ムー大陸の人々は、中南米、アトランティス大陸、そしてヨーロッパへと進出していき

ました。

又、北上して日本、ベトナム、中国にも進出しました。更には中東のヘブライまで行き

ました。

ヘブライ語と日本語は似ている言葉が多数ありますが、民族のルーツを知る上で興味深

いです。
例えば、国歌「君が代」の歌詞などもヘブライ語と似ており、ヘブライがルーツではな

いかという説もあるくらいです。

さて、北上したムー人は、沖縄、九州、四国、近畿へと進出し、現代の天皇家の祖先に

もなっているという説もあります。

この点、もっと学術的に興味あるところですが、ハーバード大学のハチソン教授が文明

の衝突の中で、日本は世界のどの文明に属さない第8の文明と主張して話題になりました

が、ムー文明がそのルーツなら頷けます。

今後、ムー大陸の存在が、アトランティス大陸同様学術的にも確認されると、世界史が

大きく変わることになります。

これが事実として確認されれば、大変エキサイティングであり、その意味で大変貴重な

学びとなりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月 8日 (日)

「マーキュリー通信」no.2602【人生100年時代をぴんぴんころりで楽しく生きる法-66「 リタイア貧乏にならない為に」】

定年退職したときに多くのモノを失います。

その1つに給料がなくなります。

60歳で定年退職した人は、65歳までの年金をどうするかで頭を悩まします。その間に必

要なつなぎ資金として一説に1500万円いるとの試算があります。これは個々人の事情に

より大きく異なりますが、一つの目安と言えます。

一方で、現役時代の経済感覚をそのまま踏襲し、収入に合わせた節約ができない人も多

数いるそうです。

下記4つの費目を検討するだけで、家計費の節約が可能となります。

1.生命保険
入院保険を解約する。サラリーマン時代は、就業規則で多くの企業では180日以上の入院

は解雇の対象となるので、そのリスク補填のための意義がありました。

しかし、定年退職後は、失業のリスクがなくなるので不要です。

当然、入院リスクは高まりますが、高額医療費の大半は健康保険でカバーされるので不

要です。但し、差額ベッド代や食費はカバーされないので、その分の貯蓄は必要です。

※死亡保険は必要です。できたら掛け金の安い掛け捨てタイプがベターです。

2.通信費
交友範囲がぐっと減るので、携帯電話はガラ系の簡単なものに絞ると大きく節約できま

す。但し、家族間で携帯電話は必要です。夫婦間のコミュニケーションも含め、万一の

事故に備え、携帯は常時持つことをお奨めです。

3.光熱費
ウォームビズやクールビズを心がけることで、光熱費はかなり節約できます。我が家の場合、エアコンの冬の設定温度は22度、夏は28度にしています。それだけでもかなり違います。

4.食費
外食費を減らしたり、これまでコンビニ等で買っていた総菜モノを減らすことにより、

食費はぐんと減ります。

但し、あまり絞りすぎると、せっかくの定年退職後の自由時間が退屈になるので、その

こは現在の経済状態を勘案し、各自工夫すれば良いと思います。

一方大事なことは、これまで「亭主元気で留守が良い」と思われていた家庭ほど、定年

退職後は妻に負担がかかります。

今後は奥様に対し、感謝の気持ちを態度で表すことが大切と思います。

例えば、買い物につきあい重たいモノを持って上げるとか、料理を手伝ってあげるとか

、それぞれの家庭事情に合わせ、思いやりをもつことが、定年退職後の夫婦円満の秘訣

と思います。

それをしないと粗大ゴミとしてうざい存在となってしまいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月 7日 (土)

「マーキュリー通信」no.2571【岐阜プラスチック工業の夢の商材「高強度、超軽量、省 資源」を実現するTeccell(テクセル)】

第13回一橋新経済人倶楽部は岐阜プラスチック工業の夢の商材「高強度、超軽量、省資

源」を実現するTeccell(テクセル)のプレゼンでした。

プラスチックの総合メーカー岐阜プラスチック工業は、東京では馴染みが薄いですが、

年商800億円、従業員数2000名で岐阜県では大企業です。プラスチックは幅広い用途に使

われており、大半のコンビニ、スーパー、自動車、物流資材等幅広く使われています。

そんな岐阜プラスチック工業が開発したのが夢の商材「高強度、超軽量、省資源」を実

現するTeccell(テクセル)です。

同商材は、5年近く前から製品化され、今後同社の有力商材に育て上げるべく杉田二郎専

務が責任者として全力投球中の商材です。

Teccell(テクセル)は、吸音性、断熱性、衝撃吸収等の効果もあり、用途は無限です。

現在の年商は8億円程度ですが、5年後には年商100億円を目指しています。そして、その

時には同社の年商はTeccell(テクセル)を中心に1000億円の達成を計画しています。

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

同社専務の杉田二郎さんの名前を聞くと、我々の世代では、すぐに「戦争を知らない子

供たち」で一世を風靡した杉田二郎の名前が浮かんできます。

一橋新経済人倶楽部の1つの役割として、世間的にはそれほど有名でなくても、有望な

事業、製品をプレゼンを通じ世に知らしめていくことがあります。

今回のプレゼンを通じ、杉田二郎さんとはこれまでの一橋大学の同窓生という関係から

同社の夢の商材Teccell(テクセル)の普及のお手伝いをしていきたいという気持ちにな

って来ました。

その意味で一橋新経済人倶楽部の意義を改めて感じました。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月 5日 (木)

