« 「マーキュリー通信」no.2814【奇人変人の異見-264「一億総活躍緊急対策は総甘やかし 政策」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.2816【ヘルス・リテラシーのアップと認知症予防で1兆円の社 会貢献】 »

2015年11月30日 (月)

「マーキュリー通信」no.2815【人生に勝利する方程式-125「習慣の継続」】

今年50歳で現役引退した中日山本昌投手が、なぜ50歳まで現役を続けられた秘訣を披露

してくれました。

山本昌投手は、高校時代からほぼ毎日欠かさずダンベルを実行してきたそうです。利き

腕の左手で200回、右手で100回行ったそうです。

この毎日の習慣が、50歳までの現役続行を可能にしたそうです。

一方、山本昌投手は現役続行の1つの指標があります。それは全力投球して133キロの球

が投げられなくなったら、現役を引退するという数値です。

私も毎日いろいろな習慣を継続しています。

その中で生涯現役を掲げている私は、心身共に健康であることを重要と考えています。

健康でなくなると、気力が衰えてくるからです。
その為に、毎朝マンションの階段を上っています。
9階まで一段おきに駆け上がり、そして下りてきます。今のマンションに引っ越してきて

から20年以上経ちますが、ほぼ毎朝継続しています。

もう1つの判断基準として、私のところに頻繁に仕事の依頼がやってきます。それが長

期間なくなったら、それは私が世の中から必要とされていないことと理解しています。

そうならないように様々な努力をして、その習慣の継続をしています。

山本昌投手の最後の打者との対戦と引退談話を見た時、私は感激で胸がじーんと熱くな

ってきました。

私自身中日ファンでもなければ、山本昌投手のファンでもありません。しかし、その時

はそのような感激を味わいました。

そして、そのような勇気を与えてくれた山本昌投手に感謝しています。

|

« 「マーキュリー通信」no.2814【奇人変人の異見-264「一億総活躍緊急対策は総甘やかし 政策」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.2816【ヘルス・リテラシーのアップと認知症予防で1兆円の社 会貢献】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181862/62779037

この記事へのトラックバック一覧です: 「マーキュリー通信」no.2815【人生に勝利する方程式-125「習慣の継続」】:

« 「マーキュリー通信」no.2814【奇人変人の異見-264「一億総活躍緊急対策は総甘やかし 政策」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.2816【ヘルス・リテラシーのアップと認知症予防で1兆円の社 会貢献】 »