« 「マーキュリー通信」no.2765【ワンポイントアップの経営術-135「戦略的経費の重要性 」】 | トップページ | 【Bob Sugayaのワンポイントアップの英語術-68 「時事英語から学ぶ」】 »

2015年9月26日 (土)

「マーキュリー通信」no.2766【奇人変人の異見-260「中国の無制限戦争の影響が日本に 深く浸透している現実を直視する」】

昨日米中首脳会談が行われました。

習近平国家主席は、世界の2大パワーとしてハワイ以西を中国が支配することを望んで

いますが、米国はそこまでは認めていません。

米国の考えがどうあろうと、中国は国家戦略に基づき、2050年にはハワイ以西を中国支

配下にする為に、着々と手を打っています。

地政学的に見ると、日本列島は中国にとってハワイ以西を支配する際に、極めて邪魔な

存在です。地図を逆さまにして中国側から見ると、日本列島は巨大な防波堤に見えます

。その為、いかに日本を支配していくことが中国の重要な国家戦略となっています。

中国は、軍事面でなく、それ以外のあらゆる手段を講じて中国の支配を進めています。

米中首脳会談でも問題となった中国によるサイバー攻撃もその1つです。

日本に対しては、そのお人好しぶりを悪用して様々な支配を進めています。

戦前、中国に対し、インフラ構築、農業国家中国を救うための食糧増産計画等日本は大

恩人でした。

戦後も中国は日中友好の大義の下に日本からODAを通じ巨額の資金を獲得してきまし

た。

そのような大恩人である日本に対し、反日政策を国是としています。これは人民の不満

を日本に向けさせるための国家方針です。

一方では、思想面では、日本に中国に対する贖罪意識を植え付けることに成功しました

。靖国神社の参拝は、日本及び日本国民として当然の責務であり、権利ですが、内政問

題まで干渉し、左翼マスコミ、左翼政党の協力を得て、安倍首相や天皇陛下の参拝まで

拒むことに成功しました。

又、日本は現在の中共とは戦争もしていないのに、9月3日に抗日戦勝利70周年記念の軍

事パレードが盛大に行われました。

日本はスパイ天国ですが、中国からのスパイの成果が至る所で現れています。

現在、沖縄県知事翁長氏が米軍の辺野古移転に猛反対を唱えています。翁長知事は琉球

独立まで提唱しています。

もしそうなったら中国は直ちに沖縄の侵略を開始します。沖縄の極左2紙(沖縄タイム

ズ、琉球新報)を中国が資金面で支えています。

沖縄で基地反対運動を叫ぶ運動家には当然中国から資金が流れてるのは公然の秘密です

民主党が共産党と安保法案をつぶすために手を組もうとしています。共産党は天皇制を

打倒して中国の傀儡政権を誕生させることが彼らの隠れた戦略です。

民主党には裏から中国マフィアのカネが流れています。
憲法9条を死守し、現在の憲法を継続することは、中国の最大の国益となります。中国

は、左翼マスコミや左翼政党を利用して、現憲法を断固守り抜こうとしています。

日本のマスコミは、日中記者交換協定で報道の自由が縛られています。中国に都合の悪

いことを報道したら、出入り禁止です。サンケイ新聞は中国の逆鱗に触れ、出入り禁止

となりました。

中国ではウィグル、チベット、内モンゴル自治区等少数民族の弾圧、殺害が日常的に行

われていますが、日本のマスコミは報道していないのはその為です。

さすがに中国の圧政に関しては、欧米でも問題となりつつあり、昨日の米中首脳会談の

前には問題として採り上げられました。

しかし、中国は札束外交で欧米、日本、アジアの産業界を牛耳ろうとしているので、経

済界は政経分離路線が基本です。

現在、中国はユネスコに「南京大虐殺30万人事件」と「従軍慰安婦問題」を世界遺産登

録しようとしています。

中国では、ウソも何度も言っている内に事実となるというのが基本的な考え方です。こ

れに対し、安倍政権が黙認し、マスコミも沈黙を保ち、中国に消極的に手を貸していま

す。もし、遺産登録されれば、日本は国際的に他国民を大虐殺し、レイプした極悪非道

の民族の烙印を押されることになります。

中国五千年の歴史とよく言われていますが、中国という国は存在しません。異民族の興

亡の歴史で、前王朝を倒した新王朝が自分の都合の良いように全て書き換えます。殆ど

作り話のことも多いのです。

当然現中共政権の大半は作り話で、中国人民も信用していません。

私はこの種の情報を集めるのに200冊以上の関連書籍を読み、雑誌も読みました。

現在、安保法制で反対している左翼マスコミやそれに踊らされている国民もちょっと勉

強すれば、中国の脅威に気がつくはずです。

いずれにしろ金の切れ目が縁の切れ目となり、中国の力は経済力の衰えと共に徐々に落

ち込んでいくことは世界の流れを理解している人なら誰しも予想するところです。

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

中国では自殺すらゲームにしています。もし、屋上で飛び降り自殺をする人間が現れた

ら、拍手喝采で、そこから賭が始まります。そして皆で自殺を促します。

中国では、人の生き血は健康に良いと思っている地方も未だに存在し、自殺者の生き血

に群がる民衆もまだ存在するそうです。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

|

« 「マーキュリー通信」no.2765【ワンポイントアップの経営術-135「戦略的経費の重要性 」】 | トップページ | 【Bob Sugayaのワンポイントアップの英語術-68 「時事英語から学ぶ」】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181862/62355607

この記事へのトラックバック一覧です: 「マーキュリー通信」no.2766【奇人変人の異見-260「中国の無制限戦争の影響が日本に 深く浸透している現実を直視する」】:

« 「マーキュリー通信」no.2765【ワンポイントアップの経営術-135「戦略的経費の重要性 」】 | トップページ | 【Bob Sugayaのワンポイントアップの英語術-68 「時事英語から学ぶ」】 »