« 「マーキュリー通信」no.2862【奇人変人の異見-270「台湾で若者の新政党『時代力量』 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.2864【健康は財産!誰でもできる超簡単健康法-156「転ばぬ先 の杖」】 »

2016年1月19日 (火)

「マーキュリー通信」no.2863【ワンポイントアップの経営術-138「開発→生産→販売→ 顧客のサイクルを迅速化させる」】

「開発→生産→販売→顧客」サイクルの中で、「販売→顧客」がクローズアップされる

ことが多いです。これはマーケティングの視点です。しかし、顧客ニーズに対応するた

めには、生産部門の協力、更には、開発部門の協力も必要となってきます。

「開発→生産→販売→顧客」サイクルをトータルで見ることは経営の問題となってきま

す。

顧客と直接接点がない開発、生産部門は、顧客ニーズに迅速に対応できないことが起こ

りがちです。会社の規模が大きくなるに従い、顧客への対応が遅れていき、いわゆる大

企業病に陥っていきます。

開発、生産、販売部門の壁をなくし、顧客主義に立った会社組織、カルチャーに変えて

いくことは経営者の仕事です。

それには顧客ニーズを取り組むことが経営の最重要課題との認識を全社的に持たせ、評

価制度にも採り入れていくことです。

「開発→生産→販売→顧客のサイクル」を迅速化させることで、会社の業績は成長軌道

に乗っていきます。

特に赤字部門では、業績のV字回復が期待できます。

|

« 「マーキュリー通信」no.2862【奇人変人の異見-270「台湾で若者の新政党『時代力量』 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.2864【健康は財産!誰でもできる超簡単健康法-156「転ばぬ先 の杖」】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181862/63088552

この記事へのトラックバック一覧です: 「マーキュリー通信」no.2863【ワンポイントアップの経営術-138「開発→生産→販売→ 顧客のサイクルを迅速化させる」】:

« 「マーキュリー通信」no.2862【奇人変人の異見-270「台湾で若者の新政党『時代力量』 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.2864【健康は財産!誰でもできる超簡単健康法-156「転ばぬ先 の杖」】 »