「マーキュリー通信」no.2600【(財)高齢者住宅財団主催「低所得の高齢者等への住まい・生活支援を行う事業の全国展開に関する調査研究事業」全国大会に参加して】

日本の社会保障費支出は欧州各国と同レベルですが、高齢者の貧困率は約2割にも及んでいます。
同程度の社会保障費支出のオランダの高齢者の貧困率は1.4%と比べ、貧困率は14倍にもなっています。

その理由は、年金だけでは暮らしていけず、これが大きな社会問題となっています。又、一人暮らしの高齢者が増加し、高齢者の孤独死も大きな社会問題となっています。

一方で、空き家の増加も大きな社会問題となっています。全国で820万戸が空き家となっています。

低所得の高齢者対策として、国や自治体が動き始めています。

そのコンセプトは、地域善隣です。

これまでは支えられる側と支える側とに分けて考えていました。

しかし、この仕組みでは、既にパンク状態の社会保障費で賄うことが益々困難となっています。

そこで高齢者の自立を促す仕組みを作り始めています。

その1つに空き家となっているアパートや一戸建てをリフォームし、共同で住むことにします。そこに共同で生活するコミュニティルームを作ります。これをコモンハウスと呼んでいます。

現在の老人ホームの入居者は、施設内と外で断絶されています。

コモンハウスでは、自分たちでできる食事作り、管理等は自分たちでやります。又、仕事ができる人は、別途収入の道も開きます。

国や自治体のこのような動きは、私がこれまで提唱してきた元気な高齢者向けのシェアハウス「ユートピア館」と同じコンセプトです。

私の場合は、最初から低所得の高齢者をターゲットにすると事業として成り立たないので、中所得以上の高齢者をターゲットとし、事業が軌道に乗り出したら低所得の高齢者にも裾野を広げていく計画です。

社会保障費支出を抑えるために、私は自立型の仕組みを作ることを長年訴えてきましたが、国や自治体がようやくその動きが出てきたことは歓迎です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月 4日 (水)

「マーキュリー通信」no.2599【「中小企業M&A成功のノウハウ」セミナーに参加して 】

日本商工会議所の紹介で、日本M&Aセンター主催の「中小企業M&A成功のノウハウ」セミ

ナーに参加しました。

M&Aに関しては、10年前は何か後ろめたさを感じる経営者が多かったそうですが、少子高

齢社会が進展し、後継者難で悩む中小企業経営者が多い現在、M&Aは周りから祝福される

時代となって来たそうです。

事実、少子高齢社会の日本では、2011年から人口減社会に突入しました。同時に、就業

人口(20~64歳)不足が益々深刻となっています。

2000年に7873万人だった就業人口は2025年には6559万人に減少し、2060年では4105万人

まで減少し、深刻な問題となっています。

現在、ドライバー不足が深刻で、運送業界ではM&Aが活発となっているそうです。居酒屋

チェーンのワタミでも人手不足が深刻で、大規模な閉店を余儀なくされています。

さて、中小企業に目を転じると、3社に2社の中小企業で事業承継者がいないそうです。

そこで、M&Aに活路を見いだす企業が急速に増加しているそうです。

事業承継の最大のネックとして自社株の購入があります。事業承継できるような中小企

業の場合、たとえ資本金が一千万円であっても、企業価値として数億円の場合も多々あ

るそうです。その場合、従業員が事業承継をすることは事実上不可能となります。

M&Aの際、重要なことは機密保持と、買収した企業が相乗効果が得られるかです。

M&Aには様々な形態があり、必ずしも同業他社でないケースも多々あるそうです。

例えば神奈川県の億千万両という和菓子の老舗があります。この会社を買収したのは、

食材の販社でした。

和菓子メーカーと食材販社が結びつくことで相乗効果が生まれてきます。

買収金額は、時価純資産+営業権となるそうです。

M&A成功の秘訣として、譲渡企業と買収企業のトップ同士が腹を割って酒を酌み交わすこ

とだそうです。この時、波長が合えば、M&Aは良い方向に向かうだろうし、逆に波長が合

わなければ、その時点でM&Aは見合わせた方が良いとのことです。

M&Aブームのせいか、私のところにも顧問先より昨年1件事業承継の話があり、無事事業

承継が終わりました。

現在も2社ほどからM&Aの話がありますが、これも時代の流れでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月 3日 (火)

「マーキュリー通信」no.2598【ワンポイントアップの人間力-66「定期的に瞑想体験を する」】

組織に属さない私でも、仕事を通じ知らないうちにストレスが溜まり、心のちりやあか

が溜まっていきます。

私は3ヶ月に1度、地方の研修施設で日常生活から脱し、瞑想体験をしています。

今回は2月27日~3月1日まで沖縄の研修施設(沖縄正心館)で瞑想体験をしてきま

した。

この間、原則仕事はシャットアウトし、瞑想します。この間は至福の時間となります。

瞑想が終わると、心に溜まったちりやあかが取れます。心も、湯上がりのさっぱりした

気分になれます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月 2日 (月)

「マーキュリー通信」no.2597【「創レポート」2月号 たまには環境を変えてみませんか?】

毎月大好評の公認会計士伊藤隆先生の「創レポート」をお届けします。

今月はJC(公益社団法人日本青年会議所)の活動からヒントを得た若手経営者の体験談です。
詳しくは、「sr1502.pdf」をダウンロード をご覧いただけますか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »