« 「マーキュリー通信」no.2888 【人生100年時代をぴんぴんころりで楽しく生きる法-85 「パフォーマンスのお役所仕事」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.2891【奇人変人の異見-273「理念なき野党5党共闘は国民への 裏切り行為であり、民主党破滅の道」】 »

2016年2月21日 (日)

「マーキュリー通信」no.2890【映画「世界は変わった、日本の憲法は?」上映会を見て 】

本日、日本会議主催の映画「世界は変わった、日本の憲法は?」上映会を見ました。制

作は、「美しい日本の憲法をつくる国民の会」(櫻井よしこ代表)です。

日本国憲法は、70年前に米国占領軍GHQマッカーサー元帥の命令で1週間で急ごしらえし

たものです。憲法起草メンバーには憲法の専門家はいなかったので、現行憲法にはかな

り矛盾があります。英文の原稿を和訳したので、日本語としてもおかしい箇所がありま

す。

マッカーサーは戦前の日本軍の強さに恐れをなしていたために、憲法から軍隊を除きま

した。それが第9条ですが、第1項は侵略をしない不戦の誓い、これは問題ありません。
しかし、問題は第2項外国から侵略されても侵略されるまで相手を攻撃しないことと我が

国を守る軍隊の否定です。
このお陰で、日本国憲法制定後まもなく韓国に竹島を奪われ、実効支配され現在まで続

いています。
又、北朝鮮による日本人拉致事件も、憲法の制約によるものです。

しかし、1950年の朝鮮戦争が勃発し、米国はソ連の共産主義に恐れをなし、日本の再軍

備化を日本政府に指示します。
しかし、憲法が足かせとなっていたために、警察予備隊という名称でスタートします。これが現在の自衛隊ですが、外国から見たら、誰が見ても軍隊であることは明白です。

歴代の政府は、自衛隊は軍隊ではないという苦しい詭弁を弄してきましたが、憲法改正

により、自衛隊を正式に外国からの侵略を守る国防軍として認めれば良いわけです。

しかし、当時のGHQは、マスコミや学者を平和憲法死守の為の洗脳化政策を実施し、それ

が現在まで続いています。

米国自身、日本国憲法は占領下の暫定憲法と思っていたのに、戦後70年間一度も改正さ

れていないことに驚いています。米国の洗脳か政策が効き過ぎているようです。

因みに、憲法改正回数は、同じ敗戦国のドイツで59回、イタリアで15回も行われていま

す。両国は自主憲法で、占領軍が創った憲法は日本だけです。

現在、中国の尖閣諸島侵略問題や北朝鮮からの核ミサイル攻撃を防ぐ為にも、「侵略を

させない憲法」への改正が急務となっています。

本日映画上映の後、熊本大学高原朗子教授の現行憲法の問題点のお話しを聞きましたが

、新たな示唆を頂きました。

日本人は古来長い歴史の伝統の中で育んできた「日本人の心」があります。それが現行

憲法には全く欠如しています。

「日本人の心」とは、
・万障万物至る所に神仏を見いだし、感謝の中で生きてきた
・小さな者、弱い者を大切にする
・正義、倫理観を重んじる心
です。

その1つに家族を大切にする「日本人の心」があります。それが現行憲法には規定され

ていません。諸外国の多くは家族を保護する規定があります。

現行憲法は、個人を尊重する規定を優先され、それが家族崩壊の原因となっています。

親の介護は本来家族が見るべきもので、行政による介護は補助的なものですが、主客転

倒しています。

又、親殺し、親による子供殺し等家族崩壊が進み、昔では信じられないような凶悪犯罪

が多発しています。

これも現行憲法の悪影響とみています。

憲法9条の改正だけが注目されていますが、今後は時代に合った形に改正していくことが

重要であり、それが海外では常識と言えます。

◆◆◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆◆◆◆

日本会議は極右組織と論評するマスコミもいます。極右という表現は何か偏向的なモノ

の見方がします。

私自身10年程前に日本会議の会員になりましたが、天皇を中心とする日本の伝統と文化

を重んじながら国政を進めていくべきだとの基本方針の団体です。その中の1つに憲法

改正があります。

立ち上がれニッポンの平沼赳夫氏他自民党の議員他保守系の知識人が多数参加していま

す。

私自身も日本会議の主張には賛同しているので、会員となり支援しています。

極右という偏った表現をする前に日本会議の会報をきちんと読めば日本をこよなく愛す

る真の保守団体と理解できます。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

|

« 「マーキュリー通信」no.2888 【人生100年時代をぴんぴんころりで楽しく生きる法-85 「パフォーマンスのお役所仕事」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.2891【奇人変人の異見-273「理念なき野党5党共闘は国民への 裏切り行為であり、民主党破滅の道」】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181862/63244550

この記事へのトラックバック一覧です: 「マーキュリー通信」no.2890【映画「世界は変わった、日本の憲法は?」上映会を見て 】:

« 「マーキュリー通信」no.2888 【人生100年時代をぴんぴんころりで楽しく生きる法-85 「パフォーマンスのお役所仕事」】 | トップページ | 「マーキュリー通信」no.2891【奇人変人の異見-273「理念なき野党5党共闘は国民への 裏切り行為であり、民主党破滅の道」】 »