« 「マーキュリー通信」no.2630【Bob Sugayaのワンポイントアップの英語術-53「短期の 記憶と長期の記憶」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.2632【天皇皇后両陛下のパラオ共和国、ペリリュー島ご訪問を 機に、歴史の重要性を学ぶ】 »

2015年4月 8日 (水)

「マーキュリー通信」no.2631【ワンポイントアップの経営術-119「赤ワインの新たな標 的市場を参考にする」】

先週から我が家では快眠のために就寝前に赤ワインを飲んでいます。

赤ワインの成分ポリフェノールが快眠効果があると分かったからです。

JR大塚駅アトレヴィーの地下1階のスーパーでは、赤ワインコーナーの一角にポリフェ

ノール入りワインを並べています。

ポリフェノール入り赤ワインでは、サントリーとメルシャンワインが競合しています。

ラベルは天然ポリフェノール2倍がうたい文句です。価格は750ccで500円弱です。これな

ら毎日飲んでもOKな価格です。

競合ブランドは、サントリーの「彩・食・健・美」と、メルシャンワインの「BonRouge

」です。

これをマーケティング戦略でいう標的市場(ターゲット)の絞り込みです。

我が家ではワインを殆ど飲みません。それが快眠効果を謳ったポリフェノール入り赤ワ

インとしてなら毎日飲むことになりました。

普段赤ワインを飲まない消費者が、ポリフェノール入り赤ワインということで購入を開

始しました。

マーケティングとは、4Pの最適化ですが、一番目のP(product)をポリフェノール入り赤

ワインに絞り込みました。

二番目のP(price)は、毎日飲んでもらうために500円以下の低価格に設定しています

三番目のP(Place販売チャネル)は、主婦が買い物をするスーパーです。

最後の四番目のプロモーションは、テレビCMとラベルですが、ラベルに「天然ポリフェ

ノール2倍」と書いてあれば、主婦はそれで赤ワインを購入します。

このようなマーケティング戦略は、他の商品にも応用できるのではないかと思います。

|

« 「マーキュリー通信」no.2630【Bob Sugayaのワンポイントアップの英語術-53「短期の 記憶と長期の記憶」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.2632【天皇皇后両陛下のパラオ共和国、ペリリュー島ご訪問を 機に、歴史の重要性を学ぶ】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181862/61409798

この記事へのトラックバック一覧です: 「マーキュリー通信」no.2631【ワンポイントアップの経営術-119「赤ワインの新たな標 的市場を参考にする」】:

« 「マーキュリー通信」no.2630【Bob Sugayaのワンポイントアップの英語術-53「短期の 記憶と長期の記憶」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.2632【天皇皇后両陛下のパラオ共和国、ペリリュー島ご訪問を 機に、歴史の重要性を学ぶ】 »