« 「マーキュリー通信」no.2618【「創レポート」3月号「自社の付加価値はどこにあるのか?」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.2620【富、無限大コンサルタントの道を目指して-6「私が中 小・ベンチャー企業を応援するもう1つの理由」】 »

2015年3月25日 (水)

「マーキュリー通信」no.2619【Bob Sugayaのワンポイントアップの英語術-52「shadowingを実戦すると英会話力がアップする」】

shadowingとは、native speakerが話した後に、ワンテンポずれた形で英文をその通りまねしていくやり方です。

丁度、同時通訳のやり方と似ています。

最初は、簡単な英文のshadowingからスタートし、慣れてくれば英会話ニュースなどに取り組むと良いです。

その時、完璧を狙わなくて良いです。ポイントは、native speakerの英語のスピードに慣れることです。

そして、shadowingを繰り返すことで、英会話が口をなめらかについて出るようになり、英語ニュースも理解できるようになってきます。

|

« 「マーキュリー通信」no.2618【「創レポート」3月号「自社の付加価値はどこにあるのか?」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.2620【富、無限大コンサルタントの道を目指して-6「私が中 小・ベンチャー企業を応援するもう1つの理由」】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181862/61336453

この記事へのトラックバック一覧です: 「マーキュリー通信」no.2619【Bob Sugayaのワンポイントアップの英語術-52「shadowingを実戦すると英会話力がアップする」】:

« 「マーキュリー通信」no.2618【「創レポート」3月号「自社の付加価値はどこにあるのか?」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.2620【富、無限大コンサルタントの道を目指して-6「私が中 小・ベンチャー企業を応援するもう1つの理由」】 »